• ベストアンサー
  • 困ってます

ウルトラマンとウルトラセブン

ウルトラセブンとウルトラマン。同じ円谷プロのウルトラシリーズでありながら、 全く作風が違うのはなぜなのでしょう。 ウルトラマンはどちらというと、正義の味方ウルトラマンが怪獣を退治する、という 結構単純なストーリーだったみたいですが、セブンはガラリと変わり、少し深刻で 重々しいテーマのストーリーが多かったようです。これは製作者側に何か 意図的な狙いがあったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数614
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • dqf00134
  • ベストアンサー率28% (1051/3667)

ウィキペディアのウルトラセブンの項目に出ていますが、意図的な狙いがあったようです。 対象年齢などもウルトラマンより高めていたというのはよく言われることです。 予算が潤沢ではなかったのも確かで、脚本家の市川森一さんの話では、時には壊しなしの脚本を書いてくれと言われたこともあるようです。 それから、円谷プロでは新しいウルトラマンの番組を作りたいと思っても、無条件で放送枠を確保できたわけではないらしいです。 何かの本で読んだ話ですが、なぜ新番組を作るのかといったコンセプトなどをまとめて、TBSを説得する必要があったようです。 なので、ウルトラマン、ウルトラセブンに限らず、新番組になると、それなりに新しいところがあるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >なぜ新番組を作るのかといったコンセプトなどをまとめて、TBSを説得する必要があったようです。 ほう、そんな裏事情があったんですね。だから前のウルトラマンと一風変わったものができた、と。

関連するQ&A

  • あなたが好きなウルトラマン!

    最近、「ウルトラセブン」の1999年度版のビデオをレンタルビデオ屋で借りてきています。かなりはまっています。すると友人に「高校生でウルトラマンはダサい!特にセブンはダサい!!」と言われました。私は、ウルトラマンシリーズの中ではウルトラセブンが一番好きです。ガキの頃には分からないドラマ性の強いシリーズだと思っています。  そこで質問!あなたの一番好きなウルトラマンは誰ですか?理由も添えて教えてください。よろしければ、一番好きな怪獣または宇宙人、一番好きなシーン、一番好きなエピソードも教えてください。ちなみに、好きな怪獣、シーン、エピソードは一番好きなウルトラマンのシリーズに出てきたものでなくても構いません。  私は、上記の通りウルトラセブンが好きで、好きな怪獣はカプセル怪獣ミクラス。一番好きなシーンはメトロン星人とちゃぶ台をはさんで話をしていた場面が微笑ましく好きです。エピソードは、新シリーズのセブンの「太陽の背信(あれ、間違ってるかも)」が好きです。 どうぞ皆さんのご意見をお聞かせください。おねがいします。

  • ウルトラセブンについて

    こんにちは。 自分はウルトラシリーズが大好きで中でもウルトラセブンの出来は素晴らしいと思います。 この前、東京の町を探訪していたら非常に許せないことがありました。 とあるお店でショーケースの中に1万円以上するウルトラマンのフィギアがあって、初代マンやセブン、レオ、ゼロ、ベリアルなどが置かれていました。 そこでセブンの値札のところに「ウルトラマンセブン」と表記されてました。 何だそんなことかよぐらいにしか思わない人もいるでしょうが、自分はこの間違った呼び名が非常に嫌いです。 ウルトラファンの皆さんはどう思われますか? どなたかご回答お願いします。

  • ウルトラマン達の声は誰?

    以前から疑問に思っていました。 もう何十年と続くウルトラマンシリーズ。幾多のヒーローも誕生しました。 で、ウルトラマンが怪獣との戦いの中で発する声「シュワッチ」「ヘッ」とかは、歴代ウルトラマンで声が違ってますよね。この声は誰の声なんでしょう? ウルトラセブンはダン隊員役の森次さんであると思いますが、初めのハヤタ隊員のウルトラマンや(たぶん帰ってきたウルトラマンと共通だと思いますが)非常にストーリーが面白かったウルトラマンティガなんかは誰の声なんでしょうか? (過去の質問も見てみましたが、私には見つけられませんでしたので教えてください)

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14671)

それほど大きな違いには思えないけど。 それを言うならウルトラQの方がずっと・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かに、ウルトラQも異質でしたね。

  • 回答No.2

ウルトラマンを製作した後のシリーズ続編でもあるウルトラセブンに関しては、予算がウルトラマンの時ほど 無いと言う裏事情があって、ミニチュアセットを怪獣が破壊すると言う事は経費上出来なかったと言う事らしいですね。 その為に内容は防衛隊と怪獣の戦いやウルトラマンと怪獣との戦いでミニチュアセットを壊したりする様な単純な物では無く、 ストーリーに特化したと言う事らしいですが、結果的にそれが名作となった訳です。 意図的な狙いでは無く、単純に予算が無かったと言うだけみたいですが。(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>意図的な狙いでは無く、単純に予算が無かったと言うだけみたいですが。(笑) 面白いですね。予算の都合からストーリーに特化せざるをえなかった。それが 結果的に名作になった。そんなこともあるんですね。

  • 回答No.1

ウルトラマンはたんなる正義の体現者ではなく怪獣には怪獣の正義や心があることもテーマにされています。 人間のワガママや勝手で苦しんだ怪獣の復讐、人間の攻撃で追いやられたものが自らの存在を守るため仕方なく戦う、などといったものやウルトラマンと話し合いをして納得し帰って行ったものまでいます。 どうもウルトラマンとセブンでは脚本家の有無やまったく違う人が構成していたそうですね。 どちらかというと派手なCGに目が行きやすい新しい作品よりレトロでシナリオに力を入れた感のする旧作の方が私は好きです。 ちなみに私のお勧めはゴーレンジャー。 必殺技と怪人のやられザマに全く飽きが来ません。 古いがゆえに新しい、温故知新のような感覚になれますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >ウルトラマンはたんなる正義の体現者ではなく怪獣には怪獣の正義や心があることもテーマにされています。 そうだったんですね。幼い時によく見ていたのですが、当時はそんなことを考えもせず、 ビジュアル的なかっこよさばかりしか印象に残っていませんでした。 ただ、セブンだけはカメラワークにしろ、筋立てにしろ、何かちょっと変わっていたように 感じておりました。 >ウルトラマンとセブンでは脚本家の有無やまったく違う人が構成していたそうですね。 このようなことも、一因でしょうね。

関連するQ&A

  • 円谷プロの黎明期から今に至るまで について

    円谷プロは、ウルトラシリーズ のウルトラマン、ウルトラセブンで、円谷英二さん監修の元、手を抜かない、徹底した精神で、名作を数々と製作されました。  でも、それが悪い方に、たたり? 逆に作れば作るほど、毎回赤字が雪ダルマ式に増え、第一次ブームが終わり、第二次ブームが本格的に帰ってきたウルトラマンから始まって、ウルトラマンレオまで続き、それでも、レオの最後は、やはり、制作費の予算がなく、大変だったとお聞きしています。 円谷プロさんが昭和の終わりごりまで、すごい赤字を抱えていたそうですが、今は、平成ウルトラシリーズが始まり、バンダイなどと、マーチャンダイジングも活発に展開して、いますが、経営の方は、大丈夫なのでしょうか?  (当時もソフビなどもたくさん、グッズが売れていたはずなのですが・・?)     中国やタイ?でも海賊版がでまわり、版権が取れずに、泣き寝入り状態だという記事を新聞でもよみました。  円谷プロさんは さすがに、ウルトラマンを創造されただけあって、モラルや社会的な責任をすごく実直に守りとおしているのですが、経営面が少し心配です。   さすがに円谷プロさんに 聞くこともできないので、詳しい方がいらっしゃいましたら、お聞きしたいのですが、今は、順調に行っているのでしょうか?

  • 昔見た記憶・・。ウルトラマン。この怪獣とストーリーは?

    昔、22・3年前(僕はまだ3・4才でした)に見た曖昧な記憶からの質問です。 ウルトラマンの番組だったのは確かです。ただ、ウルトラマン○○・・の○○が何だったのかは全く記憶にありません。 ただ、エースやタロウを僕はよく見てた記憶があります。 いつものように悪怪獣が出てきてウルトラマンがやってきます。しかし、この怪獣はやたら強いのです。 ウルトラマンを円筒状(確か)の透明なバリアのようなものに封印してしまい、身動きをとれないようにしていまいます。そしてその円筒状の中に立ったままのウルトラマンは怪獣の不思議な力?で体力を奪われていきます。 ウルトラマンがやられた・・。と、なったとき、他のウルトラの兄弟が宇宙からやってきます。しかし、他の兄弟達も、なんとその怪獣のその攻撃にやられ、同じように閉じ込められ、やられてしまいます。 ウルトラ兄弟達が立ったまま円筒状の中に閉じ込められ、やられる姿はさながら棺のような感じでした。 このストーリーの結果、どうなったのかは見れなかった記憶があります。母親とどっかに出かけてしまったような・・。それか後編へ続く。となったのか・・。 あれから20数年経った今でも気になっています。たまに再放送シリーズとかで放送を見てたんですが、見つける事ができませんでした。ネットで検索しても記憶があまりに曖昧なため、どうにもなりません。 このストーリーを知ってる方・・いませんか? 記憶が曖昧なため、とてもとんでもない質問になってるかも知れません。すみません。ですが、間違いなく見ました! いろいろ教えてくれれば幸いです。期待薄で質問しました。

  • ウルトラマンシリーズはどれが好き?

    円谷プロ製作の歴代ウルトラマンシリーズの中で、皆さんはどれが一番好きだろうか? 私が一番好きなのは「ウルトラセブン」である。 単に怪獣を倒すヒーロー者にとどまらず、当時の社会問題を風刺した中身の濃い演出は、40年経った今でも色褪せておらず、大人の鑑賞にも堪え得る素晴らしい作品だと思う。

  • ウルトラマンは左翼作品か?

    長年、自他共に認めるウルトラマンオタクです。単なる子供だましにとどまらないメッセージ性の深さが好きなんですが、昨今の中国・韓国によって侵略ということが現実味を帯びてくると、ウルトラシリーズの名言・名シーンに社民党のような現実離れした左翼のにおいを感じるようになり、困惑しています。 ウルトラセブン「超兵器R1号」 他の星からの侵略に備えた新兵器の開発競争を指してモロボシ・ダンが「それは血を吐きながら続ける哀しいマラソンですよ」 ウルトラマンA「明日のエースは君だ!」 エースが地球の子供たちに残した言葉 「優しさを失わないでくれ。 弱い者を労り、 互いに助け合い、 何処の国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。 たとえその気持ちが、何百回裏切られようと。 」 ウルトラマンガイア「悲しみの沼」 旧日本軍の、人間を生物兵器に変える研究により誕生した怪獣(前身はその研究に反対して無理矢理実験台にされた科学者)が登場。 ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」 あらゆる攻撃をそっくりそのまま返す怪獣が出現。防衛軍もウルトラマンも攻めあぐねるが、少女が音楽を聴かせると怪獣も平和的な表情になり音楽を奏でだして一件落着。 ざっと思いつく限りこんなところが左翼的に感じるのですが、本当にウルトラマンは左翼作品なのでしょうか? 私としては、昨今の中韓の態度を見るに防衛に十分な最低限の軍備は必要であり、今の惨状はそれに反対してきた左翼に罪があると思っており、私自身も右寄りな思想を持つようになったのですが、ウルトラマンを嫌いになりたくありません。どうもスッキリせずにいます。納得できる解釈があれば教えてください。 なお、「ウルトラマンなんて子供だましでしょ? メッセージ性なんかあるかよ」というわかっていない方は回答を御遠慮ください。

  • 見逃さなかった

    ウルトラマンでの1シーンです。 ★『怪獣ペスター』の火災シーンで、ウルトラマンが手から水を出して消化してる時、腰のあたりにホースらしき物が映っている。 ★『青い怪獣アボラス』との戦闘シーンで寝技(だったと思う)になった時、ウルトラマンの脇の部分が破れている。 ★ウルトラセブンに出てくる『マグマライザー』。 ドリルの直径より大きな部分は、潜行の際、全て削げ落ちてしまうと感じるのは気のせいでしょうか。 (各シーンで、私の思い違いの場合は、お許しください) 他にも『俺(わたし)はウルトラマン&セブンで、これは見逃さなかったぞ!』といった愛嬌あるミスシーンがあれば教えてください。 つまらない質問て申し訳ございません。

  • 捜査隊や警備隊がどうして…。

    「ウルトラマン」の科特隊は、「科学特別捜査隊」ですよね。国際警察の中の、異常現象に関する捜査を担当する部署です。 「ウルトラセブン」のウルトラ警備隊は、地球防衛軍極東支部の一部署です。宇宙人の侵略を「警備」するための部隊です。  つまり、飽くまで「捜査」や「警備」を担当するのみであり、怪獣の出現や宇宙人の侵略を察知したら、本格的に軍隊が出動して敵と戦う…そういうシステムであるはずです。  ところが、怪獣や宇宙人が出現すると、いつも科特隊やU警備隊が先頭に立って戦い、その後マンやセブンが現れて怪獣を倒します。  いったい、地球防衛軍なりなんなりの主力部隊はいつも何をしているのでしょう?

  • マニアとやたら口にする人。

    自称○○マニアです。とやたらと口にする人ってどう思います? ここのサイトじゃないんですが、別の質問サイトで、私は自称・ウルトラシリーズのマニア、特にセブンマニアです、とやたらと口にする人がいます。だいたい、自称・マニアって…(苦笑) それで本当にウルトラの事に関して博学なのであれば感心できますけど、その人の書き込みの内容を見ていると、単に好きなだけで何回も見てるから。そういうことをマニアと勘違いしてるのかなって思います。 そもそもマニアというからには、単に登場人物や怪獣の名前を覚えてるとか言うだけでなく、製作者の思惑とか根底に関する部分まで把握していなければならないはずですが、その人は平成のウルトラマンは(ティガ以降の作品)あまり知らないと言うし、昭和の作品にしても当時の製作者の作品に対する思惑やどういう出来事があったのかという質問になると、明らかに他の回答者の方が詳しいな、と思える回答が並んでいるんです。 なんか「自分はその作品が好きだから何度も見ている」というだけで、マニアという言葉の意味を勘違いしてる人って多くないですかね?どう思われるでしょうか。

  • なぜウルトラマンメビウスの正体が周囲にばれているのですか?

    ウルトラマンレオ以来、ウルトラマンシリースを見ていなかったのですが、久々に子供とウルトラマンメビウスを見ました。 そうしたら、ウルトラマンメビウスの正体が周囲の隊員にばれているのにびっくり。 ウルトラセブンでの最終回にモロボシダンがアンヌ隊員に正体を明かして去っていくのが印象だった私には、カルチャーショックでした。 正体がばれているのなら、怪獣がでてきたら、「おい、変身して戦ってくれ。」と他の隊員に言われてしまうので、人間が戦うストーリー自体が崩れてしまう気がしますが、一体どういうきっかけで正体がばれてしまったのでしょうか?

  • 悪よりも気味悪い正義の味方

    悪(敵)よりも容姿が気味(格好)悪い正義の味方(主人公)が活躍する アニメ(特撮・マンガ・映画など)はないでしょうか? 単に主人公が気味悪いというのではなく、敵よりも格好悪いというのが条件です。 ウルトラマンで言うなら、主人公が怪獣に変身し、 次々と地球に襲い来るウルトラの一族を倒していく。 ガンダムに例えるなら、アムロがザクに乗り、ブライト艦長がムサイに 乗るといった具合です。(ジオンの視点でのストーリーではありません) かなり難しいとは思いますが、ぜひともよろしくお願いします m(_ _)m

  • ウルトラシリーズ スーパー戦隊 ギネス

    2013年にウルトラシリーズがギネス登録され、それ自体はウルトラシリーズや特撮に注目が集まりありがたい事には違いないのですが ウルトラシリーズの受賞理由が 最も派生テレビシリーズが作られたシリーズだかららしいですが ウルトラシリーズの派生テレビシリーズはギネスブックによると全27作品(派生作品となるのは「ウルトラセブン」以降) これに対し、同時期の段階でスーパー戦隊シリーズの派生テレビシリーズが「ジャッカー」以降とした場合全36作(同時期の場合「キョウリュウジャー」までのため) 仮に「ゴレンジャー」「ジャッカー」がシリーズをウルトラシリーズでの「Q」同様にシリーズの番外としてカウントせず「バトルフィーバー」以降の旧シリーズの派生テレビシリーズをカウントした場合、全34作(「デンジマン」から「キョウリュウジャー」まで)ですよね? ・頻度は違うものの作品同士の共演はしている(「ターボレンジャー」や「オーレンジャー」以降のVシネマなど)、共演を理由としてしまうと、「セブン」なども派生作品と呼べない事に ・「バトルフィーバー」以降は、時間帯の変動などが作品の途中のため、次作品全て後番組として製作されてきた(他の特撮シリーズと違い、「バトルフィーバー」以降は休止期間がない) カウントのみは「バトルフィーバー」以降として備考として「ゴレンジャー」「ジャッカー」について触れてもらえればいいですし スーパー戦隊シリーズではなくウルトラシリーズが受賞した理由は何だと思いますか?