• ベストアンサー
  • 困ってます

ブラックホールの中はどうなってるの?

小学生の子供に質問されて答えられませんでした。 小学2年の子供がわかるように説明していただけますでしょうか? 質量や密度とか言ってもわからなそうですが 宇宙に興味があるらしく、彼女は真剣な子です。 ブラックホールと言う穴があると思っているようです。 (私の上司のお嬢さんです。上司もブラックホールを 単なる黒い穴だと思ってます。) どうしたら高密度のブラックホールの「状態」をわかってもらえるでしょうか? 私には子供がいないので、小さい子供にうまく説明できません。 又は子供向けに説明しているサイトがあれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数692
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

ブラックホールの中は、3次元空間が曲がっているので普通に図を書いて説明することが出来ません。 (3次元リーマン空間を、数式に表すことが出来るだけです) だから、普通の大人の人も殆んどわかっていないでしょう。 (物理学者でも、理解していない人がたくさんいます) 上記の事を、まず小学生の子供さんにやさしく説明して下さい。 (出来ないなら、「まだ、よくわかっていないんだ」といっても間違いではありません) その上で、よく伸び縮むする布を宇宙と考えて、その布の上にパチンコ玉を置くと、布がちょっと下に沈むことを、理解してもらって下さい。 (実際に、やって見せると分りやすいと思います。パチンコ玉より重い球体があればもっと分りやすくなります) そして、パチンコ玉が、ものすごく重い物質(質量密度が大きい物質)で出来ていると仮定すると、布がドンドン沈んでいって、ある程度以上重くなると布が破れて穴があきます。 (実際の布では、丸い穴はうまく開きませんが) その丸い穴が、ブラックホールです。  つまり、布は「2次元の宇宙」で、穴「ブラックホール」は、宇宙の一部ですが「ふつうの2次元空間」ではありません。 (ブラックホールになった物質から、光を出しても「穴」から宇宙には、出られませんので「黒く」見えます) 星(恒星)の質量が、太陽の質量の約30倍以上あれば、星が死ぬ(寿命が尽きる)時に大爆発を起こして、中心に残った物質が、ブラックホールになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 とてもわかりやすく、是非この説明をお借りして 子供に説明してみたいと思いました。 大人から見てもとてもわかりやすい説明を ありがとうございます!!

関連するQ&A

  • ブラックホールは存在できるのでしょうか?

    始めまして、 ネットや書籍(初心者でも解るレベル)にて、ブラックホールについて調べていますと良く以下のような説明が出てきます。 ブラックホールは体積0、質量無限大で無限に光さえ落ち続けるとありますが、無限に落ち続けるとは宇宙を2次元にたとえて、重いものほどその面が沈見込むイメージで、ブラックホールはその沈見込が無限に続いてるとイメージすればなんとなく解るのですが、体積0と言うのが良くわかりません。体積がゼロならそもそもこの宇宙に存在していない事になるような気がするのですが?。それでもブラックホールの回りに影響をあたえている以上やはりそこに存在しているのでしょうか?。 光は静止質量ゼロですが光が静止することは無いと思いますし周波数分のエネルギーがあるので質量もあるので重力に捕らえられるのもなんとなく解ります。 なぜ光(光子)は静止できないのですか?、素粒子は全て静止状態は取れないのでしょうか?それとも光子だけ特別なのでしょうか? 説明が下手で申し訳御座いませんが、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ビッグバンとブラックホール

    ずっと疑問に思っていたことです。 ビッグバンとは、無限小の大きさの空間に宇宙の全質量が詰まっている「特異点」が爆発し(=大きさがどんどん広がり)、今の宇宙ができたと理解しています。 一方、「特異点」があるブラックホールとは、密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)と理解しています。 ということは、ビッグバン自体が「密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)」なので、爆発的に広がれないと思うのですが。 何で、ビッグバンの特異点は爆発的に広がることができて、ブラックホールの特異点は広がれないのでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • you_sei
  • ベストアンサー率30% (102/338)

#4です。まだ締め切られていないので補足を。 あとは、ブラックホールを扱った映画やTV番組を見せてみる,というのもいいかもしれません。 私の#4の回答のネタ、米国のTVシリーズで「アンドロメダ」という番組があるのですが、これがこのネタを使っています。 最初の頃のシーズンは、スタートレックのように、宇通連合艦隊が、宇宙の悪と戦う,というストーリーなのですが、新シーズン開始直後に全面戦争に突入,宇宙連合艦隊は壊滅的なダメージを受け、アンドロメダ号は、ブラックホール(の縁)に引っかかってしまいます。 そこからいきなり数百年(だったはず)過ぎて、アンドロメダ号は、一席の船に助けられます。でもアンドロメダ号内部ではほんの数分しかたってない。その時には宇宙は悪に染められており、アンドロメダ号は単騎、宇宙の秩序を取り戻すため、悪に立ち向かいます。 これ、SkyPerfcTV や CATV などの AXN というチャンネルで放映されていますが、日本ではマイナーなんですよね。かなりのシーズンが作られてますので、米国では人気が高いシリーズなのですけど。 あとは、古いですが、ディズニーが作った「ブラックホール」という映画。バケツに墨汁の入った水を入れて、かきまぜ、できた渦をブラックホールに見立てた、というステキな(笑)映像が見られます -> see 参考URL。 まだ小学校2年生ですと、outline しかわからないでしょうが、せっかく芽生えた好奇心を育てて行ってあげてください。

参考URL:
http://www.generalworks.com/databank/movie/title1/black.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 テレビや映画を利用するのはいいアイデアですね。 明後日家に遊びに来るので、早速いろいろと用意したいと思います。

  • 回答No.4
  • you_sei
  • ベストアンサー率30% (102/338)

全部止まってます。 もうちょっと言うと、時間の進み方がものすご~く遅くなっているので、ブラックホールの中で1秒しかたってなくても、外は何十年、何百年たっていたりします。いつもノロノロビームをあびせられているようなものです。 なんで遅くなるかというと・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.3
  • ss696
  • ベストアンサー率30% (109/362)

まず重力・無重力について憶えてもらいましょう。 重力→ニュートンの林檎が落ちるところから説明してもいいですね。 無重力→宇宙飛行士の映像の説明など そして重力が大きくなるとどうなるかを説明してはどうですか?例えばスポンジを使って押し縮めてみたりそのお子さんの肩を押さえてジャンプできなくしたり。 そしてその重力がもっともっともっーと大きくなるとどうなるか?とかですかね。 もうひとつはブラックホールが黒い穴と思われる理由ですね。光は吸い込まれて出てこられなくなるわけですね。 それが黒い穴と関係があります。 どういう事かというと人間の目に見えるものは光の反射によって見えるのです。暗闇の中ではどんなに目を凝らしても何も見えないでしょう。つまり見えるためには光が必要なんです。ですが、ブラックホールは強い重力の為に光を我々の眼に反射してくれず吸い込んでしまうので見えないイコール黒い穴になるのです。 こんなのでわかるかなぁ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 スポンジを押し縮めてみたり肩を押さえてジャンプなどは子供が興味持ってくれると思います。 いいアイデアをありがとうございます。

  • 回答No.2

#1さまのご紹介のサイトと補足欄を拝見して 僭越ながらなのですが,私も小さい頃から宇宙が好きで, 小学3年生のときに「天体からの電磁波がどうの」とか 「大気組成はN2,O2,CO2,Ar・・・(組成式で)」とか, 好きだったのでよく分からないなりにも,こんな感じ・・・と 漠然と分かったような気になって,そんなのが楽しかったです. むしろ難しいのはオススメではないかと思った次第です. 「光はこの世で一番速いものだが,それすらも抜け出せない強い重力なので,  我々の科学では,近くは計算でも観測でも分かっているが,  中がどうなっているのかは未解明・・・それを解明するのは,  ○○ちゃんかも知れないね.」 なんて,刺激になるのでは?と思いました. サイトではなく購入物になるのですが,その私の小3のとき, カール・セーガン氏による「COSMOS」と言う宇宙・生物等に 関する番組がありました.宇宙好きならオススメです. カール・セーガン氏はNASAの惑星探査に大きく関わった人です. ブラックホールについても述べられています. アマゾンであります. http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000055ZOB/qid=1077390827/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-3661417-6946706

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000055ZOB/qid=1077390827/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-3661417-6946706

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 宇宙好きならちょっと難しい説明でもついてこれるかも しれませんね。 漠然とわかってくれて楽しんでもらえればいいなと思いました。

  • 回答No.1
noname#17475

こんばんわ. 私も天文学の専門なわけではなく,微妙に興味があるだけなのですが,子供向けのホームページを知っていたので紹介させていただきます. 下記URLの「宇宙について」の「レベル1」「レベル2」のいずれかに進んでいただければ「ブラックホールについて」という説明があります. 「中がどうなっているか」が詳しく書いてあるわけではないのですが,「黒い穴ではない」ということは分かってもらえると思います! 参考になったら嬉しいです,では☆

参考URL:
http://www.planetary.or.jp/StarChild/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「こども宇宙教室」というサイト、参考になりました。 しかし小学2年生はこの文章で理解できるでしょうか? でもこれ以上簡単にするのは難しいですよね。 早々のご回答どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • ブラックホールの形

    ブラックホールってどんな形なんですか? ある本でみた挿し絵には穴があいた壁みたいな形だったんですが そもそも宇宙に壁はないのでは?(^^; 初心者向けにわかりやすくするためにそういう絵なんでしょうか。 でも、あまり信憑性のない本だったので・・・。 ブラックホールは質量の大きくなりすぎた天体で 無限に物を吸い込み外にはださない、って書いてあったんですが。 それも本当のことなんでしょうか。(^-^;

  • 観測可能な宇宙の総質量?

    観測可能な宇宙の総質量は有限でしょうか、それとも無限の質量をもつのでしょうか。 Wikipediaの記述などを呼んでいると、両説が併存しているようです。 [質量有限説] ・観測可能な宇宙内の星の推定総数は9×10の21乗(=90垓)個となる。 ・太陽の質量(2×10の30乗 kg)を平均太陽質量(矮星の多さと、太陽より質量の大きな星の数はつりあっているとする)とし、星の総数を10の22乗個とすれば、観測可能な宇宙の星の総質量は3×10の52乗 kgとなる ・観測可能な宇宙の総質量の5%未満が星などの可視的な物質で構成されており、残りは暗黒物質やダーク・エネルギーが占めていると予測される。 ・つまり5%が3×10の52乗 kgだから、観測可能宇宙の総質量は3×10の52乗 kgの20倍ほどの有限値と理解される。 [質量無限説] ・観測可能な宇宙の中にブラックホールがあると考えられる。 ・ブラックホールの中心は密度が無限大と考えられる ・密度=質量/容積において、容積はゼロを取れないので、質量が無限であることを示す。 ・ブラックホールが質量無限であれば、そのブラックホールを含む観測可能宇宙の質量も無限である。 御見識のある方々より、観測可能宇宙の質量有限説、あるいは質量無限説のいずれかをご説明いただけるとありがたいです。

  • ブラックホールによる時間の影響について

    子供のときからの小さな疑問です。 一般的にブラックホールは中心に近づいていくと重力により、時間の流れが遅くなるとされています。また、中心部分に近づくと「宇宙の終わり」を見ることができるとも考えられています。 そこで1つの疑問が浮かびました。 ブラックホールの外側から、先端に録画機能の付いたカメラを搭載した長い棒を、内側(中心側)へ進め、ブラックホールの外側へ戻したとき、カメラに録画された内容はどのようなものとなっているか。 ※しかし以下の仮定のもとで成り立つとする。 ・この実験過程が可能とする ・カメラ及び棒は、熱や衝撃及び時間の経過による劣化など形状的な影響を受けない ・カメラ及び棒は、重力による時間の影響を受ける ・ブラックホールの中心から棒を引き出せる力がある この質問の主旨は、これが成り立った場合、ブラックホールの外側と内側の、時の流れ(速さ)が異なっているため、未来の内容を撮影(録画)することができるのではないかということです。 興味がありましたら、回答を是非お願いします。

  • 宇宙のクエーサーについて

    最近の調べだと、かなり多くのクエーサーが見つかってるらしい クエーサーは物を取り込むと地平線上の反対に絶対行かないらしい。 これはどういう意味かっていうと、核融合するように出来た新しい 重たい物質に圧縮されることになる。 超ひも理論みたいに逆の次元がある10次元とかだったらいいけど ブラックホールが反対側にめり込まない以上、 ブラックホールが多次元宇宙につながってるのではなくて ビッグバンのための材料を集めてるとしか思えない。 今地球で見えてる銀河は一番遠くで130億年前の銀河だけど、 その銀河は今頃集まってクェーサーになってるだろう。なにしろ130億年前にすでに銀河なんだから。 ビックバンの直後、はじめは暗黒物質の他は 水素、ヘリウム、リチウムしかなかったが 星が超新星爆発を起こすたびに重たい物質が作られてきた。 重たい物質が集まりすぎて太陽の3倍の質量を持つとブラックホールを作り、銀河を作る。 今の宇宙は銀河群が繊維状に並んでる状態らしい それで宇宙のこの先の運命は 次の考え方がある (1)11次元宇宙 インフレーションで親宇宙 子供宇宙と増えていく? (2)最後は宇宙全体がブラックホールになってまたビッグバン。 それをずっと繰り返してる。 他にもたくさんあるけど、仮説だと何でも言えるし。 例えば、宇宙もたくさんあって、宇宙同士が触れるとビックバンを起こすとか。 今はブラックホールを見ることも、150億光年先を見ることも出来ないからどうしようもないんだろうけど・・ アインシュタインはブラックホールを否定しようとしたけど あまりにブラックホール→無の宇宙 になるとしか思えない。 ブラックホールに入れば異次元に行って反対側の4次元に突き抜ければいいけど 質量を集めるだけの存在だから、ビッグバンの素を作ってるとしか思えない。 何か、宇宙が「無」になる以外の説はないんだろうか? 最後にはブラックホールに取り込まれてすべての物が 重たい物質に折りたたまれていくなんて考えたくない。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4904573

  • 光子に質量がないのなら

    光子に質量がないのなら、 ブラックホールに重力相互作用で吸収されるのは説明がつかないのではないですか? 今の理論では、 科学者たちはどうやって 「光がブラックホールから出てこない理由」を説明しているか教えて下さい。 又、ブラックホールから光が出て来れない時、 それは「光子」でしょうか「光量子」でしょうか? 又、 ブラックホール以外の、 重力が強い空間から光が飛び出してくる時、 それは「光子」とみなしていますか? 光量子でしょうか? 或いは区別が今の科学ではできませんか? 教えて下さい。 とにかく、 「ブラックホールは重力相互作用であるのに」 質量がない光子が出てこれない理由を、 今の科学が何と説明するか、お願いします。 この事を説明できれば、 「重力」と「電磁気力」の統一い向けて大きな成果だと思います。 なぜなら、 「ブラックホール」即ち重力と、 「光子」即ち電磁気力が、反応を起こしている様が観察できるからです。 ブラックホールが電荷を持っているのか、 光子が質量を持っているのか、どちらですか? 又、 光子はコヒーレントを起こして∞個の光子が重なり合って、 「特異点」になる事が可能な存在ですが、 「何故」光子がボース粒子として振る舞い、 「無限大の密度まで」重なり合えるのか、今の科学で説明できますか? 学会の解釈を教えて下さい。 最後に、 コヒーレント状態の高エネルギーレーザー2本~複数本を、 「重なり合わない程度の超至近距離」に近づけた場合、 どうなるか実験結果があったら教えて下さい。 もし接近するなら、それは「光が重力効果の源となる力を持っている事」の証明となります。 粒子が生成されれば、それだけでもう宇宙のビックバン以前の姿が明らかになったことになります。 よろしくお願いします。 P.S もし私が面白い事を言っていると思うのでしたら、 それを「盗む」という恥ずかしい行為で果すのではなく、 しっかりと私と共同研究をしたい、などの提言を行って下さい。 私は既に、宇宙の進化に関する考えを得ています。 「光は質量がないとされているのに、何故ブラックホールに吸い込まれるか」よろしくお願いします。 又、2つ以上のレーザー光が、 「何らかの引力」によって接近するというデータがあるか、ないか、 大急ぎで実験してみて下さい。 もし「接近する」というデータが出たなら、 光の量子的効果によって重力が発生するということの証拠になります。 よろしくお願いします。 今回は盗作は許しません。 以上です。

  • 宇宙って将来収縮するって本当?

    高校程度の物理学はわかっているつもりなので、 細かいところまで教えてください。 まず、宇宙の始まりがビッグバンだったということは、 なんとなくわかります。たぶんそのビッグバンのもとになった 物体はいろんな物質が混沌とした状態でまじりあっているもの なのでしょう。それで、もちろんそれぞれが質量を持っているわけ ですから、点ほどのところに集中して静止しているはずもありません。それで、四方八方に散らばって行った。という現象がビッグバン。 そう解釈してます。 その後、それぞれ干渉しつつ大きな範囲で飛び散り、今の宇宙を 形どっているのでしょう。そして、あるところではブラックホールが 誕生し、そのブラックホールが周りにあるものを集めては、また 崩壊し、というのを繰り返しながら宇宙の歴史は刻まれているのでしょう。では、こんなに膨大な量の物質が存在する宇宙で、しかも それぞれが外へ向かって動いているのに、なぜ現代の科学者達は 宇宙が将来収縮するかもしれないと考えているのですか? その理由がよくわかりません。このくらいのレベルの僕にわかるような説明をおねがいします。 たぶん、ブラックホールが何個も重なって、大きくなって、 宇宙にあるもの全てを吸い尽くしてから、またビッグバンのように 崩壊しながら周りに物質をばらまくのでしょうか?

  • 万有引力

    素朴な疑問なんですが、万有引力の式で F=G(Mm/r^2) (G:万有引力定数、M:物体Aの質量、m:物体Bの質量 r:半径) と、あるじゃないですか。 ここで天体の重力を測る時、M(又はm)はいらなくなりますよね。 そしたら、F=G(M/r^2)となります。 この式が表すことは重力の大きさは質量に比例し距離(半径)に反比例するということになります。 質量の無い物体はありえませんから、rがどんなに大きくても重力は0にはならず、宇宙全域にかかることになります。 ここで、もしMが無限大だとしたら無限の重力が宇宙全域にかかるわけですから宇宙にあるすべての物質が引き寄せられてつぶされてしまいますよね。 ここまでは学校の物理の先生に聞いたのですが、質量無限大の天体なんて存在しないって言っていました。 でも、wikiで見たのですがブラックホールの中心に特異点ってものがあって、そこでは密度、重力が無限大になっているって書いてあったんですが、それだと上で言ったことのようにすべてがつぶされてしまうんじゃないですか?

  • 「密度」を小学生にわかりやすく説明するには・・・

    こんにちは 私は教員養成系の大学に通っている大学1年です。 先日課題がでまして、それは密度についての課題です。 早速「密度」で検索したところ、「単位体積あたりの質量」と出ました。こんなふうに説明しても、小学生にはわかりづらいですよね。 そこで質問です。 「密度」を小学生でもわかるような言い回しで説明するにはどのようにしたら良いでしょうか? お願いします。

  • 仮の話として・・・

    ちょっと疑問に思ったので質問させていただきます。 太陽が燃え尽きると、爆発して新しい星の原料になりますよね。 では、私たちが住んでいる  この宇宙の中の全ての太陽(全ての恒星)が燃え尽きた後は どのような世界になるのでしょうか? 1.暗黒の絶対0度に近い宇宙が残る。宇宙の縮小は無い。 2.宇宙の縮小が始まる。でも、一定の大きさで縮小が止まる。 3.宇宙が縮小し、ビッグバーン以前の状態に戻る。 4.宇宙が縮小し、超巨大なブラックホールが1つ発生する。 5.宇宙が縮小するが、一定以上の密度を越えた時点で再び核融合が始まる。 6.その他の説が有れば、教えてください。 7.別の宇宙が存在しない場合と、 別の宇宙が存在する場合では結果が違う。  など

  • この世はループ?

    この世のループについて、皆さんに質問、意見等を聞かせて頂きたいです。 個人的な推測でも構いません。 私が小学生の時に先生から聞いた話ですが… 宇宙の1サイクルは400億年。 始まりのビッグバンの時に異常に圧力の掛かり過ぎた星が存在し、その星の重量は光さえも脱出できない程凄まじいもの。(そもそもそんな星に光源が存在するとは思えませんが、ものの例えです。) 光が出られない、吸収してしまう為、真っ黒に穴が開いている様に見え、それがブラックホールである。 そのブラックホールは次々と周りの物を吸い寄せ、次第に大きくなり、やがて広がり続けていると言われている宇宙をも飲み込んだ瞬間、宇宙全体がブラックホールとなり、キャパシティーオーバーに依り爆発(ビッグバン)。 この1サイクルが400億年である。 なので400億年前にも、そして400億年後にも私はその時と全く同じこの場所で、皆様に同じ質問をしているのです。 デジャヴはご存知ですよね? 初めて行く場所、初めて見る光景の筈なのに、何故か何処かで見た事があるような… の、アレです。(笑) デジャヴは400億年前の記憶が(物理的には到底考えられませんが)時空を超えて、また自分自身に宿る事に依り起こる現象だそうです。 よく【運命の人】等と言いますが、それも400億年前に結ばれた記憶なんですかね^^ あーロマンチック(*´艸`*) アニメのエヴァンゲリオンでもループ説があります(シンジがマリと衝突した瞬間に逸脱しますが)←関係ないやろ(-_-) とまぁ話が逸れてしまいましたが、私は今まで宇宙、ブラックホールに関する番組、記事等見てきましたが、この話以上に納得できるものはありませんでした。(所詮は仮説ですが) なので、この話に対しての意見を皆様に聞かせて頂きたく、質問させてもらいました。 宇宙に詳しい方、宇宙が好きな方、ロマンチストの方(笑)、回答お願い致します^^