• ベストアンサー
  • 困ってます

オーバーラッピングのやり方サイト

たびたび失礼します。英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 私はこれから、オーバーラッピングに力を入れようと思っているのですが、オーバーラッピングのやり方について説明されたサイトがなかなか見つかりません。「オーバーラッピング やり方」で検索しても、個人ブロガーとか、信ぴょう性に欠けたサイトばかりヒットします。 以前はスペースアルクのサイトに、ディクテーションやオーバーラッピング、シャドーイングのやり方が書いてありましたが、サイトが統合されてしまいました。 そこで質問なのですが、オーバーラッピングのやり方について書かれたサイトで、例えばちゃんとした会社が運営しているものとか、大学の教員が書いたなど、信憑性の高いサイトはあるでしょうか。できればそのサイトのリンクも貼っていただければ幸いです。 宜しくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数99
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15151/32483)

 下記などでオーバーラッピングの説明があります。  http://english-kei.net/4/english110.html    下記などではオーバーラッピングとシャドーイングの違いが書いてあります。  http://allabout.co.jp/gm/gc/50542/  僕はどちらもやったことがありませんのでいいとも悪いとも申せません。行間を、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり、これしかないですよねえ…。ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • オーバーラッピング&シャドーイングオンリー

    たびたび失礼します。英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 私はリスニングを中心に4技能を向上させていきたいと思っているのですが、オーバーラッピングとシャドーイングのみでリスニング力はアップするのでしょうか? リスニングメソッドの一つとしてディクテーションがありますが、あれは精神的・肉体的にキツ過ぎて、根性無しの私には頻繁にできません。しかし、オーバーラッピングとシャドーイングなら頻繁にできそうです。 そこで質問なのですが、オーバーラッピングとシャドーイングのみでリスニング力はアップするのでしょうか? 私の目標としては、2年以内にTOEICのリスニングで480点くらいが取れていて、4年後にはCNN.comやBBC Newsを完ぺきに聞き取りたいと思っています。 ご回答よろしくお願い致します。

  • オーバーラッピングとシャドーイングの違い

    こんにちは。 オーバーラッピングとシャドーイングの違いは、テキストを見るか見ないかの違いだけでしょうか? また、オーバーラッピング、シャドーイング、ディクテーションの他に、英語練習法があれば、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ひたすら精聴リスニングの効果は?

    英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 私はリスニングを中心に4技能を強化していこうと思っているのですが、ディクテーション、シャドーイング、オーバーラッピングは、大変な作業なので、毎日のようにやるのは困難です。根性無しで申し訳ありませんが…。 しかし、オンラインでNHK WORLDやCNN student news、VOAなどなら、ほぼ毎日やっています。でも、それらを使ってディクテーションやシャドーイングをやっているわけではありません。あくまで精聴(真剣に集中して聴く)を毎日やっているだけです。 そこで質問があるのですが、上記のようなネット上の英語教材を、ただひたすら精聴するだけというのは、リスニング力アップの効果はあるのでしょうか? 「聞き流す」だけでは効果がないのは分かっています。あくまで私は、毎日、上記の英語教材を「精聴」しまくっています。こんなので、効果はあるでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • シャドーイングのみでリスニング力アップ

    たびたび失礼します。英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 私はリスニングの稽古をやっているのですが、ディクテーションというのは、正直かなり精神的にキツイので、あまりやる気が起きません。月数回しかできていません。それに対してシャドーイングは、声に出しまくるだけなので、週に何度もできそうです。 そこでお伺いしたいのですが、シャドーイングだけでリスニング力のアップは可能なのでしょうか? やはり、ディクテーションと組み合わせないと効果的なリスニング力アップはできないものなのでしょうか? 根性無しで申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • シャドーイングのやり方

    英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 私はこれから、シャドーイングでリスニング力を高めていきたいのですが、シャドーイングのやり方について、まだちゃんとわかっていません。いくつかのサイトで調べたのですが、具体的にどのような手順でひたすら繰り返せばいいか、分からない部分も多いです。 一応、下記のサイトは見ました。 http://www.cosmopier.com/eio/shadow.html http://www.alc.co.jp/eng/benkyo/trainingm/04.html しかし、上記2サイトだけではなく、できればさらに、シャドーイングメソッドを書いたサイトをいくつか参考にしたいです。個人のブログではなく、ちゃんとした株式会社のサイトとか、大学教授や准教授、大学講師がおススメするシャドーイングメソッドが書かれたサイトとか、英語学習系テレビ番組のサイトとか、信頼できるサイトを探しているんです。 間違った方法で何カ月もシャドーイングして、徒労に終わってしまうのが怖いんです。 というわけで、いくつかサイトを紹介していただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 英語のリスニング

    英語についての質問です。 今高校生でリスニングについて困っています。 自分は将来も英語を使っていきたいとおもっております。 ついこの間まで速単必修編のCDでシャドーイングやらオーバーラッピングやら やっていまして、最近になって単語の確認をしつつDUOでディクテーションからのオーバーラッピングや、今度受ける予定の準一級のプラス単語帳のCDでオーバーラッピングなどをしているのですが、DUOの短い文はともかく、準一級のCDともなると5個の例文につき2個ぐらいしか聞いて完全に理解できるのものがありません。 単語は聞き取れるのですが、間に入っている前置詞が分からなかったり、読むのが早いので 自分の思考が追いつかなかったりと・・・・。 細かいところを聞くのは練習量の問題のような気がするのですが、 聞いた英語をすばやく理解するにもやはり練習量でしょうか?(それなら安心なのですが) もしかしたら間違った訓練をしているかもしれないので そうだったら言ってください。

  • シャドーイングの復習

    何度もすみません。英検2級、TOEIC740点の者です。 こらからはリスニング力強化のためにシャドーイングをしようと思うのですが、シャドーイングにしろディクテーションにしろ、やりっぱなしでは効果がないですよね。 ディクテーションの復習なら、紙に書いているわけですから、英文のどの部分が聞き取れてどの部分が聞き取れなかったかが一発で分かります。なので、復習が容易にできます。 しかし、シャドーイングは、紙に書いていないので、英文のどの部分がちゃんと言えてどの部分がちゃんと言えなかったかが分かりません。 そこでお伺いしたいのですが、シャドーイングの復習とは、どのようにやればいいのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ないですが、ご回答お待ちしております。

  • 英語リスニング脱落、同化の音を練習

    英語リスニングでの脱落、同化の音 をディクテーションしたり、 オーバーラッピングしたりして練習しますが、 その結果 聞き取れる同化とか脱落の音は練習したものにくわえて、 ほかの初めて聞く音も聞こえるようになりますか。

  • 英語のリーディング方法について

    英語のリーディング方法について ・センテンスリピート ・コーラスリーディング ・ロールプレイ ・シャドーイング ・パラレルリーディング/オーバーラッピング のほかに,なにかおもしろい方法があればおしえてください。 対象は中学生です。

  • 海外留学→リスニング力アップの不思議

    英検2級、TOEIC740点(L400・R340)の者です。 最近不思議に思うのですが、海外留学を1年程度経験した人が、スピーキング力だけでなく、リスニング力までもが向上するのはなぜでしょうか? もちろん、海外留学をすれば英語力が上がるわけではありません。本人にやる気がなければ、何年海外留学をやっても英語力は上がらないでしょう。やる気のある人が、1年程度留学して、なぜリスニング力が上がるのか疑問に思います。 彼らは、毎日大量の英語に触れているだけで、おそらくディクテーションやシャドーイングはやってません。なのに、海外留学者は、ものの数か月とか1年で、高度なリスニング力を身に付けています。なぜそうなるのでしょうか? 意識の違いでしょうか? ちょっと分かりにくい質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。