• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

後方支援のくせして、へたれ日本人が集団的自衛権ww

集団的自衛権でも、 いざ、戦争になったら 同盟国を盾にして 後方支援で弾から避けまわってる へたれ日本人が集団的自衛権とか言ってますが、 何考えているのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数135
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

というか後方支援の能力さえ証明されていない。制空権を得ていないような状況がないからね、宅急便の方が危険な仕事をしている。 戦闘能力はおそらく全くない。陸自はゲリラから射撃の的にされるだけだろうし、海自はピンポンダッシュする中学生の運動会。 人殺しを否定して、戦闘を最も禁止されている一番安全な公務員だからなったような自衛官公務員、そして日本は北朝鮮に謝罪すべきという防衛大学では。 集団的自衛権が要るとか言っている奴は反日だろう。 日本には侵略計画を立てる根性があるのか。この前のイラクはどうなったんだ。日本に国益ないだろ。国民搾取のプレゼンテーションに過ぎないだろうが。 まず、安倍晋三首相が韓国人の非難を一言も言えないのは、集団的自衛権がないからなのか。 保守は馬鹿ばっかりで、韓国から嫌われた左翼の方がマトモだわ。 公務員が反日だというのに公務員を強くしたらドンドン流出するだろうが。その間抜け支持者どもが集団的自衛権とか、間抜けすぎて落語以下だよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 攻撃しない飛んでるだけの自衛隊航空で集団的自衛権て

    攻撃しない、血も流さない飛んでるだけの自衛隊航空で集団的自衛権てどういうことですか? 戦地に行っても、味方を盾にして、後ろの楽なところで後方支援ですけど。

  • 後方支援は、安全なのですか?

    後方支援は、安全なのですか? 戦争に協力している以上は、攻撃されることもあると思います。 その時に自衛隊は、丸腰状態で逃げて帰ってこれるのでしょうか? 心配です。

  • 安全保障に関する基本問題です

    (1)集団的自衛権 と 集団安全保障 の相違はどこにあるのでしょうか? 以下の事例は集団的自衛権の行使になるでしょうか? 事例1  国家承認していないA国の正規軍が、同盟国B部隊を襲撃し、Bはそれを十分に迎撃する状況ではなかった。偶発的に襲撃現場を通過したC国は、集団的自衛権の行使としてB部隊を救助することが可能か? 事例2  同盟関係にあるA国正規軍が正当性なくB国正規軍への武力行使を行っている場合において、A国を援護するためにA国と同盟関係にあるC国正規軍は集団的自衛権の行使が可能か? 事例3  AおよびB国の民兵同士が休戦協定があるにも関わらず交戦状態に突入し、その場に居合わせたC国正規軍が、AもしくはB国に集団的自衛権行使が可能なのか? 集団的自衛権の定義を踏まえて可否を解説してください よろしくお願いします

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

外交以外になんかあんのか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

海賊や山賊の動きの対応が、戦争の本質で、国内対策作りをすることでしょう。戦争は、決着が付いてますから、今さら意味がない。今は、国内戦対策ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

現時点で 有事の際には指揮権さえ与えれない(信用れてない)韓国軍よりマシじゃないかな

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本の集団的自衛権について何故韓国が文句言うの?

    集団的自衛権について、韓国が文句を付けてきていますが、その意図が分かりません。 集団的自衛権とは、同盟国が攻撃されるか、同盟国ではなくとも自国の安全保障上不可欠な国の求めに応じて共同軍事行動を取るもので、米国領のハワイなどが攻められたら自衛隊も米軍を支援しようと言うことだと理解しています。 韓国は「日本の集団的自衛権が韓国の領土にまで及んではいけない」と言っているそうですが、そんなの当たり前。韓国は米国領ではありませんから、最初から想定外のはずです。軍国主義の復活と騒いでいるメディアもあるそうですが、これも理解不能。 彼らの言い分について、どなたかご説明願えないでしょうか?

  • 集団的自衛権について教えてください。

    集団的自衛権について教えてください。 安部さんが閣議決定した集団的自衛権はこれからの法整備によるとおもいますが、安部さんが狙っているのは公海上の米艦船の防護、シーレーンの確保といっ た中国を念頭に置いていると思います。 そこで今アメリカがイスラム国と交戦状態でもし陸上部隊を派遣したら陸上自衛隊も派遣されるでしょうか? 派遣されるとしても後方支援くらいだと思っています。 回答いただくと嬉しく思います。

  • 在中日本人を守る為に、日本は中国に出兵出来ますか?

    ロシアがウクライナに侵攻したように、日本も、中国に住む日本人を守る為に、中国に自衛隊を送り込む事は出来るのでしょうか? 集団的自衛権は、同盟国などを守る事ですよね?海外の自国民を守る事の方が先だと思うのですが?もし、また中国で日本企業に対して暴動が起きたら、自衛隊を中国に送り込めますか? ロシアがやりはじめているので、やるなら、今でしょ!という気もします。ロシア支援にもなりますし。

  • 集団的自衛権を行使した時の日本の活動範囲

    過去、日本は他国間の戦争に加わる場合、「資金援助だけ」「物資輸送」などの後方支援のようなことをしてきたと思いますが、今さかんに議論されている集団的自衛権が日本政府の主張のように決まり、他国の自衛となる戦争に日本が加わる場合、日本の活動範囲はどこまでになるのでしょうか? 前線に立って、まさに銃やミサイルで敵国兵士との戦闘を行うようになるのでしょうか? この手のことに疎い者です。 ご回答お願いいたします。

  • 集団的自衛権の理解

    集団的自衛権の理解は下記であってますか? 集団的自衛権→自国だけではなく、他国が攻撃された場合も戦争に参加する可能性がある

  • 集団的自衛権の行使でどのような戦争に参戦可能ですか

    安倍晋三首相は27日記者会見し、集団的自衛権の行使を可能にするための憲法解釈変更に関する有識者会議の議論について「具体的な例に即して国民的理解が進むよう努力したい。との報道です。 http://mainichi.jp/select/news/m20130928k0000m010109000c.html 今より自衛戦争をやり安くするということだと思いますが具体的に以下の例ではどの程度の戦闘行為が可能ですか? 1.第二次朝鮮戦争(第一次では機雷除去で参戦した。) 2.第二次アフガン戦争(第一次では日本は後方支援で参戦した) 3.中国軍の尖閣上陸 私は1と2は米軍の後方支援程度で実際の戦闘には参加しない方が良いと思いますがどうでしょうか?

  • 集団的自衛権と、偽装漁民の関連がよくわかりません

    中国漁民が尖閣に押し寄せてきた時の、集団的自衛権との関連がよくわかりません。 中国漁民が武力を一切行使せず数にものを言って押し寄せてきたら、個別的自衛権だと日本が先制攻撃したと国際社会にみられる可能性がある。でも集団的自衛権であれば、国際社会に対して日本の自衛権を正当化でき、自衛隊と同盟国は中国漁民を殺して追い返すことができるということなんでしょうか? 仮に中国漁民が一切武力を行使しないで、数にものを言って尖閣諸島の占領に成功した場合、日本は個別的自衛権だけでは無理なので集団的自衛権で奪還するということになると思うのですが、武力を一切使っていない中国に対して確実に同盟国は日本に協力してくれるものなんですか? 尖閣奪還とはいえ、個別的、集団的に関わらず、尖閣を占領している攻撃をしてこない中国漁民に対して、日本は自衛権で中国に対して武力を行使できるんですか? 中国にとっては尖閣諸島は自国の領土という認識ですので、日本が先制攻撃をしてきた、侵略国家だ、といって被害者立場をとり、日本を悪者にしてくるんじゃないかと思ったからです。

  • 集団的自衛権 有識者懇談会について

    「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が、18日からスタートしたようです。いわゆる集団的自衛権の有識者懇談会という代物と捉える事ができますが、報道によれば、13人のメンバーは、集団的自衛権の行使容認に積極的な論客ばかり、とのこと。 集団的自衛権の憲法解釈変更ありき、の、いわゆる出来レース的な懇談会と感じるのだが、国民として、これを看過していいのでしょうか? 集団的自衛権の憲法解釈変更という下準備をした上で、憲法9条の修正を速やかに行うための、既成事実として、今回、この有識者懇談会を召集したのではないのだろうか?(既成事実を作っておいて、既成事実を盾に取り、憲法修正を正当化しようとしているのでは?) 有識者会議が検討する4類型 (1)公海上で米艦船への攻撃に自衛隊が応戦 (2)米国に向かう可能性のある弾道ミサイルをミサイル防衛システムで迎撃 (3)国際平和協力活動中、他国部隊が攻撃された際に自衛隊が応戦 (4)武器輸送などの後方支援 いずれも、自衛隊が、あたかも自衛軍になったかのように感じさせ、その前提で、議論をしようとしているように思います。そもそも、日本の憲法上、矛盾はあるにせよ、軍隊は存在していないはずです。存在していない、という大前提に立てば、上記の集団的自衛権云々の話題を詰める必要性がないように思いますが、いかがでしょうか? また、仮に日本が軍隊を持ったならば、確実にテロリストにより、テロ標的国家に日本が格上げされると思いますが、いかがでしょうか?

  • 自衛隊による後方支援に関する日本国民の世論は、あまり取り上げられていませんね!

     リチャード・アーミテージ米国務副長官が15日に「今回は日の丸の旗を立てて欲しい」と発言したことを受けて、日本政府は時限立法という手法で、自衛隊による後方支援の具体策(燃料などの補給、物資の輸送、医療サービスの提供)という新法の骨格案を固め、与党との調節に入ったということが各紙で報告されております。  今回の新法は、米国の要求・国際世論に応じるかたちで発案されたと思いますが、最も重要な日本国民の「世論」が何ら反映されていないように思うのですが、如何でしょうか。 【以下は、私の考えです】  「目には目を」の思想は支持します(「目には歯を」でさえ仕方ないケースもあると思います)。理性で止められる感情ではないと思います。しかし、それが戦争を生むこともまた事実です。  過去の戦争・テロをきちんとお互いが納得できる形で整理・総括しないと、戦争・報復の悲劇は繰返されるのだと思います。靖国神社問題に代表されるように、平和国家である日本でさえ、過去の戦争に対する「総括」が未完成であると思います。  武力行使で裁くのではなく、本当の意味での「世界の警察」が必要なんだと思います。  日本政府も「後方支援」だけに気持ちを向けるのではなく、米国国民の「憎いが、報復合戦に終止符を打とう」という国民感情形成にも精力を注いでほしいと思います。それが平和国家日本の一番大切な役目ではないでしょうか。前回の湾岸戦争で国際世論の批判を浴びたから今回は・・・というのでは、あまりにも筋が通っていません。  日本国民の世論調査をして、国際社会に提示することも大切ではないでしょうか。  自衛隊員も、平和国家日本の自衛のために入隊した方が多いのではないでしょうか。国際有事に出動するのであれば、入隊前にインフォームド・コンセント(説明と同意)が必要ではないでしょうか。

  • 集団的自衛権

    集団的自衛権で再度質問します 安倍総理は他国と一緒になって直接戦闘しないと強調しました。 物資の支援など危険区域の後方支援などメインになると私はそう思います その時に戦闘になったら自衛隊が反撃できる。そう見てよろしいですか まだまだ勉強不足でおねがいします