• 締切済み
  • 困ってます

無人偵察機はレーダーに映るのでしょうか?

無人偵察機は他国の領空を侵犯して偵察活動をするようですが、なぜそのようなことが可能なのでしょうか? もしレーダーに映るならミサイルや戦闘機によって簡単に撃墜されるのではないでしょうか? また、目視による視認は難しいのでしょうか? 双眼鏡ならどうでしょうか?

noname#211069
noname#211069

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2623)

 低空用の超小型のものは論外ですが、高高度を飛行するグローバルホーク級のものであればレーダーには映るはずですよ。もちろんある程度のステルス性は備えていますけどね。  じゃあなんで撃墜されないの?となると、いくつかの理由が考えられます。  ひとつは巡航高度が高すぎること。最新鋭のジェット戦闘機であれば同程度の高度には到達可能なものは多いですが、基本は「到達できる」というもので、それなりの兵器と燃料を積んで巡航できるわけではありません。高いところに上るには燃料も消費しますし、迎撃可能な半径は限られます。戦闘機が配備されている基地はわかっているわけですから、当然偵察機側も迎撃を最も受け難いコースを選択するでしょう。  対空ミサイルも似たようなもので、高高度に届くものも多いですが、基本は拠点防空用ですので、標的の高度が高ければ迎撃できる半径は相対的に狭まります。これも配備予想地点を迂回して飛行するんでしょうね。  であるのなら、飛行コースさえ慎重に設定すればかなり迎撃しにくい。  あとは政治的問題。高高度偵察はどこの国でも(能力があれば)やっているものですし、よほど見られてマズイものの近くを飛行しない限りはあえて見逃す、ってな不文律があるように思います。かつて起こったU-2事件でもそんなような説もあったかと。  目視で見えるかどうかは難しいところですかね。約10000mを飛行する旅客機は普通に見えますが、その倍の高度を飛ぶやや小さめの機体が見えるかどうか…少なくとも私の視力では無理です。双眼鏡なら見えるかもしれませんが、その場合は視野が限られるので動目標を見つけるのには手間取りそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

よほどまずい場所でなければ敢えて見て見ぬふりをする慣習のようなものがあるのでしょうか。 一方で旅客機や軍用機などが他国空域に近づいただけで他国の戦闘機がスクランブル発進してくるようですが、この時点でレーダーでは偵察機と捉えているのでしょうか? それともレーダーで判別することはできずスクランブル発進はするものの侵入機を確認して帰投する、あるいは政府間で事前の通知がある、などでしょうか?

  • 回答No.2
  • parts
  • ベストアンサー率62% (6346/10119)

一般に無人機はある程度のステルス性を備えているか、または超低空を飛行し、レーダーから検知されにくいか、または小型であるかのいずれかです。一般には、ステルス性能を備えたものが使われ、世界最強のJSFでおなじみのRaptorなどよりも、高度な性能を備えているものが多いです。 そもそも、領空の侵犯は、その物体が機体として認識出るだけの大きさでなければなりませんから。 たとえば、大型の鳥類であるコンドル(大きなものでは翼を広げると3m~4mあります)と同等の大きさの北朝鮮の無人偵察機は、どうやって鳥と区別するのか・・・考えてみてください。それから、レーダーとはいっても、たとえば超低空飛行すると、レーダーの索敵から外れます。理由は単純で、地上付近は他の障害物が多く、低空を飛行する鳥や動物もいます。さらに、レーダー波は電波ですから、水平発信すると他の電波による混信の恐れもあり、索敵がうまくいかないか、敵ではないものを敵と識別するかもしれません。 それから、レーダー装置を使えば、対象を自動追尾し破壊できるとも限りません。自動追尾を行うには、最終的には対象を捉え、進路を予測して破壊する必要があります。ミサイル防衛網の命中率が百発百中ではないのは、レーダーで照準となっている移動体をそのまま攻撃しても、その物体は数秒後には別の地点を飛んでいるからです。 そのため、標的の落下予測や、リアルタイムの移動補正情報をミサイル側の管制システムと連携させ、撃墜地点を弾きます。ただし、ごく小さな標的や、超低空を飛行する標的、さらにステルス性能を備えた標的は、その対象にはなりません。 最後に、人の目で確認が出来るか否かですが、確認が運良くできたとして、一つの仮定として時速80kmの機体が2km先で確認でき、飛んでくるとしましょう。対空砲でも目の前にあれば、打ち落とせるかもしれませんが、射撃の依頼をしている間に、機体は通過する可能性が高いです。 時速60kmでも1分で、1km飛行できますから・・・。 ちなみに、これはとても運が良くての話です。たとえば、質問者様は4交代制と仮定し、6時間(通常は3交代の8時間ぐらいかな)ぶっ続けで空を見て、確認しなさいと言われたとして、出来ますか?週末など暇なときにやってみると良いかもしれません。特に、ねらい目は夜間と曇り空の日かな・・・。 双眼鏡で常になど以ての外です。双眼鏡では、視野角が狭くなるため、一般には不審な場所を見つけたときなどに、使うのですよ。最初から双眼鏡で眺めていると、広域の探索が出来なくなるため、余計に索敵率は低下します。 レーダー装置が生まれたのは、人では全体を把握するのに難があるためです。どんなに頑張っても、目視できる範囲が索敵の限界です。双眼鏡などを使うと、今度は広域を一度に確認できないため、取りこぼしに繋がります。だから、電波や音波などを用いてあらゆる方向に索敵を行える設備を作ったのです。しかし、地形による影響や、生活による影響、自然の状況による影響、生き物による影響などがあるため、小型であったり、低空であったりすると、対象から外れます。また、電波や音波などを反射する特性がなく、吸収する素材や、受け流す素材(レーダー方向には返さない)を用いたステルスと呼ばれる機体の場合は、その対象から外れるのです。 その場合は目視で確認するか、相手が使うリモートコントロールの信号を傍受、またはアビオニクスやトランスポンダーのわずかな電磁情報を収集することが出来れば、攻撃できるかもしれませんが、そもそも捕捉されないように設計するのが、無人機ですから、よほど運良く肉眼で捉えない限りは、難しいでしょう。(尚、肉眼での索敵を防ぐため、偵察などの多くは夜間や曇り空の日などに行われることが多いのです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問の偵察機はグローバルホークなど大型のジェット機を想定していました。 なので低空で飛び続けるということはないと思います。 巡航高度は20km程度のようです。 巡航速度はジェット機のそれであり翼幅が35mあり、大きさはコンドルどころの騒ぎではないと思うのですが、それでもレーダーとコンピューターは自然界の動物の行動として処理するのでしょうか? または下方からレーダーを当てても主翼面積50平米の翼はコンドルや鷹と同程度の大きさと認識するのでしょうか? 電波を反射しない、あるいは受け流す技術があるならIH製品や電子レンジで活用してほしいものですが、聞いたことがないことからすると、よほど重要な技術なのでしょうね。 まるで魔法のような。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

低空飛行だと、レーダーに補足されないんですよ。 アメリカ製は、ステルスだし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

??? 低空だと機銃でも落とされるのでは?

関連するQ&A

  • 【中国の無人偵察機】中国は無人偵察機を250機も保

    【中国の無人偵察機】中国は無人偵察機を250機も保有しているのに日本の領空内に入って来てニュースになってるのは数ヶ月に1回くらいです。中国の無人偵察機は主にインドに飛んでいるのでしょうか?使うから250機も保有しているわけですよね?主にどこの国を偵察しているのでしょうか? 日本の軍事防衛の話。中国が無人偵察機を開発しているが、飛行速度が遅すぎて、日本の領空内に入ってきた場合、日本の戦闘機は速すぎて追尾出来ないらしいです。領空内に入ってきた無人偵察機は撃墜するしかない? 基本的に中国の無人偵察機の運営方針は2機1隊の飛行らしいです。先頭が偵察用で、後方にもう1機飛ばして、日本のスクランブル発進された戦闘機の様子を撮影するためのものだと言われています。後方の無人偵察機には攻撃用の装備もされている。 中国は280機の無人偵察機を保有しているってことは知らずに日本に偵察に入って来ているのだろう。日本のニュースになる数と実戦配備されてる数がおかしい。毎日、来てておかしくない数の無人偵察機が飛んでいる。

  • アメリカは北朝鮮に爆撃機や無人偵察機を飛ばしている

    アメリカは北朝鮮に爆撃機や無人偵察機を飛ばしていると言いますが、まさか北朝鮮の国土内に入って飛ばしてないですよね? 北朝鮮の上空って北朝鮮の国土の外を飛行させてるんですよね? 北朝鮮がアメリカの国土内で戦闘機を飛ばしたらアメリカはブチ切れるのに、アメリカは北朝鮮の国土内を爆撃機や無人偵察機を飛ばしていたらそりゃ北朝鮮はキレるのでは? っていうか上空侵犯では? アメリカは北朝鮮の国土に入ってもいいの? どういうこと? 勝手に北朝鮮にアメリカは戦闘機飛ばしててキレない方がおかしいのでは? 北朝鮮とアメリカは同盟国じゃないですよね? アメリカが爆撃機を北朝鮮の領空内で飛ばして殺すぞって北朝鮮が言ったら攻撃するよ?ってどういうこと? アメリカ人はキチガイですか?

  • 米軍無人機が三沢・沖縄から頻繁に離着陸しているとか

    三沢基地や嘉手納基地から米軍の無人機グローバルホークが頻繁に離着陸を繰り返しているのが目撃されているそうです。これは北朝鮮に侵入して偵察行動を行っていると推測されています。 とすれば、これは領空侵犯ですから北朝鮮は当然撃墜するのが当然ですが、しないのは技術的にできないのでしょうか。それともミサイルなどの機材を持っていないためでしょうか。 あるいはこれが米軍による挑発行為であって撃墜すればそれを口実に米軍が核施設などへ攻撃することが判っていての戦略的忍耐なのでしょうか。

  • 尖閣諸島に、無人偵察機?翼竜か?

    尖閣諸島に、国籍不明の無人機が、飛来したそうです。現時点、曖昧で国籍不明なのか?中国の無人偵察機なのか?判りませんが、おそらく『翼竜、天翔』の類ではないかとの事です。いずれ中国は、この翼竜を大量に送り込んで来るのではとの懸念があるようですが、この際、国籍不明としておき、大量に領空侵犯して来た時に、片っ端から打ち落としても、中国は動くに動けないんですよね?

  • 尖閣諸島の無人機は?

    当方が、見落としているなら、申し訳ありません。尖閣諸島周辺の領空侵犯では無い場所に姿を現していた、国籍不明の無人機がありましたが、最近、出没していないのでしょうか?日本政府が【撃墜】の方針で意見を固めたところ、国籍不明にも関わらず、【戦闘行動】との見解を中国が下したようですが、まさか、引っ込めたのでしょうか?それにしても中国が怒る理由がわかりません。無人機は国籍不明です。

  • 尖閣に飛来した無人機。意外に高性能か?

    先日、尖閣諸島北方の東シナ海上空に、国籍不明の無人機が飛来した件ですが、中国大陸に向け、帰って行ったとの事でした。中国の『翼竜』と呼ばれる無人機と思われるのですが、幸い今回は、領空侵犯は無く、今後、同様の事が繰り替えされるとの予測から、無人機が領空侵犯をした際の対処方針をまとめることを決めたそうです。今回は『幸い』なだけで、こんな事くらい、さっさと決め、中国の反応を見たいものですが、それにしても、たかだか中国が開発した無人機に、わざわざスクランブル発進をしてまで、対応し、ミサイルで撃墜せねばならないものでしょうか?当方など、浅はかな知恵しか持ち合わせておりませんので、簡単に考えてしまうのですが、要は、妨害電波のようなモノでコントロール不能にしてしまえば良いだけの話では、ないのでしょうか?ついついラジコンと同じと考えてしまい、仮にそのまま大きくしたようなモノであれば、同じバンドの周波数なら、完全に操作不能になり、場合によっては、送る電波が強いほうが勝ち、乗っ取り、回収出来ると思うのですが、単純には行かないほど、難しいモノか?国籍不明の無人機の性能が、簡単には出来ないくらいの性能なのか?意外に難しい事なんでしょうか?   

  • 無人機の有効性はあるのでしょうか?

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130924/chn13092420070007-n1.htm 上記サイトのニュースで、中国の脅しがニュースがありましたが、「撃墜すれば戦闘行動」とありますが、領海侵犯したらすでに戦闘行動の認識のはずで、意味がわかりません。 ところで、無人機は、電波で飛んでいますが、信号のコピー等で操ることができるはずですが、そんなものに有効せいがあるのでしょうか?

  • 現憲法で自衛隊はどこまで出来るのか?

    「領空侵犯してきた他国戦闘機がスクランブルした自衛隊機の1機を撃墜したら、同僚機は反撃することは現憲法上認められず逃げることしか出来ない」と聞きました。これは本当ですか?もしそうなら自衛なんて出来ませんよね。

  • イランがアメリカの無人偵察機を撃墜して・・・!

    イランが自国の領空を侵犯し偵察飛行を行ったアメリカの最新式ステルス無人偵察機を撃墜した所、オバマ米大統領はその機体の返還をイラン政府に通告した・・・・。 実に不可解な行動だと思いませんか?先のビーン、ラディン殺害時のパキスタン領空無断侵犯(その特殊事情を考慮に入れたとしても)の行為そのものを考える時、何でもありの正に西部劇の様にアウトローの世界を再現しているかの如くである。 自己中心主義の極致、無法者の見本としか言いようが無い。 そもそも、イランの肩を持つ訳ではないが、インド、パキスタン、中国、ロシアに囲まれてその上宿敵イスラエルと全ての国が「悉く核武装を済ませている」のに、如何見てもアメリカのごり押しとしか映らないのは衆目の一致する所である。 お山の大将ならなら何でも出来ると思っていたら、とんでもない事である。 正に天を恐れぬ所業としか思えない。天の裁きを恐るべし。 9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。  多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。 皆様方のご意見をお聞きしたい。 核不拡散と言うけれど、現在の多数の保有国連中が核の先制使用を行わないと言う保証が有るのか あまつさえ無法行為を恥ずかしげも無く遣る連中が、いざとなったら何でも遣るに決まっている。

  • 中国の無人機は?

    最近、中国の無人機の話を聞きません。国籍不明の無人機と思われるモノが、尖閣諸島近郊上空を侵犯したとか云々があり、日本側は『撃墜』をほのめかし、国籍不明にも拘らず、何故か中国が『撃墜なら戦争だ』と言ったきり、話が途絶えているように思うのですが?本日も領海侵犯はあったようですが、新たなステージには向かわず、逆戻りしたのでしょうか?