• 締切済み
  • 暇なときにでも

絵本のタイトルが思い出せません。

小さな頃に読んだ絵本のタイトルが思い出せません。 覚えている内容は下記のとおりです(正確とはいえませんが…) 1冊目 ・主人公はブタの女の子 ・家族が何らかの理由で家を空ける(引っ越しかも)ことになるのですが、女の子だけが家に残る。 (残りたくて残ったのか、「ホームアローン」状態で忘れられてたのか、はっきりしないのですが。) ・取り残された女の子は、それなりに楽しくすごしています。ドアノブにシーツをひっかけて、家の中にテントを作ったり、お気に入りのソファで日向ぼっこしたり、お風呂に入ったりしている場面が出てきたと思います。 お風呂に入る場面や日向ぼっこの場面では、「からだがピンクになるまであったまりました」というような文があったような記憶があります。 ・全体的にピンク色っぽい色使いの本 2冊目 ・主人公はクマ(かブタかも)で、ミッフィのようなシンプルなタッチの絵。 ・絵本の内容は、大小、長短、多い少ない、といった違いを説明するもの。確か、やってくるお客さんに対して、それぞれに合ったものを用意する、というような感じです。 ・大きいクマさんは太いスパゲッティ、小さいクマさんは細いスパゲッティ。といった感じで、背もたれの長い椅子と短い椅子。大きいパンケーキと小さいパンケーキ。多いジュースと少ないジュース。というふうに色々なものがでてきます。 私の記憶ではこんな感じなのですが…。 どちらも小さいころのお気に入りで、もう一度読んでみたいのですが、題名がわかりません。 記憶があやふやなので、内容に関しては微妙なところですが、おこころあたりのある方がいましたら、教えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数170
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

2冊め、シンプルなミッフィのようなくま・・・ということで、「しろくまちゃんのほっとけーき」が浮かびましたが、内容が少し違うかな? http://www.amazon.co.jp/しろくまちゃんのほっとけーき-こぐまちゃんえほん-わかやま-けん/dp/4772100318/ref=pd_sim_b_12 わかやまけんさんのこぐまちゃんシリーズのどれかかなあ。自信なしですが、他のご回答が無かったので一応答えてみました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 返答が遅くなってしまい、申し訳ありません。 私もはじめはこぐまちゃんかと思ったのですが、書店で読んだら違う本のようでした(>_<) せっかく教えていただいたのに、なんだか申し訳ないです。 でも絵のタッチは確かにこんな感じだったと思うのです…。 1冊の本だったので、シリーズの何冊かが記憶の中で混ざっている、という訳でもないみたいで、 …謎です。 ともかく、ありがとうございました(*^_^*)

  • 回答No.1
  • fine_day
  • ベストアンサー率70% (6285/8867)

1冊目は「こぶたのポインセチア」かも。 大家族には小さい家に暮らしていたポインセチアたち。 両親はより大きな家で暮らそうと引っ越しますが、 ポインセチアだけは元のおうちに残って…というお話です。 http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%81%93%E3%81%B6%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%81%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%89-9784265069057/item/1153220/ 違ったらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 これです!!この本です! あ~、やっと出会えました。すごくうれしいです(>_<) そうそう、本が読みたかったんですよね、この子は…。 絶版になってしまっているのは悲しいですが、題名がわかってよかったです。 本当にありがとうございます。

関連するQ&A

  • この絵本のタイトルを知りませんか?

    小さい頃に家にあり、読んでいた絵本なのですがどうしても思い出すことが出来ず親に聞いても分からないと言われます。 本屋さんやインターネットなどで調べてみましたが見つけることが出来ませんでした。 下にキーワードを載せておきます。 ・全体的にオレンジ色だった ・夕方だった ・子供(妹?)が事故に遭う ・主人公は男の子? ・何人か子供が出てきた ・公園? ・親も出てきたような気がする 話の内容自体よく覚えていないのですが、その絵本のことが凄く強烈に記憶に残っています。 気になって仕方がないので分かる方いらっしゃいましたらどうか教えて下さい。

  • 昔読んだ絵本のタイトルが知りたい

    1970年頃に家にあった絵本で今はもうないのですが、どうしてもタイトルが思い出されないので、教えてください。ストーリーは断片的なのですが、たしか主人公は男の子(確かではない)で、お話の場面が次々に変わります。確か白い馬が出てきて、大きな鯨が出てきて、鯨の背中を島だと勘違いしていたような話です。とても少ない情報ですが、思い当たる絵本をご存知の方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 30年ぐらい前に購入したミニ絵本について教えて下さい

    30年ぐらい前に母が買ってきた(多分名古屋の丸善で)ミニ絵本を、再び購入したくて探しています。海外の本で日本語に訳されていて、手のひらサイズでいろんな話があり、家にもたくさんありました。 その中でも覚えているのが、ブタが主人公で「いやだいやだ」というような題名でした。ストーリーは、何を言われてもブタが反抗して「いやだいやだ」というものでした。 それ以上の記憶は残念ながらないのですが、このミニ絵本シリーズの事を何かご存知であったら教えていただけますか。

  • 絵本のタイトルを教えてください!

    小さい頃に読んだ絵本を探しています。 内容も漠然としか思い出せないのですが、 主人公は男の子で、カレンダーから自分の誕生日(?)の日付(?)がなくなって、 そのなくなった日付を探しに行く、というような内容だったと記憶しています。 その日付を盗んだ犯人はもぐらだったようなねずみだったような・・・? どうしてももう一度読みたいです。 どうか皆様の力を貸してください、よろしくお願いします。

  • 思い出の絵本ですがタイトルがわかりません

    母との思い出の絵本なのですが、どうしてもタイトルがわかりません。 ご存知のことがありましたら、どんなことでもよいですので教えてください。 =内容= お母さんが病気で、むらさきつゆくさを探しにいくという内容 =かすかな記憶= 主人公はかえる? つきのしずくというタイトルだった気がしましたが、 そのタイトルの絵本はないようでした。。。 よろしくお願いします。

  • 絵本のタイトル教えて下さい!

    以前読んだ絵本のタイトルを知りたいのですが・・・日本の作者ではなくタイトルは主人公の女の子の名前でした。内容は女の子の乳歯が抜けてうれしくて町中のお店に一軒一軒入り歯が抜けたことを知らせるというものでした、その店らはいろんな国の人が居て花屋やパン屋があり絵も四角い用紙を縁取るように描かれた特徴ある絵本でした、どなたかご存知でしたら教えてください。

  • 絵本のタイトルが知りたい

    叔母がある絵本を探しています。 私自身、見たことも聞いたこともない本なので、困っています。 内容は・・・ 主人公の女の子に妹が生まれる 妹が生まれたら「あんなことしよう」「こんなことしよう」とワクワク考えるお姉さんのお話。 かこさとし風に小さな絵がたくさん(食べ物や洋服など) ということなのですが。。。 ご存知の方、教えていただけませんでしょうか。

  • もう一度読みたい絵本のタイトル

    小学校に上がる前ぐらいに、母が読んでくれた絵本なんですが タイトルが分からず困っています。 ☆十数年ぐらい前なので、記憶は正確ではないかもしれません 内容は、ユダヤ人迫害の様なお話だったと思います。 家族は家の本棚の裏にあるスペースに身を潜めます。 家の外に野良猫か野良犬がいて、女の子は餌を与えます。 それによって家族は見つかり、捕まります。 男性と女性は別々に収容された気がします。 収容された所は列車?ではなかったかと思います。 沢山の人が捕まっていて、食糧は十分ではなく 母と娘はそれにもかかわらず、他の人に分け与えていたと思います。 結末としては亡くなってしまったかと。。 その後、捕まっていた人は解放され 母と娘は讃えられるようなお話だったと記憶しています。 絵本の表紙は列車の様な絵だったと思います。。 記憶は確かではないのですが、 わかりましたら回答お願い致します。

  • タイトルの分からない絵本を探しています。

    初めて質問いたします。 何か失礼がありましたら、申し訳ありません。 タイトルの分からない絵本を探しています。 絵本の内容は、 『くまのぬいぐるみの視点で書かれている』 『くまのぬいぐるみが大好きな女の子が登場する』 『いつも一緒に遊んでいたけれど、公園かどこかへ出かけたときに、置いたまま忘れて帰ってしまう』 『夜、探しにきてくれて、見つけてもらえる』 というものです。 絵本のサイズは、『しろくまちゃんのほっとけーき』と同じくらいの大きさで、水色の表紙にくまのぬいぐるみが描かれたものだと思います。(記憶違いがあるかもしれません) 絵本を探すサイトで探してみたのですが、キーワードが合わないのか見つけられませんでした。 ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 絵本のタイトルが分かりません

    私が幼稚園の時(31から32年前のことです)に幼稚園から配布された薄い絵本(たしか、キンダーブックだったような・・・?)でした。 絵本の内容は、貧しい母と娘がつつましく暮らしていたのですが、ある夜、旅人が母と娘の家を訪ねてきて「一杯、水を下さい」と言います。 お母さんだったか娘だったかが、家にある木のみすぼらしいひしゃくで甕にくんであった水をすくって旅人にあげると、旅人はその水を美味しそうに飲んで・・・・(その後記憶曖昧)。  とにかく、そのみすぼらしいひしゃくは空へと浮かび、北斗七星になったということです。と、いうような内容だったかと思います。 どなたか、この絵本のタイトルがおわかりになる方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。 懐かしい気持ちが一杯で、ひしゃくにくまれた水のおいしそうな絵を記憶しています。もう一度、この絵本に再会できたら、とても幸福です。 よろしく御願い致します。