• 締切済み
  • 暇なときにでも

法案と株価の動きについて

福本伸行『銀と金』という漫画の政治改正法案編について質問です。 ご存じない方のために大雑把に説明すると(ちなみに、この漫画はあくまで実際の政治家や事件をモチーフとしたフィクションです)、 政治改正法案という法案が参議院にて否決される ↓ 否決を受けて東証株価が暴落 ↓ 1週間後、二つの政党の党首が合意し、法案が可決する ↓ 可決を受けて株価が急騰 という流れです。 これについて、登場人物の平井銀二は「どんな素人にも予測できる簡単な市場原理」といっていますが、私にはなぜ株価がそのように動くのかが分かりません。 法案の可否と株価にどういう関係があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数95
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

 わからないでしょうね、私もわかりません。  たぶん、その銀二さんの「前提」が質問者さんに伝わっていないのです。ということは脚本がヘタだということですね。  実際には、成立して暴騰するか暴落するかは、その「改正法案」の内容次第だと思いますよ。  国会は、これまでさんざん「改正」という名の「改悪」をやってきています。前科無数犯。  例えば民主党が与党だった時、会社の内部留保金(一度納税した後の残り滓)にまた課税するという「改正」をやらかそうとしました。政治改正法案ではなくて、税制改正法案ですが。  改正法案の詳細は知りませんが、一度税金を払った残りの内部留保にまた課税され、翌年また内部留保に課税され、ということを毎年繰り返したら、税率は限りなく100%に近づいていくでしょう。  そんなに何度も課税されたら企業がやっていけるわけないので、これが成立していれば黒字企業は日本から逃げ出し、残るのは内部留保などない赤字企業ばかりになったでしょう。  そんな改正法案、成立していたら、株価が上がるはずない、です。  むしろ「成立したら」株価は大暴落でしょう。  政治改正法案だって同じで、内容次第です。  二大政党の党首が話し合って妥協が成立したので、今後政策がうまく動くだろう(ねじれ解消)という妄想かもしれませんが、一度くらい話し合いが成立したからと言って、今後も話し合いがうまくいく保証なんてまったくありません。  市場原理とは関係ない話でしょうね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり市場原理とは関係ないのでしょうか。 ちなみに「政治改正法案」の元ネタですが、河野洋平と細川護煕が合意して可決したものらしいので、恐らく1994年の「政治改革関連法案」だと思われます。 政治改革関連法案が可決されたとき、実際に株価の動きはあったのでしょうか? なお、政治改正法案の内容については完全に明らかにはされていませんが、「小選挙区制」などの言葉があるので、恐らく政治改革関連法案にかなり近いものだと考えられます。 > 一度くらい話し合いが成立したからと言って、今後も話し合いがうまくいく保証なんてまったくありません 質問文では言及しなかったのですが、「政治改正法案」は党首同士の「出来レース」であるという設定になっていました。 党首の合意で可決することは決定していたのだが、いきなり合意すると体面に関わるので、参院で否決することで、一応は法案に「抵抗」するスタンスを見せた、という感じです。 なので、「話し合い」自体はうまくいくことが確定していたのですね。 もっとも、確定していたとして、それがどのように株価に影響するのかは分かりませんが……。

関連するQ&A

  • 銀と金について

    福本伸行の銀と金、既刊になってますが11巻以降でる気配ありません。 このマンガ、福本マンガで一番好きなのですが連載誌がなくなったと聞きましたがもう再開されることはないのでしょうか?

  • 銀と金 文庫版

    銀と金 文庫版 福本伸行先生の作品で『銀と金』 っていう漫画がありますよね。 その漫画を今集めようかと 考えているんですが、この作品、 コミック版の他に文庫版が出てますよね 本来ならコミック版を 揃えたい所なんですが、銀と金の 文庫版の表紙って結構 カッコイイじゃないですか……。 それで今、迷っているんです。 そこで質問なのですが漫画の文庫版って コミック版と比べてサイズが小さいから こう、全体的に見づらいとかスケールが 小さく感じたりとかしませんかね…? また、私はどちらを買うべきでしょう。 是非参考までに皆さんの意見を 聞いてみたいです。 宜しくお願いします。

  • 福本伸行氏の漫画

    福本伸行氏の漫画の情報(種類・帯)を教えてください。

  • 福本伸行

    カイジ、アカギなど、福本伸行さんの漫画が好きなのですが、そういう人にオススメの漫画ってありますか?

  • 心理描写の巧みな漫画を教えて下さい!!

    最近,福本伸行のカイジ・アカギ・天・銀と金などを知って一気に 読んでしまいました。本当,面白かったです。特にアカギは最高でした。 何と言うか,とても漫画とは思えないような重み,深さを感じました。 そこで上記作品,特にアカギに通じるような人間の心理描写,哲学などを 深く掘り下げたような作品を教えて下さい。 映画では「ゴッド・ファーザー」なども凄く,好きでした。 宜しくお願いします。

  • 福本伸行漫画の名言で好きなものは?

    福本伸行漫画の名言で好きなものは?   福本伸行さんの漫画の中で 皆さんが好きな台詞,ナレーション,名言は何ですか?   細かいところはうろ覚えですけど,私はカイジの   『人間と希望は別の所にあるような気がしていたけど,人間そのものが希望なんだ.』   『人間は仮になど生きていないし,仮に死ぬということもない. 問題はその当たり前に気づいているかどうかだ.』   『命はもっと粗末に扱うべきなのだ』   『明日からじゃない.今日!今日だけ頑張るんだ. 今日を頑張った者にのみ,明日は来るんだよ』   『あろうことか俺は祈ってしまった 神よ…俺を救えと…. もう己以外,頼るものなどないと 骨身にしみて知っていたはずなのに・・・』   が好きです.後,金と銀の   『人を信じられない人間は とどのつまり自分も信じられない』   も好きです.たくさん挙げちゃってすいません.

  • やられる側の生き方

    私は福本伸行『銀と金』や 真鍋昌平『闇金ウシジマくん』、広江礼威『ブラック・ラグーン』といったアウトロー物語が好きなのですが、この手の漫画に共通する主張があります。 それは なぜ登場人物たちは悪事を行うのか? →世の中とはやるかやられるか、奪うか奪われるか →ならば自分はやる側(奪う側)になる という主張です。 これらの作品の登場人物はいわゆる愉快犯ではなく(そういう人物も登場しますが)、冷酷な世の摂理を理解した上で自分は悪事を働くと納得している人物ばかりです。 そこで私は疑問に思ったのですが、「やられる側(奪われる側)の生き方」というのはないのでしょうか? やられる側は搾取や被虐を甘んじて受けなくてはならないでしょうが、「自分が悪事を働くよりはまし」と生きる人もいるのではないでしょうか。 あるいは、『銀と金』の平井銀二のいうように「とどのつまり 人は皆悪」で、悪事を働かなくては生きてゆけないのでしょうか。 ※ちなみに、私は別に「やられる側」に回りたいと思っているわけではありません。 できれば「やる側」でも「やられる側」でもない傍観者でいたいと思っていますが、平井銀二のいうように、現代は無人島でもない限り悪を避けて通ることはできませんから、私は「無意識の『やる側』」に該当するのでしょうね。

  • アメリカの金融安定化法案(Bail Out)後の展開

    御機嫌よう、 月曜日にアメリカ下院で安定化法案が否決されたのには、皆さん大いに驚いたことと思います。 さて、明日修正案が再提出されると報道されていますが、可決・否決、どちらだと思いますか?また、可決後、否決後の株価の推移はどうなるでしょうか。 買い、売り、様子見、どうでしょうか。、、、

  • オススメのおじさん

    最近、私はおじさんキャラにハマりました。 どなたか私に素敵なおじさんの出てくる漫画を教えて下さい。小説やラノベでもいいです。 ちなみに理想のおじさんは「天」の赤木しげると「銀と金」の平井銀二です。 どうかよろしくお願いします。

  • 生活感のあるリアルな日常を描いた漫画

    そういう漫画を探しております。 あれば教えてください。 自分が好きなのは ヒミズ、シガテラ、わにとかげぎす、ヒメアノール(古谷実) 最強伝説黒沢(福本伸行) 闇金ウシジマ君 おやすみぷんぷん(浅野いにお) みたいな漫画が好きです。 よろしくお願いします。