• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

成分判定お願いします

ビタミンC誘導体であるリン酸アスコルビルMgが私の肌には合っていて 以下、どっちの方がリン酸アスコルビルMgが多く入ってるのか・・・・・。 ちなみに1と2は同じメーカーです。 ホワイトエッセンスEXの方が リン酸アスコルビルMg以外にも、α-アルビチン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンなどが入っているため良いように感じますが、 リン酸アスコルビルMg以外にも、α-アルビチン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンなどほかのにも有効成分が色々入っているという事は、それぞれがちょっとずつ……な可能性高くなるに思うのですが、どうなんでしょうか? それならば、ホワイトエッセンスEXよりも、ホワイトエッセンスの方がリン酸アスコルビルMgが多く入ってる可能性高いでしょうか? 成分判定お願いします。 ■1、ホワイトエッセンス 35ml 1050円 http://item.rakuten.co.jp/seflor/2907/ 水、BG、グリセリン、DPG、エタノール、リン酸アスコルビルMg、キサンタンガム、クエン酸Na、メチルパラベン、リゾレシチン、グリチルリチン酸2K、 ヒアルロン酸Na、クエン酸、ソウハクヒエキス ■2、ホワイトエッセンスEX 30ml 1575円 http://item.rakuten.co.jp/seflor/2897/ 水、グリセリン、エタノール、BG、α-アルビチン、ヒアルロン酸Na、リン酸アスコルビルMg、加水分解コラーゲン、ラフィノース、ベタイン、トレハロース、クエン酸Na、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、クエン酸、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、フェノキシエタノール、アセチルヒドロキシプロリン、アセチルヒアルロン酸Na、メチルパラベン

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • rin0207
  • ベストアンサー率82% (252/306)

こんばんは 量はどの程度入っているか分かりませんが、一般的には、分量の多い物から順に記載されています。 ですので、ホワイトエッセンスの方がリン酸アスコルビン酸Mgは多いのではないでしょうか? ホワイトエッセンスEXの方は、ヒアルロン酸Na、化水分解コラーゲンやトレハロースも入っているので、保湿も出来る感じみたいですね。 少し話は変わってきますが、アスコルビン酸は、単品が薬局で入手できます。 価格は少しお高めですが、少量しか使いませんし、より多くのアスコルビン酸を導入したいのであれば、ホワイトエッセンスにそのアスコルビン酸を混ぜて使ってみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答本当にありがとうございます! ホワイトエッセンスの方にしようと思います!! そこで実はホワイトエッセンスの方に原液を混ぜるつもりでいたので、 そちらの情報とても興味があります! 薬局に売っているとのことですが、メーカー名や商品名は具体的にご存知であれば是非とも教えてください。 もし今わからないようでしたら、本当に本当にいつでも構いませんので、いつか薬局へ行かれた時にでも、時間があるときにメーカー名など見て頂けたら幸いです。 この度ご回答本当に助かりました。かなり迷っていました。ありがとうございました!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • rin0207
  • ベストアンサー率82% (252/306)

確かにyusuraさんのおっしゃる通り、アルコルビン酸は誘導体ではないです。 ただ、某エステ会社で、使っているのを知っているので、ご参考までにと…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Yusura
  • ベストアンサー率50% (607/1207)

あの、横入りすみません。 この表記からでは、「どの原料を多く配合しているか」という順しかわかりません。 もともと成分というのは有効量がきまっており、真面目な商品ならだいたいその範囲で配合されています。 ですので、多少、ホワイトエッセンスのほうが多いのではという印象を受けますが、どちらの商品も有効量の範囲であることは変わりないと思います。 ※ホワイトエッセンスのほうが多いかもしれないと思う理由は、前後の成分からです。 ホワイトエッセンスではリン酸アスコルビルMgはキサンタンガムの前に表記されています。 キサンタンガムは手作りの場合概ね0.5~1%で配合されることが多いですから、それ以上の配合量と推測します。 一方EXは強力な美白成分であるα-アルブチンとの相乗効果が望める分、配合自体はやや少なめでも大丈夫ということになります。ただ本当に誤差の範囲だと思います。 それから、ビタミンC誘導体がお肌に合うのでしたら、ビタミンC誘導体を単体で買って自分で希釈して使うこともできますが、そういうのはご面倒なのでしょうか?? たとえば有名なトゥベールでは各種ビタミンC誘導体を販売していますが…。 http://www.rakuten.ne.jp/gold/tvert/category/vitaminc/index.html こちらがリン酸アスコビルMgです。20g入りで3600円。 http://item.rakuten.co.jp/tvert/762221 このトゥベールの前身である個人サイト「セルフケアクリニック」の時からお世話になっていること、商品によっては配合量を明記しているためこちらをご紹介しましたが、ほかでも単体で買えるところはあります。 大変失礼とは存じますが、#1さんがお薦めなさっているアスコルビン酸はビタミンCそのものではありませんか? 効果は高いのですが、ビタミンC自体は肌につけるには向いていません。 安定性がなくすぐ酸化されること、肌の表面のみにしか作用しないためです。 それらの難点を解消したものがビタミンC誘導体ですので…。 ちなみに「ビタミンc原末」で検索すると日本薬局方で数社から販売があるのがわかります。値段もネットで検索できます。 (薬局方とは国が法律で規格を定めた医薬品なので、その品質は一定の保証付きです。) 私は岩城製薬のものが好きです。粉が細かいので溶けやすいんです。その分酸化されやすく、比較的割高ではあるのですが。 夏にビタミンCで酸味をつけたイチゴスムージーを作ります。すごく美味しいですよ。 水溶性ビタミンなので飲んで3~4時間ほどで体外に排出されてしまうので一日数回に分けて飲むしかありません。 大量に飲むと結石の原因になる可能性がありますし、酸性がきついので胃が荒れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • rin0207
  • ベストアンサー率82% (252/306)

日本薬局方から出しているアスコルビン酸です。 そのままの名前なので、覚えやすいかと… あっ!大きい薬局の方がある確率高いですよ。 置いてあるコーナーなんですが、化粧品コーナーとかではなくて、塗り薬とか軟膏なんかが置いてある方の下にあるはずです。 容器が、素人でも買えるの?って感じのシンプルな物で、一緒に色々な商品(ワセリン、グリセリン、エタノール等)が置いてあるので、分りやすいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 成分の判定をお願いします…

    購入を考えている商品に次のような成分表記がありました。害のある成分等は含まれていますでしょうか?詳しい方でご返信頂けましたら幸いです。 1.グリセリン・パルミチン酸オクチル・スクワラン・フェニルトリメチコン・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・ベヘニルアルコール・ステアリン酸ポリグリセリル-10・ステアリン酸グリセリル・ローズ水・パルミチン酸セチル・ミリスチン酸ポリグリセリル-6・ステアリン酸・バチルアルコール・レシチン・ホホバ種子油 ・甘草フラボノイド・トコフェロール・アセチルヘキサペプチド-8・ジ酢酸ジペプチドジアミノブチルベンジルアミド・チオクト酸・ヒトオリゴペプチド-1・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・ダイズ油・コレステロール(羊毛)・加水分解コンキオリン・オクラエキス・BG・アラントイン・グリチルレチン酸ステアリル・クエン酸Na・水酸化Na・キサンタンガム・1,2-ヘキサンジオール・オレイン酸Na・ジメチコン・シメチコン・フェノキシエタノール 2.テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ローズ水、水添レシチン、 PCA-Na、レチノイン酸トコフェリル、パルミチン酸レチノール、レシチン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、フィトスフィンゴシン、ベタイン、セリン、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、グリシン、グルタミン酸、アスタキサンチン、カンゾウ根エキス、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、コレステロール(羊毛)、トウモロコシエキス、パルミトイルトリペプチド-5、ヒトオリゴペプチド-1、白金、チオクト酸、グリチルレチン酸ステアリル、アラントイン、ダイズ油、キサンタンガム、オレイン酸Na、水酸化Na、水酸化K、クエン酸、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10ー30))コポリマー、ソルビトール、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、メチルパラベン 沢山あって、分からなくなってしまいそうなのですが・・・ どうぞ宜しくお願い致します。

  • どちらの成分の方がニキビに効果的でしょうか?

    どちらの化粧水の方がニキビに効果的でしょうか? 理由もお聞きしたいです ★整肌成分配合の化粧水 安定型ビタミンC誘導体2% 水・BG・エタノール・メチルグルセス-10・アスコルビルグルコシド・グリセリン・水酸化K・クエン酸Na・ジグリセリン・PEG-60水添ヒマシ油・HEDTA-3Na・メチルパラベン・グリチルリチン酸2K・EDTA-2Na・ヒアルロン酸Na・クエン酸・カンゾウ根エキス・イガイグリコーゲン・マグワ根皮エキス・ダイズ種子エキス・カッコンエキス・ゲンチアナ根エキス・フェノキシエタノール・クロレラエキス・アロエベラ葉エキス・ユキノシタエキス・エンドウエキス・シロクデキストリン・テンチャエキス ★高浸透型ビタミンC(APPS) 水、ベンチレングリコール、イソペンチルジオール、ジグリセリン、リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ユビキノン、グルタチオン、ダイズエキス、酵母エキス、ピリドキシンHCI、グルコシルヘスペリジン、シアノコバラミン、紅藻エキス、渇藻エキス、緑藻エキス、ミクロコッカス溶解液、スクワラン、酢酸トコフェロール、レシチン、カンゾウ根エキス、オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、PPG-6デシルテトラデセス-30、クエン酸、水酸化Na、PEG-400、グリセリン、BG、EDTA-4Na、フェノキシエタノール

  • 成分:タルク,シリカ,(ビニルジメチコン/メチコン

    成分:タルク,シリカ,(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー,マイカ,ラウロイルリシン,アクリレーツクロスポリマー,ジメチコン,ハマメリス樹皮/葉/枝エキス,チャ葉エキス,アセチルヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸,ローヤルゼリーエキス,加水分解コラーゲン,水溶性コラーゲン,パルミトイルテトラペプチド-7,パルミトイルオリゴペプチド,BG,セバシン酸イソステアリル,メタクリル酸メチルクロスポリマー,ステアロイルグルタミン酸2Na,ポリウレタン-15,メチルパラベン,水酸化Al,水,グリセリン,エタノール,カルボマー,ポリソルベート20,合成フルオロフロゴパイト,酸化チタン,酸化鉄,酸化スズ この成分のお化粧品は肌にあまりよくないですか?

  • どの化粧水が一番いいですか????(ましですか?)三択

    1・水、グリセリン、BG、ローズ水、セリン、プロリン、アルギニン、 アラニン、グルタミン酸、ヒスチジン、ピリドキシルセリン、ベタイン、PCA、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ココイルアルギニンエチルPCA、リン酸アスコルビルMg、クインスシードエキス、クエン酸、クエン酸Na、塩化Na、塩化Mg、硫酸Mg、硫酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ヒドロキシエチルセルロース 2・水、BG、米発酵液(日本酒)、水(常水)、オリザノール、グリチルリチン酸2K、褐藻エキス、キュウリ果汁、カミツレエキス、ケープアロエエキス、ヘチマエキス、水溶性コラーゲン、ステアリン酸、ポリソルベート60、パラベン 3・ 水/グリセリン/ペンチレングリコール/ローヤルゼリーエキス/冬虫夏草エキス/カロットエキス/ウコンエキス/カミツレエキス/ダイズエキス/ノバラエキス/クインスシードエキス/グルコシルヘスペリジン/グリチルリチン酸2K/ヒアルロン酸Na/スクワラン/ホホバ油/ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)/クエン酸/クエン酸Na/イソステアリン酸ポリグリセリル-2/ステアリン酸ポリグリセリル-10/BG

  • シャンプー成分

    最近、シャンプーの成分に気をつかいはじめたのですが 二つのシャンプーどちらの成分が頭皮、髪によいのでしょうか?? 当方、成分に関しては無の知識ですが詳しい方おりましたら教えてくださいm(__)m (1)水・コカミドプロピルベタイン・スルホコハク酸パレス-2Na・ラウロイルメチルアラニンNa・BG・ラウリルグリコー ルヒドロキシプロピルエーデル・ココイルグルタミン酸・ベンチレングリコール・コカミドDEA・セテアレス-60ミリスチルグリコール・ポリソルベート 20・(PPG-12/SMDI)コポリマー・グルコース・フルクトース・塩化Na・グリチルリチン酸2K・ポリクオタニウム-10・PEG-7グリセル ココエート・クエン酸・エチドロン酸・メチルパラペンNa・香料(天然由来) (2)水、ラウロイルメチルアラニンNa、コプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメツルMEA、ココイル加水分解コラーゲンK、トウキセンカエキス、モモ葉エキス、ゲンチアナエキス、デキストリン、コンフリーエキス、フユボダイジュ花エキス、ボタンエキス、トコフェロール、水酸化レシチン、グリチルリチン酸2K、グルコノラクトン、グルコン酸Ca、アルギニン、クエン酸、PEG-7グリセリルココエート、コカミドMEA、イソステアリン酸、PEG-水添ヒマシ油、グリセリン、BG、PG、DPG、ポリクオタニウム-10、セトレス-24、塩化Ca、塩化Mg、硫酸Mg、エタノール、香料、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルパラベン、プロピルパラベン

  • 潤滑ジェル 膣内に入っても安全な成分かどうか

    性交痛があるため潤滑剤を使おうと思っています。 膣内に入っても大丈夫なものと そうでないものがあると知りペペローションは 膣内にはなるべく入れないほうが良いとのことで 膣内に入っても安全な物を探していました。 水溶性でグリセリンでできているものが 膣内に使う物にむいているようなのですが 自宅にある顔から体まで使える エステ用のジェルがあるのを思い出し 成分を見てみたのですが潤滑剤として使っても大丈夫なのか、 膣内に入っても大丈夫なのかがよくわかりません。 水、グリセリン、PEG-6/PEG-32、カルボマー、 エタノールアミン、BG、グリチルリチン酸2K、 加水分解コラーゲン、カミツレエキス、 オトギリソウエキス、トウキンセンカエキス、 ローマカミツレエキス、ヤグルマギクエキス、 ハトムギ種子エキス、ヒアルロン酸Na、 フェノキシエタノール、エタノール、メチルパラベン これらの成分は潤滑剤として 使っても大丈夫そうでしょうか? ご回答頂けるとありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • シャンプートリートメントによるかゆみの成分

    シャンプートリートメントによるかゆみの成分について ここ数ヶ月位前から、 以下のものを使用すると顔や首に赤く湿疹ができ、とてもかゆくなります。 トリートメントはもちろん洗い流していますが、 寝ている間に顔や首に髪の毛が触れ、朝起きると赤くなっていたりします。 いずれも、サロン向け製品や、美容院にて購入のものでした。 成分を見合わせたのですが、 どの成分が原因なのか分からず… もしも、何かご存知の方いらっしゃいましたら、 お助け頂けますと幸いです。。 《シャンプーA》 水、ラウロイル加水分解シルクNa、スルコハク酸(C-12-14)パレス-2Na、ココイルイセチオンTEA、コミカドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、r-ドコサラクトン、ガリカバラ花エキス、チャ葉エキス、大豆ステロール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、セテアレス-60ミリスチルグリコール、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、グリチルリチン酸2K、カミツレエキス、ポリクオタニウム-10、褐藻エキス、ヒアルロン酸Na、DPG、BG、シクロデキストリン、デキストリン、エタノール、ミチルパラベン、エチルパラベン、安息香酸Na、メントール、香料 《トリートメントA》 水、シクロメチコン、セタノール、セトリモニウムブロミド、ジメチコン、アモジメチコン、エタノール、加水分解コラーゲン、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、ラウレス-5、乳酸、メトキシケイヒ酸オクチル、フェノキシエタノール、香料 《トリートメントB》 水、シクロメチコン、ステアリルアルコール、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドグリセリン、セタノール、ジメチコン、メドウフォーム油、PPG-70グリセリル、(アミノエチル」アミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、臭素酸Na」、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、リン脂質、スフィンゴ脂質、セテス-6、BG、アルギニン、エチドロン酸、ベンザルコニウムクロリド、黄406、香料 以前はこのような症状は一度も出た事が無かったので… 現在は、美容院の帰りにも同じかゆみが出ています。

  • シャンプーの成分

    以下のシャンプーの成分の鑑定をしていただきたいのですが このシャンプーには防腐剤が含まれていないようです。 防腐剤が含まれていないと、カビやら雑菌など繁殖しそうなのですがどうでしょうか? 水(竹のミネラル水)、ココイルメチルアラニンNa、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ハトムギ種子加水分解液、ラフィノース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ツバキ油、ユチャ油(サザンカ油)、銀、シアノコバラミン(ビタミンB12)、加水分解シルク、ヒアルロン酸Na、ダイズエキス、アルギン酸Na、アロエベラエキス-1、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、コーヒー種子エキス、マルトデキストリン、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、クエン酸、グリチルリチン酸2K、メントール、香料(天然精油) よろしくお願いします。

  • どちらが肌に優しい?

    下記<P><A>のシャンプーはどちらも低刺激のシャンプーの成分です。人それぞれ肌に合う合わないあると思いますが、成分から見てどちらが肌に優しいのか、お分かりになる方教えて下さい。 <P>=水、ココイルグルタミン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、 ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、BG、グリセリン、ベタイン、加水分解シルク、 コメヌカエキス、カミツレエキス、 セイヨウノコギリソウエキス、メリッサエキス、ウイキョウエキス セイヨウヤドリギエキス、 ポップエキス、ポリクオタニウム-10、フィチン酸、クエン酸、クエン酸ナトリウム、塩化Na、尿素、エタノール、フエノキシエタノール <A>=水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、トレハロース、ラウリン酸ポリグリセリル-2、カプリン酸グリセリル、ポリクオタニウム‐10、グリチルリチン酸2K、クエン酸、エタノール

  • コスメの成分について教えて下さい。

    アンプルールの化粧水を使用していて効果があったので、 美容液を購入しようかと思ったのですが、ふと成分が気になり 質問させて頂きます。 成分は下記の通りです。 水、グリセリン、ジメチコン、DPG、パルミチン酸イソプロピル、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、ソルビトール、BG、スクワラン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ステアロイル乳酸Na、トコフェロール、アルブチン、1-メチルヒダントイン-2-イミド、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水添レシチン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、乳酸Na、PCA-Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ツボクサエキス、ハイドロキノン、グリチルレチン酸ステアリル、カンゾウ根エキス、プルーン分解物、セレブロシド、加水分解酵母、オリゴペプチド-34、ローズマリーエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解シロガラシ種子エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、スーパーオキシドジスムターゼ、セタルコニウムクロリド、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、フェノキシエタノール、香料 ドクターズコスメなので、それ程気にしていなかったのですが、ポリマーが含まれていると 肌呼吸が出来なくなり肌に悪いと聞きました。(界面活性剤は良く無いだの。) 肌の状態(シミが薄くなった等)に合わせて使用をやめたりすれば良いのかもしれませんが、現時点では気づいていないけれど、継続して使うことで肌に悪いということはあるのでしょうか? どの成分がどう悪いのか、お詳しいどなたかご教示頂ければ助かります。