• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

南海トラフ地震の津波対策は防波堤しかないのでは?

南海トラフ巨大地震の死者は32万人(津波は23万人、建物倒壊8万人)とのことです。 建物は耐震補強工事で倒壊が防げますが、問題は津波です。高台に逃げる等ソフト面の対策では限界があります。 静岡、愛知、三重、和歌山、高知の沿岸に高さ15mの防波堤(上は道路)を延々と築くしか無いと思いますがどうですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1091
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • madausa
  • ベストアンサー率28% (320/1133)

南海トラフは陸に近いですから津波はあっという間に来ます、東北のときほど時間的な余裕がありません。静岡、高知などは地震発生後5分以内に津波が到達します。5分以内ってのは下手するとまだ揺れてる途中ですから、仰るとおり高台へ避難するのは困難です。 防波堤は発電所などの重要施設を守る程度しか用意できないでしょうから、他の回答にあるようにはじめから高台にいるしかないかもしれません。ですが、沿岸部に住む人が「そうですか」と高台に引越せるはずもない。港湾の施設や工業地帯をいまさら閉鎖するのもムリです。 建物など住居が流されるのは諦めるとして、最低限の人命を守る措置として堤防より避難用の高台を作るほうが現実的かもしれません。高知、静岡など避難時間を稼げない地域は避難用のコンテナ(水に浮くやつ)を世帯数に応じて設置するとかですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 >5分以内ってのは下手するとまだ揺れてる途中ですから、仰るとおり高台へ避難するのは困難です。 高台に逃げる時間もないのですね。 >建物など住居が流されるのは諦めるとして、最低限の人命を守る措置として堤防より避難用の高台を作るほうが現実的かもしれません。高知、静岡など避難時間を稼げない地域は避難用のコンテナ(水に浮くやつ)を世帯数に応じて設置するとかですかね。 避難用の高台は見たことがあります。(徳島県牟岐町)納得です。

関連するQ&A

  • 南海トラフ地震の津波対策は移住しかないのでは?

    南海トラフ巨大地震の死者は32万人(津波は23万人、建物倒壊8万人)とのことです。 建物倒壊は耐震補強工事で防げますが、津波を確実に防ぐ方法はありません。地震は100年~500年のスパンで繰り返し発生します。 最も効果的な津波対策は津波地区には人は居住しないようにすることではないでしょうか? 建築基準法を強化し津波地区は建築禁止(どうしても移住できない水産加工等の施設は鉄骨構造で1Fは柱のみの駐車場)とするしか無いのではと思いますが皆様はどう思われますか?

  • 高さ50cmの津波が来るから高台に避難??

    どうしても理解できないことがあります。 大きな地震が発生すると、津波の発生が予告されます。 テレビを見ていると、画面の端に津波が来る区域が表示され、 アナウンサーは「津波が来ます、高台に避難して下さい」と連呼します。 しかし、予想される津波の高さは、いつも30cmとか50cmとか、非常に小さい値なのが納得いかないのです。 だって、海面って、低いじゃないですか。 普通、港に行けば、海面は防波堤から軽く2~3mは下です。 海面まで30cmとか50cmとかしかない防波堤なんて、まずお目にかかりません。 防波堤を超える津波でなければ、高台に避難する必要なんてないはずです。 本件、いろいろと調べてみたのですが、 「たとえ50cmでも、引き波の力は凄まじい。立っていられず、流される」 「高波と津波は違う。津波の幅は数kmから数十kmにも及び、破壊力が桁違い」 「大潮や満潮の場合は50cmでも被害が出る」 などの回答で、質問者は納得?して引き下がってしまっていますが、 私にしてみれば、防波堤を破壊でもしない限り、水が防波堤を超えてくることなどないのだから、 上記のような回答はどれも的外れだと思います。 川(河口)の場合、高さ30cmでも幅が数kmあるような水量が押し寄せたら、 それが狭い川幅に絞り込まれ、高さ数mの河川敷を超える可能性はあるとは思いますが、 そのことを警告するならば「沿岸部の方は注意して下さい」でなく、「川沿いの人は注意して下さい」 にならなければおかしいですよね。 もしかして、50cmというのは、震源地での波の高さであって、 それが沿岸部に到達するまでに増幅して数mの高さになり、 防波堤を超えてくる、というものなのか? そうならば、沿岸部で高さ何mに達すると予報すべきではないのか? どなたか、高さ50cmばかりの津波が来るからといって 高台に避難しなければならない理由を教えて下さい。

  • 東日本大地震津波について。

    三陸地方沿岸の住民は過去に幾度も大津波で大被害を受けていたにも関わらず多数の死者と行方不明者を3月11日の津波で出したました。今回の津波でも被災地の復興計画に住居の高台移転を画されているにも関わらず今まで済んでいた津波に流された海岸付近の土地に住む人がいます。大津波の被害からの過去の教訓が生かされないのは何故でしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • vauro
  • ベストアンサー率0% (0/1)

静岡、愛知、三重、和歌山、高知の沿岸に高さ15mの防波堤(上は道路)を延々と築くしか無いと思いますがどうですか? 高知市に在住しております。300年、1000年に一度の災害に備えての防波堤、必要以上に美観を損ねる作り物は無用ですまた作れたとしても役に立つのかも疑問ですね。 その時代に生きたのが不幸と諦めなくちゃね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.4
  • mrst48
  • ベストアンサー率9% (303/3050)

最悪のシナリオへの対策には 莫大な費用が掛ってしまい、ムリだと思います。 地震が来たら逃げる。 これが最良なのかも知れません。 津波は来ないに越したことはありません。 ただ、津波が来て欲しくない、来ないと思いたい、と 考えてしまうのも事実だと思います。 この考えを無くして、逃げる事を躊躇しないようなもの。 例えば、避難中の空き巣等の被害を補償する保険。 難しいかも知れませんが、このような避難の最中に 安心出来る体制も、避難を躊躇させないことに つながると思いますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.3
  • E-1077
  • ベストアンサー率25% (3255/12613)

 三陸の惨事を忘れましたか?  防潮堤・防波堤は時間稼ぎにしか過ぎないんですよ。  10Mの津波ならあっという間に超えます。  どんなに高くしても無駄です。というか1000年に一度の災害想定の為に景観を失うのは嫌だとか、反対論も出そうですね。  早いところで地震のあと二分で津波が到達するそうですから。  建物自体の倒壊が免れても、室内が散乱すれば脱出も不可能になるんです。  そうやって皆・・・・津波で流されたんです。  机上の空論。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

  • 回答No.2

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2004?page=3 防潮堤ですか。 被災地の防潮堤を見ましたけど、20m級の防潮堤が粉々になっていました。 費用対効果を考えると、防潮堤は効率が悪いですね。 最近だと、防潮林が安くて近い程度の効果があるという研究もあるようです。 >高台に逃げる 最初から高台に居るという選択肢の方が増えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>費用対効果を考えると、防潮堤は効率が悪いですね。 素人目にも新東名の10倍はかかりそうですね。

  • 回答No.1

海の無い県に引っ越せばいい。岐阜は死者数少ないでしょ せいぜい密集地の火災程度 過疎地の山岳近隣のがけ崩れ 濃尾平野に家建てれば、せいぜい長良川の氾濫程度で済むよ。 かといって人口増えても欲しくはないんだけどね。 安全は金で買うもので 環境一緒で都合よくなんて馬鹿な話はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。

関連するQ&A

  • 津波の恐れのある海岸の漁業関係者の家は、

    管総理が、津波によって被害を受けた沿岸部の住居を高台に住宅地を建て、港へ 通勤する様な形に、とニュースに載っていたが、地形によっては数キロも離れないといけないですね。 私が考えた案は、 高層ビル、少なくとも10階建て以上位の言わばマンションの様な耐震計算の出来た建物を、 【ここからが大事!】ビルの長辺方向を海岸方向に垂直に向け建設し、 海に反対方向には広い外階段を3~4階まで設け階段からビルへの入口には扉を設置しない。 また海側の壁には3~4階位までは窓を設けず、 海側の壁の厚さは鉄筋コンクリートで50cm以上(ここ等は本職に任す?)とする。 ガス電気、上下水道は全て地下下水道管内にフローティングに設置する。 概念としたら、煙草の箱を海側に縦に向けて何棟も横に並べた様な形で分かって貰えるだろうか そして、このビル群が数十棟と多数になった場合、ビルの配置を市松に配置する。 消波ブロックは津波に対してはかえって悪影響が出るとか、そして10M,15Mの津波に 堪え得る防波堤を作る、その経費、その存在での不便さ、コンクリート自体の劣化、 自然災害の及びもつかない力に対して正面から防波堤で受け止めようとする考えは 得策ではないと思います。 波が来る方向に対してだけ強靭に、後の波はやり過ごす様にする事が1番と考えます、 ビル群は順次建設して行けば、建築年からの老巧化で順次建て替えて行けば 良いのであって、10メートルの防波堤を作ったからと言ってそれが千年持つ筈はないと思います いかがなもんでしょうか?

  • 災害時建物等に挟まれて逃げられない被災者への考慮は

    はだしのゲンを見ましたが、マンガ内では原爆の衝撃で潰れた家などに挟まれて逃げられないまま焼け死んだ描写があり、それゆえ現代でも巨大地震が発生すれば、潰れた家などに挟まれて逃げられないまま火や津波に飲み込まれ、死者が想定を大きく超えることが懸念されています。 メディアでは南海トラフ地震が発生すれば最大約32万人の死者が発生するとされていますが、実際に発生すればはだしのゲンのように地震で潰れた建物に挟まれて身動きすら取れないまま津波に飲み込まれる死者が出ることも想定され、100万人以上の死者が発生するのではとまで懸念しています。同じように発生が懸念される首都直下地震も同じ懸念があります。 原爆投下当時は今ほどの強靭な建築技術も厳しい耐震基準もなく、地震では起こらない凄まじい爆風も発生していたそうですが、倒壊した建物に挟まれ逃げるところか身動きも取れない被災者が発生する恐れがあることについては、考えていないのでしょうか? 東日本大震災ではそういう話は聞きませんでしたが、阪神大震災ではそうした事例があったそうです。なので、南海トラフ地震や首都直下地震対策には倒壊した建物に挟まれる恐れがあることも考えなければならないと思うのですが…

  • 地震が生じたとき建物が受ける影響について

    仮に強い地震が起きたとき建物(木造一戸建て住宅とする)に影響を及ぼすことがあるかもしれませんが、その影響がどのように起きるかの目安を以下に書いてみました。いかがでしょうか。 なお、欠陥住宅やシロアリに著しく土台を荒らされている場合などは除きます。 ・震度5弱:耐震補強を行っていない築40年~50年のような建物(以下パターン1と記載)でも倒壊等の危険性は低いか。ただ、それ以上の築年数の場合はわからず、同時に50年以下でも建物にひびが入ることや塀が壊れることなどはありうるか ・震度5強:パターン1のような建物の場合、ひびが入ることなどはありうるか。また、それ以上の築年数の場合倒壊はなくても最悪傾くケースが若干ありうるか。 ・震度6弱:パターン1のような建物の場合、ひびが多く入る確率が上がるか。また、傾くことや倒壊も生じ始めるか。同じ築年数でも、建てた人や企業次第要素が出てくるかもしれない。一方、耐震補強している場合は基本的に影響はほぼなく、あってもひびが入る程度か。ちなみに、塀などは倒壊する(補強等している場合を除く)ケースが多くなるか。 ・震度6強:パターン1のような建物は、多くが傾くことや倒壊する危険性が高まるか。一方、耐震補強している場合はひび割れがそれなりに生じたとしても影響は少ないか。耐震補強有無の影響が大きく生じうる震度か。 ・震度7:耐震補強等してどこまで、が基本か。

  • 「津波」に関するいくつかの質問

    昨夜、オホーツク海で大きな地震が発生し広範囲の沿岸部に津波警報・また注意報が発令されました。幸いにも大きな災害にはなりませんでしたが、以前から津波に関していくつか疑問点があったので質問をさせてください。 (1)大概の防波堤は、満潮時であっても海面プラス1メートル程度は高さがあるのに、津波の大きさが50cmとか70cmでそこまで大騒ぎをする必要があるのでしょうか?津波とは、確かに何回も押し寄せるものだとは分かりますが、現在の潮位から50cmあがるだけで何か災害につながるとは思えないのですが。 (2)あれほどニューズで『一刻も早く高台に避難して下さい。海岸や港や河口付近には絶対に近づかないで下さい。』と何回も何回も放送しているにも関わらず、市とか町の防災担当らしき人(警察でも消防でもない、一般に近い人)が、防波堤でモノサシみたいなもので 『ただいま○○cm潮位があがりました~』なんて生中継でやってましたが、今すぐに避難しなくてはいけないくらい深刻な事態なのに、 港でそんな行動をしていること・またそれをTV局のカメラとかアナウンサーなどスタッフがぞろぞろ取材していることは非常に理解に苦しみます。 そんな映像が全国に流れるから真剣に避難しようとしない人が多いと思うのは私だけなんでしょうか?少なくても数年前の三原山の噴火の時などは火口まで温度を測りに行かれる人はいなかったと思うのですが。 非常に単純な質問で申し訳ないのですが、どうしてもアタマをすっきりとさせたいので明快な回答をお願いしたいです。

  • 東北大震災での耐震について

    今回の東北大震災で、震災された方は大変ご苦労されていると思います。 リフォーム業者として耐震について教えてください。木造がメインです。 映像見ていますと、津波により建物が殆ど流されています。 流された後の画像で、基礎が残っている分譲地のような地域。 基礎に土台柱が付いて、アンカーボルトも残っているが、剥ぎ取られているような画像 これらを見て、このときの震災は、地震がきて30分後に津波により建物が持って行かれています。 そうしますと、地震で建物は倒れたのか、新旧でどうなのか。 たとえば耐震等級3なら倒壊しなかったけど、津波で持っていかれたのか。 低い耐震の規定ではどうなのか。残った建物もあったが、津波で持っていかれたのか。 M9の地震では防ぐこと出来ないのか。津波の被害も木造建物だけで防ぐのは無理なのか。 SRCの建物は残った地域もあると聞き、ある学校では海に向かって船のほさきのようにV型で建築されていて、津波が両側に逃げて、被害が少なかったとも聞きます。 日本列島が地震の繁盛期に入ったとの報告もあります。 NHKの「メガフレーク」も地震と津波の相関性を報道していました。 今回の地震、津波が大きな実物検証となりました。 これについての調査報告がなされたとも聞いていません。 検証されているものがあるのか、今の耐震で問題ないのか。分かりましたら教えてください。

  • 今年の冬、南海トラフ地震が来そうなのですか?

    こんなのがありましたけど。 世界的科学誌『ネイチャー』に発表された驚愕の調査結果「南海トラフ巨大地震が来る」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36707 実はいま、このGPSの観測網に、驚くべき異変が観測され始めていると村井名誉教授は話す。 「今年1月からの、四国周辺に設置されている複数の電子基準点の動きを見ると、6月以降、我々が警戒すべき移動幅と考えている値を超える動きをする観測点が急速に増え始めている。 愛媛県の宇和島から高知県室戸、和歌山県金屋まで、きれいに南海トラフに並行して異常値が出ています。東海、東南海では異常が出ていないので、3連動ではないけれども、南海トラフを震源とする南海地震が起きる可能性があるのじゃないかと思っているのです」 その地震の規模について、村井名誉教授とともに予知情報を提供している、地震科学探査機構(JESEA)の顧問を務める荒木春視博士はこう語る。 「南海地震の震源の断層の長さからすると、M7以上になるでしょう。沿岸部での震度は6強になる可能性があります。紀伊半島から九州までの範囲で津波が大きくなる危険性もある」 では、その地震はいつ発生すると考えられるのか。 「巨大地震の予兆は6ヵ月くらい前には出ますので、これから冬にかけてが警戒すべき時期と言えるでしょう。今年の12月から来年の3月までを警戒期間としたい」(村井名誉教授) 実は、この研究とはまったく関係のないところで、本誌は村井名誉教授らの予測と奇妙に符合する証言を聞いている。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授が語った、こんな言葉だ。 「これは学問的にはまったく解明されていないことなんですが……。歴史上知られている南海トラフ地震と思われる地震は13回あるんです。その13回はすべて、8月~2月にかけての期間に起こっている。不思議なことですが3月~7月の間には起こっていない。これがまったくの偶然で起こる確率は、統計学的にみて2%程度。しかし、原因はまったくわからない。 さらに言えば、13回のうち5回が12月に起きているんです。もし季節が地震に影響するなら、8月になれば危険シーズンに入り、12月が一番危ない、ということになるでしょう」

  • 南海地震の避難について

    私は和歌山市に住んでいます。 もし南海地震がきたらと思うと怖くてしかたがないです。2歳と0歳の子どもをつれてどこに避難したらいいかもわかりません。住友金属が近く加太も車で10分ほどです。建物も古いコンクリートの団地です。南海地震がきたら倒壊もこわいのですが津波がすごくこわいです。津波がきた場合どこに避難したらいいのでしょうか?津波はどれくらいの高さくるのでしょうか?わかる方教えてくれると嬉しいです。 避難するさいの注意点や荷物の内容も教えていただくと助かります。

  • 阪神間に再び直下型地震は発生するか

    先の阪神淡路大震災で内陸直下型地震に被災しているので、当分内陸直下型地震は訪れないものと思っています。東南海地震などのプレート境界型地震に対しては備えないといけないとは思いますが、阪神間は東南海地震の震源からは遠く、せいぜい津波に対して備えればいいだけで、住居の倒壊はないものと思っています。我が家は先の阪神淡路大震災のときには大きな揺れに直撃されましたが、倒壊はまぬがれました。したがって、耐震補強など必要ないと思うのですがいかがでしょうか。我が家は山の麓でもないので、地滑りの心配はなく、また海の近くでもないので津波の心配もないと思うのですが、どうでしょうか。

  • 東日本大震災・内陸部の建築物は大丈夫でしたか?

    今回の震災では津波被害の報道が大きく、内陸部の状況がよくわかりません。 今日のTVで、仙台にある三越の営業再開の様子が放送されていましたが、 オフィスビルやマンション、戸建てなどは、今回の地震でも大丈夫だったのでしょうか? 倒壊したという報道は聞きませんが… それともデパートは耐震がしっかりしているから無傷だったのでしょうか? 古い建物はどうだったのでしょう?

  • 木造賃貸住宅オーナー 地震被害の責任

    教えてください。 築40年(耐震診断・補強はしていない)の低家賃の2階建て木造アパート(10所帯)を持っている知り合いが気にしていたのですが、 1.地震が起きて建物が倒壊して、入居者が亡くなったりケガをしたらオーナーに責任がありますか? 2.もし責任がある場合とない場合があるとしたらどんな場合ですか? 3.間近の資金の無いオーナーとしては、いま何をしたら良いですか? お願いします。

専門家に質問してみよう