• ベストアンサー
  • 困ってます

細胞とタンパク質の関係について教えてください

生物の基本知識がありませんが、質問させて頂きます。 細胞の核にDNAの遺伝情報が仕組まれていて、そのコードに従って、アミノ酸を組み立ててタンパク質を作ると理解しています。その作るタンパク質が細胞内に作られるとは考えられないので、何処にそのタンパク質は行き、どの細胞の何の働きに役立つのかが理解できません。例えば筋肉繊維はタンパク質の塊のように考えますが、そのタンパク質が細胞内で、どのように力の細胞連結した効果に役立つのか理解できません。細胞の図解を見ると、その中にタンパク質が働くようなイメージが解説されていないので、DNAコードで生合成するタンパク質は一体どこで何の役目を果たすのかを教えて頂きたくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数281
  • ありがとう数21

みんなが選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#224207
noname#224207

多少ややこしいかと思いますがDNAとタンパク質と細胞の関係を説明させて下さい。 DNAというのはdeoxyribonucleic acid(デオキシリボ核酸)と呼ばれる単なる化合物です。 DNA自身がタンパク質と呼ばれる化合物を作る訳ではありません。 細胞というのは、化学的な見方をしますと、タンパク質糖質、脂質、核酸とから成り立っています。 例えば、細胞膜は、脂質二重層にタンパク質が結合した構成をしています。 細胞自身がタンパク質でできていますから、細胞内でタンパク質がつくられるということは細胞自身が使うために合成しているのだとお考え願います。 細胞の図には化合物の絵までは描かれていませんので注意して下さい。 細胞というものを、生物学的に見るのか化学的に単なる高分子化合物の集合体として見るのかの違いです。 タンパク質というのは20種類のアミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物です。 アミノ酸というのはアミノ基とカルボシル基の療法の官能基をもった化合物の総称です。 いろいろな形をしたアミノ酸があります。 この20種類のアミノ酸がどのような配列で結合するのかという情報を提供しているのがDNAです。 生物はアミノ酸自身を合成するための代謝経路を持ち、一連の生化学的プロセスにおいて、グルコースやアンモニアといった単純な化合物からアミノ酸を合成します。 これがいわゆる生命現象と呼ばれるものです 詳しくは下記を参照願います タンパク質生合成 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/タンパク質生合成 DNAは細胞内ではタンパク質と結合してコロマチンとよばれる形状をしています。 クロマチン(くろまちん:chromatin):真核細胞内に存在するDNAとタンパク質の複合体のことを表す。 詳しくは クロマチン - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/クロマチン 細胞が持つDNAは、塩基配列または遺伝暗号 (genetic code)と言うヌクレオチドの塩基部分が並ぶ構造を持っています。 この塩基の並びは3つを基本的な単位としています。 これをmRNAに転写し、細胞内のリボソームでmRNAの情報(コドン)が翻訳され、それに沿ってアミノ酸が数珠状に合成されてタンパク質が作られます。 詳しくは下記を参照願います 細胞 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/細胞 mRNAについては下記を参照願います。 伝令RNA - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/伝令RNA もしご興味があれば下記のサイトを一度ご覧下さい。 DNA複製 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/DNA複製

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくご説明いただきありがとうございました。細胞内の機能を理解することは大変です。御回答で、コロマチンという言葉で、DNAにタンパク質が繋がっていると初めて知りました。そのタンパク質もDNAの遺伝の機能に役立つものでしょうが、仰ると通り細胞の絵図には書かれていません。やはり細胞内の生物学的機能を理解することは至難の技に思えます。高校生の生物の学習を考えると、複雑な思いに駆られます。ありがとうございました。返事が遅くなり失礼いたしました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

細胞はその大半がたんぱく質から出来ているんですが・・・ 生命活動を行うための様々な化学処理にもたんぱく質は不可欠です。 ちなみにたんぱく質は細胞内のリボゾームという工場で作られます。 全ての細胞はこの工場を持ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有難うございました。細胞内のリボソームでタンパク質を創るとの事ですが、そのタンパク質は細胞内でどんな機能を果たすのでしょうか。最初の細胞は不完全な細胞という事ですか?タンパク質は造り続けられて、細胞内はどうなるのですか。お礼が遅く成りすみませんでした。

  • 回答No.4

質問者さんは、タンパク質は市販で売られているプロテインのようなものを想像しているのではないでしょうか? 確かに分泌系のタンパクはそのようなものなのかもしれません。ホルモンとか、血中タンパクなんかは細胞外をふら~りと遊泳していることでしょう。 しかし、タンパク質の根源は、細胞自体です。 特定のタンパク質の発現が特定の細胞を作るということですね。 筋組織も然りです。一つ一つの細胞が組織を形成し、筋肉となり、伸びたり縮んだりします。これは、タンパク質の単体が成しえることではありません。 内臓組織(心臓、肝臓、肺)もそれぞれのタンパク質を発現した細胞が組織となり、役割を担っています。 では、どうやって特定の細胞が作られるの?なぜ、1つの受精卵から組織が作られるの?と質問が上がるでしょう。 そもそも、体のどこの細胞を取ったとしても、ゲノム(遺伝情報)は同じです。心臓だろうが、大腸だろうか、目ン玉だろうが遺伝子は同じということです。それなのに、特定の細胞だけで作られているという不思議があります。 これは、受精卵時の転写因子というものが絡んでいます。受精卵は均一に見えて、実は不均一であり、動物極と植物極という極に分かれ、DNAを発現させるための特定の転写因子(タンパク質ですね)の分布が変わっています。 すると、その偏った転写因子の分布からのタンパク質の発現で、ある部分が口となり、ある部分が内臓となり・・・と将来、形作られる部分が変わってくる訳です。鼻が大きい人はち〇ち〇も大きいという説があるのは、鼻とち〇ち〇が卵時代、近い部分から分化してくるためかと思いますが、統計的に当たっているのか?はわかりません(笑)。 個体(ヒトの体)が大きくなってくると、各組織は前駆細胞なるものを各組織に準備し始めます。完全無垢な細胞をこのような組織に投入すると、ホルモンや転写因子の関係で、同組織の細胞に変化していくこともあります。 iPS自体の作製(脱文化)は簡単ですが、iPSである証明(全能性の証明)は難しい事です。組織に投入しても、組織と同調せず、シャーレ上と同様にがん細胞のように増えてしまう事もあるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有難うございました。受精卵の説明で、転写遺伝子(タンパク質)の分布の話は興味を覚えた。やはり全体的に蛋白質の生命活動における機能が分からないから混乱から抜け出せない自分かと考えます。細胞の説明で、普通の解説がDNAの事ばかりになっているので、何の為の蛋白質かが解説から抜けているように思いました。お礼が遅く成り住みませんでした。

  • 回答No.3

『その作るタンパク質が細胞内に作られるとは考えられないので、何処にそのタンパク質は行き、どの細胞の何の働きに役立つのかが理解できません。』 この日本語、ちょっとおかしくないですか?他の方々も答えていらっしゃるように、タンパク質は細胞内の租面小胞体上にあるリボゾームRNAで作られます。そして、ヒストンのように核内に行くもの(核タンパク質)もあれば細胞膜に行くもの(膜タンパク質、成長因子やホルモンの受容体など)、細胞内の器官に行くもの(ゴルジ体の糖転移酵素やライソザイムの分解酵素、ミトコンドリアの酸化酵素など)、細胞質に行くもの(解糖系の酵素など)、インシュリン(ホルモン)や成長因子などの分泌タンパク質などがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有難うございました。やはり理解できないことが多い。タンパク質が生命活動でどのように役立っているかが理解できないからだと思います。エンルギー消費機能でも、細胞内でどんな蛋白質がどのように生科学的に働くのかが分からないからだと思います。全くの素人ですので、生命活動の本質をどう捉えるかの基本が理解できないで、DNAの働きだけを追っても何も分からないように感じました。細胞内のタンパク質がどんな働きをするかが分からない自分を知るだけのようです。お礼が遅くなりまして済みませんでした。

  • 回答No.2

質問者様はタンパク質をとても大きなものとしてイメージしていませんか?タンパク質といっても色々ありますが、その大きさはナノメートルの世界です。顕微鏡で細胞をみたときに見える世界はせいぜいが数マイクロメートルの世界ですが、タンパク質はその1000分の1以下の大きさです。 筋肉線維はタンパク質の塊というイメージだそうですが、そういう意味ではあらゆる細胞がタンパク質の塊です。ゲノムDNAもヒストンというタンパク質に巻きついてクロマチン構造として存在しますし、mRNAを合成するのもRNAポリメラーゼというタンパク質です。細胞膜上には無数に受容体やトランスポーターが存在し、細胞内外の情報伝達や物質輸送を行っています。 ご質問の文章のなかでは、 >その作るタンパク質が細胞内に作られるとは考えられないので ここが間違っています。 DNAの情報をもとにアミノ酸が連結されてタンパク質になるという理解は正しいです。ゲノムDNAのコードはまず「転写」という作業により各タンパク質に対応するメッセンジャーRNA(mRNA)に変換されます。この作業は核内で行われます。 その後、mRNAは細胞質に移行し、小胞体という細胞内小器官の表面に存在するリボソームによって「翻訳」されます。このとき、各コドンに対応するアミノ酸が順次連結されていきます。完成したタンパク質はそのまま細胞内で機能します。 以上がざっくりとした説明です。 もちろんタンパク質の中には細胞外に分泌されて機能するもの(各種リガンドや細胞外マトリックスの構成タンパク質など)、細胞膜を貫通した状態で機能するもの(受容体やトランスポーターなど)があります。それらは小胞体上での翻訳時に小胞体内腔側(細胞外側)もしくは小胞体膜上に翻訳されます。 が、形質膜の内側という意味では「細胞内に」作られることに変わりはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御説明有難うございました。自分のような素人が理解し難いのは、用語を理解できていないからと思います。一つ疑問が浮かびました。細胞内にタンパク質をつくると言う事は、最初のその細胞内には無かった訳かと理解しました。そのタンパク質が最初に無くて、後から自分で作ると言う事は、細胞の機能が完全ではなかったという意味か、あるいは蛋白質を次々と作っては消費してゆくと言う意味なのかと不思議に思った。未だ蛋白質がどのように生命活動に機能しているかが理解できません。返事が遅く成り失礼いたしました。

関連するQ&A

  • DNAとRNAの違い(TがUになってる事ではない)

    RNAにはメッセンジャーRNA(mRNA)と転移RNA(tRNA)、そしてリボソームRNA(rRNA)があるそうですね。mRNAはDNAの情報を鋳方として核内で合成され、その遺伝情報を受け取って細胞質に移動し、リボソームと結合する(マイペディアより)……とありますが、要はRNAは全体としてDNAの情報を受け取ってそこからさまざまなタンパク質合成をしてるんですよね。 しかし、RNAは「リボ核酸」と和訳されるようにDNAと同じような核酸の塊ですよね。でも上記の話を考慮すると、DNAは設計図、RNAはつくる側、という気がします。この見解はあっていますか?あと、mRNAが持ってる遺伝情報をtRNAがリボソームへ持っていくときのその「遺伝情報」とはあくまでDNAの情報のことですよね? 紛らわしくていつもこんがらがります

  • 原核細胞

    原核細胞は核を持たないが、DNAが凝縮した「核様体」なるものを持つ…ということですが、これに関していくつか質問があります。 (1)原核生物は全て、もしくはその多くが核様体を持つという認識で合っているのでしょうか?ミトコンドリアや葉緑体も核様体を持つようですが、大腸菌なども核様体を持つのでしょうか? (2)真核細胞では分裂前期に染色質の凝縮が起こりますね?この核様体が存在する時期というのは、やはり原核細胞の分裂期になるのでしょうか? 原核細胞のDNAからタンパク質が生合成される仕組みについてはおおよそのことは知っています。RNAポリメラーゼによって転写合成されたmRNAを伝って、いくつものリボソーム(ポリソーム)が順次コドンをタンパク質へ翻訳しますね。この様の図解や、その手の電子顕微鏡写真も見たことがあります。 (3)この原核細胞内でのタンパク質の生合成は、核様体という凝縮した状態でも行われているものでしょうか?真核細胞ではDNAが凝縮した状態というのは、基本的に転写が不活性化している状態だったはずですが。 (4)大腸菌などは、本来のDNA以外にもプラスミドと呼ばれる環状DNAも持っています。核様体はプラスミドもその中に含むものなのでしょうか? (5)核様体はDNAが凝縮したものであるとはいうものの、ヒストンは含まないようです。真核細胞の染色体はヒストン以外にも、非ヒストンタンパクと呼ばれる、転写調節タンパクやDNA修復酵素などを含むようです。核様体はタンパク質など、DNA以外のものを含むのでしょうか? 以上5点、すこし長くなってしまいましたが、いずれも ●核様体は原核生物に共通する構造なのか? ●核様体を持つ原核細胞のDNAが常に核様体という姿でいるのかどうか? という疑問がそもそもの発端です。 よろしくお願いします。

  • 受託合成によるDNAと細胞核内のDNAの違い

    DNAが発現の制御や遺伝情報の修復・複製が できるのは生物の細胞核内にあるときであって、 業者に受託合成により作られた細胞核内にないDNAは、 それらの機能が働かない、塩基-糖-リン酸からなる 単なる高分子有機化合物と考えてよいのでしょうか?

  • 生化学について質問があります!

    1、遺伝情報の発現について細胞分裂時に起こる のはどれか。2つ選びなさい。 A、DNAの複製 B、DNAからRNAへの転写 C、RNAからDNAへの逆転写 D、mRNAからタ ンパク質への翻訳 E、DNAの細胞外への分泌 2、以下の現象のうちタンパク質の生合成過程に 必須ではないものを2つ選びなさい。 A、DNAの複製 B、DNAからRNAへの転写 C、mRNAの核から細胞質への輸送 D、mRNAからタンパク質への翻訳 E、生合成されたタンパク質の翻訳後収縮 わかるかた解説などもお願いしますっ(>_<)

  • 多核の細胞はどのように細胞分裂するのか?

     細胞の中には肝細胞のように一つの細胞に二つの核がある場合があったり、破骨細胞や骨格筋細胞のように数十、数百の核を持つものがあったりしますが、これらはどのように細胞分裂するのでしょうか?普通の細胞の有糸分裂とはどのように違うのでしょうか?  あと,一つの細胞に遺伝情報(核)が同じものが二つ以上ある意味はなんなんでしょうか?   蛋白をたくさん作りたいのであればゴルジ体が増えればよいと思うのですが。

  • 遺伝の問題でわからないものがあります。

    DNA鎖:TAC ATA CTG GAT CCT AGC 上のような塩基配列を持つDNAを鋳型として合成されるmRNAの塩基配列を教えてください。また、このDNA鎖のある部分に1ヶ所塩基の置換が起こり、アミノ酸が4つのペプチドしかできなくなってしまった場合、何が起こったんでしょうか?転写が起こってるのでしょうか? あと、DNAの遺伝情報は、アミノ酸の配列・順序を決める遺伝暗号ですよね?で、生体を構成している物質はタンパク質だけではないですよね?他の物質の構造に関する遺伝情報はどのようになっているんでしょうか? それと、突然変異を起こした遺伝子も、遺伝情報を持った1つの遺伝子として保存されますよね。どうして誤った遺伝情報でも保存されるんでしょうか? なんかたくさんあるんですが、どなたか回答よろしくお願いします。高校で生物とってないので、大学に入ってからわけわからなくて困ってます~。 もし、わかりやすい参考書やURLをご存知の方がいたらそれも教えていただけるとうれしいです! よろしくお願いします!!

  • RNAの製作指示は何処から出ているのですか?

    多細胞生物のDNAには多くの遺伝情報があり、一つの細胞で必要とされるタンパク質は遺伝情報の総てではなく、その中の一部と推測します。さらに、細胞の種類,栄養,運動,加齢などの環境によって、必要とされるタンパク質の種類と量は常に一定ではなく変化するならば、作るタイミングがDNAに記録されているとは考え難い。それにもかかわらず、でたらめにタンパク質を作っているとは思えません。(もしも、でたらめだったら、それぞれの細胞は本来の機能を果たせないでしょう) 多細胞生物のそれぞれの細胞が、必要なタンパク質を必要な量だけ適時適切に作っているとすると、そのとき全DNAの中からどのRNAを作るかの指示はその都度必要と思いますが、何処から指示が出されているのでしょうか? [DNA→(転写)→RNA→(翻訳)→タンパク質]については何処にも出てきますが、DNAからRNAを作るときの指示が「何処から」,「どのタイミングで」出されているのか、調べましたが知ることができませんでした。教えて頂きたく、よろしくお願いします。

  • RNAの製作指示は何処から出ているのですか?

    多細胞生物のDNAには多くの遺伝情報があり、一つの細胞で必要とされるタンパク質は遺伝情報の総てではなく、その中の一部と推測します。さらに、細胞の種類,栄養,運動,加齢などによって、必要とされるタンパク質の種類と量は常に一定ではなく変化するならば、作るタイミングがDNAに記録されているとは考え難い。それにもかかわらず、でたらめにタンパク質を作っているとは思えません。(もしも、でたらめだったら、それぞれの細胞は本来の機能を果たせないのではないでしょうか) 多細胞生物のそれぞれの細胞が、必要なタンパク質を必要な量だけ適時適切に作っているとすると、そのとき全DNAの中からどのRNAを作るかの指示はその都度必要と思いますが、何処から指示が出されているのでしょうか? [DNA→(転写)→RNA→(翻訳)→タンパク質]についての説明は何処にも出てきますが、DNAからRNAを作るときの指示が「何処から」,「どのタイミングで」出されているのか、調べましたが知ることができませんでした。教えて頂きたく、よろしくお願いします。

  • 優性遺伝の仕組みについて教えてください

    生物初心者の素朴な疑問です。 例として、血液のABO型を考えてみます。 両親由来の遺伝情報がAとOであった場合に、血液型はO型ではなくA型になりますよね。これはどうしてなのでしょうか? 以前勉強したところによると、遺伝情報はDNAからmRNAにコピーされて、リボゾームでタンパク質(酵素?)が合成されるということを知りました。 ということは、劣勢の遺伝情報というのは、そもそも上記の過程でタンパク質(酵素?)の合成が阻害されてしまうのでしょうか? それともタンパク質(酵素?)は合成されるけれども何か別の理由で、その機能が発現しないのでしょうか? であるとするとそれはどの様な仕組みによるものなのでしょうか。 わかり易く教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 細胞周期はなぜ逆転しないのか?

    細胞周期はG1→S→G2→Mと進みますが、これがなぜ逆向きに進まないのか?というのが疑問なのですが(リン酸化による制御とタンパク分解?)、どなたかそのメカニズムが分かる方いらっしゃったら教えてください。お願いします。 それとついでに細胞周期が20時間の細胞にDNA合成阻害剤をかけたところ、その細胞数及びタンパク質量はDNA合成阻害剤をかけてないものに比べどの程度か?という問題がいまいち分からないので(特にタンパク質量)分かる方がいたらお願いします。