解決済み

赤い鳥

  • 暇なときにでも
  • 質問No.81033
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 82% (55/67)

大正時代(?)の「赤い鳥」という雑誌について教えてください。
芥川の「くもの糸」が掲載されたそうなのですが、他にはどんな作品が掲載されたのでしょう?

たぶん今の児童文学にも影響があると思うのですが、もし「赤い鳥」の雰囲気(特に文体)を受け継いでいるような本があれば、それも教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (1142/3363)

私もよくわかりませんがこれを参考し探してください
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (42/165)

 赤い鳥は大正7年に夏目漱石門下の鈴木三重吉が主宰し刊行された童話文学の雑誌です。ただ単に童話に拘らず北原白秋の童謡なども掲載され、それが「つばさをください」の赤い鳥(ハイファイセットと紙風船の前身)の名の由来でもあります。
http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/history/akaitori.htm
  • 回答No.2

「赤い鳥文芸通信」というホームページは御存知ですか?
御質問の直接の答えは見つけられませんでしたが、主催者の浅葉瑛子さんに直接メールなりでたずねられたら詳しく教えてくれそうな雰囲気です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ