• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

住宅の雨漏りの責任主体と修理範囲について

2008年6月築の木造建売住宅です。 設計士が売主で、別の工務店が下請けし建てました。 工務店は保証会社の10年保証もあります。 売主の工務店は設計士が一人でやっていて、既に死亡しています。 施工を請け負った工務店は存在していて、今はその工務店と交渉しています。 もともと1件の住宅が建っていた土地を二分割して2件建売住宅を建て、そのうちの1件を購入しました。 隣の家も2年ほど前に雨漏りして修理してもらいました。 我が家は2階のあまり使っていない部屋のアルミサッシの窓枠から漏れてきました。 1回目に窓枠の外壁取り付け部分のコーキングをやり直し、それで「完了」と言われました。 それでも直らず、ルーフバルコニーから水をかけたりして、「飾り屋根の継ぎ目」からとの事でそこを再度コーキングしました。 雨漏りにより部屋の内側木製の窓枠も表面が浮いてきたので、それと窓際の壁紙も張り替えるとの事で大工さんが工事に来ました。 窓枠をはがしたところ、その内側の柱の一部とサイディングを打ち付けている板の部分、がぼろぼろになって,隣接している柱の一部も黒ずんでいました。 工務店の人には「これは基礎部分に関係ないから、このまま閉じて窓枠を取り付けて壁紙を貼る。」と言われました。 しかしながら、どうもそれで大丈夫なのか納得出来ません。 閉じてしまえば、再度雨漏りがしても開けるのは大変だし、このまま閉じて10年経過後に雨漏りしても保証外となってしまいます。 取り合えず、このままふさいで壁紙を張ることには納得できず、そのままにして工務店の社長と交渉することとなりました。 専門知識がないので、腐った柱とサイディングを打ち付けている板の部分をそのままにして問題がないのか分かりません。 当該工務店の言うままにせずに、どこか第三者機関とか別の工務店のようなところに見てもらった方がいいのでしょうか? 工務店は 「売主が死んでいるから、補修について、本来うちは直接責任はないし、保証範囲も主要構造部で窓枠とか壁紙も好意でやってる。」みたいな態度です。 専門家(弁護士とか)に頼んで請求した方が良いんでしょうか? 消費者センターみたいに相談するところがあるんでしょうか? 工務店に責任はあるのか、またその範囲はどこまでなのか? 雨漏りの範囲を特定するにはどうしたら良いのか? その修理方法が適正かどうかをどのように判断すれば良いのか? それらについて、検査する機関(会社)はあるのか、またどれくらいかかるのか? 今更費用をかけたくない工務店の気持ちも分かるんですけど、かと言ってうちが泣き寝入りするのも納得できません。~ どこに相談して、どのように解決すれば良いかお教え下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1025
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

再度回答します。 >登録ビルダーは売主ではなく、施工業者となっています。 最初に雨漏りがした際に、保証会社のお客様窓口に電話したのですが、「まず登録ビルダーに連絡して修理して貰って下さい。」と言われたので施工した工務店に連絡しました。 その時には保証会社の調査の話は一切なかったのですが、会社が違うからでしょうか? 施工業者が登録業者であれば、施工業者に言って、瑕疵保証を利用しての修繕工事を要求してください。保証会社等への連絡は、施工会社経由となります。 無料で、保証工事を行おうとするから費用がかからないようにいい加減に行うわけですから、瑕疵保証を利用しての適正な工事を求めてください。 それで施工工務店が応じない場合や、積極的に動こうとしない場合などは、保証会社へ連絡してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 どう補修するか考えているという返事はあったのですが、適正な工事かどうか専門知識もないし、最初に言ってから8ヶ月も経っていて、催促しないと動いてくれません。 大型台風が来ている事もあり、心配です。 また教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

NO.3の方へ 瑕疵保証が施工会社の倒産や廃業などでなければ、適用にならない様な記載をされておられますが、そうではありません。また今回の事案は7年前ですから、瑕疵保険ではなく、任意で施主が加入する瑕疵保証です。 保証機関により、適用認定工事総額に免責額があったり、または支払額に一部免責額があったりしますが、基本的にそれを利用しての修繕工事は可能です(経験上) もちろん登録会社が存在しなくとも適用になりますが、それが条件とはなりません。 加入時に保証機関も検査をして、住宅登録をして認定しており、一般的な床面積なら買主や施主が10万弱の保証費用を支払い将来の瑕疵を担保する制度でしたから、質問者さんの負担が無いように、改修工事を行おうとすれば、関係が無い第三者を介入させるよりはこの保証制度を利用するのが、得策ではありませんか? 自腹を切るから、適当な工事で済ませるのであり、工事代金の認定があり支払われるなら、適正な工事を行うと思うのが妥当ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 保証の件は工務店は何も言わないので、良く分からないのですが、自動車保険の様に事故があると、翌年度から割り増しになるから嫌がっているのかともあるのとか、適用認定工事が主要構造部に限られているのかとも思ってました。 「主要構造部ではないし、このまま塞いでも大丈夫。」に不信感があります。 適正な工事をしてくれる事を願ってますが、保証会社に連絡した時も「工務店に修理を頼んでください。」と言われたので、工務店任せのような気がしてなりません。

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

瑕疵担保保険とはなんぞや・・・雨漏り、主要構造部に瑕疵があった場合、施工者がつぶれた、逃げた等の場合に国が補償する保険です。なので、施工者が瑕疵に対して対応していれば保険は下りません。保険会社は対応しません。 壁紙などの瑕疵についてはあくまで施工者が独自につけている瑕疵担保報償に関連するものと考えれば、 一年、最長2年が一般的なので、施工者がいう壁紙はサービスという言い訳はあながち間違いではない。 しかし、何回も続く雨漏りは異常です。一度専門家に見てもらい(建築士会等で聞く)消費者センター 無料法律相談で相談してみて下さい。 腐朽菌にやられたままの木を、そのままにして塞いでしまえば違う木材まで腐ります。 施工者の質はあまり良い事は無いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >腐朽菌にやられたままの木を、そのままにして塞いでしまえ>ば違う木材まで腐ります。 やはりそうなんですね。 素人ですが、 「主要構造部に関係ないからこのまま塞いでも大丈夫。」 はおかしいと思ってました。 一度消費者センターに電話してみます。

  • 回答No.1

>工務店は保証会社の10年保証もあります 不動産業者ですが、瑕疵保証は利用経験もありますから具体的記に記します。 下記はJIOの例ですが他の保証機関でもほぼ同様の扱いです。 お手元に保険証を用意されて確認してください。 売主(既に存在しない工務店?)が登録会社なのか?現在の工務店が登録会社なのか?で多少申請が変わります。 売主が登録会社である場合は、既に廃業していますので、現在保証機関へ登録している他の建築会社での保険を利用しての修繕工事が可能です。その工事した工務店が同一の保証機関へ加入していればその工務店で保険を利用しての工事が可能です。またその工務店以外での工事を希望する場合はそれも可能です。 その工務店が加入していない場合は、他の加入工務店に依頼することになりますが、宛が無ければ、保証機関側で斡旋してくれますから、保証機関へ相談してください。 施工した工務店が登録会社なのであれば、瑕疵保証を利用して修繕するように求めてください。原則工務店経由でなければ、(協力しないような場合は別ですが)受け付けられません。 手続き上は、 1、瑕疵の報告を提出、FAXで可能です。また写真等はメールでの送信が可能です。 2、保証機関の調査員が現地調査、雨漏り等であれば、赤外線カメラを利用して室外、室内から該当箇所を撮影して、温度変化による雨漏り想定箇所を報告書で指摘してくれます。 3、報告書により瑕疵の認定があれば指摘を受けた箇所等の見積りを提出します。今回のように内部の写真等すでにある場合は、その箇所の木部の交換等の木工事等すべて工事金額に算入可能です。 4、保証会社から見積り承認されれば、工事着手です。雨漏りの場合は、工事を進行中に見積もりに算入していない箇所の工事が発見されることが多いのですが(今回のように壁を開けたら内部が腐っていたなど)、その様な場合も、保証会社側に再度追加工事の見積りを出し、承認を受ければ、保証が適用になりますので、ご安心を。 5、工事が完了すれば、完了報告書を提出して、施工側に工事代金が振り込まれます。瑕疵保証であれば、免責金額は無いかと思いますので、修繕にかかる費用の自己負担はありません。 この保証に要する工事代金ですが、結構当たり前の見積り金額を請求して通りますから、自己負担となることは無いでしょう。(但し、例えば内部の壁やクロスの交換の場合、剥がした箇所のクロスの面積の張替え費用が対象ですから、同じクロスが無いなどの理由で、大きな面積を張り替える場合は、その面積の相違分は自己負担となります) 上記の1~4までの期間は1ヶ月~以上かかりますので、早期にいづれかの対応で手続きしてください。 この保証を利用したからと言って、何か工務店側に不都合になることは一切ありませんから、折角の保証です。この当事は、質問者さん側が任意で費用を支払い加入した瑕疵保証ですから、是非利用してください。(現在の瑕疵保険とは違います) 但し、瑕疵保証を利用して修繕した箇所の同一内容の保険適用は1回限りです。再度同じ箇所で保証期間内に雨漏りがあっても、適用になりませんので、きちんと間違いなく工事してもらうことが必要です。 ご不安な点やご不明な点があれば、補足してください、追記します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 保証はジャパンホームシールド(株)で瑕疵、地盤の両方の保証です。登録ビルダーは売主ではなく、施工業者となっています。 最初に雨漏りがした際に、保証会社のお客様窓口に電話したのですが、「まず登録ビルダーに連絡して修理して貰って下さい。」と言われたので施工した工務店に連絡しました。 その時には保証会社の調査の話は一切なかったのですが、会社が違うからでしょうか? もう一度保証会社に連絡した方が良いのでしょうか?

関連するQ&A

  • 新築住宅の雨漏り:施工工務店による修理は不安です

    住宅を新築したものです。 住宅は昨年完成したのですが、最近になって雨漏りが発覚しました。 壁の防水処理がしっかりと出来ていないのか、最近では内側の壁紙に染みが出てくる状態です。 住宅の施工はハウスメーカ等ではなく、設計士の先生にお願いし、 それを工務店が施工するスタイルでした。 建築中も色々とトラブルがあり、設計士の指示通りの施工が実施されず 何度もモメて来ました。 住宅が完成した後も、工務店が設計通りに施工しなかった部分があり 違う工務店に依頼して、修正して貰っています。 発生した費用に関しては、我々が支払いました。 しかし、今回は雨漏りです。 設計士に連絡をしたところ、工務店の庇護責任があるので、無償で修理してもらえるとの事でしたが、 もうこれ以上家を触らせたくないというのが、我々の気持ちです。 また、その工務店に頼んだところで、ちゃんと修理を実施してくれるとは思えません。 そこで、やはり修理は他の工務店にお願いしたいと考えているのですが、 その際の修繕費のみ、施工した工務店に請求することは可能なのでしょうか? 施工工務店の不手際で、こちらが修理費用を出すのはどうしても悔しくて・・・。 ただ、施工工務店に再度修理を依頼する気にはどうしてもなりません。 どうするのがベストなのでしょうか・・・。

  • 戸建て住宅の雨漏りについて

    台風による大雨で2階建ての一戸建ての一階の窓サッシから雨漏りをしました。現在築12年なのですが、築3年程の際にも雨漏りがしました。その時は二階のベランダの手すりの裏から雨が入っているの だと業者に言われ、そこをコーキングで詰めてもらうだけの作業で雨漏りを直してもらいました。 そして、今回はサイディングのシーリングが劣化している為、そこから雨がサイディングの内側に入ったのが原因で雨漏りしたのだと言われました。確かに、再現実験ではシーリングの劣化部分に放水すると雨漏りしました。 ここで私が不可解なのは、シーリングの劣化によって雨水がサイディング内に入るのは理解できますが、防水シートがあるはずなのに、なぜ水が家の中に入ってくるのかということです。業者はシーリングの劣化ということを原因としてメンテナンスを勧めてきますが、そもそも施工段階で防水シートの施工ミスがあったのではないのかと疑問を抱きます。また、当時は全く無知だったのですが、築3年の時の雨漏りの時点の対処方法として、業者はコーキングだけではなく、防水シートの施工を点検すべきだったのではないでしょうか。(他の話では、家はサイディングがなくても雨が家の中に入ってこないようになっているとも聞きますし…。) みなさんのご意見を伺いたく投稿いたしました。 ちなみに、住宅メーカーは国内でも有名な木造住宅メーカーです。

  • 新築住宅の雨漏り、壁紙はがれ、隙間風について

    宜しくお願いします。 平成11年1月11日に引き渡された新築4階建ての住宅についてですが、引渡し後3年目あたりから雨漏りが始まりました。 早速請け負った地元の工務店に連絡。 最初は無料で修復してくれました。しかし、またしばらく(約2年位)たったら、また雨漏りがおきました。そこでまた連絡したところ、2回目は屋上を全て防水加工という形で施工してくれましたが、また1、2年後(築6年目あたり)、雨漏りがはじまりました。 そこで、また工務店に連絡したところ、「5年過ぎたら有料」と言われたので、見積もりだしてもらったら130万という見積もりが出てきました。 その時は工務店の言葉を鵜呑みにしてしまい、今までほったらかしにしていたのですが、雨漏りの後の壁は黒くくすみ、壁紙ははがれる、どこからとも無く隙間風は入ってくるなどなど、今日現在築8年目ですが、すでにボロボロの様相を呈して来ました。 母が知り合いの電気工事の方に教えて貰ったらしいのですが、雨漏りや壁のくすみなどの重大な欠陥の保障期間は築10年といわれたそうですが、そうなんでしょうか? だとすると、すぐにでも工務店と交渉する必要があります。 どなたか、こういった問題に詳しいかたのアドバイスを頂けると誠に助かります。 何卒、宜しくお願い致します。

  • ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。

    ラップサイディングは雨漏りしやすいと言われました。 たびたびこちらでお世話になってます。 新築計画中の者ですが、外壁材についてお知恵をお貸しください。 当初、外壁はサイディングボードの「よろい調」といものにする予定でした。 しかし、希望の色が規格品にないということで、無塗装品に指定色で塗装を考えましたが、 50万円UPすると工務店に言われました。 そこで次に「ラップサイディング」を考えたのですが、工務店は、 「ラップサイディングは日本の気候に合わない。海外の雨の少ない地域ならよいが、 梅雨のある日本にはむかないし、最近のゲリラ豪雨のように横から吹き付ける激しい雨 によって、雨が侵入する。施工も大変だし、扱ってるメーカーも少ないからやめたほうがいい」 と言われました。 納得いかない気持ちでしたので、メーカー(東レ)に問い合わせたところ 「サイディングの種類によって雨漏りしやすいということはない。どんなサイディングボードを 使っても横雨にたいしてはサイディングの裏側に水は入る。そのために防湿シートを施工するし、 水が抜ける穴もつける。」 というものでした。 メーカーだから、悪い事は言わないのは当然かもしれませんが、工務店側の言い分は本当に 正しいのでしょうか? ラップサイディングって、施工がそんなに難しいのでしょうか? 工務店がやけにラップサイディングをいやがっているのは何なのでしょうか? 施工の技術に自信がない? それとも本当に雨漏りするので施主側のことを思って言っている? 土地にくっついている工務店なので、変更することはできません。 この工務店にやってもらうしかありません。 ラップサイディングは雨漏りしやすいのか? ラップサイディングは施工が難しいのか? この2点についてお知恵をお貸しください。

  • 雨漏り工事から半年でまた雨漏り

    ベランダの下が玄関になっていて 雨漏りを6ヵ月前に修理をしてもらい 塗装もし直してもらいましたが また雨漏りしています 家を建てた工務店にみてもらい ベランダのタイルの下の部分をなんかしたみたい なんですが たった6ヵ月で再び雨漏り これってまた修理するのに お金とられるんですか? 正直なっとくいきません。 一般的なケースを教えてください

  • 新築一戸建住宅の雨漏り補修費用について

    8年ほど前の建売住宅購入者です。 建物は鉄骨陸屋根3階建です。 昨年春(6月頃)に3階の洋室にて雨漏りし、売主に連絡したところ、 3階から陸屋根に上がる屋外鉄階段と外壁との取り合いや 屋上の笠木等にコーキングしてもらいました。 その後、夏が過ぎ、台風も無事漏れる事なくやり過ごせたので、 雨漏り箇所の壁紙もすぐに張り替えてくれました。(9月頃) ですが、今年に入り3階の別の場所にて雨漏りしたので、 たまたま知り合いだった専門家に見てもらったところ、 昨年の補修の内容も屋上の防水もダメとの見解だったので、 そのまま知り合いの防水屋さんに屋上の防水工事を後日してもらいました。 この防水工事費用は売主に請求できるでしょうか?

  • 中古住宅の雨漏りの修理

    フルリフォーム前提で中古住宅を購入しました。 屋根も間取りも何もかも全取っ替えのいわゆるスケルトンリフォーム予定です。 ところで売買契約にあたっては、家屋に雨漏りがあった場合は売主が修理する旨の条項があります。 そして、実際に雨漏りの痕を発見しました。 屋根自体を取り替えてしまうので、実際的には問題無いのですが、契約事として書いてある以上、こういうのは修理してもらうものなのでしょうか? 但し、折角その部分だけ修理してもらっても、結局その部分を取っ払ってしまうので、売主さんに無駄金を捨てさせているようなものではあります。 こうした場合、どんな対処が適当なのか、ご教示ください。

  • 雨漏りとの闘い

    はじめまして。関西在住のプラフと申します。 こんなサイトがあるなんて本当に心強いです。よろしくお願いします。 12坪鉄骨3階建てスレート葺き屋根の戸建てに住んでいます。 平成12年の新築時から2階和室の畳下と同室障子の窓枠西側下から雨漏りし、何度も工務店の方に来て頂いては気になる所を直して下さるのですが、状況は悪くなるばかりで、今は畳下、窓枠四隅からと南トイレ天井から雨漏りしています。 工務店の方は「分からない」と言うばかりで、散水チェックも して下さったのですが、やっぱり「分からない」との事。 壁の間をのぞいてみると、断熱材が少し縮んでカビが生えていました。 その事を伝えると、「壁を張り替えてもいいけど理由が分かってないからまたカビるよ」「建て直したら早いけどね」との事。 家の至る所がいい加減な作りな事もあり、投げやりな態度と技術に不信感がつのっています。 遠い親戚の住宅販売会社から安く購入しましたが、今は会社を畳み遠くに引っ越してしました。 親戚は「費用はこちらで持つので、別の所で直して納得できるなら探してもいい」と言ってくださってます。 別の所で雨漏り調査をし、壁を直し、雨漏りも直すには、リフォーム会社がいいのか工務店なのか、別々で専門の所がいいのか欠陥住宅調査をしてもらうか等、悩んでいます。 お手数ですが、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

  • マイホーム工事終盤の窓のサイズ変更について

    現在、新築工事の終盤を迎えています。 階段がやっと出来上がり、ふと気がついたのですが階段の窓が小さいことに気がつきました。 もう少し、大きい窓に変更したいのですが、工務店からできないことはないのですが雨漏りが心配ですといわれました。 現在はサイディング、防水透湿シート、構造用合板、断熱材、防湿シート(?)、石膏ボードの段階です。 建築方は従来型と構造用合板をあわせた木造住宅です。 大工さんは雨漏りしないよう施工しますので心配ありませんよ。 と言ってくれます。 1週間ほど前、キッチンの換気扇の配管の位置が工務店のミスで初めの位置よりずらすことになったのですが、(設計ミスだそうです)ずらしたところのサイディングを切って初めに空いてる穴を埋めたそうです。構造用合板等もすべてそのようにしたそうです。 今回の窓もそのように変更する予定ですが、換気扇の穴と違って範囲が大きいため雨漏りする可能性があるのでやめたほうがいいと言う説明でした。 そこでお聞きしたいのですが、 このような施工法では雨漏りするのですか? 雨漏りするならサイディングごと1枚変えられないのでしょうか? また、雨漏りするなら換気扇の穴の移動のところも雨漏りしそうで怖いです。 素人なのでよく分かっていないため皆さんアドバイスください。 宜しくお願いします。

  • 中古住宅の隠れた瑕疵についての修復内容

    築約20年の中古住宅を購入しました。 リフォーム中に窓枠の下からの雨漏りを発見し修復してもらいました。 (柱と壁の腐食があったので、腐食部分の壁と柱を交換) その他の窓も不安になったので、内壁を開け確認すると さらに2ヶ所発見されました。 窓枠の下部分の割れからと外壁のひびから侵入している様子でした(放水テストで確認)。 内壁は黒ずんでおり、柔らかくなっています。 質問なのですが、 仲介業者に修復を依頼すると、「補修」となるので、コーキング材で穴埋めのみとなり、黒ずんでいるヶ所(腐食)は乾燥すれば大丈夫との回答。 契約書には、1)雨漏り,2)シロアリの害,3)建物構造上主要な部位の木部の腐食,4)給配水管の故障について売主は「修復」する。とあります。 修復=壊れた箇所を元に戻す。 と理解しているので、コーキング材での補修ではなく 腐食している内壁、外壁のひび及び窓枠の下部分の割れを元に戻す⇒張替えなどにより 元の状態にしてもらえる契約、と思っているのですが、いかがでしょうか? 雨漏りで黒ずんでいる壁って乾燥すれば大丈夫なのでしょうか? また、修復した後、そのヶ所について、保証ってつくのでしょうか? お詳しい方、ご教授お願い致します。