• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙誕生の頃の光の届き方について

小学生のような質問をさせて下さい。 宇宙の話で「遠くを見ることは過去を見ること」とよく言いますが、 例えば、今地球から見えるアンドロメダ銀河はおよそ250万年前の姿というのは理解出来るのですが、宇宙誕生の頃の距離とされる130億光年以上彼方の光というのについて、そもそも宇宙というのはミクロの一点から膨張して始まって現在の大きさになっているのだから、138億年前は目と鼻の先だったんじゃないでしょうか? だとしたら、なぜ目と鼻の先の光が130億年以上もかけて届くのでしょうか? 天体の位置が過去も未来も固定していれば解りやすいのですが、膨張を考えると頭が飽和してしまって良く分かりません。多分何かとても単純なことを勘違いしているだけだと思います。どなたか猿でも分かるように説明していただけないでしょうか? お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数196
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#212313
noname#212313

 宇宙が一点から膨張した、という話はよく耳にすると思います。見えている範囲の宇宙(観測可能な宇宙)は、確かにそうです。  観測可能な宇宙が半径130億光年くらいであり、観測に成功した最も遠い天体は120億光年離れている、といったこともよく聞きますね。その最も遠い天体の光は120億年前のものであるわけですが、その光が発せられたのは大昔ですから宇宙の膨張がまだ少なく、その天体がおよそ2000万光年離れた位置だった頃のものです。  2000万光年だった距離をを120億年かけて地球に届いたということですね。じゃあ光は昔は遅かったのかといえば、そんなことはありません。そのことを3次元で考えると多少難しいかもしれませんので、1次元で考えてみます。  膨張する宇宙をゴムひもと同じようなものだと考えてみます。ゴムひもに1センチごとに目盛を付けておくとします。ゴムひもの目盛が0のところを基準に考えることにして、20センチの位置にアリがいて、0の目盛のところに毎秒1センチの速さで進み始めたとします。普通なら20秒後に0のところに到着します。  アリが進み始めた途端に、ゴムひもをぐぐーと伸ばし始め、ずっと伸ばし続けるとします(ゴムひもは切れないとします)。1秒ごとに1.5倍にするとしましょう。すると、アリが進み始めて1秒後、アリは1センチ進みはしているのですが、ゴムひもは1センチだったものが1.5センチになっています。  すると、1秒後にアリが進んだのは1.5-1=0.5センチでしかありません。しかも、目盛0のところからすれば、最初は20センチ離れていたゴムひもの位置は、20×1.5=30センチまで遠ざかっています。  アリは1秒後目盛上で19.5センチの位置にいて、ゴムひもは1.5倍に伸びているのですから、19.5×2=39センチ離れた位置にアリはいることになります。アリは目盛0のほうへ進んでいながら、ゴムひもが伸びるために離れてしまったわけで、次の1秒後にはさらに離れてしまいます。アリはいつまで進んでも目盛0の位置には到達できません。  目盛が20センチの位置は1秒後には1.5倍の30センチ離れた位置になります。メモリが10センチなら15センチ、2センチなら3センチですね。どれも、1秒後には1センチ以上離れてしまうのですから、そこからアリが目盛0の位置に向っても、アリは決して目盛0の位置にたどり着けません。  目盛が1センチの位置ならどうでしょうか。1秒後には1.5センチになっています。アリは1秒で1センチ進むのですから、目盛0の位置から見て、1.5-1=0.5センチの位置にいます。次の1秒で0.5センチは1.5倍の0.75センチ。アリは1秒で1センチ進むのですから、次の1秒の途中でアリは目盛0のところに到達します。1秒よりは長くかかってたどり着くわけです。  ゴムひもが宇宙、アリが光だと考えると、以上のようなことが宇宙でも起こっていて、光が発せられたのは2000万光年離れた位置だったけど、宇宙が膨張しているために120億年かかってしまうようなことが起こってしまうのです。 P.S.  このことを説明すると、ときどき「でも相対論では光速度不変となっている、つまり誰からみても光速度は同じはず。光源が離れて行っても、2000万光年離れた位置で発光したんなら、2000万年で届くはずでは?」と、さらに聞かれます。一応、そのことも補足してみます。  相対論でいう光速度不変は宇宙、つまり空間が膨張していないときの話です。光が進む経路が「静的な空間」ということです。地球の近くだと宇宙の膨張は非常にゆっくりなので(上のゴムひもの例でも近いところはそれほど離れていかないのと同じ)、空間の膨張は無視できる程度になっており、光速度不変を観測できます。  でも、充分に離れた位置では空間の膨張の効果が顕わになります。相対論の「静的な空間」という仮定が成り立ちません。そうなると、空間の膨張を加味して考える必要が出て来ます。相対論では、光速度不変について、空間が動くのであれば、それを足して光速度を考える、ということになっています。  空間が動く、とは宇宙の膨張もそうですし、回転するブラックホールが空間を引きずって回っているのもそうです。空間が動く速さは、相対論がいう「光を含むどんな物体も光速度以上に速くなることはできない」とは無関係です。空間は超光速になれます。  先のゴムひもの例え話では、アリが決して目盛0の位置にたどり着けない場合がありました。最初の目盛の位置で2センチだった場合などですね。それを宇宙に当てはめると、「観測可能な宇宙」の外、ということになります。宇宙はあるんだけど、光が届かないので見えないのです。  ゴムひもの例え話では、最初に2センチだったらアリは目盛0の位置にたどり着けないけど、1センチだったらたどり着けるのでした。すると、1センチから2センチの間のどこかは、アリが進んでいるのに、アリが近づきも遠ざかりもしない位置があるはずです。ゴムひもの伸びる速さとアリの速さが一致する位置があるということですね。  それをこの宇宙に当てはめると、宇宙の膨張がちょうど光速度になる距離があります。そこが「観測可能な宇宙」の境界で、そこより内側の宇宙は観測でき、そこより外側の宇宙は観測できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私の疑問に的確にお答えいただいて凄いです。とってもわかりやすかったです。 つまり、動く歩道で一生懸命反対に歩こうとしても、なかなか進めない感じってことですかね。 そして、距離が遠い程その動く歩道のスピードも速くなると言うことでしょうか。 アリさんの思考実験は、元々20センチという距離を置いたところから始めているので分かり安いのですが、実際、宇宙誕生の時は「全て」は同地点にあったのではないでしょうか? つまりもう到着している状態から始まっていて、後は膨張と光速度との釣り合いで、どんどん引き離されいずれ逆転したところで事象の地平面にたどりつくってことですかね。 ん?つまり、百三十数億年前に直ぐそばにいて一回見たはずの光景を、また百三十数億年後に見ているってことですか?その間もずっと同じものを見ているのでしょうか? やっぱりこんがらがってきました。。 質問をしておいてなんでんですが、私には理解不能のことを聞いてしまったような気が。。。。 前よりも格段に整理された気はします。 とにかくありがとうございました。

関連するQ&A

  • 光の速度を超える宇宙

    宇宙はものすごい速さで広がっているといいます。 そして、この世界では、光速が一番早いですよね。 そして、宇宙が広がる速度は、地球から遠ざかるほど速くなります。 だから、どんどん遠くなると、光の速度を超えますよね。 そう考えると、光の速度を超えることはできないというのは、 予測に過ぎないという結果にならないでしょうか? まぁ、インフレーション理論によれば、宇宙の膨張は 光のスピードを超えて加速していくわけですけど、 光より早く遠ざかる物体という運動は、 相対論とは矛盾しないということになりますけど。 物体は周りを取り巻く空間に対し相対的に静止していて、 光より早く膨張するようになるのは、空間そのものですが、 光の速度を超えたということは、これからの日本は、 「宇宙の膨張が一番はやい」という科学になるのでしょうか?

  • 遠い宇宙は、本当に光速以上で膨張するの?

    遙か彼方の宇宙(150億光年くらい?)の膨張速度は光速と同じになり地球に光が届かないから観測できない。だから、そこが宇宙の果てでもあるということを聞いたことがあります。 でも、相対論では、光速より速いものは存在しないはずですよね。 「存在しない」のと「観測できない」のは違うと思うのですが、矛盾しませんか?相対論と膨張速度の関係はどうなっているんでしょう? 難しい数式はわかりませんので、易しい言葉で教えてください。

  • 地球から100億光年の距離にある星Xの光について

    次のような疑問が提示されています。 回答がないようですが、疑問自体がおかしいのですか。 http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835555&tid=bcabm3mn2bc1bff0a4hbabi8&sid=1835555&mid=386 天体Xから、100億年かけて、その光が届いています。 100億年前のXの姿が見えます。 質問1  100億年前、その天体Xは、現在の地球の位置から、どのくらいの距離にあったのでしょうか。  (宇宙が膨張しているとした場合ですが。) 質問2  100億年前、まだ地球は誕生していなかったようですが、どのように考えるといいのでしょうか。 質問3  宇宙の膨張・収縮速度(天体の後退速度等)は、光の速度に加減されるのでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

光速に近い速度で膨張するという事は、ほぼ時間停止するという事です。 当時も光が届いたでしょうが、今でも届いているのです。 ずっと「届く」ために、ビッグバンの高エネルギー輻射が、絶対温度 3度という低温に間延びして。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなりますよね、時間が停止する。見た目上は? 実際にはいろいろな問題で無理なのかもしれませんが、 だとしたら、そこには自分の姿も見えるかもしれませんね。 ありがとうございました。

  • 回答No.6
noname#212313
noname#212313

 #3です。 >宇宙誕生の時は「全て」は同地点にあったのではないでしょうか? つまりもう到着している状態から始まっていて…  その通りです。先の回答は書いているうちに長くなったので、その点は割愛しました。  大きさのない一点から宇宙が始まりましたので、全て接触していたのです。しかし、宇宙誕生のときは、エネルギーの塊であって、星などはまだできていません。素粒子や光が密に飛び交い過ぎて、一寸先も見通すことはできませんでした。  誕生からかなり時間が経ってから、ようやく光や素粒子に隙間ができるようになり、重力や電磁気力などの力も生じ、主に重力の影響で物質が偏って存在するようになりました。そうなって、ようやく宇宙が遠くまで見通せるようになりました。これを「宇宙の晴れあがり」と呼んだりします。  その頃から、ようやく星が出来始めたわけです。それまでは物質やエネルギーが密すぎて星ができなかったのです。宇宙が誕生してから相当に時間が経っていますから、もう一点といったことではなく、物質(星々と呼んでも可)の間には充分に距離があるわけです。そして、膨張もしています。  そのため、先に回答したような状況が生じたわけです。しかし、それ以前の光(電磁波)も、ビッグバン説の検証には大事です。宇宙誕生時の光も観測されていて、宇宙背景放射と呼ばれています。絶対温度で3度くらいですね。どちらの方向を観測しても、星からの光などを差し引けば、3Kの温度が観測されています。ビッグバン説を元にした理論計算と、実際の観測が一致しており、ビッグバン説が正しいとする有力な証拠になっています。 P.S.  宇宙の形状ですが、先の回答のゴムひもで喩えると、輪ゴムだと考えられていました。ずっと宇宙の中の基準で真っ直ぐ進むと、元の位置に帰ってきます。これを、閉じた宇宙と呼んでいます。  一点から輪ゴムができたのですから、輪ゴムのどこが宇宙の中心だったということはありません。宇宙は有限のサイズですが、果てはありません(元の位置に帰ってくるだけで、いつまでも果てに遭遇せず進めてしまう)。  今はこの宇宙は「開いた宇宙」らしいとされています。開いた宇宙は歪みのない場合と、歪んでいる場合がありますが、平坦らしいです。それを。ゴムひもで喩えると、最初から無限の長さを持った、真っ直ぐなゴムひもです(放物線などの曲線状になっていない)。  いずれの場合でも、どこでも同じように膨張するとすれば、自分からみて遠いものほど速く遠ざかることになります。距離に比例した速さで遠ざかるわけです。遠方の天体の観測では、確かにそのようになっています。偶然に地球が宇宙の中心だったと考えるより、地球が特別な位置でなくても成り立つ考え方なので、膨張宇宙説で採用されている考え方になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます! ホント、毎回、こうかな~?と思っている疑問をピンポイントで説明して頂いて、ホントためになります。 なんかいろいろ考えてると、どんどん新しい疑問が出てきます。 もしビッグバンの時にこことあそこが同一の位置にいたのなら、今は138億光年彼方まで遠ざかってしまったあそこを望遠鏡で見たら、そこには自分が見えたりして。。。など。。 結局、今の私達の時空の概念だと、永久に解けないことの様な気がします。 ただ、3番さんの説明で、ちょっとは賢くなれた気がします。 ありがとうございました!

  • 回答No.5

猿や小学生には、とても理解出来ません。説明出来ません。 宇宙誕生の頃の実態については、何一つ分かっていない状態と言っても過言ではありません。 いわゆるビッグバンは、何もなかった所から突然超高密度の水素とヘリウムが発生したとする学説が、目下有力です。 超高圧下では超高温状態にあり、誕生時の宇宙はプラズマ状態にあったとされています。 プラズマ状態とは、ガスを構成する原子の陽イオンと電子が完全に分離して居て、盛んに自由運動している状態です。 この様な状態では、光を発生していても、それが伝わらない状況と云われます。 つまり私達は、ビッグバンがある程度落ち着いて、インフレーションと呼ばれる急速膨張開始以前の宇宙を覗き見ることが出来ないのです。 約138億年以前の宇宙は、プラズマの壁に阻まれて、私達に光を届けることが出来ないのです。 インフレーション以降の光は、長い年月を要してでも、私達の所まで届きます。 私達が遠くの宇宙を各種の望遠鏡で探ろうとしているのは、手で撫でながら気球の中を知ろうとしているのに似ています。 遠方を眺めているようで、原始宇宙という宇宙の中心部を手探りで探ろうとしているのです。 宇宙背景放射が、宇宙探索の壁になっています。それは、ゴルフボールの中身を探ろうとして、弄んでいるようなものです。 宇宙の等方性とは、そのような状態だと云うことです。 大宇宙の外を探ろうとしながら、実はゴルフボールよりも小さい小宇宙を撫で回し、こね回しているだけなのです。 プラズマについては、wikiで「プラズマ」と検索して下さい。 あなたが猿でないことを祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

猿なみですみません。。。サイエンスゼロは毎週欠かさず見ている^^ので、プラズマや背景放射などは一応は知ってます。 でも、冒頭の言葉、全くもってごもっともなご意見です。 今説明されている宇宙像は現時点で辻褄の合う理論に基づいた有力仮説というだけで、 この先も多分相当の長い時間、証明などされないのでしょうね。 なんか、宇宙の外側はどうなっているのかなど、宇宙の全てを理解することは、目で音を聞くのが不可能なのと同様に、人間の能力では到底理解出来ないようになっているのでは、と思うこの頃です。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • mrst48
  • ベストアンサー率9% (303/3050)

宇宙の始まりとされるビッグバン。 私も素人で、爆発現象は 球体のような形で広がってると思ったのですが 楽器のラッパ状に一点から一方向に 広がっている図しか見たことがありません。 一方向に、広がっている場合でも、今現在、 私たちが爆発点から遠ざかっている状態なのでは。 私たちが同じ場所に留まっている状態ならば その爆発点から同じ距離は、変わらないと思う。 観測技術が発達して、観測データを元に、 爆発点付近とされるモノの光を、 観測できている状況では、ないでしょうか。 ただ、その爆発点そのものの光を観測できるかどうかは、 素人には、わかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 膨張の方向が一方向であっても、原点はミクロの一点だという事であれば、今遠くに有る物質も全ては、元々手の届く位置にあったのでは?だとしたら、その時の光はその時にもう届いてしまったのでは?というのが疑問だったんです。

  • 回答No.2

これは今の宇宙のどこでビックバンが起こったかって考えるからですね。 ですから135億年前の銀河が360度の宇宙全体に見える訳がないって思ってしまうんですね。 どこかでビッグバンが起こったら、どっかの方向でしか古い銀河が見えないはずって。 空間の概念ですね。 ビッグバン直前の宇宙はリンゴの大きさだそうですが、リンゴサイズそのものが宇宙で、リンゴサイズ以外には宇宙は存在しなかったという事らしいですね。 今の宇宙空間と、最初のリンゴサイズと同じ空間ですね。 もし神様がいて、他から宇宙をみたら大きさも同じじゃないかな? ちなみに80億年後、太陽は燃え尽きて地球の大きさのダイヤモンドになるそうです。 太陽サイズの恒星は、炭素以上の重い物質を核融合で作れないからで、高圧高温下ではダイヤモンドが出来るという事から考えられたそうですけど。 楽しみですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ちょっと、私の質問が伝わりずらかったのでしょうか。疑問は解消されませんでした。。 せっかくお時間を割いて頂いたのにすみません。。

  • 回答No.1

天文の素人ですが、考え方の参考にお話させてください。 宇宙が膨張するスピード(光の速さ?)と、 我々の地球がその宇宙空間のなかで移動している速さは同じではありませんよね。 打ち上げ花火で考えてみてください。 爆発して花火が広がる様子を宇宙の縮図だとして、 火花のそれぞれが銀河とか星とかです。 花火は小さな玉ですが、爆発後、 球体の中心部で光る火花もあれば、外側の方に勢いよく広がっていく火花もあります。 地球もその火花と同じで、その中心部~外側の中の空間のどこかにあります。 ここで問題ですが、花火が爆発した瞬間の時の光は何処に見えますか? 花火の中心ではなくて、既に花火の外側の彼方の方へいってます。 その光を観測できる距離が130億光年以上先と言われているのだと思います。 つまり、ビッグバンが起こった場所を物理的に直接観測するわけではなく、 人間が天文学で見ているものは、あくまで光なのです。 極論をいえば、鏡に映った自分だって同じことですよね。 鏡は過去の自分を観測しているわけであって、 実際にその鏡を見てる自分とは位置などに誤差があるのです。 私が言いたい事が伝わったかわかりませんが、 ご参考にして頂ければと思います。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 う~ん、ちょっと分からないです。。。 せっかくお時間を割いて頂いたのにすみません。。

関連するQ&A

  • 宇宙の果ては本当に観測できないのか

    宇宙は膨張しています。 で、観測点(地球)から離れるほど、遠ざかるスピードが早くなり、やがてそれが光速に達すると、そこから先は理論的に観測できない領域となる・・・と教わりました。 しかし、これは変ではないでしょうか? 光速度は一定ですよね? 光速度以上で地球より遠ざかっている場所があったとしても、そこから地球に向かって飛んでくる光は光速なので、やがて地球に到達する(すなわち観測できる)のではないでしょうか? 宇宙の果てが150億光年先にあるとして、その150億光年より向こう側にある天体も、150億年後にはその光が地球まで来るわけです。なので観測できるのではないですか?

  • 宇宙の光の速度は不安定?

    ブラックホールは重力で光(秒速30万km)すら離さないから暗いと聞きますが、 そうなると宇宙から届く光は、みんなそれぞれの恒星や中性子星などの重力を受けて 速度がマチマチって事なんでしょうか? 時々「2億光年彼方」などという言葉を聞きますけれど、 あまりに重力が強い天体から届いた光は実はもっと遅れているなんて事も 起きてるのでしょうか? それとも単に、別の方法で計算した距離を光の速度で割っただけなんでしょうか?

  • 宇宙は膨張している?

    私は天文も物理も素人な高卒です。 (高校時代は天文部でしたが) 先日、青木和光さんの「星から宇宙へ」を読み、 漠然と知っていた、宇宙が膨張するとか、その他色々を 少しだけ体系的に?わかりやすく教えていただいた感じです。 もちょっと知りたいけど、本な故に質問ができず、 ここに書いてみる事にしました。 宇宙が膨張しているのが、遠い天体ほど高速に遠のいているのが 観測上実証できた。 とあったのですが、遠い天体ほど、光は昔の光だと思うのです。 膨張が昔は早く、だんだんゆるやかになっていく。という感覚であるならば、 遠い天体は、昔の状態だから、その当時は早く、 近い天体ほどゆっくりになるのは、そりゃそうなんじゃね?と思いました。 だから、「遠い天体ほど早く遠のいている。」っていうダケじゃ、 まだ加速している。とか、それはわからないんじゃないかな? と思うのですが、それがどういう理屈で証明されたとしたのかが ぐぐったけど、わかりませんでした。 ここさミロ。でもいいので何かご存じの方よろしくお願いします。

  • 宇宙線

    太陽が膨張して、光を出さなくなったら、宇宙線が,地球にたくさん来るのですか?

  • 遠ざかっている宇宙は慣性系?

    宇宙の広がりがよく理解できません。 地球から遠ざかっている天体も慣性系ということでいいでしょうか? よく理解していないのですが、それでも自分なりの理解と疑問を書いてみます。 宇宙は広がっていて、遠くにある天体はどんどん地球から遠ざかっていってます。 また、遠くにある天体ほど、遠ざかるスピードも早くなります。 だとすると、地球から見ると、それらの天体はどんどんと自分から遠ざかるスピードが早くなる、つまりは「加速」しているように見えますよね。 地球から距離αの地点で秒速βで遠ざかってた天体は、次の瞬間、距離α+の位置にいるので、遠ざかるスピードはさらに早くなり、β+になるという理屈です。 ということは、速度が上がっているので、それらは慣性系ではなく、加速度が発生しているように思えます。 しかし、もちろん、そんなはずはないですよね。 遠ざかる天体が地球に対して加速度を感じているはずはないでしょう(当然、向こうの天体から見たら遠ざかっている我々の地球も加速度を感じていないわけですし)。 このへんがよくわかりません・・・・。 地球から見て「加速しているように見える」だけで、静止系ということでいいでしょうか? あと、更に追加で質問なのですが、 そうやってどんどん遠ざかっている天体がついには地球から見て光速に達した時、もう地球からは観測できないことになるそうですが、もし、その遠ざかる天体が静止系であるのなら、例えその天体がどんなに速いスピードで遠ざかろうと、いつかは地球にそこからの光が届く(つまりは観測できる)のではないでしょうか? 地球から相対速度が光速で遠ざかる天体でも、そこから出る光は光速で地球に向かってくるわけですから、いつかは届くのではないでしょうか?

  • 宇宙の膨張

    ハッブルが、遠ざかる他の天体が、実際よりも赤く見えるので、 宇宙は膨張していると判断した(光のドップラー効果)といいますが、 「実際の色」はどうやって知ることが出来たのですか? (見かけの色は観察で知ることができますが)

  • ある天体までの距離

    地球からある天体までの距離を光年で表すことがありますが、この○○光年というのは (a) 光が天体を出発したときの、天体と地球の距離 ( これを X とします。) をさす それとも、 (b) 光が天体を出発してから地球に届くまでに要した時間 ( これを T とします。) をさす あるいは (c) それ以外 のどれなのでしょうか? 宇宙は膨張していますので、光速度を c とすると X < c・T になると思うのです。 比較的近い天体では X ≒ c・T と見なすことができると思いますが、100億光年とか言われる天体では、X と c・T には大きな差ができると思うのです。 「 100億光年の天体」と言った場合、やはり、 距離 X = 光速度 x 100億年 という意味でしょうか? ( この場合 T は 120億年とか?)

  • 質問なのですが・・

    宇宙の膨張とアンドロメダ銀河が近づいていることに何か関係とかってあるのでしょうか・・ あと何故250万光年=40億年なのでしょうか。 何故かそれが不安でしょうがないです

  • 今現在の宇宙の大きさ

    今のところの観測だと、最も遠い銀河が、約137億光年の距離 よって、今現在の宇宙の大きさも約137億光年 という定説(というか、支持が多い説)ですが、 (誤りがあれば訂正ください) 137億光年先の銀河は137億年前に137億光年先にあったので、137億年かけて光(電磁波)が地球まで届いて観測できたのですか? もしそうなら、137億年前に137億光年先にあった銀河は、その後 宇宙の膨張でもっと遠くに行って、今現在の宇宙は137億光年よりももっと大きいというわけではないのですか?

  • 光る宇宙を越えて

    夜空に光る星々はやがて燃料を使い尽くしその一生を終えます。鉄までしか核融合が進行しないからだと理解しています。 もしもこの宇宙が、いわゆる開いた宇宙であるなら、物質は段階的に疎になっていくことでしょう。 この宇宙が、いずれ収縮に向かうのか、それとも限りなく膨張していくのか私にはわかりませんが、もし開いているとすれば、限りない未来には現在のような漆黒のカーテンに宝石をちりばめたような光景は見ることができなくなってしまうのでしょうか? つまり、核融合を終えた星は、その質量によって白色矮星となるか中性子星となるかブラックホールになるかが決定するわけですが、すべての星がそうなった場合、宇宙で光を発するという現象は起きないのでしょうか? 果てしない未来。もちろんそのような未来には地球から星を眺めるということはできなくなっていますが、宇宙の状態としてどのようになるのか興味があります。もしも陽子がレプトンに崩壊するなら、窮極的にはすべての原子核(核子)がなくなるのでしょうか?宇宙の終焉はどのようになるのでしょうか? 学問的にでも、エンターテイメント的にでもどちらでもかまいません。 皆さんの意見を元に宇宙の年表を作成したいです。 いろいろうかがいましたがご回答お願いいたします。