• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

塩の加水分解について(化学1)

独学で化学を勉強しております。 参考書に、CH3COONaは、弱酸と強塩基の塩であるから、その水溶液は以下のように加水分解して塩基性を示すとあります。 CH3COO- + H2O → CH3COOH + OH- ...(1) この仕組みは理解できました。 しかし、CH3COO-と電離したNa+はどこにいくのでしょうか? 私は次のように考えました。 Na+ + H2O → NaHO + H+ ...(2) これが正しいとなると、酸性を示すことになります。 よって、(1)(2)式の合計により、液体全体では中性になってしまうのではないでしょうか。 この仮説のどこが間違っているのか、ご教示頂けると幸いです。 それではよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数614
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • 101325
  • ベストアンサー率80% (495/617)

> CH3COO-と電離したNa+はどこにいくのでしょうか? どこにも行きません。Na+のまま水溶液中に漂っています。 Na+はものすごく弱いブレンステッド酸なので、  Na+ + H2O → NaHO + H+ ...(2) の反応は事実上起こりません。もうすこし丁寧にいえば、水和したナトリウムイオン [Na(H2O)6]+ が ものすごく弱いブレンステッド酸で、加水分解の平衡  [Na(H2O)6]+ + H2O ⇔ [Na(OH)(H2O)5] + H3O+ が著しく左に偏っているため、(2)式の反応は全く起こりません。 > この仮説のどこが間違っているのか、ご教示頂けると幸いです。 (1)(2)式の反応が完全に進行する、という仮定が間違っています。 (1)式の反応は少しだけ進み、 (2)式の反応は全く進まない、 と考えると、 (1)式の加水分解により少しだけOH-が生成して、 (2)式の加水分解によるH+の生成がない、 のだから、水溶液は少しだけ塩基性になります。 なお、 (1)式の反応がほぼ完全に進む、 と考えると、CH3COO-のほとんどがCH3COOHの形に変わって溶液が強塩基性になる、というおかしなことになってしまいますから、間違えないように注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

論理的にわかりやすい解答をどうもありがとうございました。 よく理解できました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • KURUMITO
  • ベストアンサー率42% (1835/4283)

酢酸ナトリウムは酸と塩基の塩ですので水に溶解すれば次のように完全に電離しますね。 CH3COONa →  CH3COO- + Na+ 上の式とお示しの(1)式を重ねて考えれば CH3COO- + Na+ + H2O →  CH3COOH + OH- + Na+ 上の式で反応がほとんど右側に進んだとしても発生したOH-イオンは酢酸ナトリウムとして加えたNa+イオンとつりあっているのです。 ナトリウムイオンが水と反応してといったことは起こりません。食塩である塩化ナトリウムの溶液が酸性になるなどのことは起こりませんね。Na+イオンは水の中で極めて安定に存在します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お陰さまで理解することができました。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.1

お手持ちの参考書の記載ではいささか分かりにくいと私も思います。 酢酸ナトリウムを水に溶かしたときの化学式としては CH3COONa + H2O → CH3COO- + H+ + Na+ + OH- ・・・(1) と表すべきで、系内に4種類のイオンが存在することになります。 で、このうち後半の2つ、すなわちNaOHですが、これは強塩基なので ほぼ全てが Na+ と OH- に電離しています。 一方、前半の2つ、すなわちCH3COOHについては、弱酸ですから、 ほとんどが電離せず CH3COOH という形で存在しています。 ですから、式(1)を現実の状態に近いように表すと、 CH3COONa + H2O → CH3COOH + Na+ + OH- ・・・(2) というように、系内に OH- が過剰に存在するので、 塩基性を示すことになります。 覚え方としては、単純に「弱酸+強塩基=塩基性」「強酸+弱塩基=酸性」 と考えておけば間違いないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お陰さまで理解することができました。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 正塩

    CH3COONaが塩基性だというのを示す化学反応式で (1)CH3COONaは水溶液中で電離している。 CH3COONa→CH3COO- +Na+ (2)弱酸のイオンが水と反応して弱酸が追い出されてくる。 CH3COO- +H2O→CH3COOH+OH- (1)+(2)・・・・・・・ というやつで 弱酸のイオンが水と反応して弱酸が追い出されてくる。 と書いてありますが、なぜなのでしょう?

  • 弱酸と弱塩基からなる塩の水溶液の液性

    弱酸と弱塩基からなる塩の水溶液の液性はどのようにして調べられますか? 強酸(強塩基)と弱塩基(弱酸)からなる塩の場合、 例えばNH4Clであれば、水溶液中で電離し、 NH4Cl → NH4^+ + Cl^- さらにNH4^+が加水分解し、 NH4^+ + H2O ⇔ NH3 + H3O^+ となって酸性であることがわかります。 しかし、弱酸と弱塩基からなる塩の場合、 例えば、CH3COONH4であれば、水溶液中で電離し、 CH3COONH4 → CH3COO^- + NH4^+ 両方がさらに加水分解し、 CH3COO^- + H2O ⇔ CH3COOH + OH^- NH4^+ + H2O ⇔ NH3 + H3O^+ となり、平衡式が2つ出てきてしまうため、 どのように考えればいいのかがわかりません。 いくつかの文献やウェブサイトを見たのですが、 CH3COONH4は中性であるとしか書いてなく、なぜそうなるのかがわかりません。 また、(NH4)C2O4も同じく弱酸と弱塩基によってできていますが、 こちらは酸性になるとありました。 同様になぜそうなるのかが書いてありませんでした。 どのように考えればいいのでしょうか。 上の2つを例に詳しく説明していただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 加水分解の式が分からない

    加水分解の式で弱酸、弱塩基から生成したイオンはHやOHと結びつきにやすいとあります。 式が、  H2O→←H+OH  CH3COOH+H→CH3COOH +__________  CH3COO+H2O→←CH3COOH+OH と書いてあるのですが、 酢酸と水素イオンがくっついたり、くっつかなかったと不安定な状態なのでこの式なのでしょうが、足し算をしているのだから CH3COO+H3O→←CH3COOH+H2Oとならないのでしょうか。 ただテキストが理解しやすくするためにこう書いてるだけなのかな。 ご指導お願いします これは反応がいったりきたりする

  • 酢酸イオンの加水分解

    酢酸ナトリウムが電離して生じた酢酸イオンCH3COO^- が加水分解するとき、 CH3COO^-+H2O ⇔ CH3COOH + OH^- の平衡が成り立ちます。このとき、平衡がかなり左に寄っているらしいのですが、それはなぜなのでしょうか?むしろ酢酸は弱酸(電離度<<1)で、 H^+ を出しづらいから右に寄ると思うんですが・・・ ご解説お願いします。

  • 加水分解について

    酢酸ナトリウムの加水分解についてなんですが、教科書には次のように説明されていました。 酢酸ナトリウムはイオン結合の物質であるから水中ではほぼ完全に電離する ここでCH3COO-は弱酸のイオンであるから一部は水分子からH+を奪ってCH3COOHになる。 その結果、OH-がH+より多く存在するので塩基性となる。 ほぼ理解できるのですが、一つだけ良く分からないところがあって、酢酸ナトリウムが電離することによって現れるNa+は新しくできたOH-とは反応することは無いのでしょうか? 友人に聞いてみてもそもそもそんなところを気にする人すらおらず、よくわかりません。 どなたか教えていただけないでしょうか。お願いします。

  • 塩と塩の液性(酸・塩基)

    水に溶解させたときの塩の液性 強酸と強塩基からできた塩は中性 弱酸と弱塩基からできた塩は中性 強酸と弱塩基からできた塩は酸性 弱酸と強塩基からできた塩は塩基性 とあったんですが、「塩の液性」とあるのに、塩が塩基性だとか、酸性だとか いうのはどういうことなのかわかりません。 これは液性のことをいってるのではなく、塩の性質のことをいってるので しょうか・・・?? 酸性塩でも液性は塩基性を示すものだってありますし、 混乱しています。 もうひとつ質問ですが、 CH3COONa + HCl → CH3COOH + NaCl 酢酸ナトリウムも塩酸も0.1mol/lずつです。 酢酸が加水分解しないのは、H+がHCl由来のものだからなのでしょうか。 しかし、Na2CO3 + HCl → NaHCO3 + NaCl Na+ + HCO3- + H2O → H2CO3 + OH- Na+がOH-と結合しないのが不思議なんですが・・・ Na+は強塩基由来ではないですよね? 酸塩基は混乱することがいっぱいで意味がわからなくなってきました。

  • 加水分解

    加水分解CH3COO(-)+H2O→CH3COOH+OH(-) って式についてなのですが右辺CH3COOHとOH(-)っていうのは中和してしまわないのでしょうか????

  • エステルの水酸化ナトリウムによる加水分解

    あるエステルがR-COO-R’としてNaOHで加水分解すると R-COONaとR'-OHができるそうですがNaOHは電離するとNa+とOH- なのにどうしてR-COOHとR'-ONaにならないのでしょうか?

  • 「塩の加水分解」という用語について

    塩の水溶液の液性を考えるときによく「加水分解」という言葉が使われます。 本によっては塩化ナトリウムは加水分解されないが酢酸ナトリウムは加水分解されるという表現も使っています。NaClはイオンに別れて存在しているだけですが酢酸ナトリウムは水との間で CH3COO-+H2O→CH3COOH+OH-   の反応が起こります。イオン性物質が水に溶けるとイオンに別れて存在します。酢酸ナトリウムは塩化ナトリウムの変化よりの1段階変化が多いということになります。 この変化に対して「加水分解」という用語を使っています。でも水によって分解は起こっていません。エステルの「加水分解」は意味がハッキリしています。エステルの結合が水によって切られています。 塩に対するこの加水分解という用語は間違っていると思います。 アレニウスの電離説以前の電解質のイメージが長いこと使われていました。未だに食塩の分子式とか分子量とかの言葉を使う人がいます。 ファラデーは電解質を電圧をかけたときだけイオンに別れる物質と考えていました。NaClという分子で存在すると考えていても食塩水が中性であるということでは変更の必要はありません。ところが酢酸ナトリウムはアルカリ性を示すのでどうしても水との反応を考えないといけません。だから「加水分解」というのは水によってCH3COONaの結合を切ってしまう変化だと考えていたのだと思います。 上の式ではなくてエステルの加水分解と同じように考えた次の式だということになります。 CH3COONa+H2O→CH3COOH+NaOH   (応用分野の化学のテキストの中ではよく見る式です。) アレニウスが電離説を出してから100年以上経っていますが未だにイオンと分子が混乱した使われれかたをしています。塩の「加水分解」はこの混乱に基づいた用語ではないでしょうか。

  • 化学 中和

    中和のことを考える時に、電離度が関係ないという話と、塩の加水分解が起きるから中性になるとは限らないという話がごちゃ混ぜになってしまいます、、この2つはどういう関係性でしょうか? 例えばNaOHとCH3COOHの中和であれば、H2Oになる反応が次々と起こるから結局CH3COOHのH+が全て使われ、電離度は関係ないということだったと思います。 しかし、塩の加水分解でCH3COOHに戻ってしまうものもあるから、結局OH-の濃度が高くなり、中和した水溶液が塩基性になると思います。 この2つの話がうまく噛み合いません、、質問がはっきりしてなくて申し訳ないですが、アドバイス頂けると幸いです。