解決済み

電導ゴム接点の復活方法について

  • 困ってます
  • 質問No.7844610
  • 閲覧数5475
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 83% (88/105)

FAX付きの骨伝導電話機(子機)の押しボタンダイヤルの一部が、効かなくなっています。
メーカーでの修理期間は終了していますので、何とか自分で修理したいのですが。
電話機を分解し、電導ゴム接点を接点活性スプレーで洗浄したのですが、思う効果が得られません。
骨伝導つき電話機で重宝に使用していましたの、何とか修理したいのですが、いい修理方法を教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 31% (3782/11946)

こんにちは。

導電性のゴム接点が接触不良になった場合に確実な復活方法は、ゴム接点に「アルミ箔を貼ること」です。

具体的には、キッチン用のアルミホイルの片面に両面テープを貼り、ゴム接点の大きさにハサミなどで切り取ります。

そして、両面テープの剥離テープを剥がせばゴム接点に貼れますから、ゴム接点の電気的導通は復活します。

その他、金箔など導電性の金属箔なら何でも良いですが、最も身近で手軽なのはアルミホイルではないでしょうか?

この接点復活法は、各種リモコンや電子辞書などに古くから応用してますが、アルミ箔を使ったことで不都合(故障など)が生じたことは過去に一度もありませんから、自信を持ってお勧めします。
補足コメント
919anser

お礼率 83% (88/105)

電導ゴム接点が平仮名の「い」のような形状になっています。
全面的に「い」を覆う様に貼付しますか、またはゴム形状に合わせ、細く切り抜いてそれぞれに貼付するのでしょうか。
どちらがベターですか教えて下さい。
投稿日時 - 2012-12-15 11:53:53

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 31% (3782/11946)

ANo3です。

補足質問を頂戴致しましたが、外出中だった為に回答が遅れて申し訳ありませんでした。

ゴム接点が「い」の形状とのことですが、その形状にアルミ箔を切り取って貼り付ければ大丈夫です。

但し、ゴム接点に接点復活剤のようなスプレーをしたとすれば、粘着テープが剥がれ易いですから、アルコールなどで汚れを綺麗に拭き取ってから貼り付けてください。

ゴム接点を囲うように貼り付けられるようなら、囲うように貼り付けても差し支えないですが、アルミ箔はあくまでも導電性カーボン塗料の代わりですから「余分なアルミ箔は基板側の接点に接触すると誤作動の原因」になりますので、ゴム接点の形状が好ましいです。

また、押しボタンの使用頻度が多いとアルミ箔が破れることがありますから接着剤で貼ることは避けてください。

この方法は、30年前頃のファミコンの「コントローラのゴム接点が駄目になった時から長年の実績があります」から確実な方法です。
  • 回答No.4

No.3の方の意見に補足です。

私は両面テープは使わずに↓アルミテープを使います。http://lure.adobx.com/tekunikku/arumi1.html
切って貼るだけです。安くて簡単です。
お礼コメント
919anser

お礼率 83% (88/105)

早速のご指導有難う御座いました。また、テープの種類まで教えて頂き有難う御座いました。早速試してみます。
投稿日時 - 2012-12-16 11:10:47
  • 回答No.2

ベストアンサー率 40% (856/2135)

導電ゴムを使った接点の場合、相手の接点がカーボン印刷のものが多く、このカーボンがすり減る為に接点不良になる事が多いのです。
この場合、修理する事は困難です。

すり減った部分を導電性の塗料で塗り替えることで回復するかもしれませんが、やった事が無いので保証はできません。
http://www.guitarworks.jp/fs/guitar/3211
お礼コメント
919anser

お礼率 83% (88/105)

早速ご指導頂き有難う御座いました。導電性塗料の入手方法が、よくわかりません。まず、他の方から頂いたご意見(銀紙貼付)が簡単そうなのでその方法を試してみます。ご指導有難う御座いました。
投稿日時 - 2012-12-16 11:03:01
  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (101/403)

ゴム接点の接触抵抗が増大して反応しないか反応が鈍くなったんですよね。
私も同様の経験がありますが、修理は中々上手くはいきませんでした。
洗浄などは行ってみましたが、そもそもゴム素材が変質しているようでダメです。

導電性塗料を塗ると一時的には使える用になりますが、やがて導電性塗料がはがれます。
導電性塗料は柔軟性がないからです。

一番確実なのは臓器移植ですね。
といっても構造的にそれが不可能な場合もあるのですが、私の場合は滅多に押さないボタン部分のゴムを薄くスライスして、ダメなボタンも薄く切って、シアノアクリレート系接着剤でくっつけました。
ゴムなので凄く良く付きます。
お礼コメント
919anser

お礼率 83% (88/105)

早速ご指導頂き有難う御座いました。こんな方法があるとは、想像もしていませんでした。びっくりしました。
他の方からいただいたご意見(銀紙貼付)が簡単そうなので、まず試してみます。上手くいかなければ臓器移植を考えます。
ご指導有難う御座いました。
投稿日時 - 2012-12-16 10:57:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ