• 締切済み
  • 暇なときにでも

公明党は完全に創価学会

公明党の党員は完全に創価学会の会員なのですか? 選挙では創価学会の会員は必ず公明党に投票しなければならないのですか? 創価学会の会員なのに公明党に投票しない人はいるのですか?

noname#209803

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数633
  • ありがとう数22

みんなが選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

別に創価学会の会員ではありませんので、投票云々は分かりません。 でも、その方々の内には必ず候補者ではなく、党のポスターは貼られていますね(苦笑) 変な念仏?のような物を大音量で集会のようにしている迷惑な家もあります。 芸能人でもいますよね? ただ、あのような方々は入信は自由ですが、公言してはいけないと常々思っています。 だってつられてファンの方々も入る可能性は「大」ですよね? 自民についてるコバンザメ、はっきり言って大嫌いです。 趣旨がずれてしまい申し訳ありませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございました。 小判鮫 大嫌い、私も全く同じ気持ちです。

関連するQ&A

  • 創価学会

    選挙投票前になると、「公明党をよろしく」とよく頼まれます。 この方たちは、みんな 創価学会の会員の方達なのでしょうか? 政党の話など とても詳しく教えてくれます。

  • 公明党員と創価学会員

    ほとんどの公明党員は創価学会会員だと思いますが、公明党を除名されても創価学会会員であり続けることができるのですか? ・矢野純也元委員長は政界を引退し、政治評論家になっていますが現在も公明党員、創価学会員でしょうか。 ・竹入義勝元委員長や大橋敏夫元代議士(福岡県)は除名されましたがその後、創価学会の会員を続けているのでしょうか。 ・旧自由党の二見元代議士は新進党解党時に出身の公明党に戻らなかったわけですが創価学会会員は続けていたのでしょうか。  以上ちょっと興味があります。

  • 彼女が創価学会。

    彼女が創価学会の会員です。 正直にいうと僕は創価学会のことをよく知っているわけではないのですがなんとなく創価学会に対して嫌悪感があります。(ごめんなさい!!!) それで今まで『まぁ宗教みたいなものだろうからほっとこう』と思っていたのですが今回の選挙で『公明党に票を入れて』と言われてしまいました。 僕は『それは何かが違うだろ?創価学会なら公明党に票を入れるの?』って思ったんですけどその場を適当にはぐらかしました。 僕は彼女に対してそのことを言っていいものでしょうか? 彼女を怒らせてしまいそうでまだ何もいえてません・・・。 どうかアドバイスをください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

元創価学会員です。 >>◇公明党の党員は、完全に創価学会の会員なのですか? 事実上、そうです。 ただ、「政教分離」の建前、世間体を考え、創価学会員ではないひともいます。 建前ですけどね。 >>◇選挙では、創価学会の会員は必ず公明党に投票しなければならないのですか? 「自公協力」の選挙区で自民党の候補に投票する以外は、そうですね。 事実上、強制です。 ただ、学会員の中にはこれを嫌い、公明党に投票しない人もいます。 創価学会に対する距離も、投票に影響します。 熱心な学会員は、まず、間違いなく、投票します。 「幽霊会員」などは、「投票した」というだけで、実際は投票しない人も少なくありません。 創価学会に不審感を抱いている学会員も多くいるのです。 宗門に破門されてからは、増えました。 >>◇ 創価学会の会員なのに公明党に投票しない人はいるのですか 上に回答した通りです。 いますね。 「幽霊会員」などには、そういう人、珍しくありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございました。 元会員の方からの回答、大変勉強になりました。

  • 回答No.1
  • smi2270
  • ベストアンサー率28% (962/3382)

全員入れないと 他の人が入れないので 落選します。 ただ 今は自民との選挙協力で 公明の候補のところには 自民は出馬せずに 自民の票も入れてるみたいですけどね。 選挙時期に仲良くなかった同級生が 友人面して 電話をかけてくるのが 大迷惑です!今回も何度も実家にあったそうです!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有り難うございました。 選挙時の友達面しての電話攻撃、本当に迷惑ですよね。お気持ち、お察しします。

関連するQ&A

  • 公明党=創価学会ですか?

    以前から気になってたのですが、公明党=創価学会なのでしょうか? 選挙の時に必ず創価学会員の知り合いから公明党への票を依頼されます。

  • 創価学会?

    こんばんは。 この前の選挙の時に、投票の前日に離れた所に住んでいる友達から 電話が掛かり、3時間ずっと公明党の良いところの話をされました。 投票日の朝、また掛かってきて公明党の女性議員の良いところを2時間聞かされまして、投票が締め切られたら、公明党に入れたかの確認電話が掛かってきました。 こういう人は創価学会の確率が高いのでしょうか? もし創価学会であれば、いつか勧誘されるのでしょうか? あと、創価学会の人は学会員の人との交友関係が親密なのでしょうか? 教えてください。

  • 創価学会と公明党

    創価学会に入信すると、公明党を支持することを強要されるのでしょうか。 投票行動の自由は憲法で保障されていると思うので、そんなことはないとは思うのですが。 実は、創価学会に入信することを考えているのですが、私は公明党が嫌いで他に支持政党もあります。 そんな状態で創価学会に入信しても、うまくやっていけるでしょうか。 創価学会と公明党は全く別組織で、創価学会の中にたまたま公明党を支持している人が多いということだと思っていたのですが。 支持の強要とか、支持しないと肩身が狭くなるような雰囲気などは全くないだろうと思っていたのですが。 実際はどうなんでしょうか。

  • 公明党党員=創価学会会員?

    公明党の党員は全員創価学会の会員なんですか? 学会員じゃないけど公明党員という人や、公明党支持者じゃないけど学会員というパターンもあるのですか?

  • 創価学会

    選挙前になると、創価学会員さんから公明党に投票依頼があります。何故あんなに熱心になれるのでしょうか?学生時代の友人が数人で訪ねて来て、懐かしさで話しが弾んだ後、公明党への投票依頼。ガックリ!名簿を見ながら回っているんだ。夫婦で創価学会員でなければ、あれほどに活動出来ないだろう。金の為でもあれほど熱心にはなれないと思うし、何故?

  • 次の参議院選挙で、創価学会公明党に投票しますか。

    次の参議院選挙で、創価学会公明党に投票しますか。 皆さんは、次の参議院選挙で、創価学会公明党に投票するでしょうか。

  • 創価学会員 = 公明党員 ?

    創価学会員 = 公明党員   なんでしょうか? 日蓮大聖人の教えに心を打たれ、創価学会の指導法も信頼が置けると判断して、あくまでも宗教活動をしたくて学会員になるとします。そのような人でも強制的に公明党支持にさせられてしまうのでしょうか? まあ実際は政教分離の原則が守られていると思いますので、学会員でありながら選挙では己の自由意思で共産党に投票することも可能だと予想しますが。たとえ共産党支持であっても、学会員として指導的な立場で活躍することは開かれた自由な雰囲気に満ちた学会では十分可能だと思いますが、実際はどうなんでしょう?

  • 公明党イコール創価学会でしょうか

    今回の選挙で創価学会の知人数人から投票の依頼がありました 私個人は公明党に共感する部分も多少はあったのですが支持母体が創価学会なので何時ものごとく一票はいれませんでした http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20130723-00026638/ テレビ東京の番組は見逃してしまいました。今思うと残念です

  • 創価学会員の「公明党お願いします」について

    選挙のたびに、知り合いの創価学会員から「公明党お願いします」的なお願いをされます。 年齢を重ねるにつれ、公明党をお願いされる機会が増えてきました。 私は創価学会大嫌いですので、公明党には絶対票を入れません。 いきなり自宅まで来たり、電話がかかってきたり。 選挙のたびにうんざりです。 毎度、インターホンが鳴ると居留守を使ったり、電話は無視して着信拒否したりします。 しかし、たまたま運悪く玄関先で鉢合わせてしまったり…外出先で遭遇してしまったり…避けきれないときもあります。 「創価学会嫌いだから2度と話しかけてくるな!」と言ってしまいたくなります。 が、創価学会員はそこらじゅうにいるんだから恨まれるようなことしてはダメだと母には言われました。 同じような迷惑を感じてる方々、どのように断ってますか? 先日の選挙前も、玄関に「創価学会お断り」と貼り出してしまいたくなる程イライラしました。

  • 公明党は創価学会??

    必ず創価学会の会員なのでしょうか? そしてなぜ創価学会が政治に進出してきてるのでしょうか? 創価学会は選挙でも力が出せるほど力のある宗教団体なのでしょうか? 創価学会が無宗教に嫌われる理由とは? 創価学会ってネットでよく叩かれてますがそんなに悪い団体なのでしょうか? なぜ毛嫌いされるのかも教えて下さい。

カテゴリ