• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

為替レートと景気

普通は景気がよくなると通貨高になると言われますが、現在日本経済 が回復しつつありますが、逆に円安方向に向かっているのはなぜですか。 量的金融緩和が行われているため、好景気による円高効果を相殺してしまった というのは私の考え方ですが... また、アメリカの景気がよくなるとドル高円安方向に向かいますが、機関投資家と 個人投資家は単純にアメリカ経済がよくなるから、ドルを持った方が安全と考えて 円売りドル買に走るのでしょうか。ドル円の相場今はとても不安定であってそうすると 為替の定数料がかさむだけと思いますが。 それともアメリカの好景気による株高あるいは金利の上昇に期待し、アメリカ方がもっと儲かるから、ドルのポジションを増やすわけですか。しかし、株高を考えると、アメリカの株式市場は市場最高値を更新していますが、日本の株式市場もぽてんしゃるが高く、十分魅力的だとおもいますが、いかがでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数368
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

(1)なんで長期金利が上がるとその国の通貨が買われるのですか     自分はFXで収入を出している投資家ですが、長期金利が上がるとその国の通貨が買われる。これは為替の世界では当たりまえの行為であり、出来事なのです。  ただ基本『長期金利は一定期間を待たないともらえない』これはたしかにその通りであり、それを理由に買う人は少数でしょう。しかし為替の世界で実際の輸出入に通用するお金は全体の1割で、あとは投機による投資です。  長期金利で購入する人がいる、なら多少上がる。ならそれに合わせて投資する。  それが投機です。なので結果的に上がる (2)資源輸出国家って必ず長期金利が高くなると仰いますが、それはなぜですか。  世界的な好景気なら金利差は多少は少なくなりますが、不景気は特に資源国家の金利は高くなります。それは世界的な不況と信用不安で、ユーロが売られ、ドルも低金利政策で売られて相場が下落しているために、世界の投機資金が、資源(金、原油、鉄鉱石、石炭、鉱物資源など)や食料品などに流れ、資源の価格が高騰します。  市況が高騰することで、資源国(豪州やブラジル、南ア、産油国など)の輸出が増え、その代金の受け取りも増えることから、資源国では大半が通貨膨張、インフレになっていますから、金利も上昇します。  このように、当面新興国(中国やインド、ブラジルなど)の経済成長が続くと見込まれ、金利が高いことも合わせて、世界の投機筋の格好の投機対象になっているのが、資源国通貨です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に分かりやすいです。 さすが現役プレーヤーだけのことがあって本当に詳しいですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アメリカではドル高、株高、景気回復、日本はなぜ?

    日本は、円安になると株高になり、経済学者、評論家、政治家 が景気好況への指標として良いことであると、解説、コメントしています。 一方アメリカはドル高になり株高になり、景気回復として経済学者、評論家、政治家 が良いことであると解説したりコメントしています。 単純に考えて通貨価値が上がって景気が良くなる方が当然よいと思うのですが、なぜ日本は円高、株高、景気回復へとの動きがなく、またそれを目指す経済学者、評論家、政治家からの発言がないのでしょうか?

  • 景気回復、構造改革、日本の景気

    小泉さんが総理大臣になって、構造改革が進み、現在景気が上向きになってきている、という話を聞きます。で、将来が明るいと考えると企業に投資化が投資を行う為、株式市場は経済の将来を占う大事な指標になる、という話を聞きました。 それで株の日経平均グラフを見てみたのですが、小泉さんの就任当初と比べてさほど変わらないぐらいの価格にあるのはなぜなのでしょうか? このあたりについてご解説ください。 よろしくお願いします。

  • 景気回復を見込んで・・・

    今現在世界中で景気が悪化していて株式市場でも下落を続いてるようで すが、単純に下がりに下がっている今の株を買っておけばいずれは元戻 るんだから、大儲けできるんじゃないでしょうか? ちなみに僕は投資に関してほとんど知識のないド素人です。これを機に 少し勉強してみようと考えているんですが・・・。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

(1)(2) 為替の基本は金利であり、2国間の金利差です。 ドル円でいえば、米国の金利がこれ以上下がらないところまで下げて、現在上昇中です。 日本の金利はゼロに近いところにあり、マネーは金利が低いところから高いところに流れます。 ゆえに、ドル高円安です。 (3) Yes。十分魅力的です。米国株も最高値を更新していますが、調整はあるにしても、まだまだ上値がありそうです。 2009年だったかな?当時の米財務長官が「日独は内需を拡大するように」と名指ししてきました。つまり米国は2009年当時から、日本をはじめとする先進国の復活を知っていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にご解答いただき、ありがとうございました。

  • 回答No.5

今までは、ドルの量が相対的にドルの総額が多くあまっていたから。 たとえば、ドルと円の比率が日本円でドルが1000億あったの対し、日本は、800億くらいしかなかった。国債で200億分増やして、おなじくらいになったから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご解答いただき、ありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#204885
noname#204885

今の為替レート、特に短期的な為替レートを動かしている主要因は、「リスクオン・リスクオフ」の考え方によるものだと思います。 すなわち、米国を中心とした世界の景気が上昇していると思われる時は「リスクオン」、下降していると思われる時は「リスクオフ」の判断が働いて、「リスクオン」の時はハイリスクの通貨、「リスクオフ」の時はローリスクの通貨が買われます。 日本の円は、典型的な「ローリスク通貨」ですので、世界的に好景気に向かっていると判断されたときは、日本が好景気でもリスクオン通貨が買われて円安に向かいます。円高になるのは、そのあと、日本の景気が本格的に回復して金融引き締めが始まってからでしょう。 財政危機に瀕している日本の円が「ローリスク通貨」であると言うのがピンと来ないかもしれませんが、日本は、これまで長年にわたり貿易黒字を続けた結果、世界最大の対外債権国(外国にお金を貸している国)になっており、その信用力が依然として高いためです。(今後はどうなるかわかりませんが。) 日本の対外純資産、過去最大の296兆円 22年連続「世界一の債権国」 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130528/mca1305281010006-n1.htm 日本の株式市場は、私も相応のポテンシャルがあると思っており、実際に、海外からの買いも入ってます。5月は1兆円程度海外からの買い越しとなっていたと思います。が、株式市場の市場規模は通貨取引の市場規模と比べて圧倒的に小さいので、株の買い越し程度ではそう簡単に為替レートは変動しません。 それよりも今後の米国景気が上向くのか下向くのかの方がはるかに重要であり、その見通しが変わるたびに、大きく為替レートが揺れると言うのが現状であると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にご解答いただき、ありがとうございました。 確かにリーマンショックや欧州債務危機などの出来事が起こったので ドルユーロより円のほうがローリスクですね。

  • 回答No.2

>景気がよくなると通貨高になると言われますが  これは一概には言えないんだよなぁ・・・。  景気が良くなる→通貨高といのは、景気が良くなると政策金利が上がる  で長期金利が上がるので、その通貨が買われるってのが構図。      ただその国家のマネタリベースが増え、通貨の価値が相対的に上がる  この場合は日本のアベノミクスの『黒田バズーカ』米国FRBバーナンキのQE1~QE4  この場合、大規模な規制緩和でマネタリベースが増えるので株価はあがり、経済は回復する   しかし他国と比べ相対的に自国通貨の価値が下がるわけで通常とは逆になる。 >量的金融緩和が行われているため、好景気による円高効果を相殺してしまった  というのも正解なんだけど正確ではないって感じ? >機関投資家と個人投資家は単純にアメリカ経済がよくなるから、ドルを持った方が安全と それだけではない。オーストラリアなんかそうだけど、資源輸出国家って必ず長期金利が高くなる  例えば、豪中銀(RBA) 政策金利なんて未だに2.75%という高い水準  米国の場合はシェールガス革命などあったから今度からエネルギー産業でも輸出国家になります。  そのような多くの原因があって人気なのだと思います >日本の株式市場もぽてんしゃるが高く  それは自分も思います  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 とても初歩的な問題ですみませんが聞かせてください。 (1)なんで長期金利が上がるとその国の通貨が買われるのですか  金利利ざや目当てですか?しかし、とくに長期金利は一定期間を待たないともらえないですね。  なのに、なんで為替市場が不安定の時に売り買いが反復するのですか。そうしたら、手数料だけが  かさんでしまい、金利利ざがもらえないじゃないですか。  それとも、低金利通貨から高金利通貨に買い換える時にもらえる金利スワップ目当てですか。 (2)資源輸出国家って必ず長期金利が高くなると仰いますが、それはなぜですか。

  • 回答No.1

 過剰に行き過ぎた円高が単に是正されているだけに過ぎません  円ドルのOECD購買力での円ドルレートは103円強ですから・・・・そこを基準に考えるとまだ円高なんですね・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 円安方向に動き出した場合、 豪ドルは?

    円安方向に動き出した場合は、米ドルはドル高方向に動きますが、豪ドルはどのように予想されますか? 米ドルと同じように高い方向に動くのでしょうか?

  • 為替レートの今後について

    アメリカ景気の低調と世界経済の不透明感からドル売り・円買いが進んでおりますが、今後長期的にはドル高に推移しますか?また為替高(対円)の環境も含めて豪ドルが米ドルより下回っておりますが(2円~最大5円)、理由は何ですか?

  • ナイアガラは誰のしわざ? 機関投資家はどういう取引をしてるの?

    新興市場でデイトレをやり始めて数ヶ月の者です。 ◆一日チャートを眺めていると、ある時に突然同時に多数の銘柄が急落(俗称ナイアガラ。14時台に多い。)する  ことがありますが、これはやはり資金的にみても国内外機関投資家のバスケット売りと考えていいのでしょうか?  だとすると、最終的にナイアガラ陰線チャートには複数の国内外機関投資家・個人投資家が絡んだ  としても、最初は1つの機関投資家の強力な売りがきっかけになっているということですよね?  また、そうだとすると、国内外機関投資家の現物のバスケット売り(買い)というのはどのような  銘柄・業界配分になっているものなのでしょうか? ex IPO新興何割:225何割  こういうものは公表はされないもので、あくまで推測でしか判断できないものなのでしょうか?  そうだとすると、この件に関しては推測しにくいことなのでしょうか? ◆最後に、株式市場に関わるならその運命を決める国内外機関投資家が何をやっているのか  ということは知らなければならないと初心者なりにそう考えています。  国内外機関投資家が、どのくらいの資金でもって、裁定取引なども含めて具体的にどのような  ことを株式市場で行っているのかを記した難しくない本が(もし)あったら教えてください。

  • FX 7月27日の指標、4-6月期四半期実質国内総

    FX 7月27日の指標、4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)について 前月2.0% 市場予想4.1%に対して結果が4.1%でした。 アメリカのGDPが良くなってるということはアメリカの経済が良くなっているので、ドルの価値が上がり、円安、ドル高に振れると思っていたのですが、なぜか円高ドル安方向に振れました。 指標時はアメリカの経済が良くなっている場合、逆に振れると考えた方が良いのでしょうか。 また、逆に日本の指標で日本の経済が良くなっている場合はどちらに振れるのでしょうか。

  • 巨大地震で日本経済はどうなる?

    首都圏での大地震を指摘するTVや週刊誌を最近よく目にします。いつになるのかは全く分かりませんがその時には日本の経済はどうなるのでしょうか? 具体的には株式市場、債権、為替、不動産などは どうなるのでしょう? 短期的に見れば株価・債権・不動産は下落し、 為替は売られて円安方向に向かうのでしょうか? 逆に地震に備えるとしたらどんな金融商品が おすすめなのでしょうか?

  • 景気減速?

    今日日経新聞に 「米景気の先行き不安が金融・資本市場の動揺を通じ、日本経済に影を落としている。米株式相場が経済統計の悪化で下げ足を強め、ドル相場も急落。これが原油など世界的な資源価格の高騰や円高・日本株安の連鎖を引き起こし、減速感の広がる日本の景気に追い打ちをかけている。市場の混乱が続くようだと、2002年から回復基調をたどってきた景気の失速につながる恐れが出てきた。」 とあったのですが、今後の日本経済はやはり暗いものなのでしょうか?みなさんはどう考えていますか? また、今の日本が経済をよくするために必要なことは何だと思いますか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • ADPやISMが改善してアメリカの景気が回復している指標がでて、ドル高

    ADPやISMが改善してアメリカの景気が回復している指標がでて、ドル高になっているのに、アメリカの株価指数ダウ平均やS&P500が下がっているのはなぜですか。 普通、雇用が回復傾向にあると景気が回復しているように思います。またISM非製造業景況指数が、予想を下回っていたとはいえ、前回より良い数値でした。 実際、ユーロや円に対してドルが高くなりました。 しかし米国の株価指数は下がっていました。 もしかして、ドル高が輸出企業の業績を悪化させると投資家が考えたのでしょうか。「米国の景気の回復はまだです」、ということでしょうか。 よくわかりません。 お考えがあれば、よろしくアドバイスをおねがいいたします。

  • 経済について

    経済について( )の部分が自信ないのですがご教授ください 日本の輸入企業がアメリカから商品を輸入すればするほど、日本からアメリカに大量の円が支払われるため、アメリカの輸出企業がそれをドルに替える動きが起こるので外国為替市場ではドルをほしい人が (多く)なるからドルの価値が(高く)なり「ドル(高)」 に進む。 また外国為替市場では、円を欲しい人がドルを欲しい人に対して(減ってしまう)ので円の価値は(低くなる)。 よって、アメリカから輸入が増えれば増えるほど(円安ドル高)にすすむ。 円安になると円の価値がドルよりも(下がる)だから、今までよりも(多くの)円を払わないと外国の商品が買えなくなる  外国から商品を買っている日本の輸入企業は円安になると(得)することになる 円安になるとドル高のアメリカから見た日本の商品は(高くなる)ので、アメリカでは今までよりも日本の商品が(売れるように)なる。よって外国に商品を売る日本の輸出企業は円安になると(得)することとなる

  • 日本景気減速??

    今日日経新聞に 「米景気の先行き不安が金融・資本市場の動揺を通じ、日本経済に影を落としている。米株式相場が経済統計の悪化で下げ足を強め、ドル相場も急落。これが原油など世界的な資源価格の高騰や円高・日本株安の連鎖を引き起こし、減速感の広がる日本の景気に追い打ちをかけている。市場の混乱が続くようだと、2002年から回復基調をたどってきた景気の失速につながる恐れが出てきた。」 とあったのですが、今後の日本経済はやはり暗いものなのでしょうか?みなさんはどう考えていますか? また、今の日本が経済をよくするために必要なことは何だと思いますか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 株高・円安

    新聞に五輪招致なら株高・円安とありました。株高は、分かるのですが、円安は、よく分かりません。外人投資家が、日本株を買う場合、ドルを売って円を買い、株の購入資金に充てると思うのですが。