• 締切済み
  • 暇なときにでも

国家賠償法 公務員への求償権の立証責任について

国家賠償法第1条第2項による公務員への求償権のことで伺います。 国家賠償法第1条第2項には、「公務員に故意又は重大な過失があつたときは、 国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。 」と規定してあります が、故意又は重過失があったことの立証責任は、国又は公共団体にあるのか、 当該公務員にそれがなかったことについて立証する責任があるのか、どちらで しょうか? 通常、損害賠償請求の場合、被害者が加害者側の故意・過失を立証することに なっておりますが、やはり、国家賠償法のこの件についても請求する側である国、 公共団体の側に立証責任があるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。 第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。 ○2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数745
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

>・・・つまり、ただの過失であれば求償できないため、国または公共団体が損害賠償をした場合は、常に公務員に求償できるわけではないのです。そうなると、求償が行われる場合は損害賠償だけではなく「求償するための」立証を誰かがする必要があることになるのですが、それは誰の立証責任となるのでしょうか。やはり、請求する側である国や公共団体なんでしょうか? 求償するか否かは国または公共団体の判断です。 国または公共団体が求償するとすけば、国または公共団体が原告です。 だから「求償するための」立証は原告である国または公共団体です。 「求償するための立証」は被害者からの受領書等で十分です。 公務員の故意又は過失の立証は、最早、被害者がしています。 (ここでは、原告が被害者で、被告は国または公共団体です。) だから、国または公共団体が損害金を支払っているわけです。 支払っているので、求償権が発生したので、公務員に請求したいならば、 発生したことだけを立証すればいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 結論としては、故意と「重過失」の証明は国または公共団体がするということですね。 >「求償するための立証」は被害者からの受領書等で十分です。 >公務員の故意又は過失の立証は、最早、被害者がしています。 >(ここでは、原告が被害者で、被告は国または公共団体です。) ここがわからないのですが、被害者の立証したのは故意と過失であって、重過失の立証までは できていない可能性があります。 単なる過失でしかないのであれば、公務員に求償することはできません。 その場合は、国または公共団体がただの過失ではなく「重過失」であることの証明をすること が求められるという理解でいいですか?

関連するQ&A

  • 国家賠償法で原発事故は国に請求できますか?

    国家賠償法には以下に書いてあり、今回の原発事故は、政府や東電、審査にあたった役人全てが想定の範囲を超えていたと認めているとおり、彼らの「検討不足」により、国民に多大な損害を与えている。国費を使い、結局国民の危険を脅かしているその罪は重い。 それなのに勝手に年金を流用しようとしたり、国債を発行しようとしたり、増税をしようとしたり、自分たちの過失を国民に付け回ししようとしている。 どうしたら未然に防ぎ、役人や政府関係者に賠償させられるのでしょうか? ただ国に請求しても結局国家予算から出されるのは納得できないので、公務員や特殊法人の報酬から出すようにしたいのですが、どういう風に訴えればできるのでしょうか? 先ず国家公務員、地方公務員は連帯責任を負い、その給料を20%削減し、賠償金を埋め合わせすべきと思います。 *****************: 国家賠償法 第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。 ○2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。 第二条  道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。 ○2  前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。 第三条  前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。 ○2  前項の場合において、損害を賠償した者は、内部関係でその損害を賠償する責任ある者に対して求償権を有する。

  • 憲法17条と国家賠償法6条についてです。

    公務員の不法行為により、損害を受けたときにおける、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる者について、憲法17条で「何人」とあり、また、国家賠償法第6条で「外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限る」とあるのですが、これは「外国人であっても、日本で、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、憲法17条により、国又は公共団体に、その賠償を求めることができるが、その場合は、国家賠償法第6条により、相互の保証がある場合に限る。」ということでしょうか。 もし、そうであるなら、「憲法よりも国家賠償法の方が優先される」ということでしょうか。 よろしくお願いいたします。 第十七条  何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 第六条  この法律は、外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限り、これを適用する。

  • 公務員が役所の物品を破損した場合について

    例えばですが、市役所の事務系職員が公用車を運転し、重過失や故意ではなく 通常の過失で、どこかの壁にぶつけて公用車に傷をつけてしまった場合、 賠償責任は誰にあるのでしょうか? 法的には、当該公務員が賠償する必要があるのか、それとも国又は公共団体 が賠償するのか。 国家賠償法の第1条に 「第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、 故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを 賠償する責に任ずる。 ○2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は 公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。」 と規定してありますが、対外的なものではなく国又は公共団体内のものであっても、重過失 とはいえない過失であれば公務員に求償することができず、公務員自身が賠償する責任は ないのでしょうか? 役所の物品とはいえ、基本的には税金で購入したものであり、ある意味、対外的なんですが。

  • 回答No.2

求償権は、立替金のようなもので、立て替えて支払ったことの立証は、国又は公共団体ですが、故意か過失まで立証する必要はないです。 もともと、求償権は、国又は公共団体が被害者に損害賠償金を支払っているから発生しています。 支払った理由は、公務員がした故意又は過失を認めたから支払っているわけです。 認めなければ支払っていません。(支払わないなら求償権は発生していません。) 認めなない場合でも、裁判所の判決などで言い渡され支払っています。 そのようなわけで、求償権の請求段階では、求償権があるか否かの主張と立証は国又は公共団体ですが、それを反論するなら、被告である公務員が求償権の発生を否認し、その理由として故意又は過失がなかったことの主張と立証します。 求償権は、立て替え金と同じようなものだと考えれば理解できると思います。 何しろ、国又は公共団体が損害賠償金として公務員に請求しているのではないのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >もともと、求償権は、国又は公共団体が被害者に損害賠償金を支払っているから発生しています。 >支払った理由は、公務員がした故意又は過失を認めたから支払っているわけです。 >認めなければ支払っていません。(支払わないなら求償権は発生していません。) すみません、理解できませんでした。 公務員の故意・過失を認めたから損害賠償しているのはわかりますが、求償権はそれだけではなく 故意又は「重過失」が必要となります。 つまり、ただの過失であれば求償できないため、国または公共団体が損害賠償をした場合は、常に 公務員に求償できるわけではないのです。 そうなると、求償が行われる場合は損害賠償だけではなく「求償するための」立証を誰かがする 必要があることになるのですが、それは誰の立証責任となるのでしょうか。 やはり、請求する側である国や公共団体なんでしょうか?

  • 回答No.1
  • n_kamyi
  • ベストアンサー率26% (1824/6765)

当然です。 ないことを立証するのは「悪魔の証明」と揶揄される無理難題なので、求償権を行使するのであれば、国や公共団体に立証責任があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 しかし、その根拠となる規定は何になるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 国家賠償について

    国・公共団体が、加害公務員に対する選任・監督につき過失のないことを立証して、賠償責任を免れることはできない と言ってますが、国家賠償は公務員の故意、または過失によって成り立つものではないでしょうか? それで、過失がなかったのが立証されたら国家賠償はしなくてもよいではないかと思ってますが~

  • 国家賠償法

    疑問があり教えていただきたく。 国家賠償法ですが、 第二条  道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。 市道、県道であっても国家賠償に当るのでしょうか?

  • 国家賠償法第1条の解釈について

    消防法29条第5項に規定する消防作業従事者や、災害対策基本法第65条第1項に規定する応急措置業務従事者は、国家賠償法第1条に規定する「国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員」に該当しますか? 該当しないならば、この者が協力業務の実施に際して、第3者に損害を与えた場合の賠償責任はどうなるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 国家賠償法の「過失」について

     来月の1日に国家(2)種試験を受ける予定の者ですが、行政法の国家賠償法のところで疑問が生じてきました。ある問題集の解説で 「国家賠償法の過失には重過失だけでなく軽過失も含む」 といった記述があったのですが、また一方で 「求償権の行使に際しては故意または重過失が要求される」 とも記載されていました。 私としては、国家賠償法に関しては「重」過失であることが要求されるものと思い込んでいたのですが、求償権の行使についてはそれでいいものの、国賠法については「過失」で足りるとのこと。もう頭がごちゃごちゃって感じです。どう違うんでしょうか?恐らく国賠法と求償権の行使との違いが関係しているとは思うんですが・・・。何分独学の為、分からないことが多すぎて。つまらない質問かと思われるかもしれませんが、宜しくお願いします。

  • 不法行為を行った公務員の法律上の賠償責任追及について

    憲法第17条において「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」という規定がありますが、この場合、不法行為を行った公務員は賠償責任を負わず、国又は公共団体が賠償責任を負うと思います。 (1)ここで仮に国が賠償責任を負った場合、国は公務員個人に求償できるのでしょうか? (2)憲法上公務員が賠償責任を負わないとしても、民法上709条の不法行為責任により、賠償責任を請求されうるのでしょうか? (3)憲法上国が損害賠償を行った場合で、民法上公務員が被害者に対して損害賠償を行うケースもありますか?

  • 国家賠償法第1条第1項

    国家賠償法第1条第1項 (1)国家賠償法第1条第1項に該当するのはどう言う行為なのでしょうか? (2)国家賠償法第1条第1項で争い、勝訴するポイントがありましたら、お教え下さい。 お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

  • 交通事故の立証責任は加/被どっち?

    一般的に民事における損害賠償請求は被害者が相手の過失を立証する必要がありますが、交通事故の場合どのようになるのでしょうか。 自賠責保険(自賠法第3条)では他人に生じた損害について責任を免れるためには、被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったことを加害者が証明しなければなりません。 これは、自賠責保険の請求に於いてのみ有効となるのでしょうか。 加害者への損害賠償請求において、損害額の証明は被害者がするとして、過失の立証責任はどのようになりますか。 事故により被害者が重篤となった場合など立証は不可能に近いと思いますが、法律上の判断として解る方、教えてください。

  • 過失の証明と立証責任

    過失の証明と立証責任 病院の駐車場に車を停止した直後に動き出した隣の車両にぶつけられました。 加害者は私の車が隣に入って来た事に気付かずに こちらの駐車スペースにはみ出してぶつけました。 加害者は全く目視していないのにも関わらず私の車が動いていたと主張しています。 もちろん停止状態でラインからはみ出すようなこともしていません。 私に過失があるのなら車が動いていた事を証明して下さいと保険屋に言いましたら 「あなたが過失が無いと言っているのだから過失がないことを証明する責任はあなたにあります。」 と言われてしまいました。 過失が「ある」と主張する側に立証責任があるのでは?といいましたら 「では加害者に過失が100%あると立証して下さい。」とも言われました。 加害者は過失が「ある」ことを認めており、加害者7:3被害者の割合で示談を提案してきてます。 加害者が私の過失を立証できなければ自動的に相手が100%だと考えますが ご意見を伺いたく投稿しました。

  • 公務員の業務中の不法行為は?

    会社員が業務時間中に第三者に対して不法行為をした場合は、当該会社員に民法709条に基づく損害賠償責任と、その使用者の両方に対して使用者責任を問うことができ、当該会社員のみ、もしくは使用者のみのどちらかのみに対して損害賠償請求ができると思うのですが、 公務員が第三者に対して不法行為をなした場合は、何を理由に損害賠償責任を問うことができるのでしょう?民法709条は関係なく、国家賠償法1条1項のみに基づき、賠償責任が問われることになるのですか? 国家賠償法1条1項は、「国又は公共団体の公権力の行使にあたる公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる」と規定していますが、公務員が職務上第三者に対して損害を与えた行為は、そもそも「不法行為」とは呼ばないのでしょうか? どなたか教えていただけましたらありがたいです。

  • 製品保証規定についての故意過失の立証責任

    半年前にコンピュータのサーバーを購入しましたが、突然動かなくなってしまいました。 製造元に問い合わせたところ、余りにも対応が悪いので、裁判を起こすことも検討しています。 ところが、製品の保証書に下記の記載があります。 「立証責任 本保証に関するお客様と弊社間の紛争が発生した場合には、製品の使用にあたって故意過失が無いことの立証責任をお客様は負うことと致します。」 このような記載がある場合には、そもそも、裁判を起こしても、絶対に勝てないのではないかと思っています。製品の使用にあたって、故意過失が無い事を証明することは不可能に近いのではないでしょうか? そもそも、上記のような保証書の規定は有効なのでしょうか? 御存じの方、教えて頂けないでしょうか?もし、弁護士の先生で詳しく教えて下さる方がいらっしゃったら、その方に実際の訴訟もお願いしようと考えています。