• 締切済み
  • 困ってます

逮捕状について

以下の場合逮捕状はでますか。 不当利得返還請求事件として訴訟提起(簡易裁判所) 判決主文は被告への返還命令と裁判費用の支払 しかし被告の住所不明(というか住民登録されていない人物)のため返還されていません。 訴訟判決は民事なので警察は不介入とのことでした。 逮捕状について教えてください。

noname#222300

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数168
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

逮捕状というのは、犯罪を侵した場合に 警察や検察の請求により裁判官が発行 するものです。 住所不明だ、返してもらえない というだけでは、何の犯罪にも なりませんので、逮捕状が発行される ことはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 判例として載ってないので調べようがないので質問。

    判例として載ってないので調べようがないので質問。 AがBに貸し金返還訴訟 B被告の弁済抗弁が判決理由中で認められ棄却判決。 後訴でBが貸し金返還は不成立であるので弁済された金員は不当利得として請求。  解説では弁済は民訴114条2項の相殺じゃないので、OK となってます。  それは分かるのですが、貸し金の成立を前訴で認めたのは既判力にあたり そもそも後訴が提起できないとおもうのですが。

  • 東京簡易裁判所について

    不当利得返還請求訴訟で東京簡易裁判所に訴状提出する場合、千代田区霞が関(東京簡易裁判所)と墨田区錦糸(東京簡易裁判所 墨田庁舎)がありますが、どちらに行けば良いのでしょうか? 自宅からすぐの墨田区錦糸に行きたいのですが、双方の違いが裁判所のHPに載っていなかったので質問させていただきました。 ちなみに被告/原告の住所は東京23区内です。

  • 不当利得について

    不当利得(不法行為によって得た利得)返還請求事件で不当利得を返還するよう裁判所から命令が出されました。おそらく民事裁判だと思いますが、返還しないでいると刑事罰が課されますか。

  • 回答No.2
  • 177019
  • ベストアンサー率30% (1033/3424)

先ほどの回答者に賛同します。判決に「被告への返還命令と裁判費用の支払い」、原告の貴方がこれを執行しようとしても「被告の住所不明」「住民票に登録されていない?」、これは日本人として当然の事をしていなのですから原告である貴方に過失はありません。支払う側の貴方がもしこのままでは落ち着かないと思うのであれば、「被告への返還、裁判費用の支払い」この金額が分かる訳ですから、「地方法務局」に出向き「供託制度」と言うものがありますのでここで相談してその金額を法務局に預ける事にしては如何ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

逮捕状というのは刑事事件において, 「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとき」に 刑事訴訟法第199条に基づいて発行されるのが原則で, それこそ民事事件で発行されることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 民事訴訟の擬制陳述とはなんでしょうか?

    当方、現在 民事訴訟を提起しており原告側です。 内容は保険金の支払いを保険会社が拒んでいるため、 100万円相当の民事訴訟を提起致しました、本人訴訟にて。 そこで140万円以下なので東京簡易裁判所に提起いたしましたが 疑問があります。 被告の保険会社は弁護士を雇っています。 (1)被告 弁護側は「本件は複雑な内容のため簡易裁判所から地方裁判所への移送申立て」があり簡易裁判所はこれを決定致しました。 これは被告 弁護側からみれば簡易裁判所より地方裁判所で争うほうが何か有利な点があるのでしょうか? (2)被告 弁護側は簡易裁判所での第1回公判は「欠席いたしますので擬制陳述でお願い致します」との答弁書が送られてきましたが、この「擬制陳述」とはなんでしょうか? また、上記(1)の簡裁から地裁に移送されましたら被告弁護側は擬制陳述をおこなわず、 第1回公判も出席するとのことでした、これは何故でしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 訴訟物の価額を変更したい

    いつもお世話になります。 このたび、私の手許にある記録に基づいて、不当利得返還請求訴訟を提起しました。 個人営業の金融業者が相手で、3年以上前の完済なので、記録が残っていないと言われ、相手方から取引履歴をもらわずに、こちらの手持ちの資料から再現して申立てしています。 ところが、訴訟提起したあとに、もっと古い記録が見つかりましたので、その記録を証拠として添付し、不当利得返還請求の金額を増やしたいと思いますが、訴えの変更ということで、訴訟物の価額の変更は可能でしょうか? まだ申し立てたばかりなので、第1回期日も到来していない状態です。 また、訴えの変更のモデル文のあるサイトをご存知であれば、教えてください。 以上、ご教示をお願い申し上げます。

  • 第一回口頭弁論調書(小額訴訟判決)後の進め方

    23/1/25付けで簡易裁判所より連絡が来ました。相手方が裁判欠席、連絡無でした。 主文1.被告等は、原告に対し、連帯して、金21万2529円支払え。2.訴訟費用は被告等の負担とする。3.この判決は、仮に執行することができる。 ここまでは自力でやってきましたが、今後の進め方はどうしたら良いのか教えてください。

  • 判決後の差押え手続きについて教えてください。

    某信販会社を被告として不当利得金返還請求の本人訴訟を起こしています。第1回口頭弁論は終了し、被告は形通りの答弁書を提出してきました。裁判官の薦めもあって、その後に訴外で被告と交渉をしたところ、被告は、「会社の資金がなくて、元本の2割しか出せない。判決となっても構わない」と言っています。 次回の期日でも金額が折り合わず、判決となった場合、判決文(債務名義)をもって差押えは可能なのでしょうか? また、この債務名義によって、業者から回収するには、どのような手続きを行えばよろしいのでしょうか? ちなみに訴額と利息を含めて17万円くらいで、この際、自分でやってみたいのですが。

  • 所有権でも不当利得でも‥

    よく不当利得返還請求権は「金銭」に対してしかできないといわれますが、なんでですか? 店員が間違ってお客さんがタバコ1つ下さいと言ったのに、2つ間違ってあげてしまった場合、タバコ1つ分お客さんは「不当利得」を得るわけですよね? ならば不当利得返還請求できるのではないのでしょうか? こういう時店側は、所有権に基づく返還請求をするのが普通だといわれますが‥ 訴訟でだって売り主が契約の無効主張して買い主から商品返してもらうときだって、無効が認められれば、法律上の原因がないから買い主が購入した商品は「不当利得」となり、所有権に基づく返還請求でも不当利得返還請求のどちらでも請求できるのではないのでしょうか?

  • 領収書がない場合

    法律のことがよくわからないのでアドバイスをお願いします。 民事訴訟の不当利得返還請求事件を訴えられた場合(被告),原告発行の領収書があれば,その請求権がないことが分かるのですが,実際には払っているのですが領収書をなくしていたとしたらどうすれば,原告に払った事実を証明できるのでしょうか。やはり領収書がないと勝てないのでしょうか。それとも,全体の様子から判断して支払ったただろうというような証拠だけでも勝てるのでしょうか(例えば,支払日に通帳に引き落とし額が印字されている)。条文や過去の裁判例があれば助かります。 よろしくお願いします。

  • 請求権競合の関係とは? 損害賠償請求と不当利得返還請求

    訴訟を提起する場合、請求の趣旨は一訴訟につきひとつなのでしょうか? ひとつの裁判において、不当利得返還請求と損害賠償請求をあわせて請求することはできないのでしょうか? 勉強をしていたところ、両者が「請求権競合」の関係になりえるということはわかったのですが、両方の要件を満たす場合には、いずれかいっぽうのみしか請求できないのでしょうか? ご存知のかた、教えてください!

  • 裁判所の判決

    簡易裁判所の判決と地方裁判所の判決では何か違いはありますか? 現在、訴訟中の裁判で次回判決を出すというところまで来たのですが、裁判官が被告へ最後に質問をしたのに答えませんでした。 原告側は答えても答えなくとも判決が出ればそれでいいと思って主張は出尽くしたとしてしまいましたが、被告は簡易裁判だから答えなくてといいと思ったのかもしれません。しかしどうしてもしっかりと答えなかったのか、疑問に思えて仕方ありません。 ここで一旦、簡裁の判決を置いて(民事執行の手続きをせず)上訴するのも手法かも知れませんが。

  • 過払いした税金の「不当利得返還請求訴訟」について

    20万円の課税処分に対し、送金時に誤って200万円を納税してしまいました。 税務署にその旨を申し出たのですが、回答がなく困っておりましたところ、   ある人が税務署に対し180万円の不当利得返還請求訴訟を起こせばよいと教えてくれました。 私の理解するところでは不当利得返還請求訴訟は、 営業行為に伴う過払いや、消費者金融に対する過払いの取り戻しのための手段と考えていました。 このような税金の過払いについても税務署に対し、この不当利得返還請求訴訟を起こせるのでしょうか。 もし違うとしたら、適切な返還請求方法を教えて頂きたく、お願い申しあげるしだいです。 元はと言えば当方の過失なのですが、金額が大きいので、教えを乞うしだいです。

  • 民事訴訟法39条について分からないことがあります。

    民事訴訟法39条について分からないことがあります。 同条には、・・共同訴訟人の一人について生じた事由は、 他の共同訴訟人に効力を及ぼさない、とあります。 ということは、たとえば、38条により複数人を被告として 訴えが提起された場合、 判決は、各被告ごとに出るということでしょうか。 一人について生じた事由が他の共同訴訟人に効力を及ぼさない のであれば、 そもそも複数人を被告として訴えを提起するメリットは何もないと思えてしまいます。 39条が適用になる具体的なケースについて、 どなたかご教示ください。