• ベストアンサー
  • 困ってます

戦国時代の不思議、合戦のシーンを見ていて?なこと

たとえばこんなシーン。 「真田殿には兵3000を与える。右翼から攻めよ」 その兵3000ですが、きっと誰かが点呼を取って、「君たちは今から真田様の配下になれ」などとやるのでしょうね。きっと。 そうすると今まで、義理も何にもなかった真田様の配下に臨時徴収された兵士が家来になるわけです。当然、そんなに恩義も義務感も感じないでしょうね。負けそうになるとすぐ逃げちゃったり敵に寝返ったりするのではないでしょうか? どうなんでしょうか。 あともう一つは食料です。その3000人の兵隊を食べさせるには大変な食べ物や水が必要ですね。食料を戦地まで運んで料理する。兵隊にとってこれが一番の仕事だったんじゃないかと思うのです。たとえば関が原の合戦では、どれくらいの量の食料を運んで行ったのでしょうね。やっぱり兵隊が一生懸命運んでいったのでしょうかね?

noname#175616

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数629
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • izuhara
  • ベストアンサー率31% (97/310)

まず大前提として、真田を指揮官として兵士が付けられたわけですので、兵士は真田の指揮に従う義務があるだけで、家来(主従関係)となるわけではありません。あくまで指揮下にはいるだけです。 次に兵士の意識の問題ですが、これはいくつかのケースによって異なります。 質問の例は大坂の陣と推測すると、真田に付けられたのは豊臣方が寄せ集めた牢人衆ですので、真田とはもちろん豊臣家とも主従関係にありません。したがって恩義も義務感もないわけですが、牢人衆にとっては自身の進退を決める最後の機会と思って豊臣方に参陣していますから、それなりの戦意があったと考えられます。 大坂の陣ではなくて、それ以前の合戦となると、軍勢動員体制が整備された北条家などの大名の場合ですと、 大名が武将に知行に応じた軍役にあわせて軍勢動員をかけます。武将は軍役に応じた軍勢を準備します(北条氏の場合は装備まで規定)。集まった軍勢を大名は解体し、再編成して有力武将に率いさせます。軍勢を解体された武将は、身軽になって供回りとともに個人の武功に励みます。 武将が率いた軍勢ももともとは臨時に雇い入れた者が多かったようですから、踏みとどまって戦うほどの忠誠心は期待できません。有力武将(指揮官)のもとに再編成された臨時の軍勢がどんぱちやっている側で、敵の軍勢を崩す機会を狙う歴戦の武将たちといった図となります。 軍勢動員体制が整備されていない大名の場合は、他の方も応えているような与力となります。 たとえば、武田氏が真田氏に配下の東信濃国衆を与力として付けます。東信濃国衆は、それぞれが小部隊の指揮官となりながら、真田氏の指揮下に入ります。この場合、信濃国衆は武田氏の従属化ですから、武将自体の戦意はもちろんあると思われますが、動員してきた兵士については前の事例の場合と同じくあまり踏みとどまって戦うほどではないでしょう。 詳しくは、西股 総生『戦国の軍隊: 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢』(学研、2012年)をご一読ください。兵粮についてもしっかり書かれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなって失礼しました。 皆様、丁寧にご回答くださりまことにありがとうございました。 疑問が氷解しました。

関連するQ&A

  • 戦国時代の合戦で・・・

    戦国時代の合戦で  一番最初に槍同士でぶつかりあう足軽の人たちは どういう気持ちだったんでしょうか? 時代劇などみてると 少々相手を倒しても次から次へと敵がきて 死ぬのは目にみえてます。。 自分なら合戦前に逃げ出してしまいそうです、時代の考え方の違いなんでしょうか。 殿様のために死ぬのが本望なのかな。 合戦に出る時点で ほとんど死を覚悟だったんでしょうか・・ それでも ある程度強ければ生き残れたのかなあ。

  • 戦国時代の 合戦について

     合戦のとき、よくドラマなどで、騎馬隊が背中に白い大きな袋をつけて、複数で走っているのを見ますが、あれは何か意味があるのでしょうか?  前から、不思議に思っていました。 相手を威圧する?道具かなにかでしょうか?

  • 関が原の秀忠の遅参は家康の陰謀?

     関が原の合戦で、中山道を進んだ秀忠は、上田城の真田昌幸に手古摺って、合戦に間に合いませんでした。  ところが、この遅参は【ワザと遅らせたもので、家康の陰謀だ。秀忠の軍勢を温存するためだ。】とする説があるようです。  たしかに、実際の合戦に参加した家康の家来は少なく、大方、豊臣系大名同士の戦いになって、それぞれダメージを受けています。  この説は珍説の部類にはいりますか? それともうなづけるところがありますでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • izuhara
  • ベストアンサー率31% (97/310)

補足・訂正です。 与力について「他の方が答えているように」と書きましたが、No.2の方の言われる与力と同じ意味です。No.3の方の与力の概念とは異なります(与力に限らず足軽もですが。)。誤解を招く表現で失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなって失礼しました。 皆様、丁寧にご回答くださりまことにありがとうございました。 疑問が氷解しました。

質問者からの補足

あ~なるほど~。いろいろとよくわかりました。たいへんありがとうございました。 そこでもう一つ教えていただけませんか。まあ映画ではあまりないことですが、トイレはどうなっていたのでしょうか。 野戦では、死屍累々、糞尿も累々、なんてことになっていたのでは? 籠城戦では、これはもう困ったことに。 NHKの武田信玄のドラマで、信玄の愛妾が野戦に加わるということがありましたが、あんなことが本当にあったら、トイレだってまわりは男だらけで困っちゃうだろうし、お風呂もないだろうから汚いまま。愛妾の魅力も薄れてしまうのでは? 第二次大戦のロシア戦線では、手りゅう弾で凍った地面に穴を空けてトイレを作ったとか、深くトイレを掘らないと伝染病が蔓延したとか、そういうことを読んだことがありましたが、日本の戦国時代はどうだったんでしょうかね。

  • 回答No.3
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11757)

雑兵と足軽が居ますが… 例えば 真田家が元々抱えている兵士 これは足軽です そして大阪の陣の時に 幸村が秀頼から借り受けた兵3000は豊臣家の雑兵です 物資の運搬は与力という担当の兵士が行います 彼らは物資の運搬 炊事などを担当 合戦になれば兵士として戦いました ちなみに秀吉は 食料は現地調達でしたね こうすれば与力をつれず 戦い専門の足軽だけで人数を増やせましたから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなって失礼しました。 皆様、丁寧にご回答くださりまことにありがとうございました。 疑問が氷解しました。

  • 回答No.2
noname#188107

そういうのを与力といいます。 「戦国大名たちは、在地の土豪である寄騎・寄子を寄親の家臣団に組み込ませると、寄親の力が大きくなりすぎるため、謀反の防止の観点から腐心した。そこで寄親を統率する戦国大名は、寄子たる在地土豪たちを陪臣(家臣の家臣)とはせずに直接的に臣従させる一方で、重臣や有力武将(寄親)に附属させ、在地土豪の軍事力を効率的に利用したのである。特に後北条氏、今川氏、上杉氏、武田氏などにしばしば見られる。 また、より大きな大名に加勢として附属させられた武将を与力大名と言うものもあった。その代表例としては織田政権において、織田信忠に河尻秀隆や森長可ら、柴田勝家に前田利家や佐々成政ら、明智光秀に細川藤孝や筒井順慶らが、それぞれ方面軍団を結成していた事などが挙げられる。」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E5%8A%9B 当然ながら、その例であれば真田様に勝たせるために配属されている わけですから、「攻めよ」と言った大元のお殿様への忠義で戦います。 もっとも、死ぬまでの忠義がないから、負けそうになったらそそくさと 逃げるという例はけっこうあります。 また直属の寄り親をもたない浪人が陣借りといって、 戦で武功を立てて、取り立ててもらうとか、恩賞をもらう というような例もあります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%A3%E5%80%9F%E3%82%8A 兵糧についてはこちらを参考に。関ヶ原規模になると専用の 荷駄隊がついていたはずです。 http://blogs.yahoo.co.jp/rowmoment_boy/15168382.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなって失礼しました。 皆様、丁寧にご回答くださりまことにありがとうございました。 疑問が氷解しました。

  • 回答No.1
  • tar5500
  • ベストアンサー率22% (852/3864)

兵士についてはこちらを参照 http://okwave.jp/qa/q2461063.html 食糧についてはこちらを参照 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1370768303

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなって失礼しました。 皆様、丁寧にご回答くださりまことにありがとうございました。 疑問が氷解しました。

関連するQ&A

  • 戦国時代の合戦や情報に関する疑問

    こんにちは! 私は戦国時代が好きで、よく戦国時代に関する本を読んだりします。 この間なんですが、暇潰しに散歩をしている時に戦国時代に関する疑問が浮かんだので質問します。 何の疑問かと言うと、まず合戦についてです。私はよく散歩するのですが、短いルートでもかなり家に戻るまで時間がかかります。そこからふと戦国時代の合戦をイメージしてみたんですが、戦国時代の合戦というと、右翼から中央の味方を救援するために横槍を入れたとか、某城を攻めさせている味方を呼び寄せ敵にぶつけるとか…とにかく巧みな部隊移動で合戦が行われてますよね?でも不思議なんですが、現代の整備された散歩でも移動にかなり時間を要します。ましてや戦国時代ですから、道も悪かったと思います。すると、部隊に横槍を入れさせるとか、味方を呼び寄せて敵にぶつけるとか、本当にできたのでしょうか?特に横槍なんかは、横槍を入れようとしても、敵の横に行くまでに時間がかかりますから、敵に横から攻めるというのがバレてしまい、あまり効果がないような気がします。 あと、情報についても不思議だなと思ったんですが、現代の情報化された社会でも某県の県境に人間が100人いる、なんてなかなか把握できませんよね?戦国時代だったら、それは敵の侵入を意味しますから、迎撃しないといけないと思うのですが、敵の侵入を把握できるほど情報化は進んでいたのでしょうか?あと、把握しても実際に現場に間に合うのか疑問です。 私の疑問は以上です。今までゲームとかの神の視点(合戦を上から覗いた)のような感覚でしか戦国時代を考えていなかったのですが、人間の視点だとかなり視点に限界があるように思え、疑問に思う点がありましたので、どうか教えてください

  • 次にあげる戦国時代の合戦に関して質問です

    こんばんは 早速、質問します (1)小沢原の戦いにおける両軍の兵数、勝因について 北条氏と上杉氏が戦い、北条氏が勝利したのは周知のとおりですが、両軍の兵数などは伝わっていないのでしょうか?また、なぜ北条氏が勝利したのでしょうか?勝因を教えていただけると嬉しいです。例えば、当初から北条が兵力で勝っていたとか… (2)上田原の戦いにおける村上軍の兵数について この戦いは村上氏優勢、または引き分けで終わるわけですが…武田軍8000、村上軍5000と、兵数に諸説はあると思いますが、どの説をとっても拮抗した兵力差ですよね?村上氏というと、信濃の有力勢力というイメージがありますが、それでも武田軍に拮抗できる兵力を集めている事には驚いてしまいます。村上氏がこのように大兵を動員できたのにはどのような要素がありますか?教えてください。 (3)戦国時代の合戦の兵数について 戦国時代を初期、中期、晩期に分けたとして、各期の平均的な合戦での動員兵力はどのくらいでしょうか? 例えば初期が1000 中期が3000 のように教えていただけると助かります。 また、戦国時代、味方の兵力数はどのようにして把握していたのでしょうか?聞くところによると、出陣を円滑にする為に、合戦城へ行く道中に家があるものは、途中から合流しても良いということだったみたいですよね?そうなると、勝手に合流する者が多いと自軍の兵力が正確に把握できなかったのでは?という疑問が浮かびます。 どのようにして自軍兵力を把握していたのでしょうか?

  • 戦国時代の合戦形態について

    おはようございます 最近、質問が立て続けになってしまって申し訳ないのですが、どうしても確認したい事項があるので質問します。 以前、戦国時代に詳しい方から「合戦は弓や鉄砲による攻撃がほとんどで、白兵戦はほとんどないと考えて間違いは無い」とのご教授を受けました。 このことから考えますと…大河ドラマなどの合戦シーンを実際のものに近いものとして見るのは難しくなりますよね?何故なら白兵戦が多く描かれているからです。 では、実際の合戦とはどんな感じになるのでしょうか? 出来れば、次にあげる合戦で説明しやすいものを選んで頂き、実際にどんな感じで合戦が進んでいたのか解説していただけると非常に嬉しいです。 (1)武田氏と村上氏が戦った上田原の戦い (2)六角氏と浅井氏が戦った野良田合戦 (3)姉川の戦い これらの合戦以外でも良いので、典型的な戦国時代の合戦で解説しやすいものを例にあげて、ご教授のほどよろしくお願いします。 特に、白兵戦がほとんど行われずに…ということが非常にイメージしにくいです。 単純に考えて、お互い離れ合って弓を撃ち合い、引き上げるのでしょうか?そうなると槍による激戦が繰り広げられたイメージのある(1)(2)(3)の合戦はどんな感じになるのか非常に興味深いです

  • 戦国時代の合戦の規模について。

    私はよく歴史SLGとかをするのですが、それをきっかけに大河ドラマなども見始めました。 そこで疑問に思ったのが、戦場の会議をしてるところで「○○殿900騎、参陣!」とかいうと「おぉ、頼もしい~」とかそんなことをいうと思います。 ゲームでなれた私から見ると900やそこらではとてもよく来てくれたという気持ちにはなれないと思うのです。 確かに、関が原や桶狭間みたいなおっきな戦いではないのですが、長篠の戦いや賤ケ岳、三方ヶ原など大河ドラマだったのでそこそこ有名な戦いだったのだと思います。 そういった戦いでは1000未満の参陣というのはどういった位置づけなのでしょうか?本当に喜んでいるのでしょうか。また、出すほうも形だけの場合もあるのでしょうか。 回答お待ちしています。

  • 戦国時代の合戦場に木は生えている?

    テレビや映画での戦国時代合戦風景ですが、たいてい草原が多い。 しかし今の関ヶ原や天王山など見たら山は木が生い茂っている。 なれば戦国時代の主な合戦は森の中が正しいのでは? 森でなくても田んぼや畑でしょ? その麓の田んぼが合戦場になったとしても、田んぼの開墾が 実際に進んだのは江戸時代でしょう。 となれば騎馬軍団が颯爽と走るのは難しいし、 鉄砲隊の連続射撃されても森の中だと簡単に当たらない と思うのですが?どうですか?

  • 戦国時代での合戦での戦い方

    戦国時代での合戦での戦い方 回覧ありがとうございます。 よく、三国無双、戦国無双など合戦物のゲームをプレイします そこで歴史事典みたいなので、武将の武勇伝をよく見るんですが 真田幸村など敵陣に攻めて暴れてたようですが 実際の戦場ではどのように剣を振り戦っていたんでしょうか? ゲームはゲームで何度斬られても死にませんし、ピンピンしてますが、実際じゃ一度斬られただけで箇所によっては即死ですよね いかに相手の剣を避け、弾き、相手の急所や胴体を斬るかが強さの定理なんでしょうかね? 敵に囲まれたり、1対数十で来られたら流石に無理でしょうし 敵に背を向けたら最後。後ろから斬られ死ぬような残酷な現実もありそうですね なので立ち回り?みたいなのも重要なんでしょうかね

  • 面白く答えなさい・戦国時代編

    あなたは戦国大名です。隣の大名との合戦である戦法を採りましたが、家臣からは「殿、ご乱心!」との声。 どんな戦法?

  • 戦国時代

    最近、戦国BASARAの影響でこの時代に興味を持ちはじめました!! 解りやすく、初心者向けの戦国時代の本、漫画を教えてください! よろしくお願いします。

  • あなたがもし戦国時代に行ったとして

    あなたが戦国時代に行って、どこかの国の大名になるとしたらどんな方法で天下を取りますか? どこの大名になるかは自由とします。また、現代の情報・知識は(一般的な範囲内で)自由に使えるものとします。 兵法・戦略・兵器などの戦争方面はもちろんのこと、外交、内政、経済などの様々な観点から意見を出していただけると嬉しいです。 ぜひあなたの天下取りへの道筋をお教えください。

  • 戦国時代について

    戦国時代は    年から   年まででしたかインターネット調べても出てこなかったので質問しました。明日学校で必要なので早めにお願いします。