• 締切済み
  • 暇なときにでも

超能力は本当にある?

超能力は本当にあるのでしょうか? まじめな回答をいただきたくて、敢えて物理で聞いているわけですが。 どうでしょうか?

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数2319
  • ありがとう数68

みんなの回答

  • 回答No.11
  • kyojin
  • ベストアンサー率50% (1/2)

本で見ましたが、テレパシーはちょうのうりょくではないようです 人間の脳波は15メートルまでぐらい飛ぶらしい。 それが原因ではないのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • jどんな超能力が欲しい?

    完全に楽しみ目的のアンケートです!(連続投稿ゴメンナサイ・・) 念力、透視、瞬間移動、千里眼(全部日本語だw)、火を操る能力(パイロなんとか・・?w)などなどいろいろな超能力がありますが、1つだけ、神様にそんな能力がもらえるなら、皆さんだったらどんな超能力が欲しいですか? (物理的な困難さとかそういうのは無視してください 超能力ですから^-^) 私は、「瞬間移動・テレポーテーション」ですねーw 理由は、商売にも使えそうだし、人助けも出来そうですし、遅刻もなくなりそうですしw

  • もしも超能力が…。

    本や漫画で超能力の作品がいくつかありますね。 もしも皆さんがある超能力を手に入れるとしたらどんな超能力がいいですか? そしてどんなことをしてみたいですか?

  • 超能力

    超能力に知識のある方や、実際に超能力がある方、どのように知識を得たのか?またどのように日常生活で活用しているか? 等、超能力に関する情報を教えてください。

  • 回答No.10

私は趣味で手品をやっているものです。私がテレビで見てきた限りですが、テレビ等に登場している自称超能力者たちのやっている超能力現象は全てインチキでした。スプーン曲げで有名な清田君なんかテレビ番組でインチキがバレたのに(私、OA見ました)いまだに超能力者を名乗っています(自称ですけど) 。火の玉で有名な大槻教授(別に支持しているわけではありません)が御自分の書で書かれていましたが、超能力は3種類に分類することができ、そのうち、物理的な力が加わらないと起きない超常現象はインチキであると書かれています。私もこの考えに同感です。空中浮遊、スプーン曲げ、瞬間移動等です。しかし、テレパシーについては、その可能性はあると書かれていたと記憶しています。私も同感です。なぜなら、視線を感じるという現象はテレパシーのようなものではないかと思うからです。何のことかというと、人を後ろ又は斜め後ろから見つめるとその人は視線を感じて振り返る現象のことです。これは誰もが持っている能力ですので、超能力とは言えないかもしれませんが・・・。 話はちょっとずれますが、私はものすごく疑問に思っていることなのですが、なぜ、皆「超能力者の○○です。」というセリフを簡単に信じてしまうのでしょうか?超能力者がスプーン曲げをやる。同じようにマジシャンがスプーン曲げをやる。皆タネはわからないけど、「マジシャンがやったんだからどっかにタネがあるんだ。」と勝手に納得している。要するに皆トリックに騙されているのではなく、「私は超能力者です。」というセリフに騙されているのだと思います。 もう一度冷静に考えて欲しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • souji
  • ベストアンサー率100% (1/1)

私には、実はテレパシーらしきものがあるようです。 しかし、研究する気もないし、携帯電話がある今全く必要ありません。 むしろプライバシーがなく迷惑です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

【テレパシーならあるいは…!?】  超能力が「あるかないか」という質問には、物理の場では他の回答者の方々同様、現時点では「ない」と答えざるを得ません。ですが、実際にスプーンを曲げた経験のある友だちを持つ私としては、可能性を探らざるを得ないですね。  スプーン曲げの原理はただいま研究中(^^)ですが、テレパシー=電波と仮定すると、テレパシーはあるいは実現する可能性もあるかも知れません。 1.人間の神経細胞における情報の伝達は電気信号である。 2.デンキウナギなど一部の生物には大量に発電する能力を持つものがいるので、人間が発電できる可能性もあながちないとは言えない。 3.電波の受信は少ない電力と簡単な仕組み(コイルと磁石のみ)で可能。  したがって、人間が電波を受信できる体質になれば、テレパシーはわりと簡単に説明がつきますね。コイルと磁石の方は外から取り入れてもよいですし。餌を砕くために砂を飲み込むニワトリのように(^^;;; 発信はhiro1001さんのご回答にもありますが、微弱なものなら人間も通常発しているようですし、大量の電気を発電することができればもっと強い電波も発信可能かと。  関連してご紹介したい本があります。「空想科学読本」シリーズ及び「空想非科学大全」という本をご存じですか?アニメに出てくるロボットやレーザーなどの武器が実在するとどうなるか、技術的に詳しく検証している画期的な本です。とても興味深いですよ。下記URLに紹介されています。ご参考まで。

参考URL:
http://www.mediaworks.co.jp/alt/hikagaku/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 紹介されていた本は、私のような素人でも興味を持って読めそうです。(^ー^)

  • 回答No.7
  • c-chan
  • ベストアンサー率9% (28/307)

ほんとうはこの質問には解答しない方がいいんです。それはマジックは種明かしをしないものだからです。 もし、超能力が本当にあるのならすぐさまニュースが取りあげるはずです。 以前、マジシャンと超能力者の対決をテレビで見ましたが、演出の仕方が違うだけで中身は同じでした。超能力者は、種や仕掛けのあるマジックと比べて種もなにもないように思わせるというトリックを使っています。私には、超能力というのはカードマジックや奇術(イリュージョン)・テーブルマジックといったマジックの分野のひとつにすぎないというようにしか見えません。 そう言う意味では「超能力を信じるか」という疑問は「もののけ姫を信じるか」と言うのと同じくらい質問自体に意味がないのです。映画と同じくらいに考えて「超能力を見た事がありますか」と聞くのが超能力に対する正しい認識ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなさんどうもありがとうございました。 また、返事が遅れたことをお詫び申し上げます。 大変勉強させていただきました。

  • 回答No.6
  • frank
  • ベストアンサー率15% (15/94)

たとえば、まず、気孔の話をしましょう 気孔を超能力と呼ぶのかどうかわかりませんが・・・ よくテレビで気孔で人をあやつったりして、乱暴にも吹っ飛ばしたりしていますね あれは確実にインチキだと思います 私はあれは気孔なんていうもので人をあやつっているのではなく、催眠術みたいなもんでしょう 催眠術と気孔はよく似ています(呼び方が違うだけ?) 気孔をかけてる人も催眠術をかけてることに気づいてないのでは? 気孔で病気を治すというものがあります 「気孔を信じなければ治りません」なんていうインチキ気孔師は、明らかに催眠術をかけているでしょう 時計を超能力で治すなんていう人もいます 時計は構造によっては、しばらく握っているだけで再び動き出すものがけっこうあります テレパシー?あやしいですよね それに念じるのにあんなに時間がかかるんなら携帯電話使えばいいじゃないですか 念写?最近はレントゲン写真とか超音波とか便利なものがあります スプーン曲げ?もったいない これらは、マジシャンもできるくらいですからあれは超能力じゃありませんね 私が思うに超能力なんてものはおそらく何かしらのマジックです また、自分は超能力者だと信じている人はテクニックがうますぎて自分でマジシャンだと気づいていないのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

無いと考えています。 私が正しいと思っている事に、エネルギー保存の法則があります。 もし超能力があれば、この法則をどのように検証するかが問題になると思います。 現在検出できる粒子、電磁波とか、また検出できない粒子、波動でつたわる可能性はあると思うが。 現実にはないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • cricket
  • ベストアンサー率22% (107/466)

「量子力学と意識の役割」と言う本があります。 たま出版、1984年初版、竹本忠雄監訳 スペインのコルドバで行われた、国際科学シンポジウムのレポートです。 素粒子は、人間がそれを見ると、動きが変化します。 つまり意識が物理に作用するわけで、 その辺から始まって、いわゆる超能力に関する実験まで、 (基礎的な実験にすぎませんが) 様々な科学者達がレポートしています。 (今では入手は困難な本だとは思います。) 高度な数式が多くて、僕は読み切れませんでした。 とにかく、一部の科学者は真面目に科学的に追求をしている分野と言えるでしょう。 従って、ある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 意識によって変化するものが確にあるというのは大変勉強になりました。

  • 回答No.3

いわゆるテレポーテーションとかPKとか、テレパシーとか。 私もそういう話は大好きで、あったらいいと思います。 ニンゲンの意思の伝達方法や意識に関しては まだまだ 未解明の部分がすごく多くて ありえる話かと思いますが 現代の科学では 解明する為の方法が、まだない というのが本当でしょうね。 しかも、物理とは、「実験的に立証でき」なければ 物理的に存在を証明できないわけですから性質が悪い。 さしあたり テレポーテーション 或いは少し話題がずれますが、物質転送装置はありえるかどうかと言うちょっとしたショートショートが、以下の文庫本に載っていますんで ぜひ読んでみてください。読み物としても面白いですよ。 ラリーニーブン 著 「無常の月」:ハヤカワSF文庫

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 本を読む時間がなかなかとれなくて困っているのですが、 読んでみます。

  • 回答No.2

超能力の種類にもよるでしょうね。 普通の能力を超える能力を超能力というなら、超能力は存在するでしょう。 が、仰る意味は、多分テレポーションとか、テレパシーとか、本来普通の人が持ち合わせていない、そう言った能力のことを言うのだと思います。 ですからこの辺りに照準を合わせて話してみたいと思います。 先ず、現在はっきりと判っていることは、動物の体は、電波を発していると言うことです。 脳からは脳波が出ており、とらえることはできます。 心臓からのものも心電図として利用されています。 これらのものは、それぞれが特徴を持っています。 そして動物は本来この電波をとらえて感じることが出来るのです。 地震の前にナマズが暴れるというのは結構有名な話ですが、あれは、岩盤が圧縮されて発生する電波が、ナマズには判るからです。 本来は人も感じることが出来たはずなのですが、今は感じることが出来なくなっています。 ところが、今でも耳を動かすことの出来る人が居るように、この電波を感じ、コントロールできる人も居ることは否定できません。 要は、その強さだと思います。 心を通じ合ったり、ものを動かしたり出来るほどの能力はなくても、何となく胸騒ぎがするとか、お守りの紐が切れるなどと言うことは、有っても当然だと思われます。 回答にはなっていないかも判りませんが、物理で説明するよりも、生理学でせつめいするほうがしやすいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • もしかしたら出来るかもと、試してみたことがある、超能力・・・

    昔も今も、いろいろな超能力がマスコミなどで紹介されますよね。 そんな超能力を見て、もしかしたら自分にも出来るかもと思って、試してみたことがありますか? もし、そんな経験があれば、教えて下さい。   ・試してみたのは、どんな超能力ですか? ・そして、その結果はどうでしたか? ・あと、試してみたことを、他の人に言いましたか? 宜しくお願いします。

  • 本当に超能力はあるんですか?

    本当に超能力はあるんですか?実際のところどうなんですか? 教えて下さい。 もし本当に超能力があると言われたら、まず僕が一番に感じる疑問は「それならパチンコでいくらでも勝てる人がいるはずだ」ということです。 超能力があったらパチンコで好きなだけ大当たりさせて、いくらでも勝てる人がいるはずだと思うんですけど、実際そんな人達はそんざいしていますか?

  • 超能力(者)とは?

    他所でのやりとりを見ていて、気になりました。 ▼ 「普通の人はO~5%の確率で出来る。その道にたけた人は30%の確率で出来る。その道にたけたとある人物Aは90%の確率で出来る。」 ▲ 上記について、 (1)さんは「Aがやったことは超能力だ。Aは超能力者だ。大抵の人が出来ないことをやれば超能力(者)だ。」という意見を出しました。 対して(2)さんが、「超能力(者)というのは何回やっても現実ではできないこと、不可能なことだから超能力(者)なのであって、現実で出来ればそれは超能力(者)ではない。非日常的ではあるが。」という意見を出しました。 超能力(者)とは何なのか、それは一応分かっているつもりなのですが、上記のやりとりをみていて私も疑問に思ってきてしまいました。 (2)さんの通りかなとは思ったのですが、その道にたけた人でも難しいことを、狙って、故意に、約90%も成功させればそれもまた非現実的なのかなと思いました。けど現実では出来ているし・・・。 こんがらがっています。 (1)さんと(2)さんは、どちらが正しいのでしょうか?どちらも間違い?どちらも一理ある? それとも、「何をやったのか(成功させたのか)」によって、答えもまた変わってくるのでしょうか。 お願い致します。

  • 超能力について

    僕は超能力は実在すると思っていて、よく本なんかには 人間が本来みんな持っている力だと言っていますが、本当なのでしょうか? 馬鹿な質問かもしれませんが、超能力を教えている? サイトのようなものは無いでしょうか?

  • 超能力について

    テレパシー・サイコキネシス(?)・テレポーテーション など超能力用語を詳しく解説できる方いらっしゃいましたら教えてください。 また超能力に詳しいHPをご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

  • いろいろな超能力・・・もっと有効な役立て方、ありませんか?

    世の中にはいろいろな超能力を誇示する人がいます。 その能力の真偽については疑わしい面も多いでしょうが、もし本当にその超能力を持っているとしても、殆ど役には立っていないように思えます。 それなら、そんなに大袈裟な効果でなくてもいいので、もっと有効な役立て方が、考えられないものなんでしょうかね。 例えば、ユリ・ゲラーの「スプーン曲げ」ですけど、あんなにスプーンを曲げてしまったら、役に立たないものを作り出しているだけなので、全然世の中の為にならないような気がします。 この能力は、どんなことに役立てれば有効になりそうでしょうか。 ビールやジュースの空缶を、ペチャンコに潰すとかなら、役に立ちそうな気もしますが、どうでしょうか・・・ 他にも、空中浮揚、透視、念写、テレパシーなどなど、いろいろな超能力がありますが、どんなものでも結構ですので、有効な役立て方を教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 超能力について

    超能力についてお聞きしたく存じます。超能力の団体があります。わたしは会員なのですが、10年前からです。一般には伏せてあるのですが、会長レベルの超能力では、相手の心を読む能力を持っています。最初は驚いたのですが、会長と懇意にしていたら、教えてくれました。言葉もテレパシーみたいに送ることができるので、対面だけではなく、遠隔でも会話ができます。電話みたいにです。 ところが会長と仲たがいしてしまいました。そうしたら、遠隔から苛められるようになりました。超能力だけに、なすすべがありません。 余談ですが、会長は、能力の伝授によって、代々能力を授かっております。初代会長は、能力が自然発生した、と本では言っておりましたが、実際は伝授されることによって身につけたのです。 超能力者は、まがいものではない場合、テレパシーなどの能力があることは伏せているのですが、会長レベルになると、伝授によって取得しております。憑依のような能力もあります。 団体以外では、まがいものではない気功家も、超能力を伝授によって身につけています。まあ、極一部の伝統的な団体にのみ限られますが。 そして私はまがいものではない気功家と出会うことができました。団体出身者の気功家です。彼は、唯一と言ってよいほどの例外者として、団体の超能力を超える能力を身につけていました。超能力は癒しや他の目的に様々利用できるのですが、使用方法を変えれば、人を苦しめる武器にもなるのです。 しかし、その気功家は、武器に対抗する防具としての術をいくつか持っていたのです。私は困っていたので師事しようと思ったのですが、日ごろの行いが悪いため、波紋になってしまったのです。ゆえに防具としての術を伝授してもらうことができませんでした。 しかし、その気功家の本家を探しております。その気功家はだめだったとしても、別の団体があるのではないか、と思うのです。そこで相談です。 気功家でまがいものではない超能力を持っている方(普通はおおやけにはしないのですが)で、誰か紹介してほしいです。

  • 超能力を信じますか

    超能力を信じますか。 私これが出来ますやこんな力の持ち主知っている。という回答もお待ちしています。 ちなみに私は動植物含め地球の全存在と会話が可能です。

  • 超能力使える人!!

    質問です。 超能力で、「遠隔治療」と呼ばれるものがあります。 現在ロシアでは、超能力によって手を触れずに病気を治してしまう類の療法が国家に認可され、病院に超能力治療の科が出来るほどメジャーなものになっているという話を記憶しております。 実際のところ、その遠隔治療や超能力による治療、診断等を経験、または実践している方はいらっしゃいますか? もし私自身が超能力による治療を実践したい時、どういったトレーニングをすれば開発できるのか、方法があれば幸いです。 どのような情報でもかまいません。この分野に関する情報を何かご存知の方、ご回答をお願いいたします。

  • 超能力は本当にあるのか?

    皆さんこんにちは。 スプーン曲げや透視などの超能力や超常現象は 本当に存在するのでしょうか? 中国にいる仙人も超能力者の一人なのですか? 何卒よろしくお願い致します。