• 締切済み
  • すぐに回答を!

グラフの平行移動について

y=mxを、x軸方向に2,y軸方向に3、平行移動したあとのグラフがy-3=m(x-2)になるのですか? この質問にこのような回答がありました。 移動後の方程式Y=f(X)の点を(a,b)とすると 移動前の方程式y=f(x)を満たす点が(a-2,b-3)となる。よってx,yに代入してb-3=m(a-2)が成り立つ。 従ってy-3=m(x-2) ここで質問なのですが、移動前の方程式に移動前の点を代入したらそれは移動前の方程式じゃないのですか?(a-2,b-3)は移動前の方程式の通る点だし、代入した方程式y=f(x)も移動前のものです。なのに移動後の方程式になるっていうのは納得できません。理解力がないのです。本当に困ってます助けてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.11
noname#221368
noname#221368

 確かに平行移動の結果を見ると、最初はちょっとトリッキーに感じますが、じつは無意識に普通にやってる事でもあるんです。  平行移動前の直線は、   y=mx  (1) でした。ここで(x,y)は、(1)で表される直線の「任意点」です。そこで、平行移動後の直線の「任意点」を(X,Y)で表します。質問文中の(a,b)はこの(X,Y)と同じもので、平行移動後の直線の「任意点」です。そこはOKですか?。  (X,Y)は、(x,y)をx方向に2,,y軸方向に3、平行移動したものなので当然、   X=x+2  (2)   Y=y+3  (3) です。(2),(3)が成り立つので、(X,Y)を使って(x,y)を「逆算」できます(「やれ!」と言われた訳でもないのだが(^^;))。   x=X-2  (2’)   y=Y-3  (3’) となります。「やれ!」と言われた訳でもないのに、(2’),(3’)で「逆算」を行う目的は何でしょう?。  平行移動した直線は、(1)をもとに作成されます。なので平行移動後の直線を求めるためには、平行移動前の直線の式(1)を、必ずどこかで使用する必要があります。そうでなければ、答えが出てくる訳ありません。  ところが(1)は(x,y)の式で、(X,Y)の式ではありません。しかし(2’),(3’)を使って、(X,Y)で(x,y)を逆算する事が可能です。そして(2’),(3’)には、「(x,y)をx方向に2,,y軸方向に3、平行移動したもの」という意味が詰まっています。そしてそして(1)は、平行移動後の直線を求めるために、必ず使わなければならない条件です。  そうすると(X,Y)は、(2’),(3’)を(1)に代入した式を満たさなければならない事になります(ここがポイントですね、きっと)。   Y-3=m(X-2)  (4)  (4)の意味するところは、平行移動後の直線を求めるためには、平行移動前の直線の式を必ず使わねばならないので、当然のごとく使っただけです。(4)は(1)と同じなんですよ、もちろん。ただし(4)は、(x,y)の関係式ではなく、(X,Y)の関係式と見る必要があります。「それが目的」だったからです(#6さん)。実際(4)は移項すれば、   Y=mX-(2m-3)  (5)  (y=mx-(2m-3)) となり、(1)とは違う直線ですよね?。つまり、(2’),(3’)を使って、(5)を「逆算」したんですよ(^^)。  このような事は、ふつうにやってるんです。例えば方程式、   3x-2=0  (5) を解く場合、x=の結果が欲しいという「目的」があります。そこで移項を駆使して、   x=2/3   (6) を「逆算」します。このケースでは(5)と(6)は同等なので、(6)が(5)と同じだとみなす事も可能です。しかし決して「x=2/3(平行移動後の状態)」を「解く前の方程式の状態(平行移動前の状態)」と同じだとは思わないはずです。  それと同じですよ(^^)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10

AN6です。補足します。 > 移動前と移動後の関係がわからないのです > たとえば移動後が(3,4)を通るとしたら > 移動前は(3-2,4-3)だから(1,1)をとおる > 代入すると1=m > これが移動後の方程式を表してるということ > ですか?よくわかりません 移動後が(3,4)を通るというのは、言葉を変えると移動前は(1,1)を通る、あなたの言う通りです。さらに「移動前は(1,1)を通る」というのは「傾きm=1」と同じです。言葉を変えて言ってるだけです。数学の世界では「必要十分」と呼ばれてます。 直線の式ですから、y切片と傾きmが決まれば一意に決まります。 移動前に絞って考えるとy=mxはy切片0、傾きmの直線です。y=mxを言葉を変えて言ってるだけです。これが、ある点(1,1)を通ると指定するのは傾きmをm=1に指定するに等しいです。だって(1,1)を通るには傾き1でないと通れませんから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • shuu_01
  • ベストアンサー率55% (760/1366)

No.2 の添付図で同様に考えると、 移動後のグラフは(0, -1)、(2, 3)、(4, 7) を通っています どの点で考えても同じですが、(4, 7) を例に とると、移動前の点は (4-2, 7-3) =(2, 4) を通る 代入すると 4 = 2 m m = 2 となり 元の直線は y = 2x となります > 代入すると1=m > これが移動後の方程式を表してるということ > ですか?よくわかりません m は移動前の方程式の傾きを表しています 平行移動ですので、移動後も傾きは変わらず、 移動後の傾きでもありますけど

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • shuu_01
  • ベストアンサー率55% (760/1366)

> 移動前と移動後の関係がわからないのです > たとえば移動後が(3,4)を通るとしたら > 移動前は(3-2,4-3)だから(1,1)をとおる > 代入すると1=m > これが移動後の方程式を表してるということ > ですか?よくわかりません 移動前の式 y = mx は 原点(0, 0) を通り、 傾きが m の直線です 移動前が (1, 1) を通るということは、 原点(0, 0) と (1, 1) を通る直線ですので、 傾き m が 1 の直線、すなわち y = m となります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

実際いろいろな考え方はあるんだけど, まわりくどくてもいいならこんなふうに見ることもできる: y = mx を x軸方向に2,y軸方向に3 平行移動するわけだから, y = mx上の点 (x, y) は (x+2, y+3) にうつる. そこで新しい点を (X, Y) とおくと X = x+2, Y = y+3. これと y = mx から x, y を消去して X と Y の関係式を作る.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

数学的な発想方法の原点です。この先多数出て来るので、こだわってよーく深ーく考えておきましょう。 >b-3=m(a-2)が成り立つ 質問文の通り確かにa-2とb-3の関係を示す式です。しかし、見方をちょっとだけ変えると a-2とb-3の関係を示す式 ↓ aとbの関係を示す式 と発想を変えることが出来ます。ここが重要です。aとbの関係だって示してるでしょ? aとb、すなわち移動後の点の関係式です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

移動前と移動後の関係がわからないのです たとえば移動後が(3,4)を通るとしたら移動前は(3-2,4-3)だから(1,1)をとおる 代入すると1=m これが移動後の方程式を表してるということですか?よくわかりません ほんとに馬鹿で申し訳ないです…

  • 回答No.5

ANo4です。回答が切れてしまいました。 申しわけない。 で、x、yが満たす方程式にx=x'-2, y=y'-3 を代入して得られた 方程式は、元の方程式を満たすx,yを x'=x+2, y'=y+3 として 計算したものが満たしますよね。 ということは、新しい方程式は、元の方程式の解となる点に(2.3) たした位置の点が満たすことになります。 う~ん結局、同じレベルのことを言っているだけかな~ 自明としか言いようがないので、何故といわれると 答に窮します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

移動後の点は x′=×+2 y'=y+3 ですよね。ということは、 x=x'-2 y=y′―3 は元の方程式を満たす点ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>y=mxを、x軸方向に2,y軸方向に3、平行移動したあとのグラフがy-3=m(x-2)になるのですか? 一般に y = f(x) を想定しても、そうなりそうですネ。  y-3 = f(x-2) x, y 両方とも一度に納得しようとすると、方向感覚が錯乱し易いのかも…。 たとえば、まず y=f(x) のグラフを y 軸の正方向に 3 だけ平行移動すると?  Y-3 = f(x) → Y = f(x) + 3 次いで、x 軸の正方向に 2 だけ平行移動して?  Y = f(X-2) + 3 …で完了。 >移動後の方程式Y=f(X)の点を(a,b)とすると…   ↓ 移動後の方程式では  b = f(a-2) + 3 つまり  b-3 = f(a-2)  …(A)   ↓ >移動前の方程式y=f(x)を満たす点が(a-2,b-3)となる。 これは、式 (A) の関係を指しているようです。 …だとして、どの辺で「目まい」してきますか?   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • shuu_01
  • ベストアンサー率55% (760/1366)

その回答を読んで、僕も頭がこんがらがりました その回答の理解はスッパリ諦めましょう 同じような説明は 【 グラフの平行移動 】 http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou3/move1.htm にあり、こっちの方がまだマシです ちなみに僕は、x軸方向に関しては前の方程式より 2 大きい値で 方程式が成り立てばよいので y = f(x ー 2) とする y軸方向に関しては、単に 3 を加えたら、上に 3 移動するので y =f(x ー 2)+ 3 とすると考えて、問題を解いてます 方法を暗記してなくても、考えたらすぐ出てきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • グラフの平行移動の説明

    高校数学からの質問です。 y=xのグラフにおいて、x軸正方向にpだけ平行移動すると、y=x-pとなり、y軸正方向にpだけ平行移動するとy=x+pになります。一次関数に限らず二次関数でも、平行移動において、x軸方向だと-p、y軸方向だと+pという操作をすると思います。 しかし、グラフを見てわかっても、なぜ平行移動において、x軸方向だと-p、y軸方向だと+pになるのか理屈がわかりません。 宜しくお願いします。

  • ☆数学の問題(平行移動)☆

    (1) y= - 4x + 2 のグラフをx軸方向に-3、y軸方向に(?)平行移動させると y= - 4x + 8という関数のグラフが得られる。 (2)y= 4x + (?)のグラフをx軸方向に3、y軸方向に- 2平行移動させると、 y= 4x - 6という関数のグラフが得られる。 (3) y= 2xx - 4 のグラフをx軸方向に(?)、y軸方向に(?)平行移動させると y= 2xx + 8x + 7という関数のグラフが得られる。 (4) y= xx + bx + 1 のグラフをx軸方向に2、y軸方向にdだけ平行移動させると y= xx + x + 2というう関数のグラフが得られる。このとき b=(?)で、d = (?)である。 グラフの平行移動がいまいち理解できなくて・・・ (3)などの「xx」は「xの2乗」を表しています! 解説など付けて頂けると助かります(*´▽`)*´▽`)*´▽`)ノ

  • グラフの平行移動について(高校数学)

    グラフの平行移動を解く際に  y-q=f(x-p) という公式を使って解くというように書いてあるのですが、何故上のような式になるのかその理論がどうしてもわかりません。 上の式自体は 『関数Aを移動した後の関数を関数Bとする。  関数A y=f(x)上の任意の点をQ(X,Y)とし、  x方向にp、y方向に移動した点をP(x,y)とすると、   x=X+p y=Y+q より X=x-p Y=y-q   Qは関数A上にあるから Y=aX+b  よって、関数Bの方程式は   y-q=f(x-p)  となる』 という解説から導かれたものらしいのですが、自分にはなぜこれ代入するだけで関数Bの方程式が導かれるのか理解できません。 それに、移動した点を元に関数を求めるのならば、 x=X+p y=Y+qを代入して y+q=f(x+p)になるような気さえしてしまいます。(もっとも正解が導けませんが……) 理論が判らなくても公式を使って問題は解けますが、どうしても気になってしまい悩んでます。どうかこの公式の意味をわかりやすく教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 放物線の平行移動

    僕は今年高校に入った新入生です。分からないことがあるのでここに書かせていただきます。 数研出版の数学1には下記のようなことが書かれています。 * XXはXの平方ということです。 「放物線y=2xxをFとする。Fをx軸方向に3,y軸方向に4だけ平行移動して得られる放物線をGとすると、Gはy-4=2(x-3)(x-3)になる。 それは次のように考えても分かる。 G上に任意の点P(x,y)をとり上で述べた平行移動によって移されるF上の点をQ(X,Y)とすると x=X+3 y=Y+3 すなわちX=x-3 Y=y-4 点QはF上にあるからY=2XX この式のXにx-3をYにx-4を代入するとy-4=2(x-3)(x-3) これはGの方程式である。」 まず前提としてFとGの方程式やグラフは異なることは明確です。 しかしFの方程式 Y=2XX にX=x-3 Y=y-4を代入すると y-4=2(x-3)(x-3) つまりGの方程式になります。 このままではこの二つは同じ方程式ということで重なった放物線になってしまいます・・・。どこが間違っているのでしょうか。ご指摘をお願いします。

  • 二次関数グラフの平行移動、対象移動の問題です。

    二次関数y=x^2のグラフをx軸方向にp、y軸方向にqだけ平行移動した後、x軸に関して 対象移動したところグラフの方程式は、y=-x^2-3x+3となった。 この時のp、qの値を求めよ。と問題があります。 平行移動してx軸に関して対象移動した後の式がy=-x^2-3x+3なので単純に基本形に してやるだけで良いと考えてy=-x^2-3x+3から-(x+3/2)^2+21/4となり p=-3/2、q=21/4が求まったのですが、解答はp=-3/2、q=-21/4でした。 二次式から基本形を求めるだけで何故適切な符号を持ったqが求まらないのでしょうか? x軸に対して対象移動した場合qの符号が変わるのは理解できるのですが、x軸に対して 対象移動した後の2次式からp、qを求めるので基本形を求めるだけで適切な符号を持った qが求まるような気がしているのです。どなたかこの疑問を教えてください。

  • グラフの平行移動を感覚的に

    現在家庭教師で教えている生徒にある質問をされて思わず悩んでしましました。 グラフ C:y=f(x) をx軸方向にaだけ平行移動したものは C':y=f(x-a)で表わされる。 という問題なんですが、C'上の点(s,t)について、 それをx軸方向に-aした(s-a,t)がy=f(x) 上にあるという説明をしても今一つ納得できないみたいです。 なんかいい説明や、ほかにわかりやすい類題などあったら教えてください。

  • 二次関数の平行移動

    二次関数の平行移動 理解できないところがたくさんあります。 ほとんど教科書丸写しなのですが 二次関数 F…y=x^2 を x軸方向にp, y軸方向にq だけ平行移動して 得られる二次関数G上に任意の点P(x,y)をとり、 平行移動前のF上の点Qを(X,Y)とすると x=X+p , y=Y+q → X=x-p , Y=y-q よって 点Q(x-p,y-q)で表される。 これをFの式に代入して y-p=(x-p)^2  → y=(x-p)^2+q これはGの式である。 ----------------------------------- (1)なぜ元の二次関数Fの点ではなく 動いた後の二次関数Gの点を(x,y)と基準?としているのかがわかりません。 「そうすると説明が上手くいくから」でしょうか? 平行移動する前を基準として考えれば 平行移動後が(x+p,y+q)になるじゃん!と思ってしまいます…;; (2)F上の点Qの座標をFの式に代入した式なのに なぜGの式になるのかがわかりません。 あと…… 任意という言葉の意味がいまいちわかりません。 その言葉の効果はどこで現れますか?? いってることが全ておかしかったらすみません。 理解力がほとんどありません。 よろしくお願いします。

  • 改めて、2次関数の平行移動。

    皆様宜しくお願い申し上げ致します。 2x2は、2xの2乗と理解して頂きたく思います。 昨日大変親切な方から解答を頂いたのですが、説明が数式ばかりで高校生の僕には結局理解出来ませんでした。 僕の数学的経験が浅いのが原因だと思います。 質問をさせて頂きます。 以下の文章は、数研の日本一難しい教科書の一節です。 放物線y=2x2をFとする。Fをx軸方向に3,y軸方向に4だけ平行移動して得られる放物線をGとすると、Gの方程式が y=2(x-3)2+4 すなわちy-4=2(x-3)2 になることは、既に学んだ。 此処までは理解出来ております。 このことは、次のように考えてもわかる。 以下の文章が僕には理解出来ません。 G上に任意の点P(x,y)をとり、上で述べた平行移動によってPに移されるF上の点を Q(X,Y)とすると x=X+3, y=Y+4 すなわち X=x-3,Y=y-4 点QはF上にあるから Y=2X2 この式のXにx-3を、Yにy-4を代入すると y-4=2(x-3)2 此処までは理解出来ます。 僕の考えでは、 点Q(X,Y)はあくまでも放物線F上にあるから、 Y=2X2 此処で、 X=x-3,y=y-4を、グラフF上の点Q(X,Y)に代入するのだから、代入し終わった 点Qの座標は、(x-3,y-4) 改めて、点QはグラフF上にあるのだから、 グラフFの方程式、 y=2x2 に、グラフF上の点Q(x-3,y-4)を代入するのだから、 y-4=2(x-4)2は放物線Fの方程式 と考えてしまいます。 教科書の記述では、 これは放物線Gの方程式である。 と書いて有ります。 何処が僕の数学的論理が間違っているのでしょうか? 何方か、数式だけで無くて、日本語も含めて説明して頂けると有り難いです。 是非是非宜しくお願い申し上げ致します!

  • 平行移動…「だけ」って必要?

    関数の平行移動についてです。 「x軸方向に△、軸方向に□『だけ』平行移動」と解答しますが、なぜ、『だけ』を書くのでしょうか? 『だけ』は必要なのでしょうか? 回答よろしくお願いします。 ※小さな質問で失礼します…

  • 放物線の平行移動についてちょっとした思い込みをしてるみたいです。

    放物線の平行移動についてちょっとした思い込みをしてるみたいです。 『放物線y=2x^2をFとする。Fをx軸方向に3、y軸方向に4だけ平行移動して得られる放物線をGとする。 G上に任意の点P(x,y)をとり、上で述べた平行移動によってPに移されるF上の点をQ(X,Y)とすると x=X+3、y=Y+4 すなわち X=x-3、Y=y-4 点QはF上にあるから Y=2X^2 この式のXにx-3、Yにy-4を代入すると y-4=2(x-3)^2 これはGの方程式である。』 と数Iの教科書に書いてあります。 ちょっと疑問があります。 Q(X,Y)のXはx-3、Yはy-4と表してあります。 つまりQ(x-3,y-4)です。 QはF上の点です。 しかしY=2X^2にQを代入したらGっていうのに疑問を感じます。 Gは y-4=2(X-3)^2です。 しかしGは点Qを通ってません。 つまり、QはF上の点だから、Fの方程式になるんじゃないか?と思い込みをしてしまいます。 なんでですかね? まあ、FはすべてのXとYについて成り立ちます。つまり、Fの放物線を表す式はXとYが含まれていて、xとyは含まれない。 Gはすべてのx、yについて成り立ちます。つまり、Gの放物線を表す式はxとyが含まれていて、XとYは含まれない。 故に、求められた式はxとyの関係式であるからGの方程式である。 という解釈は大丈夫ですかね?