• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ヘロンの公式は余弦定理から導かれますか

余弦定理はピタゴラスの定理を使って証明されるものと聞きましたが、ヘロンの公式は余弦定理を使って証明できるものでしょうか。

noname#194289
noname#194289

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数276
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

余興の尻ぬぐいですが…。 >これを (1) か (2) へ代入して、h^2 が (したがって h も) 求まる。 >h がわかるので、△ABC の面積 = ah/2 を勘定可能になった。 たとえば、  h^2 = c^2 - d^2 を使って h を勘定してしまえば、△ABC の面積は求められるはず。 ヘロン氏は h^2 を「因数分解」してみせた、というわけでしょうネ。               ↓  h^2 = c^2 - d^2    = { (2ac)^2 - (a^2 + c^2 - b^2)^2 }/(2a)^2    = { 2ac + (a^2 + c^2 - b^2) }{ 2ac - (a^2 + c^2 -b^2) }/(2a)^2    = { (a + c)^2 - b^2) }{ b^2 - (a - c)^2 }/(2a)^2    = (a + c + b)(a + c - b)(b + a - c)(b - a + c)/(2a)^2    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

高校時代因数分解にさんざん悩まされた事を思い出しましたが、気を取り直してご教示を追いかけられればと思います。あらためてご厚意に感謝いたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

>…「ピタゴラスの定理」だけで導くこともできます。 >お試ししのほどを…。 「ピタゴラスの定理」 → 「ヘロンの公式」 質問の本筋からはズレますが、余興として、道筋だけでも。 (1) △ABC の各頂点の対辺を a, b, c (長さも示す) とし、頂点 A から a (またはその延長戦線) 上へ下ろした垂線長を h とする。   また、頂点 B から h の足までの長さを d とする。(h の足が a 上にあろうが無かろうが、かまわないみたい) (2)「ピタゴラスの定理」により下式を誘導。   d^2 + h^2 = c^2      ↓   h^2 = c^2 - d^2   … (1)   (a-d)^2 + h^2 = b^2      ↓   h^2 = b^2 - (a-d)^2  … (2) (1) = (2) から、   d = (a^2 + c^2 -b^2)/(2a) これを (1) か (2) へ代入して、h^2 が (したがって h も) 求まる。 h がわかるので、△ABC の面積 = ah/2 を勘定可能になった。 (3) (2) で得た h に「整形 (因数分解) 」を施せば、教科書などに見られる「ヘロンの公式」の容貌となる。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか。何とか自分でもやってみたいと思います。実際ヘロンさんもピタゴラスさんの定理を聞いて公式を得たのでしょうか。私には余興というより学生に戻ったような気分になうと思います。

  • 回答No.4

ちなみに余弦定理自体がピタゴラスの定理から成り立っています。 余弦定理をピタゴラスの定理から証明せよ、って言われればそれ程難易度は高くないのですけど、 それを言われずに初めに導き出した人は素晴らしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

小学生でも知っている定理や公式でも、自分の力で導き出せたら、どんなにうれしいだろうかと思います。ご教示ありがとうございました。

  • 回答No.3

余弦定理を使ってというか、3辺の長さがわかる三角形だったら、 すべての角のcosθがわかるのが余弦定理。 これがわかれば、どれかの辺を底辺にして、他の辺の長さにsinθを掛ければ 三角形の高さがわかる。 cosθからsinθを求めるには(sinθ)^2+(cosθ)^2=1の公式を使えばよい。 従いsinθ=√1-(cosθ)^2から高さを求めて、底辺掛ければ面積が求まる。 結局ここの√が最後まで残ってヘロンの公式は√がついているのですね。 これが大元で後はひたすら式の変形をする。 なんとか下記まで変形できますけど、ここでs=(a+b+c)/2に置き換えるなんて、 うまいこと考えるなぁと思います。 √((a+b+c)(-a+b+c)(a-b+c)(a+b-c))÷16

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初めてヘロンの公式を見たとき、やはりどうやってこういう公式を見つけたのだろうと不思議に思いました。サインコサインを知らなかったギリシャの人が、ピタゴラスの定理を使って見つけたのでしょうか。

  • 回答No.2

ANo.1 さんのレスにあように、証明可能。 もちろん、「ピタゴラスの定理」だけで導くこともできます。 お試ししのほどを…。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何とかやってみたいと思います。ご教示感謝いたします。

  • 回答No.1

ヘロンの公式は余弦定理を使って証明できます。 (もちろん、他の方法で証明することもできます。) 例として、「ヘロンの公式 余弦定理」で検索して一番上に出てきたページ http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~kanie/students/ryuka/top/heron.html ネット上にいくらでも解説しているページがありますので調べてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。勉強させていただきます。

関連するQ&A

  • 余弦定理がいまいち…

    「a=8、b=4、c=6の△ABCがある。この三角形のcosBを求めよ。」という問題です。 余弦定理を使いますよね?ですが、いまいち余弦定理が分かりません。途中式を含め、解説お願いします。

  • 余弦定理

    余弦定理 余弦定理ですが  (1)△ABCにおいて a=8 b=5 c=7 の時 cosAの値を求めよ。  同じく(2) a=4 b=5 c=6 の時 cosAを求めよ。  (1)は 1/7 (2)は2/3 となってしまいます。角度で表すのですか? 高一の ワークです。教えてください。

  • 余弦定理と内積

    余弦定理の一般的な公式は a^2=b^2+c^2-2bc・cosθ と表されますが、なぜピタゴラスの定理(直角三角形)に -2bc・cosθ を加える必要があるのでしょうか? また、 bc・cosθ だけみるとこれは <内積>:|a||b|cosθ とも見て取れる気がします。(あくまで僕個人の意見なんですが) もしかして余弦定理と内積の公式というのは関係性があるんでしょうか? そもそも内積の存在意義自体、僕は理解できていません。 僕は文系で物理のスカラーというものを知らないのでそういう人でも分かるような説明があるならば非常にありがたいです。

  • 余弦定理を用いた途中式を教えてください。

    お恥ずかしながら計算ができません。 余弦定理を使って角Bを求めようとしています。 与えられた条件は以下のとおり。 a=√6、b=2√3、c=3+√3 余弦定理から cosB =(c^2+a^2-b^2)/ 2ca に代入して、 cosB = (3+√3)^2 + (√6)^2 -(2√3)^2 / 2・(3+√3)・√6 …(*) なのですが、これがうまく計算できません。 ルートがうまく消えず、答えの(1/√2)へ持ってゆけません。 自分はバカなんじゃないかと思い始めています。 どなたかお暇な折に、途中式を教えていただけないでしょうか。

  • 正弦定理と余弦定理について

    正弦定理から余弦定理は導けるのですが、余弦定理から直接に正弦定理を出す導き方を教えてください。(参考書など調べてみましたが出ていませんでした)

  • 余弦定理についての説明ができず困っています。

    明日妹が数学の試験なのですが、余弦定理について 教えてほしいと言われたのですが、聞かれた本人も余弦定理の意味を 分かっておらず、教えてあげたくても教えてあげれず困っています。 余弦定理について詳しく解説されているようなサイト様とか ありませんでしょうか…。 もしくは数学に自身のあられる方で余弦定理について教えていただけないでしょうか? ちなみに妹は高校一年生(数IA)で、sin cos tanの意味も分かっていない状態です。 どうかよろしくお願いいたします。

  • 余弦定理の使いかた?

    木工関係の職人です 余弦定理は どの様な時使えますか? 57才で始めて余弦定理と出会い ただ ただ驚いています 最近の大学卒の若者に聞いたら そんな定理 聞いた事も無いと言われました 高校生でないとダメなのかなー?? (愚痴でした)   よろしくおねがいします

  • 二等分線定理の余弦定理による証明

     三角形ABCにおいて、角Aの二等分線を引き、BCとの交点をDとします。AB=a、AC=b、BD=c、CD=dとすると、a:b=c:dとなります。俗に二等分線定理と呼ばれるものですが、これを余弦定理によって証明する方法を教えていただけますでしょうか。  証明法は数ほどありますが、余弦定理を使ったやり方がわかりません。 

  • 余弦定理

    △ABCにおいて、次のものを求めよ。 a=1√3、b=2、c=√6のとき C 答えはC=60° これで余弦定理を使って解くのですがなぜか答えが合いません。 細かく途中式をどなたかお願いします。

  • 余弦定理に関わること

    高校で習う「余弦定理」は、中学校の内容とどのように関係しているのでしょうか。 返事をいただければ有難いです。