• 締切済み
  • すぐに回答を!

コバルト短編小説新人賞について

こんにちは。 私はコバルト短編小説新人賞に作品を投稿しようと思い、ストーリーを書き進めています。 そこで疑問が……。 パソコンのワードを利用しているのですが、プリントするときには原稿用紙設定にした方がいいのでしょうか? それとも、マス目なしのままでもいいのでしょうか? 至急、回答をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数831
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • hp_1200
  • ベストアンサー率53% (106/200)

普通は原稿用紙設定を使いません。マス目なしで印刷してください。 草一屋 執筆支援室「体裁の整え方」 http://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/b002_teisai.htm 草一屋 執筆支援室(トップ) http://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コバルト短編小説新人賞に応募しようと思っているのですが、タイトルをどこへどう書けばいいか分かりません

    コバルト短編小説新人賞に応募しようと思っているのですが、タイトルをどこへどう書けばいいか分かりません。 だから、なかなか原稿用紙に書き始めることができません。 どこへどう書けばいいか知っている方教えてください

  • コバルト短編小説新人賞に応募したのですが、第何回の賞に応募したのか分か

    コバルト短編小説新人賞に応募したのですが、第何回の賞に応募したのか分かりません。 4月10日までの消印で応募しました。←これは第何回の「コバルト短編小説新人賞」になりますか?

  • 雑誌「Cobalt」の「コバルト短編小説新人賞」の4月分に応募したので

    雑誌「Cobalt」の「コバルト短編小説新人賞」の4月分に応募したのですが…… 4月分の入選作品は、雑誌「Cobalt」の何月号で発表されるんでしょうか? 分かる方は教えてください!!!!!

  • コバルト短編小説新人文学賞について

    コバルト短編小説新人文学賞のジャンルはファンタジー系とかではなく、少年少女小説でもいいのでしょうか? コバルトのページ↓ http://cobalt.shueisha.co.jp/award/short.html

  • 小説新人賞の二重投稿はどこからアウト?

    こんにちは。 小説新人賞の二重投稿について質問です。 同じ作品を同時期の異なる新人賞に応募すると二重投稿になってアウトですよね。 別の作品を同時期の異なる新人賞に応募するのは全然セーフです。 では、例えば「A」という作品(原稿用紙60枚)を完成させて50~80枚という制約の○○新人賞に応募します。 その「A」という作品を名前を「B」と変えて、内容そのままに原稿枚数を30枚にして、30枚以下が制約の○○新人賞と同時期の■■新人賞に応募するのは二重投稿にあたりますか? 宜しくお願いします。

  • 新人賞について

    電撃文庫さんの新人賞に応募しようと思うのですが、自分はパソコンを持っていないので原稿用紙で書くしかありません。応募規定には原稿用紙の場合400字詰めとしか書いていなかったのですが、20×20の400字詰めでいいんでしょうか? また、原稿用紙でも応募できる新人賞などあれば教えてくださると嬉しいです。

  • 短編小説の書き方を教えてください

    僕は中学3年生です。 夏休みの終わりまでにコンテストに出す短編小説を書かなければならないのですがうまく書くコツがわかりません。 教えていただけますか? 設定は近未来の中学生の冒険物語にしようと思っています。 枚数は20×20枚原稿用紙25~30枚です よろしくお願いします。

  • 小説の新人賞について

    文学賞は原稿用紙100枚とかになっていますが、受賞した作品は一冊の本になっています。 受賞後に書き足すのでしょうか?原稿用紙100枚程度では本にはなりません。 例えば文学界新人賞は、応募が原稿用紙100枚ですが、受賞作品が単行本になっているのを見かけます。

  • コバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は

    コバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は応募しちゃダメなのでしょうか? また、どういう作品が好まれるのでしょうか? エロ傾向を含んだ作品は投稿しないほうがいいのでしょうか?

  • 新人賞

    小説を書き始めてしばらくたちますがいっこうに目がでる気配がありません。 昨年書いた小説を思いあまって某直木賞作家のところに持ち込んだところ原稿用紙8枚に及ぶ絶賛に近い評価をいただきました。にも関わらず文芸誌の新人賞は一次も通過しないという有様。入選は果たせなくても一次は通過できるとおもっていたのに…  下読みの人は本当にちゃんと読んでいるのでしょうか?  彼らは本当に小説を理解する力があるのでしょうか?