• 締切済み
  • すぐに回答を!

実質経済成長率の計算方法【現代社会】

高校一年生の現代社会の問題です。 名目GDPと経済成長率から実質経済成長率を求める問題で、 (実質経済成長率)=〔(今年の実質GDP)-(去年の実質GDP)]/(去年の実質GDP)×100 と習いました。ネットで調べても、これと同じ計算式を多く見かけたのでこれは合っていると思います。 しかし、私の先生は ・去年の実質GDP=去年の名目GDP ・今年の実質GDP=今年の名目GDP/GDPデフレーター×100 ・GDPデフレーター=100+物価上昇率(%) とおっしゃっていたのですが、いろいろ調べている内に特に3つめが正しいのかどうか分からなくなってしまいました。 また、 (実質経済成長率)=(名目経済成長率)-(物価上昇率) として解く問題があったのですが、授業で行った他の例題などはどれもこの式を満たしませんし、去年の名目GDPと今年の名目GDPを代数で置いて計算してみても、近い値にはなるもののやはり上のような単純な式ではうまくいかない気がします。 何が正解なんですか???教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4551
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.4

回答No1で書いたことをもう少し厳密に書いてみましょう。同じ記号を使いますが、基準年から数えて第t年目の値であることを明確にするため、第t年目の名目GDP、実質GDP、GDPデフレータをそれぞれN(t)、Y(t)、P(t)と書き、基準年のそれをN(0)、Y(0)、P(0)と書くと、  N(t) = ∑pj(t)yj(t) Y(t) = ∑pj(0)yj(t) P(t) = N(t)/Y(t) となります。ただし、yj(t)は第t年目の国内で生産された第j番目の最終財の生産量、 pj(t)は第t年目の国内で生産された第j番目の最終財の価格、pj(0)は同じ財の基準年の価格。Σは加算記号で、たとえば、上の第1式の右辺は、p1(t)y1(t)+p2(t)y2(t) +・・・とすべて国内で生産されている財について加算することを意味します。 ・言葉で言うと、第t年の名目GDPとは国内で第t年に生産されたすべての最終財・サービスの、第t年の価格で評価された価値であり、第t年の実質GDPとは国内で第t年に生産されたすべての最終財・サービスの、基準年の価格で評価された価値を表わしたものです。 ・t=0とおいてください。N(0) = Y(0)、P(0)=1となることがわかるでしょう。つまり、基準年では、名目GDPと実質GDPは等しく、GDPデフレータは1、あるいは100倍すると100となることがわかる。 ・経済がただ1種類の財が生産(かつ消費)されている、1財の世界を考えてみましょう。このときは   N(t) = p(t)y(t)   Y(t) = p(0)y(t)   P(t) = p(t)/p(0) となり、GDPデフレータは基準年から物価上昇率+1あるいは100を掛けるなら、基準年からの物価上昇率(%)+100となることがわかる。この1財の世界では物価上昇率の意味が、その1財の価格の上昇率という意味で明確です。 ・では多数財の世界では、GDPデフレータは何を意味しているでしょうか?上で見たように、      P(t) = N(t)/Y(t) = ∑pj(t)yj(t)/∑pj(0)yj(t) ですから、GDPデフレータは経済学で「パーシェ物価指数」と呼ばれる物価指数概念の一つなのです。  なお、回答NO3さんのGDPデフレータの定義は  GDPデフレータ=実質GDP÷名目GDP×100 と右辺の分子と分母が逆になっていますが、正しくは、上で書いたようにP(t) = N(t)/Y(t)、すなわち、   GDPデフレータ=名目GDP÷実質GDP×100 あるいは同じことですが   実質GDP = 名目GDP÷GDPデフレータ×100 ですので、注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 経済成長率の計算について

    経済成長率の計算について 明日が試験なので 至急回答お願いします! 昨年度GDPが450兆円 今年度GDPが500兆円 物価上昇率が5%の時 名目経済成長率は約11.1% 実質経済成長率は約5.8% になるみたいなのですが、 やり方がわかりません。 わかりやすく解説していただけると とてもありがたいです! お願いします!

  • 実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率について

     実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率を理解したいと思っています。 ウェブで調べたところ、混乱してしまいました。  まず、 wikipediaの 経済成長 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%88%90%E9%95%B7 によるGDPデフレーターの「例示」の説明は理解できました。 しかし、 「GDPデフレーター= 今年の名目GDP ÷ 今年の実質GDP × 100  のようにして物価指数の一種が計算できる。GDPデフレーターは定義上、基準年の時点で100となる。」 という説明と、 「実質GDPXGDPデフレーター=名目GDP  となり、(中略)1以上であれば物価上昇(インフレーション)を意味する。」 という説明は、矛盾しているように思われます(百分率にするか否かですので、それほど大きな問題ではありませんが。)。  他方、 wikipediaの 国内総生産 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3 には、 「名目国内総生産(名目GDP)を実質国内総生産(実質GDP)で割ったものをGDPデフレーター」と定義し、 「変化率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみることができる。」 とありますが、 「日本の国内総生産(実質GDPと名目GDP、GDPデフレーター)の経年変化」という表には、 GDPデフレーターが負の数になってしまっている箇所があり、また、基準年の実質GDPが名目GDPと違う値になっています。  これらの疑問を解決して、 実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率について知りたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • 経済成長率とその計算について

    【問題】昨年度のGDPが120兆円、今年のGDPが160兆円だったとする。 物価上昇率が15%だとする。名目、実質経済成長率の両方を求めよ。 (小数点第2位以下は四捨五入) 【答え】 ・名目 {(160-120)/120}*100 =33.3% ・実質 今年(160/115)*100 =139     昨年(120/100)*100 =120 ⇒{(139-120)/120}*100 =15.8% 何がわからないといいますと、実質のデフレータの115と100です。 これはどこから出てきた数字なのでしょうか。 デフレータは5%の物価上昇なら105と表されると言う事は判ってます。

  • 回答No.3
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

> ・去年の実質GDP=去年の名目GDP > ・今年の実質GDP=今年の名目GDP/GDPデフレーター×100 > ・GDPデフレーター=100+物価上昇率(%) いずれも、多少の問題はありますが、去年を基準年とするなら正しいです。 まず、GDPは(中間財がないとすれば)  GDP=価格×数量 です。これは名目も実質も同じです。 名目の場合には、価格は取引したときの価格を使います。 実質の場合には、価格は基準年の価格を使います。 つまり、GDPデフレーターが決まった後に実質GDPが決まるのではなく、実質GDPが先に決まり、その比としてGDPデフレーターが決まります。 したがって、2番目の数式は、意味合いとしては問題があります(学校や公務員試験などの問題を解くならそれでok)。 GDPデフレーターは、実質と名目の二つの比として定義されています。 数式で書けば  GDPデフレーター=実質GDP÷名目GDP×100 と定義されることが多いです(×100をしないこともある)が、更に100を引いて物価上昇率にしている場合もあります。 > ・GDPデフレーター=100+物価上昇率(%) は、この場合ですね。 因みに言えば、物価上昇率はGDPデフレーターの他にも色々種類があります(当然数字は全部異なっています)。 > (実質経済成長率)=(名目経済成長率)-(物価上昇率) これについても既に回答がありましたが、近似的に成り立つだけです。 とはいえ実用上ほとんど問題がありませんのでよくつかわれます。 因みに、近似的にと言っていますが、この近似は微小期間では必ず一致します(数学的に期間が短ければ一致するという根拠があります)。 > 授業で行った他の例題などはどれもこの式を満たしません その問題を見ていないので分かりません(設定自体がおかしい問題も世の中には少なくない)が、物価上昇率をGDPデフレーターで定義していない場合や、近似誤差の問題が考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

回答NO1の訂正です。 >GDPデフレーター=100+物価上昇率(%) ・GDPデフレータ = 100+基準年からの物価上昇率(%) ・今年のGDPデフレータ = 100 + 去年から今年へかけての物価上昇率(%) と書きましたが、私の回答の2番目の式は、去年が基準年であるなら(あるいは去年が基準年でなくても去年のGNPデフレータがたまたま100なら)成り立ちますが、一般的には ・今年のGDPデフレータ = 去年のGDPデフレータ + 去年から今年へかけての物価上昇率(%) としなければ正しくありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>去年の実質GDP=去年の名目GDP ・実質GDP=(名目GDP/GDPデフレータ)×100 ですから、 ・去年の実質GDP = (去年の名目GDP/去年のGDPデフレータ)×100 となります。あなたの(先生の?)式は一般的に正しくありません!ただし、去年が基準年だとすると、基準年のGDPデフレータは100ですから、去年の実質GDP = 去年の名目GDPとなります。 >今年の実質GDP=今年の名目GDP/GDPデフレーター×100 ・今年の実質GDP = (今年の名目GDP/今年のGDPデフレータ)×100 が正しい答えです。 >GDPデフレーター=100+物価上昇率(%) ・GDPデフレータ = 100+基準年からの物価上昇率(%) ・今年のGDPデフレータ = 100 + 去年から今年へかけての物価上昇率(%) が成り立ちます。(上で、(>)はあなたの質問の式、(・)が正しい式を表わしています)。これらの式は、物価水準とはGDPデフレータのこと、したがって物価上昇率とはGDPデフレータ上昇率のことだということを示した式(定義式)にすぎないことに注意してください。 あなたの最後の質問 >(実質経済成長率)=(名目経済成長率)-(物価上昇率) を導いておきましょう。いま、数式を操作しますので、Yを実質GDP、Nを名目GDP、PをGDPデフレータを表わすとしましよう。ただし、GDPデフレータは100で割った値、たとえば、125なら、1.25というふうに)。すると、     N = PY が成り立ちます。私の1番上の式ではY = N/Pとなっていますが、変形すれば上のようになります。いま、去年から今年にPがΔPだけ、YがΔYだけ変化したとすると、Nの変化ΔNはいくらになるか?それは、   (N+ΔN) =(P+ΔP)(Y+ΔY) を計算すればよい。すなわち、     N + ΔN = PY + PΔY + YΔP + ΔPΔY さらに、両辺をN = PYで割って、両辺から1を引くと (*)   ΔN/N = ΔY/Y + ΔP/P+(ΔP/P)(ΔY/Y) となることからわかる(確かめてください)。すなわち、    名目GDPの成長率ΔN/Nは、実質GDPの成長率ΔY/Yと物価上昇率ΔP/Pとの和に、これら2つの項の積を加えたものに等しいというのが厳密には正しい式なのです。しかし、一番最後の(積の)項は通常ゼロに近い小さい値(second order magnitude)なので、無視すると、   ΔN/N = ΔY/Y + ΔP/P あるいは      ΔY/Y = ΔN/N - ΔP/P を得る。この式があなたが学校で習った式ですがこれはあくまでも近似式であって、(*)の右辺の最後の項だけ誤差がでることを忘れないようにしてください!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 実質経済成長率

    たかじんのそこまで言って委員会を見て、辛坊治郎さんが以下のようなことを言っていました。 「日本の経済システムは、実質経済成長率毎年1.5%を維持できなければ破綻する。 年金で言うならば、物価上昇率は毎年1%、賃金上昇率は2.5%。 なぜかというと、払う方は、物価連動、入ってくる掛け金は、賃金上昇率だから、物価は、1%でも、賃金は毎年2.5%ずつ上がっていかなければいけない。 この差の1.5%が実質経済成長率1.5%で、これがないと年金の基本設計も破綻する。」 この発言は、どういう意味でしょうか? 物価上昇率と賃金上昇率が先に想定されていて、その結果、必要な実質経済成長率が算定されるということなのでしょうか? 具体的に意味を解説して頂けるか、その手の勉強ができるサイトがあれば、ご紹介頂ければと思います。 よろしくお願い致します。

  • 名目 実質 経済成長率について

    名目経済成長率= 今年の(名目GDP-前年の名目GDP)÷前年の名目GDP×100 とありますがどうして割るのでしょうか? またどうして100掛けるのでしょうか? 計算に関してあまりよくわからないので回答お願いします!

  • 社会の問題です。早急にどなたか解いてください!

    前年の実質GDPが500兆円、今年の名目GDPが572兆円とする。また前年を100とした今年のGDPデフレーターが110とする。 (1)今年の実質GDPを求めなさい。 (2)今年の実質経済成長率を求めなさい。 よろしくお願いします!

  • なぜ、物価上昇率の目標が、経済成長率に関係?

    自民党が衆院選政権公約を発表しました。 経済項目では、 <物価上昇率の目標を2%に設定し、政府と日本銀行の連携強化による大胆な金融緩和などでデフレを脱し、名目3%以上の経済成長を目指すことなどが柱だ。> と主張しています。 なぜ、物価上昇率の目標を高めに設定すると、経済成長を高くすることができるのですか?

  • 関西大の過去問です;

    ある年の名目GDPが110兆円、前年の名目GDPが125兆円であったとする。物価上昇率が前年比-5%であるとしたとき、実質経済成長率は何%になるか。もっとも近い数値を語群から1つ選びなさい。 A,-7.4% B,-8.4% C,-11.4% D,-12.6% E,-16.4% 答えはAなんですけど、途中式がわかりません…。 関西大学の2006年の問題です できるだけ早く解答がほしいです。よろしくお願いします。

  • 経済成長とは?景気回復とは?いつしますか?

    アベノミクス・アベノミクス・経済成長・景気回復と念仏のように繰り返してはいますが、具体的に何を目指しているのか、どうなったら経済成長・景気回復をしたといえるのか全く述べられていないように思います。 例えば消費税関連法案の附則には以下のいわゆる景気条項がありました。 # ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第 18 条) # ・消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを # 条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び # 経済の活性化に向けて、平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において # 名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した # 望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の # 実施その他の必要な措置を講ずる。 これはよく分かります。期限も分かるし何をいくつにするという数字がすべて具体的に述べられているので、何を目指しているのか、どうなったら景気回復といえると考えているのかよくわかります。 が、10%アップの時期を延期するとともに、この景気条項を削除する予定のようで、経済成長などしなくてもかまわずアップしていい事にしようとしているように見えます。ここれはもう達成できなさそうだから削除をするというのならまぁそれでもいいとは思うのですが、単に削除するのではなく、普通なら新たな目標設定が必要だと思うのですが、どうも見当たりません。マニュフェスト・発言何でもいいのですが。 質問は (0)「平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度」はなぜ削除するのでしょうか?もう達成不可能であきらめていて、「達成できなかった」といわれるのを防ぐために削除するのでしょうか? (1)ここ半年くらいの政府・与党の公式な発言・発表で、経済成長・景気回復の具体的な目標値がありましたか? (1-1)ある場合:その内容を教えてください。 (1-2)ない場合:なぜないのでしょうか? (2)あなたは個人的に、いつまでに何がどうなったら経済成長・景気回復といえると思いますか? 例 ・平成 23 年度から平成 32 年度までの平均において、名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度 ・就業者全体平均の賃金上昇率が、物価上昇率を上回ったとき。たぶん3-5年後。 よろしくお願いします。

  • 年金はもらえない?

    厚生労働省は1日、実質経済成長率が今後長期にわたってマイナス1%前後で推移すれば、公的年金は積立金が枯渇して制度が破綻(はたん)するという試算結果をまとめたそうですが、試算では、物価上昇率、名目賃金上昇率、積立金の名目運用利回りが、今後それぞれ過去10年間の実績値の平均(マイナス0・2%、マイナス0・7%、1・5%)のまま推移し、実質経済成長率がマイナス1・2%の状態が続くと想定してるそうです。 年金はやばいって事ですよね?

  • その計算になる理由が分かりません

    ある年の名目国内総生産は400兆であり、 その1年後の名目国内総生産は450兆であった。 更にこの期間に物価が4%上昇していたとすると、 国内総生産の実質成長率はおよそいくらになるか。 というような、実質経済成長率を求める問題なのですが… 解説によると 式:(450÷1.04-400)÷400×100 答:≒8.2 になるのそうなのですが、 その式の中の、1.04というのが何者なのか、どうやって出るのかがどうしても分かりません。 面倒な質問ですが困っています。 なので、良ければなるべく優しい解説、よろしくお願いします。

  • 実質GDPと名目GDPについて

    実質GDPと名目GDP 「例えばある年の名目GDPが500兆円、実質GDPが490兆円であれば、GDPデフレーターは500/490=1.02となり、基準年からその年まで2%の物価上昇が起こったことがわかる」と書いてあるんですが、この2%という数字はどういう意味でどのように出した数字なんでしょうか。

  • 実質GDPの求め方

    次の表から2000年度を基準としたとき2001年と2002年の実質GDPを計算し2001年度と2002年度間の名目GDPの成長率を求めなさい。 年度     名目GDP        GDPデフレーター 2000   520            100 2001   580            140 2002   590            155 という問題なのですが、まずGDPデフレーターの求め方が  名目GDP/実質GDP というのはわかるのですが、このとき実質を求めるので  名目GDP*GDPデフレーター になるのでしょうか?これを2001年を自分でやってみると  520*140=720 となりましたが合っているでしょうか?  また成長率ですが上の問題がわからないので解き方がわかりません。お願いします。     

専門家に質問してみよう