• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

素因数分解について

中学三年で習う素因数分解についてです。 素因数分解をするときに、数字を最小の素数で割らなければいけない理由は何ですか? また、素因数分解を利用して最大公約数と最小公倍数を求めるための式(共通の素数をかけていくという式です)の意味が理解できません。。 何故あの式で最小公倍数と最大公約数が出るんでしょうか? テストが近いのでかなり焦っています。 どなたか詳しく説明してくださる方、回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数359
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

習ったのはもう30年以上昔で、その頃から数学苦手でしたから、最小の素数から割る原則なんてあったのだか全然覚えていませんけれど、小さいものから割ったほうが探しやすくないですか? まず2。これは何度も割って偶数じゃなくなったら終わりですからすごく簡単。 つぎに3。これもすべての桁を足した数が3で割れなくなれば終わりですから簡単。 次に5。2で割ることを終わらせた後なら、1の位が5かどうかだけで5で割れるか判別できるのでこれも簡単。 ところで、2で割れないところまで最初に終わらせておかないと、5が含まれるか見る際に1の位が0か5か両方チェックしないといけなくなるし、さっき2で割ったのに3や5で割ったあとまた2で割ったりすると何回2が出て来たか数え間違えてしまうといけないので、ひとつの数字はとことん終わらせる、がいちばん間違いのない方法だと思います。 2,3,5のチェックが終わったら、面倒な7やら11やら13やらを手掛ければいいわけですから、やっぱり小さい数(=瞬時に見つけられるもの)から順次とことん割れるところまで割っておくのがいちばん手際がいいと思いますよ。 最小公倍数と最大公約数の式は、そんなの習ったっけ?というくらい記憶がないのですが、 他の方が出されている数字を使わせていただくと。 24=2×2×2×3 60=2×2  ×3×5 このことは、24は2でも割れるし、2×2×2でも割れるし、2×2×3でも割れるし、素因数分解後のどの素数の積でも割れることを意味します。 同様に、60は2でも割れるし、2×2×3でも割れるし、3×5でも割れるわけです。 だから、両者に含まれる素数の共通部分を最大限にくくりだすと最大公約数になります。 ここでは共通するのは2×2×3ですよね。 最小公倍数は逆にこれだけかければ両者の素数がもれなく効率よく全部入ってるよという状態にすればいいので、 『両方の式の共通部分』×『それぞれの式の共通していない余った素数部分』で求めればよく、ここでは 2×2×3×2×5(=120) になります。 最初の2×2×3までが共通部分、次の2が24の素数の余り者、最後の5が60の式の余り者です。 こうしておけば式の中には24を素因数分解した2×2×2×3も含まれるし 60を素因数分解した2×2×3×5も含まれますからね。 出てきた答え120は、24の倍数にもなっているし60の倍数にもなっているというわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 とても分かりやすく詳しい説明で、やっと理解することが出来ました! 本当にありがとうございました^^*

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

その因数が素数であれば、どんな順番で割っても問題ありません。「目的」を忘れないでください。計算ではなく、分解することです。 30 = 2 × 3 × 5 70 = 2   × 5 × 7 ※ 2, 3, 5, 7 は、いずれも素数。1 や 2×3(=6) などは、整数の因数(約数)ではあるが、素数でない。 ● 30 の約数  1, 2, 3, 5, 2×3(=6), 2×5(=10), 3×5(=15), 2×3×5(=30) ● 70 の約数  1, 2, 5, 7, 2×5(=10),2×7(=14), 5×7(=35), 2×5×7(=70) ● 30 と 70 の公約数  1, 2, 5, 2×5(=10) ● 30 と 70 の最大公約数  2×5(=10) ● 30 の倍数【 7 倍に注目】  (2×3×5)×1(=30), (2×3×5)×2(=60), …, (2×3×5)×7(=210), … ● 70 の倍数【 3 倍に注目】  (2×5×7)×1(=70), (2×5×7)×2(=140), (2×5×7)×3(=210), … ● 30 と 70 の公倍数  (2×3×5×7)×1(=210), (2×3×5×7)×2(=420), (2×3×5×7)×3(=630), … ● 30 と 70 の最小公倍数  (2×3×5×7)×1(=210) 全て教科書に書いてあるはずです。何度も見直してください。「公」の字は、2 数に共通という意味合いです。 いいですか、繰り返しますが、「目的」を忘れないでください。どうして割るのかよく分からないというのは、目的が分からない、つまり最大公約数や最小公倍数が何であるのかを分かっていないからだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 割る順番を意識しすぎていたみたいです;; ちゃんと目的まで考えられていませんでした。

  • 回答No.2
noname#227653
noname#227653

まず素因数分解については、最小でなくてもかまいません。とにかく素数で割ればいいんです。 なぜか、というと、たとえば350は2×5×5×7ですよね。だから、最小でなくてもいいので、350を何か素数で割ってみればいいのです。たとえば350÷5=70、70÷5=14、14÷2=7、という計算をしたとしますね。そうすると350は7×2×5×5でできているということがわかりますよね。これで素因数分解の完成です。 最小公倍数と最大公約数については、今は「どうしてそうなるんだろう」ということはあまり考えない方がいいですよ。計算の仕方を覚えて間違いなくできるようになればそれで十分です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 割る順番はそこまで重要じゃないんですね。 理由を深く考えすぎていたみたいです(^_^;) 私は意味も分からないまま公式を使ったりするのは嫌だと思っていまして・・・((どこかスッキリしないので;; 分かるまで考えてみたいと思います。

  • 回答No.1

書いて説明すれば簡単なのだけでネットで説明するのが難しいです。  24と36で試してみたら納得できるのかな

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 素因数分解で最大公約数、最小公倍数を求める方法

    例えば  24と18を使って素因数分解すると 2 |24 18 3 |12  9    4 3 となって共通の素因数をかけて6が最大公約数 共通の素因数と、共通の素因数を抜いた数を掛けて 72が最小公倍数 というふうに求めますが これは素数である必要はあるのですか? 別に 6| 24 18    4  3 として求めても同じではないのですか? 下の方法で何か困ることはあるのでしょうか?

  • 素因数分解で最小公倍数・最大公約数がわかるのは何故?

    この年齢になって、ちょっと恥ずかしいのですが 素因数分解について質問があります。 なぜ素因数分解で「最小公倍数」や 「最大公約数」がわかるのでしょうか? 最大公約数の場合、例えば8と12だと  2)8 12   ーーーーーー  2)4  6   ------    2  3  8=2x2x2 12=2x2x3 となり、どちらの数にも縦軸の2x2が共通だから 4が最大公約数になる、というのはわかるんですけど なんか、いまいち説明になってないような気もします。 2、12、16で最小公倍数を求めた場合  2)8 12 16   ------ーー  2)4  6  8    --------   2)2  3  4   --------     1  3  2  8=2x2x2 12=2x2x3 16=2x2x2x2 なぜ2x2x2x1x3x2で答えを出すことが 出来るのかわかりません。 いろいろ考えてはみたんですが・・・(^^: 猿にも理解出来るよう、教えて頂けないでしょうか?

  • 素因数分解ができない?

    123、205の最大公約数はいくつでしょう? 素因数分解をして求めたいのですが、 123は3で割って41 3* 205は5で割って41 5* となるのでしょうか? その後の素因数分解が続きません。 すいませんが、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 小5算数 整数の性質

    どの程度まで扱うべきだと思いますか。以下私案: 1 約数と倍数:偶数と奇数,約数と倍数の意味,倍数の見分け方 2 素数と素因数分解:素数,素因数分解 3 最大公約数とその利用:2数及び3数の最大公約数とその利用 4 最小公倍数とその利用:2数及び3数の最小公倍数とその利用 5 2つの整数とその最大公約数・最小公倍数との関係

  • 小5算数「整数の性質」について。

     小学5年の算数で,整数の性質を学びます。そこでは,最大公約数や最小公倍数を求めることも扱います。そこで質問です。  この際,算数の内容に素因数分解を取り入れ,素因数分解を用いて最大公約数や最小公倍数を求めることも扱うべきだと思いますか。

  • 最小公倍数の求め方

    高校で、最小公倍数の求め方を習いました。 素因数分解をし続けたらわかる!ということでした。 最大公約数は、その組の共通の素因数というのは理解できます。 ですが、最小公倍数はよくわからないです。 回答よろしくお願いいたします。

  • 高校数学 最大公約数,最小公倍数

    問題. 3つの自然数45,63,n の最大公約数が9,最小公倍数が3150であるとき,nを求めよ なんですが,いろいろ素因数分解とかやってみて考えてみたのですが解けません. どなたか,解説してほしいです. よろしくお願いします..

  • 中三 数学 素因数分解

    2つの自然数がある。その最大公約数は13,最小公倍数は273、差は52である。 このとき、二つの自然数を求めよ。 途中もお願いします。

  • 素因数分解について

    X=√4,840,000 を素因数分解?? で解く場合、100*2*11=2,200 となると思いますが、素数の100を1000にしては駄目ですか? そもそも、素因数分解のルールが理解出来ていません。 素因数分解の簡単なやり方を分かり易く教えて下さる方、宜しくお願いいたします。 因数分解は方程式なので、取っ付きにくいイメージがあります。

  • 素数の素因数分解

    素数(例えば17)の素因数分解について  (1)すでに素因数分解は終わっている (17の素因数分解は17)  (2)素因数分解はできない のどちらの見解が正しいですか?