• ベストアンサー
  • 困ってます

いい時代劇

私は1967年生まれですが、映画、テレビでの番組を含め、 素晴らしい!と思える時代劇を教えて頂けませんでしょうか? 出来れば、殺陣が素晴らしい!と思える作品です。 合戦よりも、1対1、ないしは北野監督による「座頭市」 くらいの人数でやりあっている作品が理想です。 因みに私は、幼少の頃に見た、中村敦夫さん主演の 「木枯らし紋次郎」が好きです。殺陣というより喧嘩に 近いですが、より実戦的と言うか、本当の1対複数の 刀を持った喧嘩って、こんな感じだったんじゃ…、 綺麗な、踊るような交戦って出来なかったんじゃ… と思えるからです。 しかし殺陣が素晴らしければなんでも結構です。 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数284
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

一筆献上 時代劇を幼い頃は憎んでいました。見たいアニメがあっても祖母や母の趣味で『水戸黄門』や『大岡越前』など付き合って見らネバならない事が苦痛でしたが、成長してハードボイルドを好きになり「日本に置き換えると時代劇の侍は全員ハードボイルドじゃん」と気が付いてから、見る目を持つようになりました。今回は殺陣に特徴のあるものを取り上げてみます。 まず最初に黒澤明監督作品で日本のみならず海外にノファンの多い 「用心棒」(1961年) 桑畑三十郎(三船敏郎)が旅の途中で立ち寄ったひなびた宿場では2軒のヤクザ勢力争いをしていた。~から始まるお馴染みのストーリーですが、なんと言ってもこの映画は三船敏郎のキャラクターが120%抽出されている映画といえます。続編とも言われる「椿三十郎」でも同じ様な役をしていますが、基本はここにあるのです。豪快な殺陣が時代劇の流れを変えました。 次に上げるのは昭和6年から数度にわたり製作されてきたコアなファンが多い時代劇、 「浪人街」(1990年) 主演が原田芳雄、脇を固める面々が振るっている。石橋蓮司、杉田かおる、中尾彬、佐藤慶、長門裕行、田中邦衛、勝新太郎などなどそうそうたる面々です。総監督はマキノ雅広(この人は長門裕行・津川雅彦の伯父さんに当たります)、監督は黒木和雄。 破天荒な毎日を送るうだつの上がらない浪人たちの長屋に「辻斬り」のうわさが流れてきた時、運命の歯車が廻り始める。 「ろくでなしとは、甘く見たな」 しびれます。特に石橋蓮司の居合い抜き!一刀両断なのですが一の太刀しかないため、いちいち鞘に刀を収めなければ人が切れない。とにかくリアルに感じました必見です。 三作目にはちょっと前にTVでやってましたが SF サムライ・フィクション (1998年) 出演: 風間杜夫, 吹越満, 布袋寅泰, 緒川たまき 監督: 中野裕之 とにかくPOPな映像に吃驚してください。一番かっこいい悪役で出ていますが音楽は勿論、布袋寅泰です。白黒映画なのに新鮮でした。勿論殺陣が面白いですよ。 最後にこれはSFですが、時代劇や殺陣が含まれているので、どうしても入れたい VERSUS-ヴァーサス (2000年) 監督: 北村龍平 出演: 坂口拓,榊英雄,三坂知絵子,松田賢二,新井雄一郎,松本実 新進気鋭の監督が坂口拓と出会ったことで作り上げられていく作品にはそれぞれに違った魅力があり、目を離せない存在であります。物語は『黄泉返りの森』と呼ばれる森を舞台に、男たちの営々と続く壮絶な戦い!これ以外に何も無いというシンプルさ!だまされたと思ってみてください。 最後に殺陣のすばらしさで紹介してきました上記の4作品はお気づきと思いますが全て映画です。そこで 大江戸捜査網(1970~1971年) 主演:杉良太郎、瑳川哲郎、梶芽衣子 TV時代劇の集団捜査者の走り。「死して屍拾うもの無し」は有名です。 WOWWOWで放映中だそうですが、私は見れません。残念。 乱筆乱舞

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 用心棒と大江戸操作網以外見たことない作品ばかりです。 割と近年のものばかりなので、きっと レンタルとかも出てるんでしょうね。 探してみます。 しかし、「見たいアニメがあっても祖母や母の趣味で『水戸黄門』や『大岡越前』など付き合って見らネバならない事が苦痛でしたが、」 って気持ち分かります(笑)小さい頃はプロ野球も嫌でしたね。 アニメや特撮モノがとんでしまいましたから。 いいですね、杉様の流し目(笑)「死して屍拾うもの無し」 ほんと、名台詞!

関連するQ&A

  • 時代劇

    時代劇について質問があります (1)必殺仕事人や暴れん坊将軍、座頭市など時代劇には勧善懲悪がかなり多いような気がします。何故でしょうか?必殺仕事人は殉職等あるので何ともいえないですが・・・又昔の時代劇の方が味があるような感じがします。何故でしょうか?今の時代劇は映像がきれいすぎて何か違和感を感じます。撮影手法によるものでしょうか? (2)暴れん坊将軍で、主人公吉宗が最後に部下と共に敵を倒すシーンがあります。知人曰く、設定で吉宗自身は敵の配下の者をみねうちで気絶させるだけ、実際敵にきりつけて成敗するのは部下にやらしているとききました。吉宗自身が敵をきりつけ成敗しないのは何故でしょうか? (3)必殺仕事人の藤田まこと扮する中村主水は表の顔は刀さばきがおぼつかないふりをしたり、表の仕事をさぼっている設定ですが何故でしょうか? また、よくまわりから「中村の旦那、八丁堀の・・」などといわれてますが、中村主水の地位ってそんなに上の職種なのでしょうか? また、商人?が何か中村主水に知られたらヤバイものを「旦那・・これで」とお金で解決するシーンがあります。あれって賄賂なのでしょうか?

  • 時代劇の動画配信

    はじめまして PCで見られる時代劇の動画配信ってないのでしょうか? 勝新太郎さんの座頭市シリーズは最高に面白いです。 よろしくお願いいたします。

  • 時代劇っていつからいつまでなんでしょう?という質問です。

    最近ずっと疑問に思っていたのですが、テレビや映画などで、よく時代劇をやりますよね? 私は祖父母と同居してましたしチャンバラや殺陣が好きなので、テレビでも映画でも時代劇には興味があります。 ただ思ったのは、いつの時代からいつの時代までが俗に言う「時代劇」というものなのかと。 これにはもしかして定義があるのでしょうか? たとえば大河ドラマで言えば、かなり幅が広いように思います(大河はあまり見ていないのですが)。 だいたいは戦国時代が多いのでしょうが、昨年は幕末でしたし…。 チャンバラや合戦があるから時代劇なのか、それとも今現在より過去の歴史の話だから時代劇なのか、区別とか境界線みたいなのが、はっきりわかりません。 過去の歴史の話なら、第二次世界大戦だって時代劇になってしまいますよね…。 それとも戦争も時代劇の部類に入るんでしょうか? みなさんは「いつからいつまでが時代劇と言われるのか」、ご存知ですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • 3691819
  • ベストアンサー率18% (162/874)

 こんにちは。 萬屋錦之介の「子連れ狼」が最高だと思っています。 中村敦夫といい錦之介といいこの頃はいい役者が沢山いたので、 ドラマといえども質の高い作品がいっぱいありましたね。  子連れ狼の殺陣も一種独特のものがあり、まさに手に汗握るシーンの 連続でした。ある意味高い技量を持った者同士が真剣で決闘すると、 こういう闘いになるのかもしれないなと思ったりもします。  それにしても最近の時代劇は面白くなくなりましたね。後世に語り継がれ るような名作はもう生まれないのでしょうか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありはとうございました。 忘れてました~!!オガミイットウ! ほんとありがとうございました!

  • 回答No.1
  • dorops
  • ベストアンサー率14% (39/267)

こんばんは。 「魔界転生」(1981年)深作欣二監督 これは千葉真一と沢田研二が登場する作品です。 若山富三郎?という人の殺陣が見事です。すばらしいです。超一級の殺陣です。座頭市など比較になりませんよ。あまりにも豪快で圧倒的なので食事中でも箸をおいて見入ってしまいます。時代劇をたくさん見てきましたがここまでの殺陣は見たことないです。見る価値は十分にあると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「魔界転生」はこれまでに、公開時に1回、テレビで1回 観てるんですが、故若山先生(若手、新人は先生と呼ばないと しばかれたそうです、笑)の殺陣シーンは忘れてました。 弟さんの、初代「座頭市」、故勝新太郎さんの 「座頭市」中の殺陣シーンはよく覚えてたんですけど、 意外な場面ってあるもんですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 誰が見ても傑作として評価高い時代劇

    これは誰が見ても傑作として評価高い時代劇 (座頭市など沢山シリーズがあるものはその中でもこの回というもの)を教えて下さい。 映画でもドラマでも舞台、その他何かあればそれでも構いま せん 特に映画以外の情報が中々無いので、 単発のTV特番や、TVシリーズで、新座頭市IIのこの回、木枯らし紋次郎のこの回! などの情報も教えて頂けると嬉しいです。

  • 時代劇で忍者の刀の握り方は本当だったのか?

    時代劇を見ますと、 覆面の忍者が刀を抜くと、たいてい逆手に構えます。 座頭一もそうでしたし、 梶芽衣子の芸者さん風の復讐人もそうでした。粋でしたね。 しか~し、映像的にはかっこよくても、実際の白兵戦ではどうなんですかね。まっすぐに刀を構えるのに比べてリーチが狭い。力も入りにくい。不利なんじゃないですかね。 本当はそんな刀の構え方なんかなくて、映画のエンターテインメント性を高めるための演出に過ぎないものなんでしょうかね。 小さい頃から気になっていました。

  • チャンバラ活劇的な時代劇探してます

    こんにちは。時代劇なのですが私は水戸黄門・暴れん坊や必殺仕事人のような、大体オチが分かる時代劇や篤姫や大奥みたいな人間関係を題材にした時代劇では物足りなく思ってしまいます。 しかし最近知った時代劇で見事にハマったものがありました。 村上弘明さん主演の【柳生十兵衛 七番勝負】シリーズです。 毎回違う土地で様々の人物と出会い最後には敵として勝負する。 特に勝負時の剣戟・殺陣シーンにはアドレナリンが分泌しっぱなしでした(笑) 今も昔もこういったチャンバラの多い時代劇(一人が大勢をバザバサ斬っていくのではなく)はなかなか無いと思いますが、こういったジャンルでぴったりというものがあれば回答頂きたいです^^ 出来ればあんまり昔じゃないほうが良いです。宜しくお願いします。

  • 時代劇の殺陣のような切り合いが本当にできた?

    時代劇を見ていて、いつも感じるのですが、殺陣のシーンで両者が思い切りお互いの刀をカチーンと刃の部分を合わせて暫くにらみ合うという場面がありますよね。 つまり相手の打ち込みに対する防御の意味で自分の刀の刃の部分を使う形です。 チャンバラといいますが、「チャン」 の部分がこの刀をぶつけ合った時の音からきているように感じています。 考えてみると日本刀は凄まじく切れ味が鋭いと聞きます。 両者ともそんな日本刀だった場合、刃の部分はどうなるのでしょうか?  一度合わせただけで、両方とも刃こぼれし、何回も繰り返すとノコギリのようにガタガタになるんじゃないかと思うのですが ・・・ 実際、本当の切り合いの場面でこんな事をしたのでしょうか? それと、もしやれば刃の部分はどうなるのでしょうか? 参考までに時代劇のように主人公ひとりで何人も倒すというのはあり得ないという事は理解しているつもりです。

  • 知り合いの劇団で音響をすることになったのですが、内容が時代劇で殺陣が少

    知り合いの劇団で音響をすることになったのですが、内容が時代劇で殺陣が少しあります。 動きに合わせて刀の「カキーン」とかの音をキーボードのボタンで出せるようなソフトって在りますか。 出来ればフリーで使い勝手が良いのがいいの(ちょっと勝っていってます)ですが。 役者が音に合わせて動くと言うのはなかなか大変なものでして。 知っていれば教えてください。

  • 作品で変わる面白い配役

    例えば「BALLAD 名もなき恋のうた」と「JIN-仁-」両方に、大沢たかおさんと中村敦夫さんが出演してますが、 BALLADでは大沢たかおさん演じる肉食系の戦国武将に娘をよこせと迫られて弱る中村敦夫さん演じる領主。JINでは草食系の仁先生に対して「藪医者!」と食ってかかる辰五郎親分。 ・・・のように2つの作品で、役どころの立場が逆転するなど、面白い配役はありますか?

  • 舞台用の日本刀のいいのを探してます

    高校1年です。演劇部です 今度の公演で時代劇をやりたいと思うのですが、舞台用の刀ってどうやって手に入れればいいですか? できる限り安く、それでいてそこそこ立派なものが欲しいです ちなみに殺陣もあります よろしくお願いします。

  • 「座頭市」の楽しみ方がわからない....

    「座頭市」は盲目の剣客が大暴れする時代劇です。 (みなさんご存知だとは思いますが) 座頭市映画は数年に一度制作されて、いろいろな監督が「座頭市」映画を撮ったり、いろいろな役者さんが「座頭市」を演じて話題になっています。 私も映画館やTVで何作品かを鑑賞しましたが、あの映画、楽しみ方がわからないのですが・・・・ 普通に考えれば、盲人 対 目の見える相手の剣術ならば、目の見える側が絶対に勝つでしょう。 (別に視覚障碍者をバカにするわけではありません) 戦う場所も、現代の剣道の試合のように体育館の床の上のような平坦で障害物のない場所で行うわけでは有りません。 街中や道中、山中など、起伏があったり建物に接近していたり、足場が不自由な場所だったりします。そんなところで盲人が戦ってもやたらめったら刀を振り回すのが精いっぱいで、石つぶてを投げられたり、リーチの長い武器で攻撃されたらひとたまりもありません。身を隠す場所を探すことも出来ないでしょう。 方や、身体障碍者というのは、体の一つの機能が失われる代わりに、他の器官が健常者が及びもつかないほど発達する、ともききます。 果たして、座頭市という映画はどのように楽しむべく作品なのでしょうか? 「現代日本なら、盲人は、杖を伝って歩くのがやっとであるが、昔々、まだ人間の体に野生の感覚が残っていた時代は、視覚を失った人間であっても、空気の動きや相手の息遣い、その他、あらゆる感覚を研ぎ澄ませば、まるで健常者と同様に周囲の状態が把握できた。いや健常者には感じ取れないような背後の敵の動きすらも感じ取り、瞬時に刀でなぎ倒すことも可能であったのだ。 現代人も感覚を研ぎ澄ませば、目を閉じたまま、周囲の動向がわかるかも知れない」 と見ればいいのでしょうか? それとも「スーパーマン」のように「常識では絶対に有りえないような超人が活躍する完全な夢物語」として、科学的な考察は一切排除してエンタテインメントとして楽しめばいいのでしょうか?

  • 殺陣師

    三池崇史作品の「十三人の刺客」!  最近の最も面白かった時代劇だと思います。この集団殺りくや、井原剛志の剣戟の演出、殺陣をつけた人は誰なのかご存じの方、教えてください。 クレジットでは殺陣については触れていませんね。 久世一門は参加していないようです。

  • 真剣での斬り合い

    時代劇などでの斬り合いのシーンを見ると、やたらと刀を大振りしますが、 剣道などの試合を見ると、竹刀は大振りせずすぐに構えを戻します。 実際の真剣での斬り合いはどちらに近いのでしょうか。 剣道のほうがより実戦的のような気がしますが、真剣では竹刀のような機敏な動きは出来ないような気もしますし。