• 締切済み
  • すぐに回答を!

名詞はof whichの前か後か

of whichの使い方について教えてください。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012156595 このページの回答で No.1では、 They live in a house the roof of which is red. No.2では、 They live in a house of which the roof is red. となっています。 これはどちらが正しい用法ですか? http://ameblo.jp/s-lilipat/entry-10933561737.html They live in a house the roof of which is green. このページではNo.1と同じ用法になっています。 http://eow.alc.co.jp/search?q=of+which tubes of which the tips are in the stomach このページではNo.2と同じ用法になっています。 どちらでも良いでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数264
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

#2 で誤りとしている本もある、と申しましたが、ジーニアスをはじめ、多くの辞書で of which the ~のパターンは出ています。 ただ、所有格部分が主語になる場合はいいですが、 a word the meaning of which I don't know のような、目的語になる場合には of which the meaning とするのは確実におかしくなります。 the meaning of which というかたまりで、目的語の位置から前に出るため、 of which the meaning という入れ替えがより破綻する。 (主語の場合にも破綻、とする人もいるのでしょう) 昔はこの点については触れられていませんでした。 また、この場合、 a word (that/which) I don't know the meaning of のように、the meaning of を最後に置くことが可能で(主語の場合は無理) 特に which を省略すると、ある程度自然な英語になってきます。 こういう書き方も以前は習いませんでしたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • of which→ 所有格を表す関係代名詞

    例えば、 The house the red roof of which you can see is ours.(赤い屋根が見える家が、私たちの家です) という文は、 The house of which you can see the red roof is ours.と書き換えられますよね。 ところで、 I saw a car the windows of which was broken.(私は窓が壊れている車を見た) という文は、 I saw a car of which the windows was broken.と書いてはダメなんですか?

  • なぜ in which があるのか

    My father has no room in which to study. 父には勉強する部屋がない。 He has no house in which to live. 彼には住む家がない。 これらに、「in which」が入っていますが、なぜあるのでしょうか。 これを省略すると不都合が生じるのでしょうか。 関係代名詞の主節と従節の関係がここで発生しているのでしょうか。 That is the house in which he lived. あれが彼が住んでいた家だ。 については、whichだけでなく、in which となる理由が分かります。 in which(where)に強くなるにはどうしたらいいのでしょうか。 ひたすら文の暗記というのではなく、用法のツボなどあるのでしたら 教えてください。

  • which

    A scientist say the caffeine of the plants is already lowered by up to 70%, WHICH they claim indicates~~~~~~~ とつづくんですがでかくなってるWHICHの用法、訳し方、などわかりません、教えていただけないでしょうか??

  • 回答No.2

今から数十年前は中学でも(塾や発展内容では)やりましたね。 その時はどちらも正しいと習いました。 ものであっても、its という所有格を使うように、whose を用いることができる。 それでもやはりものなので、of ~を使うのが of which です。 the roof of it, the roof of the house のようなかたまりになるというのが the roof of which という考えです。 動詞につく、talk of ~であれば the thing of which we talked the thing (that/which we talked of のように、of which が前に出ることがあるのですが、 この考えでは the roof of which でかたまりです。 一方、それでも of which を wh- である以上前に出す、というのが of which the roof です。 its のように of which roof とはできません。 今では高校レベルでもほぼ習いません(大学入試対策でたまにやります)が、 of which the roof は誤り、と断言している本もあります。 正しいとしても、かなりまれです。 the roof of which にしても、 the house the roof of which is red はつながりが見えにくいのと、 内容的にも継続用法的であり、the house, the roof of which is red とすべき という声もあります。 いずれも whose roof is red の方がましで、これは昔から言われていますが、 the house with a red roof とするのが自然です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

They live in a house the roof of which is red. →正しい文 They live in a house of which the roof is red. →正しくありません。 ==================== 所有をあらわすのに、所有格を使うのと、of . . . を使うのの2通りがあります。ただし、常に両方が成立するわけではありません。 the house's roof the roof of the house という2通りができます。 このhouseを先行詞にして関係詞をつくる場合ーー They live in a house + the house's roof is red. →They live in a house whose roof is red. They live in a house + the roof of the house is red. →They live in a house the roof of which is red. というからくりがわかりますか? + the house's roof, + the roof of the houseのthe house's, the houseをそれぞれ関係代名詞に置き換えているわけです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー tubes of which the tips are in the stomach は、英辞郎が間違っていると思います。 tubes the tips of which are in the stomach あるいは tubes whose tips are in the stomach が正しいと思います。 ちなみに英辞郎の他の例は、こんな変なことになっていないと思います。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • of which の意味

    特許の英文(機械)について質問します。 http://www.google.co.jp/patents?id=s56_AAAAEBAJ&printsec=abstract#v=onepage&q&f=false の10ページ[0010] According to form of realization, the gripping levers have approximertry parallel gripper and offset driving arms directed towards each other, with the adjucent ends of which the power take-off of the appliance for converting and/or tranceferring is coppled. という英文について質問します。 (Q1)この文の、" adjucent ends of which the power take-off "は、 ”of which +節”の形(こんな形が定型表現としてあるかどうかは知りませんが) の形をしていますが、 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317252238 (1) The house the roof of which is blue is mine. (2) The house whose roof is blue is mine. (3) The house of which the roof is blue is mine. の(3)と似たようなケースと考えてよいでしょうか? (Q2)Whichの先行詞はarmsですか? つまり、”of which のwhich” は、armsと同じものと考えてよいですか? (Q3)offset driving armsという3単語は、前記の箇所において、本文中で、はじめて出てきますが、 この3つで一つの固有名詞をなしている(Offset driveをするarmsといった具合の意味?) 例えば、 Tunnel Boiling Machete だとか Scanning Tunneling Microscopyだとかみたく。 (Q4)結構英語のできる人が、 offset driving armsを、「arm を動作させる(動作できるようにする)ための空隙部」とかいった 解釈ができるのではないかと言ってましたが、僕はそういう訳はできないように思います。 ただ、なんとなくそう思うだけですが。正しくは、どうなのでしょうか?また、 出来ないとするならば、そういうふうにこういう解釈ができない理由を説明すればよいでしょうか? (Q5)構文 {According to form of realization}_A, {{the gripping levers}_S [have]_V { {approximertry parallel gripper}_N1 {and offset driving arms directed towards each other, with the adjucent ends of which {the power take-off of the appliance for converting and/or tranceferring is coppled} }_N2 }_O. }_se1 この英文の本動詞は、haveであり、haveは3文型で用いられている。 また、N1とN2は並列の関係 Aは、se1全体を、副詞的に修飾しているという考えで間違いないですか? こういうのって普通はどういうふうに構文を解説するんですか? (Q6)構文 以下の訳は正しいですか? 本発明の実施のため、 複数のgripping leverは、(それぞれ) 略平衡(に配置された)グリッパと、 互いに向かい合った関係にある offset driving arm 複数を、 隣接端に(本発明の)appliance(に備わった)power take-offで、(動力の)伝達または変換をおこなうためのpower take-offが、offset driving armsの隣接端に結合されるように備わる。

  • whichの用法

    In detail, an algorithm is described which computes the centrality score for each node, called the in uence index. 上記英文中のwhichの用法が判るようお訳しください。 宜しくお願い致します。

  • of which

    いつもお世話になっております。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 Goden Grey is to take on the task of revitalizing the struggling business, the share price of which has dropped to nearly half its value in two years. (1)of which の後に穴がありますが、その穴にはthe share price が該当しますか? (2)of whichのofを後に持ってくると the share price which has dropped of to nearly half its value in two years. でしょうか? dropped of という熟語がないので間違っているような気もしています。 (3) , までの文と , 以降の文がかみ合っていないように思いますが、この文章文法的にあっているのでしょうか? どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • The house which has a red roof is m

    The house which has a red roof is my uncle‘sとほぼ同じ内容にするとき、The house ( )a red roof is my uncle`s.という問題なんですが、答がwithになるんですけどなぜですか?中学生にも理解できるような解説お願い致します。

  • 関係詞 合っていますでしょうか?

    教えてください 1). This is the way (  ) Mr. Kato mastered English.    正解(1) in which   (2) of which   (3) on which   (4) which (1)が正解ですが、 This is the way.とMr.Kato masterd English in the way. の二つの文からできていると言う事で合っていますでしょうか? 意味は、「この方法でMr.Katoは英語をマスターした」 で合っていますでしょうか? 2). The building the roof (  ) is red is the post office.    (1) who     (2) whose    正解(3) of which   (4) which   (3)が正解ですが、 of which ってのは roof の事ですよね? (4)のwhichだと思うんですが、なんでofがついているのでしょうか? また、なんであえてこのような複雑な文ができるのでしょうか? The building the roof of red is the post office. でいいじゃん。と思います。まぁ問題なのでこのようにしているのかも? と思いましたが、実際このような文が出てくる場面ってあるのでしょうか? 3). Who is there (  ) knows that?    (1) which    (2) as      正解(3) but     (4) who (3)が正解ですが、 これはさっぱりわかりません。thereを先行詞にとって、knowsの 主語になるから(1)whichにしてしまいましたが、意味がさっぱりです。 whichだったら、「そこで、あれを知っているのは誰?」みたいな訳かなと思ったのですが。。。

  • one of which/of which one

    手元にある文章、 There are transmitters of either 10 or 50 watts, of which one acts as stand-by while the other is in operation. について、関係代名詞of which oneの辺りについて質問があります。 (1) ...10 or 50 watts, one of which acts... (2) ...10 or 50 watts, of which one acts... (1)の書き方であればよく分かるのですが、上の文章にあるように(2)の場合ではどうしてこのような並びになっているのかがよく分かりません。(1)と(2)では意味はおそらく同じであると思いますが、違いや使われ方の特徴はあるのでしょうか。お詳しい方、何卒よろしくお願い致します。

  • この場合い in which を of whichに代えてはおかしいでしょうか?

    中野幾雄著「技術英語攻略法」 (株)工業調査会 発行 のp144に次の英作文例があります。 和文: パイプの中を流れる液体の中央部分が,壁に接触している部分よりも速く動くような液体中の内部摩擦を粘性力と言う。 訳例: Internal friction is fluid in a pipe, in which central portion is moving faster than the portion in contact with the wall, is called the force of viscosity. 説明; (少し前置きが長く申し訳ありません。 自分の頭の整理の都合目的もあります。 ご容赦下さい。 ) 訳例を導くのに次の様な解説がされています。 1. 和文の主部・述部の骨幹は * 液体中の内部摩擦を粘性力と言う。 * Internal friction in fluid is called the force of viscosity. 2.骨幹以外に修飾部の内容は * パイプの中を流れる液体の中央部分が,壁に接触している部分よりも速く動くような 3.上記2.の修飾部に骨幹部で使われている共通語「液体」があり,さらにその修飾語「パイプの中を流れる」を,幹部の主部に移管する。 よって骨幹部の主部は * パイプの中を流れる液体中の内部摩擦を粘性力と言う。 * Internal friction flowing in a pipe is called the force of viscosity. 4.上記3.に伴い修飾部の内容は * 中央部が,壁に接している部分よりも早く動く * The central portion moves faster than the portion in contact with the wall. 5.上記4.は液体を修飾する語であったので,その様に英語的に並べ代えると * パイプの中を流れる液体中 [中央部が,壁に接している部分よりも早く動く] の内部摩擦を粘性力と言う。 * 関係代名詞でつなぐとすると,訳例では; * Internal friction in fluid flowing in a pipe, in which the central portion moves faster than the portion in contact with the wall, is called the force of viscosity. 質問: 1) 訳例ではin whichで文章をつないでいますが,先行詞はfluidと思いますが。 of which 或いはwhoseでついないでも意味は通じると思うのですが如何でしょうか?  * in which the central portion ・・・ in which = in fluid.  * of which the central portion ・・・ The central portion of fluid  * whose central portion ・・・ The fluid’s central portion. 2) 訳例では中央部をcentral portionとされていますが,central areaでは意味が通じませんか? 3) 訳例ではthanの後で再度the portionを使っています。 the oneではダメなのでしょうか? 宜しくご教示お願いします。

  • 英語得意な方教えてください

    関係代名詞の使い方教えてください the house (whose/which) roof is red belong to mary's house 意味もお願いしたいです。

  • 「住む家がある」の英訳は?

    今回の質問は 「住む家がある」を訳す問題で、 There is a house to live in. としたのですが、解答では There is a house in which to live. となっていました。 このwhichは何なのでしょうか? 関係詞だとすれば、必ず2文に分けられるはずですよね どういう2文になるのでしょうか? なるべく基本的なことから教えてください。 お願いします。

  • to which?

    教科書を読んでいると、They are shown in (1) in order of the degree to which they are central to clause structure.という文があったのですが、この「to which」ってなんなのでしょうか?they are central to clause structure to the degreeのthe degreeがwhichにかわり、to whichが前にでてきたものだと思えばいいのでしょうか??