• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人の債権者ですが。

法人の債権者ですが、相手が個人の債務者あれば、債権者から債務者への破産申し立てするのに、いくら費用がかかりますか。ご伝授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数39
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

それは、債務者の財産と負債額で決まります。 債務者が、借家であったり、預金もそれほど無ければ、数千円で済みます。 不動産や株券そのたの財産があれば、数百万円以上の場合もあります。 その前に、債務者が財産より負債額が多くなければ破産の申立はできませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 債権者としての破産申立について

     民事執行法に基づき、債権執行、動産執行等をしても債権が回収できないので、債務者に対して財産開示手続を取りますが、それでも回収できなければ、懲戒の意味で債権者として破産申立することは可能なのでしょうか?破産法を読む限りでは、可能であるように書かれているのですが。  その場合、破産申立(債権者:2万円)以外にかかる費用はどの位かかるものなのでしょうか?お教えください。  なお、債務者は法人ではなく個人です。  

  • 債権者からの破産申立てについて

    私は債権者です。債務者は,内装業の請負いをしています。内装業だけでは,生活ができないため、日雇い労働もしているようです。 私は、その債務者に,1000万円の債権があります。債務者は,私の債権以外にも,銀行に,600万円ほどの債務があります。 銀行へは、返済しているかも知れませんが、私には、一度も返済してくれないので、一度、強制執行しましたが、20万円ほどしか回収できませんでした。 債務を返済する気がない債務者に対して、債権者から破産申し立てをしたいのです。 1000万円の債権に対して、破産手続きに,100万円以上の金員がかかるのは、解っていますが、それ以外に、債権者から債務者の自己破産の申し立てをするために、必要な資料収集について教えて下さい。 債務者は,内装工事を請け負う仕事をしていますが、確定申告はしていません。 回答を宜しくお願い致します。

  • 債権者と主債務者が共謀している訴訟について

    債権者は個人。主債務者は法人。連帯保証人が私です。 今回の訴訟は、債権者が私に対して債務を支払えという内容です。 債権者の法人は、私と代表取締役(以下、社長)との2人で設立した法人で、私は昨年10月に辞任しております(登記からは未だ抜かれていません)。 主債務者法人は、現在、機能していない状況です(破産、解散等はしていません)。 人間関係から説明しますと、債権者と債務者法人社長とは友人です。 債権者は債務者法人社長には、支払い催促等はしていないと思います。 その上、債務者法人社長は、現在、債権者の事業を手伝い、債権者より報酬を得ている状況です。 また、債権者は、私の実家の私持ち分を仮差押しています。その際に代理人A(元暴力団員)となる者と、自宅に押し寄せ、私の親に恐喝まがい(差押したので、金で解決しないと競売になって家がなくなる、といった旨)のことをしています。 また、この代理人Aは、債務者法人の代理人ともなり、私に対して、なんやかんやと、いちゃもんをつけています。 代理人Aは、何らか金になるよう、なんでもしてきている感じです。 もともとは、債務者法人社長が債権者に、この代理人Aを紹介している経緯があるようです。 この代理人Aからは、双方ともの委任状は提出されています。 そこで、このような相関関係がある場合、裁判で、何か私が主張できる事はあるのでしょうか? 私の考えは、 1、債権者と主債務者が共謀して、連帯保証人から金銭を搾取しようと企んでる、としたい。 2、この関係者全員を裁判に呼びたい(参加させて事実関係を証明し、その他のごたごた事も全て解決に持ち込みたい)と考えています。 3、結果として、連帯保証からぬけたい。 以上、良いアドバイスをお願い致します。

  • 債権者名簿

    5年程前、債務者が債権者の私を債権者名簿に載せていなかったので、破産宣告して免責を受けた事を、先日まで知りませんでした。貸していたお金(覚書)をこれから請求しても、債務者に裁判所に行って追加で名簿に載せられると、もう請求できなくなるのでしょうか?教えて下さい。

  • 債務者の法人破産を阻止するために債権者が取る道は

    損害賠償金について確定判決を得ましたが、債務者は会社の破産手続きをとって支払いからのがれようとしています。 (1)弁護士から負債の整理について受任したこと、 (2)債務者の会社の自己破産を申請することを連絡してきました。 債務者の法人破産を阻止するために、債権者の私が取る道、取るべき処置についてお知らせください よろしくお願いします。

  • 債権者一覧表/閲覧

    裁判所によると、債権者一覧表は5年間しか保存していないそうです。債務者の破産担当の弁護士なら全て保存してあると聞きましたが、利害関係(債務者と債権者)があれば閲覧をさせてくれるのでしょうか。連帯保証債務も債権者一覧表に載せているか閲覧したいのです。

  • 債権者に別の債権者に債権譲どされた場合

    私の友人の話なのですが、ある業者に借入をしたそうです。ですが、債務者である友人は他にも借入をたくさんしていて、弁護士事務所に依頼をして、個人民事再生の手続をとることになったみたいなのです。ところが、債権者の一つの会社が債権を他の会社に債権譲どしたらしく、こうなると法手続もどうもこうもないと言われたそうなのですが、実際はどうなのでしょうか?  友人の話だと、弁護士に依頼をしてから、急に債権者の一つの会社が債権譲どしたらしいのです。しかも、債権譲どする際、基本的には債務者などに通知をするらしいのですが、通知は一切なく、元々の債権者から聞いたのではなく、債権譲どされた会社の方からそういう旨を聞いたみたいなのです。これは法的には許されるのでしょうか?  また、こういった場合どのような法手続をしなければならないのでしょうか?これは債権譲どされた会社の方に借入したお金を払わなければならないのでしょうか?

  • 債権者が複数いる場合、誰が優先的に弁済されるのでしょうか。

    債務者の差し押さえられた物件に関してです。もし、債権者が複数いる場合、誰が優先的に弁済されるのでしょうか。 債務者が税金を滞納していた場合、税金の滞納が優先的に弁済されるなどルールはあるのでしょうか。 例えば、債務者が個人と法人に対して借金をしており、国税と地方税も滞納している状態で破産したとします。 この場合、個人、法人、自治体、国の4者のうち誰が優先的に弁済されるのでしょうか。 さらに、債務者の所有する土地に抵当権がついていた場合、抵当権の実行が何よりも優先されるのでしょうか。 当方法律素人です。よろしくお願いいたします。

  • 債権者・債務者の意味

    民法上の債権者・債務者の意味がどうもよくわかりません。 金銭債権債務以外の義務の不履行があった場合についても、債権者・債務者という言い方が使えるのでしょうか?

  • 債権者の心理について

    このサイトで金銭問題の債務整理など、いろいろ閲覧させてもらいましたが、こんなにたくさんの方々が、 サラ金の返済の問題、債務整理、さらには自己破産などと日々、頭を悩ましているとは思いもしませんでした。当然、私も含めてです。 ところで、債権者にとっては、このまま返済が可能か、不可能かは個人信用情報機関などで他社の借入れ状況と、返済金額を把握しているものと思いますが、 延滞している債務者へそのつど電話もかけなければならないと思います。 つまり、債権者側にとっては返済してもらうことが最良なのでしょうが、返済が危うい債務者にたいしては、いっそうのこと法的手段で特定調停や、自己破産など債務整理を行ってもらいたいものなのでしょうか?