• 締切
  • 暇なときにでも

世界を敵にまわす女性について。

  • 質問No.7914830
  • 閲覧数1249
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 84% (38/45)

時々歌の歌詞に、
「世界を敵に回しても お前を守るよ」 「たとえ世界中がキミの敵になるのなら ぼくも世界を敵にまわすよ」
といった、いわゆる 『世界』 VS 『男性 (=歌ってる人)・女性 (男性が愛している人)』 の形で、男性が女性に対し愛を謳うフレーズを耳にします。(以後、男性をA、女性をBとします)

私は、あまりこの歌詞の意味が分かっていません><


例えば、上記の歌詞 「世界を敵に回しても お前を守るよ」 というのは、これは前提条件として 『既に世界とBが敵対関係にある』 ということが分かります。
(世界とBが敵対関係でないのなら、わざわざAがBを愛するのに世界を敵に回す必要がないと思われるため)


つまりこの歌詞には、(1) 『何かしらの原因によって』 世界とBが敵対関係にあり、(2) そのBをAが愛する (=Bサイドにつく) ことにより、Aも世界と敵対関係になってしまう という意味が隠されています。


ここで問題となるのが、世界とBが敵対関係となってしまった、(1) の 『何かしらの原因』 とやらです。

─ 世界を敵にまわす…。たかだか物を盗んだりだとか、窓ガラスを故意に割ったりだとかでは、世界はおろか、一国ですら相手にしません。個人レベル、話題が大きくなっても町や村レベルでの問題でしょう (悪いことにかわりはないのですが)。

複数の人を殺した、家を連続放火した…。このレベルなら、県や州、事によっては事件の起こった国レベルにまで問題は取り上げられるかもしれません。
ですが、世界を敵に回すにはまだまだ不足していると、私個人的には思います (もちろん絶対にあってはならないことですが)。


─ おそらく、そのBは、人の想像を遥かに超えた絶大なる力をもって無差別に国や諸島を、それこそ10、20では済まない数の地域を再生不可能なまでに崩壊させたのではないのか…それもたった1人で、と私は推測します。

上記したことを、もしそのBがしでかしたなら、それは世界もほおっておかないでしょう。当然、(1) の、『何かしらの原因によって』 世界とBが敵対関係 という状態がつくられると考えます。


さて、このようなBに対して愛を謳うというのは、このAは一体全体、どういうつもりなのでしょうか。


また、数多くの地域を崩壊させる程の力をもった人間 (?) です。「世界を敵に回しても お前を守るよ」 などと発言するなど、果たして絶大な力を有するBを、Aが「守る (守ってあげる)」必要性があるのでしょうか。
私には、BにとってAはただの足手まとい以外の何者でもない気がしてなりません><


長々と書き連ねましたが、以上のことより私にはこの、
「世界を敵に回しても お前を守るよ」 「たとえ世界中がキミの敵になるのなら ぼくも世界を敵にまわすよ」
というフレーズが指す意味を、正しく理解できていません。おそらく、私以外の、正しい考え方や解釈というのがあると思うので、どなたかご意見くださいますようお願いします。

長文大変失礼いたしました><


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
他にも、「高度な科学力を有した宇宙人が地球に攻めてきて、『ワレワレニ Bトイウ ムスメヲ サシダサナケレバ チキュウヲ ハカイ シマス』とか言ってきて、太刀打ちできない世界は仕方なしにその条件に応じるけど、Bが好きで好きでたまらないAにはその条件が受け入れられず、世界を敵にしてBを助けに行く」 とかいった説も浮かんだのですが、これでは 「世界とBが敵対関係にある」 という部分が弱くなるかなっと思いました><

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 29% (5/17)

考えすぎです。

歌詞の「世界を敵に回しても」というのは、
たとえ困難が訪れたとしても貴方を守る、
愛し続けるよという覚悟の表れの比喩表現です。

その調子で物事の成り立ちを考えていたら時間がいくらあっても足りませんが、
もしコメディアンになるのであれば悪いセンスではないと思いますが
説明が長くて笑いを取るまでにお客様が寝るか帰ってしまうと思われます。
お礼コメント
ippon-torareta

お礼率 84% (38/45)

成る程、物事はやはり素直に捉えるのが一番ですね!


丁寧に回答して頂き、有難う御座いました><
投稿日時:2013/03/26 23:36
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (8/18)

とても面白い解釈でした笑

確かに、そんな彼女は守ってもらわなくても大丈夫だし
世界みんなが悪いというなら、それはきっと人類の敵ですから
生かしておくことに問題があると思います
いくらなんでも自分を疑えと言いたくなりますね

それどころか
世界を敵に回すというのはとんでもない知名度と等価ですから
恨まれようがほめられようが、その知名度というだけでも
ある意味オバマ大統領やイエスキリストも目じゃないという
究極の人類ができあがりますね
(古今の有名人としてキリストの名前を挙げましたが宗教云々は関係ないです)

さらにどんな凶悪犯罪者でも、凶悪であればあるほど信者がでてきますので
全員に嫌われるということはことさら困難と言えるでしょう
可能であるとすれば
残される誰か(間接被害者)に関係ある人間(直接被害者)を殺す…
例えば単純に「全人類50%」の「好きな人(残り50%)」を殺すという
人類半減計画をなんの事情もなくやってのけるか
人類全員を殺さずに耐えられないほど非常に迷惑なことをするしかないですね
それでも好きな人を殺されても、その狂気に酔狂する人はいるでしょうし
どんな迷惑も、意に介さない心の広い人悟った方もいらっしゃると思います
十人十色の60億個々から恨みを買うのですから、相当なことですね
すでにその一点でどんなことをしようが、ある種尊敬できてしまいます

さて、感想はここまでにして私の解釈ですが
この場合「世界」=「世間」ととらえるのが妥当かと思いますので
歌っている方のビジョンでは
「世界を敵に回す」
=「テレビで見るようなバッシングを受ける光景」
「君を守る・味方」
=「そんなときでも君を信じる、君は悪くない、とにかく悪くない」
と考えているのではないでしょうか
せっかくこんな素敵な持論の前にありきたりでごめんなさいね笑

翻訳するなら
男性「♪君が世界を敵に回しても~」

「世間が君がたたかれることになっても
みんな本当の君を知りもしないでとやかく言ってるだけだから
ほんとは君が悪いことなんてしないってわかってる
もし仮に、一般的に悪いことをしていても
僕が愛してる君のことだから必ず事情があるし、
僕は君の話を聞くし、君の言うことを信じるよ
つまり結局僕だけが君の味方さ!Trust me!」
というような、
「自分が信じる君だから」と自分の彼女に対する相互信念を根拠とした
要するに「自分の見えてる彼女」「自分の思う彼女」という
結局は「自分」に基づく「信頼」を謳うことで、
自分の「彼女への理解」を示しているのではないかと思います
お礼コメント
ippon-torareta

お礼率 84% (38/45)

成る程、そんな解釈の仕方があったんですね!


どうも丁寧にご説明して頂き、有難う御座いました><
投稿日時:2013/02/07 17:39
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ