• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「座頭市」の楽しみ方がわからない....

「座頭市」は盲目の剣客が大暴れする時代劇です。 (みなさんご存知だとは思いますが) 座頭市映画は数年に一度制作されて、いろいろな監督が「座頭市」映画を撮ったり、いろいろな役者さんが「座頭市」を演じて話題になっています。 私も映画館やTVで何作品かを鑑賞しましたが、あの映画、楽しみ方がわからないのですが・・・・ 普通に考えれば、盲人 対 目の見える相手の剣術ならば、目の見える側が絶対に勝つでしょう。 (別に視覚障碍者をバカにするわけではありません) 戦う場所も、現代の剣道の試合のように体育館の床の上のような平坦で障害物のない場所で行うわけでは有りません。 街中や道中、山中など、起伏があったり建物に接近していたり、足場が不自由な場所だったりします。そんなところで盲人が戦ってもやたらめったら刀を振り回すのが精いっぱいで、石つぶてを投げられたり、リーチの長い武器で攻撃されたらひとたまりもありません。身を隠す場所を探すことも出来ないでしょう。 方や、身体障碍者というのは、体の一つの機能が失われる代わりに、他の器官が健常者が及びもつかないほど発達する、ともききます。 果たして、座頭市という映画はどのように楽しむべく作品なのでしょうか? 「現代日本なら、盲人は、杖を伝って歩くのがやっとであるが、昔々、まだ人間の体に野生の感覚が残っていた時代は、視覚を失った人間であっても、空気の動きや相手の息遣い、その他、あらゆる感覚を研ぎ澄ませば、まるで健常者と同様に周囲の状態が把握できた。いや健常者には感じ取れないような背後の敵の動きすらも感じ取り、瞬時に刀でなぎ倒すことも可能であったのだ。 現代人も感覚を研ぎ澄ませば、目を閉じたまま、周囲の動向がわかるかも知れない」 と見ればいいのでしょうか? それとも「スーパーマン」のように「常識では絶対に有りえないような超人が活躍する完全な夢物語」として、科学的な考察は一切排除してエンタテインメントとして楽しめばいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数177
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • bagus3
  • ベストアンサー率29% (1973/6720)

あくまでフィクションなので、科学的に不可能だとか 現実には常識ではありえないと考えても無意味だし、 それでは楽しめないでしょう。 だからといって、ほとんどの人が楽しく観てるんだから 自分も楽しめなければと考える必要もありません。 説明は省きますが、人間には全知全能になりたいという 潜在的な欲望があるので、スーパーマンや座頭市に感動するんです。 100mを10秒で走った人やエベレストに登った人を賞賛するのも 同じ理由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 あー、フィクション、という設定だったんですね。 私はてっきり、見ている人全員が 「現代人と違って、昔の人は盲人でも鍛えると剣の名人になれるんだ」 って思いながら見てるんだと思ってました。 「それにしちゃ凄すぎない?」 って疑問に思っていたのです。

質問者からの補足

第一回答なのでベストアンサーにします

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

つい三ヶ月くらい前までケーブルテレビの日本映画チャンネルで勝新の座頭市を毎週木曜日にやっていて結構楽しませてもらいました。もっと見たいのでビデオ屋に行こうかとすら考えています。 ザトイチはファンタジーで間違いありませんが、そこは割り切って楽しむのが良いと思います。私の場合、SFものはダメです。SFものもザトイチと同じと思えば楽しめるのかもしれませんが、どうもダメです。やっぱり個人の好みがあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

日本には「片端(かたわ)の系譜」というものがありまして 身障者には人並み以上の能力を持っているという言い伝えがあります 小説でいいますと 「大菩薩峠」の机龍之介が盲目 「丹下左膳」は片目、片腕 まだ他にもあったような気がしますが とくに上の二人が有名ですね 青森のイタコなども本当かどうかは別として 盲人であるがゆえに死者を呼ぶことができる能力があるとされています あれは盲人でないとイタコにはなれませんよね 音楽などで盲人でも 我々健常者以上にピアノやギターでもすばらしい演奏をされます 江戸時代から以前には たとえば橋を架ける時などには 人柱として少女などが選ばれ、まず目をつぶします そうすることによって未来が見え どこに橋をかけたらいいかなど占ってもらい 安全を祈願しました つまり急ごしらえの盲人をつくるわけですね どうしてそういう伝説、いわれが発生したのかとなると 長くなるので省略しますが そういうわけで 映画や小説などを作るときには ただ強いだけの主人公にするのではなく 体が不自由ではあるが 健常者よりも超人的な能力を持っているという 昔からの言い伝えにのっとった 超能力者を創作をしているわけです もちろん座頭市はおもしろい作品ですが 日本人はやっぱりこういう伝説、言い伝えが好きなんだなあという風に 受け取ってもらえたらいいんじゃないでしょうか 海外でもたまにこういう作品がありますが やはり日本の方が多いようですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >日本には「片端(かたわ)の系譜」というものがありまして 身障者には人並み以上の能力を持っているという言い伝えがあります なるほど、そういう言い伝えがベースにあるんですね。 >ただ強いだけの主人公にするのではなく 体が不自由ではあるが 健常者よりも超人的な能力を持っているという 昔からの言い伝えにのっとった 超能力者を創作をしているわけです 興味深い考え方ですねえ。 たしかに完全無欠でさらに超人的能力をもっているよりも、 不自由な者が超人的能力を持っている、というほうが興味がわきますね。

関連するQ&A

  • やっぱり解らない・座頭市(たけし)は見えていたの?

    過去ログも拝見したのですが もう少し知りたかったので質問します。 映画も見に行き、DVDも買いました。 そして昨日見たのですが やっぱりどうしても解らない。 私は見えていないと思うのですが 友人や私の主人は見えていたんだと言い張ります。 では、どうして、くちなの親分は 見えているのを知っていた と、言うと思いますか? それに対し、どうして座頭市は 見えているような事をいうと思いますか? 私の考えは、くちなの親分は めくら=瞼が開かない と、考えてしまったのではないでしょうか それで、思わず(はったりで?) 見えているのは知っていた と、言ってしまうんではないかと、、、 早い話が、座頭市にビビっちゃったのではないかと。 だからこそのラストの 『目が開いてるからって見えてるとはかぎんないのに』となるんだと思っていました。 流れ的に、あの場面で 見えない目をカッと見開く迫力は すさまじいものを感じました。 一番好きなシーンでもあるんですが 友人や主人に否定され、DVDを見るたびに 不快な思いをします。

  • 刀の逆手持ち。

    「座頭市」なんかで、刀を逆手に持って戦うシーンがありますが、実際あんな風に刀を逆手に持った場合、戦えるのですか? 映画や架空の世界だけの話のように思うのですが、どうなんでしょうか。

  • 家庭内での障害者の立場が弱い

    皆様。こんにちは。 私は視覚と聴覚の2重の障害を持っています。 最近、健常の家族と、考えの相違が目立つようになりました。 家族と言っても、実家のことです。 普段は一人暮らしです。 実家に行ったときに、意見の相違が目立つのです。 実家は両親と弟の3人暮らし。 家族は誰一人、私の辛い気持ちを理解していません。 むしろ支配しようとしているのです。健常者の考えだけを押し通そうとするのです。こちらの意見には耳を貸そうとしないのです。障碍者だからと言って、軽く見られているのです。 特に父親は弟を甘やかしてばかりです。私につらく当たるところがあります。 こんな理不尽な家族ってありますか。 こちらの意見が通らないのです。 それとも健常者の世界でも同じことがあるのでしょうか。健常者も生きづらい世の中なんでしょうか。 健常者は好き勝手をしているような気がしてなりません。自分でやれるからいいだろうけど、障がい者に対しては、健常者の言うとおりにしろみたいなところがあるように感じます。 障害者は黙ってろみたいな風潮もあるようです。健常者って勝手だと思うこともよくあります。自分の思い通りにするから。 遠い過去のことですが、私の結婚のときも、親の言うとおりに強引に決められました。私がいくら無理だと言っても、聞く耳を持たなかったのです。今でもそのことは許していません。 結果は、いばらの道となりました。相手は健常者だったので、私の辛さをわからない人でした。 結局離婚に至りました。今だって親の責任であることに変わりありません。 親が健常だから、障害のある私の大変さをわかっていなかったのです。 健常者だって、いつかは弱くなる時が来ます。こうなってから気付いても遅いです。 今の世の中は、健常者中心で、障がい者の人権が尊重されていない気がしております。 私の思い過ごしでしょうか。 皆様のご意見をどしどしお寄せください。 健常者の方も障碍者の方も、どしどし回答をください

  • 座頭市で・・・

    座頭市のタップの時に流れる音はなんて名前でしょうか?

  • 座頭市で

    北野武氏の「座頭市」で一番最後に悪かった元締め役をやっていたのはなんという俳優でしょうか? 柄本明さんより悪かった人です。

  • 教えてください

    10数年前の話なのですが、 テレビ東京の午後のロードショーで放送していた アメリカ版の座頭市のような映画のタイトルを教えて頂きたいです。 ストーリーはおぼろげにしか覚えていないのですが… 舞台はべトナム戦争の時に目が見えなくなってしまい、 未帰還兵になり森の中に住む部族に助けてもらい、刀の使い方を教わります。 その後アメリカに帰還して少年と知り合いますが、 一緒に誘拐されて武器も捨てられたりしました。 ラストは一騎打ちで対決していたと思います。 なにせ小さい頃見ただけなのですごく曖昧なのですが、 是非もう一度見てみたいです。 お判りになられる方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

  • 街中で白杖の視覚障害者に成り済ますメリット

    https://togetter.com/li/1052950 視覚障害を装って利点はないと多くの人が書いてるけれど健常者が着用すると周囲の警戒がマックスになりそうな黒やミラーのサングラスも白い杖とセットなら堂々と使用できます。最初は珍しいから注目されても理屈上は目が悪いわけだから数分も眺めたらこっちは警戒を解きますよね?介助者までいたら私だってまさかここまでやる人は居ないだろうと最初から信じます。 白杖は手帳がなくてもだれでも自由に買えて店頭購入なら身分証も要らないそうです。何かやるつもりの人なら弱者の演技をするのは利点がありませんか? 視覚障碍者の方に言いたいことがあるわけではなくて盲目の演技をするメリットがないと断言する風潮に疑問があるのです。

  • 環境心理学

    先天的に目が見えなかった人が開眼手術を受け、成功しても、すぐには健常者のような視覚を得られないのはなぜですか!?簡潔に教えてください!!

  • 「座頭市と用心棒」の英語字幕より「当たった。」が、I was right.になるわけ。

    こんにちは、いつもお世話になります。 映画、「座頭市と用心棒」の英語字幕付きDVDを手に入れました。 数々の名セリフの英語版がこれで、、、とワクワクして字幕を見ました。 そこで、気になった英語表現がありますので教えてください。 背景:座頭市が久しぶりにある村を訪ねると、鍛冶屋のトメさんの所からカコーン、カコーンという音が聞こえる。音を頼りにトメさんの家の中に入る座頭市。 目くらなので、音から何を作っているのか当てる為に耳をすます。鍬、鋤、鎌、等と考えを巡らすが、、 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「いや、違うな。 もうちっと長い物。・・・2尺と8寸ぐれえ・・・。(一呼吸置いて) 当たった。」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ と、刀だと気が付くのですが、 ~~~~~~~英語字幕~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ No...that's not it. Something longer...about 2-shaku ...and 8-sun. (一呼吸置いて) I was right. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (二つとも()内は僕が挿入しました。) 「当たった。」が、I was right.になっていました。 この英文を見て、まず、疑問文じゃない事から、日本語の時は気が付かなかったけど、座頭市は独り言を言っていたんだと気がつきました。 ただ、なんで過去形なんでしょうか?まだまだトメさんはカコーンカコーンと、刀を打ち続けています。 おそらく、「(自分がついさっき考えた事が)当たった。」だから、過去形になったのだと思いますが、 現在のカコンカコンやっているトメさんがいるのですから、I am right.と言っても良いのでしょうか? そもそも、トメさんのカコンカコンを基準に時制を考えるか、自分の考えを基準に時制を考えるか? どちらでも話者の自由なんでしょうか? 教えてください、よろしくお願い致します。

  • 障害者と健常者

    皆様、こんにちは。 私は、視覚と聴覚の二重の障害者です。 健常者も障害者も、関係なく、いろいろ大変なことがあるのでしょうね。 障害者だから健常者の支配下におかれるということではなくて、健常者もやはり何らかの支配を受けることがあるのでしょうか? 障害者だから健常者の支配下に置かれているんだというのは、間違っているんですね。 多少は皆様のお世話になりながらも、決定権は障害者自身にあると思います。 健常者が勝手に決めるというのは、人権侵害にあたると、私は考えています。ただし、自分の責任となることは当然です。 健常者にもいろいろ大変なこと、辛いこと、自分の思うようにならないことがあるんでしょうか? 障害者も健常者も対等に考えるとしたら、みんな同じだろうなと思います。 障害者同士でも、意見の違いがありますから、どうも健常者も障害者も、立場が違うだけで、関係ない気がしています。 障害者も、無理解なことを言われたりして辛いこととか大変なことは、たくさんあります。不便なところはあるとしても、それは皆様のお世話になりながら、やっております。 私の父親は、冷静な目で見ていて、障害は関係ないと言ってくれます。すべて合うわけではないのは当たり前です。 健常者の方だって、家庭の悩みなど様々あることですから、こう考えると健常者も障害者も関係ない気がしてきました。 時には、家族が思いやりがないと感じることもありますが、これは誰にだってあることでしょうね。私自身だって、相手に思いやりを持って接しているかというと、そうとも限らないのではと感じています。 やはりお互い様ということでしょうか。 皆様、感じたことをどしどしお寄せください。健常者も障害者も関係ないです。どなたでもどうぞ。