• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

dovecotからメールを取り出せません

現在、CentOS6 + dovecot-1.2.0-2el6_1.1 + postfixの組み合わせでメール環境を構築してあります。 ところが、昨日から突然クライアント(Windows上のThunderbird14.0)でメールが読めなくなってしまいました。 Thunderbirdを起動するとパスワードの入力を求められ、正しいパスワードを入力しているのですが、 「サーバ server.example.org へのログインに失敗しました。」 と表示され、もう一度パスワードの入力を求められます。 それを繰り返しているうちに画面右下のあたりに「サーバとの接続に失敗しました」と表示されます。 そこでWindowsPCから >telnet server.example.org 143 としてサーバにつなぐと * OK [CAPABILITY IMAP4rev1 LITERAL+ SASL-IR LOGIN-REFERRALS ID ENABLE IDLE START TLS AUTH=PLIN] Dovecot ready. と返事が返ってきます。 そこで A LOGIN ユーザ名 パスワード と入力すると * BYE Internal error occurred. Refer to server log for more information. と表示され、即効で ホストとの接続が切断されました。 と表示され、接続が切断されます。 logを見て確認しようと思ったのですが、dovecotがどこにメッセージをはいているのかわからず、ここままでお手上げになってしまいました。 ちなみに /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf には disable_plaintext_auth = no としてあり、 上記のユーザ名とパスワードはコンソールからログインするときに使うプレインテキストを使っています。 また、メール送信は問題なく、受信もhome/Maildir/new/の中のファイルを直接lessしたところ問題ないことを確認してあります。 今、別のアカウントを作って試してみたところ受信のエラーも出ず、telnetしてa loginしてみても a OK [CAPABILITY IMAP4rev1 LITERAL+ SASL -IR LOGIN-REFERRALS ID ENABLE IDLE SORT SORT=DISPLAY THREAD=REFERENCES THREAD=REFS MULTIAPPEND UNSELECT CHILDREN NAMESPACE UIDPLUS LIST-EXTENDED I18NLEVEL=1 CONDSTORE QRESYNC ESEARCH ESSORT SEARCHRES WITHIN CONTEXT=SEARCH LIST-STATUS] Logged in と表示され、無事ログインできます。 となると、私のアカウントのみがログインできない状態になってしまっているようです。 どなたか、ここが怪しいといった点でも結構ですので、ヒントをいただけないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4637
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Wr5
  • ベストアンサー率53% (2177/4070)

>もしよろしければ、コンテキストの変更方法を教えていただけないでしょうか? chcon --helpとか、man chconすると --referenceってオプションの存在に気付くかと…。 たしかディレクトリでもOKだったかと。 restorecond辺りがコンテキストとか戻してしまった…のかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々のご回答ありがとうございます。 chconについて調べてみて、コンテキストの書き換えは無事できました。 続いて、 # setenforce 1 にして、クライアントからメールを読み込もうとすると、またもエラーが出て、コンテキストが見たこともないものに書き換わってしまいました。 そこで、chconについてググってみますと似たようなコマンドでsemanageというものを見つけました。 そこで、 # semanage fcontext -a -t user_home_t:s0 /home/ユーザ名/Maildir # semanage fcontext -a -t user_home_t:s0 "/home/ユーザ名/Maildir/.*" # restorecon -R /home/ユーザ名/Maildir/ としてみたところ、コンテキストの書き換えがMaildir以下すべてのファイルとディレクトリについて出来ました。 すると今度はクライアントPCから無事読み込むことができました。 一応 # semanage fcontext -d -t user_home_t:s0 /home/ユーザ名/Maildir # semanage fcontext -d -t user_home_t:s0 "/home/ユーザ名/Maildir/.*" としても問題なく読み込むことができました。 これが、正解かわかりませんが、とりあえず使えるようになったというご報告まで。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • postfixとdovecotでメールサーバ構築

    postfixとdovecotでメールサーバ構築を行おうとしています。 送信はできているのですが、受信ができていないようです。 imapの認証エラーが出ていて解決ができません。 対処方法を教えていただければと思います。 http://kajuhome.com/postfix.shtml#n03 http://www.htkyama.org/netbsd/postfix.html を参考にしたのですが、上手くいきません。 postfixのmain.cfの末端に記述する内容が若干かわっていたりします。 現時点でエラーログが dovecot: imap-login: Aborted login (no auth attempts): となっています。 これはThunderBirdでアカウント登録をしようとした際に表示されます。 ターミナルソフトで #telnet localhost 143 として 1 login (Username) (Password) を入力してログインを試すのですが dovecot: imap-login: Disconnected: Inactivity (auth failed, 1 attempts): user=<(Username)>, method=PLAIN, rip=::1, lip=::1, secured とエラーログに表示されます。 どのように対処すればいいのか教えてください。 非常に困っていますのでよろしくお願いいたします。

  • Dovecot にpopで接続できません。

    LAN内のみのpopサーバーとして使用したいと思い、Fedora16 に yum で Dovecot を入れました。 バージョンは、rpm -qa dovecot の結果、 dovecot-2.0.20-1.fc16.i686 と出ましたので、Dovecot2 になります。 ところが、設定ファイルを記述し、systemctl status dovecot.service の結果では dovecot.service - Dovecot IMAP/POP3 email server Loaded: loaded (/lib/systemd/system/dovecot.service; enabled) Active: active (running) since Thu, 03 May 2012 18:07:26 +0900; 3 days ago Main PID: 2624 (dovecot) CGroup: name=systemd:/system/dovecot.service \u251c 2624 /usr/sbin/dovecot -F \u251c 2625 dovecot/anvil \u2514 2626 dovecot/log と running になっているにもかかわらず、Windows はもとより、当のサーバーマシンの X-window 上の Thunderbird からもPOP3に接続できず、LAN内のメールのやりとりができずに困っています。 telnet localhost 110 を試験してみたのですが、何の反応もなく、タイムアウトエラーになります。 /var/log/maillog の結果です。 May 7 10:21:15 Fedora16 dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2786, input bytes=0 May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=127.0.0.1, lip=127.0.0.1, secured May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: auth: Fatal: No passdbs specified in configuration file. LOGIN mechanism needs one May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling ここで、passdbs となっているのですが、LAN内のPOPなので、セキュアログインではないようにしているはずなのですが… vi /etc/dovecot/dovecot.conf protocols = imap pop3 vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf mail_location = maildir:~/Maildir vi /etc/dovecot/conf.d/20-pop3.conf pop3_uidl_format = %u vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf disable_plaintext_auth = no auth_mechanisms = plain login と、http://kajuhome.com/dovecot.shtml にあるように設定しました。 LAN内でPOPメールサーバーとして動作すればいいので、それほどセキュアでなくていいので、パスワードだけでログインできればOKなのですが… なにか設定の見落としがあるのでしょうか?

  • PostfixとDovecotでメールサーバ構築

    先日より、PostfixとDovecotを使用してメール環境整えようと作業を進めています。 そこで、認証にはSMTP-Auth設定 (sasldb2認証)を使用しているのですが、ユーザとパスワード設定したのち、 sasldblistusers2 を実行しましたが、しっかりとユーザを作成できているようでした。 /etc/sasldb2の所有グループもpostfixにしており、パーミッションも740に変更しました。 telnetで接続確認(telnet localhost 110)をし、上記で作成したユーザ名とパスワードを入れても認証に失敗します。 [root@centos ~]# telnet localhost 110 Trying 127.0.0.1... Connected to localhost. Escape character is '^]'. +OK Dovecot ready. user panasonic +OK pass ********* -ERR Authentication failed. Connection closed by foreign host. ログメッセージ Apr 3 11:42:53 centos52 dovecot: pop3-login: Aborted login: user=<cisco@centos.alhambr.mydns.jp>, method=PLAIN, rip=::ffff:127.0.0.1, lip=::ffff:127.0.0.1, secured Apr 3 11:43:11 centos52 postfix/smtpd[1930]: warning: xsasl_cyrus_server_get_mechanism_list: no applicable SASL mechanisms Apr 3 11:43:11 centos52 postfix/smtpd[1930]: fatal: no SASL authentication mechanisms Apr 3 11:43:12 centos52 postfix/master[1887]: warning: process /usr/libexec/postfix/smtpd pid 1930 exit status 1 Apr 3 11:43:12 centos52 postfix/master[1887]: warning: /usr/libexec/postfix/smtpd: bad command startup -- throttling Apr 3 11:51:24 centos52 postfix/smtpd[1971]: warning: xsasl_cyrus_server_get_mechanism_list: no applicable SASL mechanisms 何が原因なのでしょうか。アドバイスお願い致します。 -環境- postfix-2.3 dovecot-1.0 Centos5.4

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • Wr5
  • ベストアンサー率53% (2177/4070)

>できればSELinuxを有効にしたままで運用したいのですが、どなたかヒントでも結構ですので、ご教示をお願いいたします。 ユーザーのホームディレリクトリの下に置いているようなので… タイプとかその辺りの問題でしょう。 ls -laZ /home/ユーザ名/Maildir って感じで情報が出てくるかと。 chconコマンドで設定できるはずです。 # どう設定するのが正しいのか…については不明。 /var/log/audit/audit.logに何か残っているかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ご指摘いただいたログを見たところ、 type=USER_AUTH msg=audit(1345077764.478:34286): user pid=3369 uid=0 auid=500 ses=1 subj=unconfined_u:system_r:dovecot_auth_t:s0 msg='op=PAM:authentication acct="ユーザ名" exe="/u" hostname=xxx.xxx.xxx.xxx addr=xxx.xxx.xxx.xxx terminal=dovecot res=failed' という行が見られました。(ログの見方がわからないので、おそらくこの行だろうという行を書きました。) また、 ls -laZ ~/ としてみると(SELinuxに関する部分だけ記述します。) system_u:object_r:user_home_t:s0 .Drafts unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 new unconfined_u:object_r:user_home_t:s0 tmp といった具合に2種類のコンテキストが混在しています。 また、~/Maildir自体は unconfined_u:object_r:mail_home_rw_t Maildir となっています。 これが別のメールの読めるユーザに関しては system_u:object_r:user_home_t:s0 Maildir となっています。 ここら辺が怪しいなと思うのですが、コンテキストの変更方法がわからないため、手詰まりになってしまいました。 もしよろしければ、コンテキストの変更方法を教えていただけないでしょうか? また、正しいコンテキストをご存知の方がおいででしたら、ぜひそちらについてもお願いします。

  • 回答No.1
  • t_ohta
  • ベストアンサー率38% (3634/9484)

/etc/dovecot/conf.d/ の中に 10-logging.conf というファイルがありませんか? あれば、その中に log_path という設定項目でログの出力先が設定されていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 ご指摘いただいたファイルを見たところ、 plugin{ } の2行以外すべて#でコメントになっていました。 この場合、ログはどこに出力されるのでしょうか? /var/log/syslogあたりかと思ったのですが、そもそも/var/log/syslogが存在しません。 syslogに出力するような設定が必要なのでしょうか? よろしければ、そこらへんも含めてご教示いただけるとありがたいです。

質問者からの補足

ご指摘いただいたファイルを読んでいたところ、どうやら /var/log/maillog にログが出力されていそうだということがわかりました。 そこで上記のファイルを見ると Aug 16 17:08:25 サーバ名 dovecot: imap-login: Login: user=<ユーザ名>, method=PLAIN, rip=xxx.xxx.xxx.xxx, lip=yyy.yyy.yyy.yyy, mpid=9662, TLS Aug 16 17:08:25 bonito dovecot: imap(ユーザ名): Error: user ユーザ名: Initialization failed: Initializing mail storage from mail_location setting failed: stat(/home/ユーザ名/Maildir) failed: Permission denied (euid=500(ユーザ名) egid=500(ユーザ名) missing +r perm: /home/ユーザ名/Maildir, euid is not dir owner) Aug 16 17:08:25 サーバ名 dovecot: imap(ユーザ名): Error: Invalid user settings. Refer to server log for more information. となっていました。 (xxx.xxx.xxx.xxxはクライアントのIP、yyy.yyy.yyy.yyyはサーバのIP) euid is not dir owner という部分が気になったので調べてみたところ、どうやらSELinuxの問題らしいというところまでわかりました。 試しに # setenforce 0 とすると、Thunderbirdでメールが読めました。 しかし、 # setenforce 1 とすると、やはりエラーになってしまいます。 なんとかここまでは調べたのですが、ここで手詰まりになってしまいました。 できればSELinuxを有効にしたままで運用したいのですが、どなたかヒントでも結構ですので、ご教示をお願いいたします。

関連するQ&A

  • Dovecot ログインできない

    Dovecotを用いてメールサーバーを構築したのですが、ログインすることができません。 メールクライアントからログインすると、 Jan 14 02:22:38 USER dovecot: imap-login: Disconnected (auth failed, 1 attempts in 2 secs): user=<UserName>, method=CRAM-MD5, rip=ClientIP, lip=ServerIP, session=<SessionID> とのエラーのみがmail.logに記録され、接続することができません。 dovecot.confのauth部分は以下のようになっています。 passdb { driver = passwd-file args = /etc/dovecot/passwd } userdb { driver = passwd-file args = /etc/dovecot/passwd # Default fields that can be overridden by passwd-file #default_fields = quota_rule=*:storage=1G # Override fields from passwd-file #override_fields = home=/home/virtual/%u } passwdファイルには UserName:生成したCRAM-MD5 と記述してあります。 以上、よろしくお願いします。

  • telnetでパスワード入力、エンター後なにも表示されない!

    下記画面でログイン名とパスワード入力後、停止します。パスワードが間違っている場合ちゃんと「Logon failure: unknown user name or bad password. 」と表示されるのでログイン可能な状態であると思います。 原因ご存知の方、教えていただければ幸いです。 (下記Telnetの画面) Welcome to Microsoft Telnet Service login: administrator password:

  • さくらVPS 認証が通らない

    たびたび申し訳ありません。 先日、こちらで別のことで質問させていただき解決することはできたのですが、 ■前回質問内容 http://okwave.jp/qa/q7758038.html では、送受信が thinderbird では可能になったのですが、windows live mail で認証がとおりませんでした。 それから、設定を変更したのですが、それからというもの、認証が通りません。 変更点 CRAM-MD5 から PLAIN に変更 conf.d/auth-passwdfile.conf.ext に passdb { driver = passwd-file args = scheme=CRAM-MD5 username_format=%u /etc/dovecot/passwd } と書いていたものを args = の一行を args = scheme=PLAIN username_format=%u /etc/dovecot/passwd にしています。 -------------------------------------------- ▼直近の maillog -------------------------------------------- Oct 22 16:38:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:38:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2527 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:38:42 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=58.191.178.163, lip=xxx.xxx.xxx.xxx Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max connection rate 2/60s for (submission:xxx.xxx.xxx.xxx) at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max connection count 2 for (submission:xxx.xxx.xxx.xxx) at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:44 www0000ug(仮) postfix/anvil[2521]: statistics: max cache size 2 at Oct 22 16:35:24 Oct 22 16:38:54 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: open(/etc/dovecot/passwd) failed: Permission denied (euid=97(dovecot) egid=97(dovecot) missing +r perm: /etc/dovecot/passwd, euid is not dir owner) Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:39:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2530 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:39:59 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2526, input bytes=0 Oct 22 16:40:15 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2531, input bytes=0 Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: open(/etc/dovecot/passwd) failed: Permission denied (euid=97(dovecot) egid=97(dovecot) missing +r perm: /etc/dovecot/passwd, euid is not dir owner) Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling Oct 22 16:40:24 www0000ug(仮) dovecot: log: Error: service(auth): child 2534 returned error 89 (Fatal failure) Oct 22 16:40:45 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=58.191.178.163, lip=xxx.xxx.xxx.xxx Oct 22 16:40:54 www0000ug(仮) dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2531, input bytes=0 以上になりますが、ご教授いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • EC2のpostfix+dovecotのメール受信

    初めて投稿させて頂きます。宜しくお願い致します。 現在アマゾンのEC2において、「postfix+dovecot」を使用しメール環境を設置しております。メールの送受信がほぼできたのですが、メールクライアントからメールの送信のみが出来ない状態です。まる2日かかっても修正できず、あせっている状態です。下記が症状や各種設定詳細です。 ▼症状 1.outlook2003エラーメッセージ タスク 'test@xxxxx.la - 送信中'でエラー(0x800CCC0f)が報告されました: 'サーバーへの接続が中断されました。 この問題が引き続き発生する場合は、サーバー管理者かインターネットサービスプロパイダ(ISP)に連絡して下さい。 ※Winで2003、マックで2007の両方で検証したが同様のエラー 2.Maillog エラーは表示されず 3.その他  ・メールコマンドによるメール送信は内外にOK  ・phpのPearによるメール送信は内外にOK  ・各種メーラーによる送信ができず ■Outlook設定内容 ・電子メールアドレス:test@xxxxx.la ・受信メールサーバー(I):xxxxx.la ・受信メールサーバー(SMTP):xxxxx.la ・アカウント名:test ・送信サーバー  ・「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」をチェック  ・受信メールサーバーと同じ設定を使用する  ※認証不要でもテストしたが同様のエラー ・詳細設定 ・送信サーバー(SMTP):「25」と「587」にてテスト ・使用する暗号化接続の種類:なし ■AWS各種設定  ・Instance :Basic 32-bit Amazon Linux AMI 2011.02.1 Beta Small  ・OS :Amzon Linux  ・開放ポート :22/25/80/110/143/587  ・saslauthd :稼働中 ■postfix設定(# postconf -n 実行時結果) alias_database = hash:/etc/aliases alias_maps = hash:/etc/aliases broken_sasl_auth_clients = yes command_directory = /usr/sbin config_directory = /etc/postfix daemon_directory = /usr/libexec/postfix data_directory = /var/lib/postfix debug_peer_level = 2 home_mailbox = Maildir/ html_directory = no inet_interfaces = all inet_protocols = all mail_owner = postfix mailbox_command = /usr/bin/procmail mailq_path = /usr/bin/mailq.postfix manpage_directory = /usr/share/man message_size_limit = 10485760 mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain mydomain = xxxxx.la myhostname = xxxxx.la mynetworks = 168.100.189.0/28, 127.0.0.0/8,127.0.0.0/8, 192.168.0.0/24 myorigin = $mydomain newaliases_path = /usr/bin/newaliases.postfix queue_directory = /var/spool/postfix readme_directory = /usr/share/doc/postfix-2.6.6/README_FILES sample_directory = /usr/share/doc/postfix-2.6.6/samples sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix setgid_group = postdrop smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated reject_unauth_destination smtpd_sasl_auth_enable = yes smtpd_sasl_local_domain = $myhostname smtpd_sasl_security_options = noanonymous unknown_local_recipient_reject_code = 550 ■/etc/postfix/master.cfの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ smtp inet n - n - - smtpd #submission inet n - n - - smtpd # -o smtpd_tls_security_level=encrypt # -o smtpd_sasl_auth_enable=yes # -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject # -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING #smtps inet n - n - - smtpd # -o smtpd_tls_wrappermode=yes # -o smtpd_sasl_auth_enable=yes # -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject # -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATIN ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■dovecot設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ # Protocols we want to be serving. #protocols = imap pop3 lmtp #protocols = imap imaps pop3 pop3s ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ disable_plaintext_auth = no ■DNS設定 ・使用サービス:お名前ドットコム ・設定内容 ホスト名 TYPE VALUE xxxxx.la NS 01.dnsv.jp xxxxx.la NS 02.dnsv.jp xxxxx.la MX xxxxx.la /10 xxxxx.la A 175.41.239.125 www.xxxxx.la A 175.41.239.125 ■その他実行コマンド結果 [root@mail ~]# /etc/rc.d/init.d/saslauthd restart Stopping saslauthd: [ OK ] Starting saslauthd: [ OK ] [root@mail ~]# rpm -qa cyrus-sasl* cyrus-sasl-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-sql-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-devel-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-plain-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-ntlm-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-md5-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-gssapi-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-ldap-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-lib-2.1.23-8.6.amzn1.i686 以上、長々となってしまいましたが、何かヒントを頂ければ大変有り難く存じます。 何卒宜しくお願い致します。

  • dovecotでpop受信が出来ません

    dovecotをyumでインストールし設定をひとまず変更せずに使っています。 #mail test にてrootからtestへテストメールを送り、 MUA(OutlookExpress)にてtestアカウントを設定後 受信をしましたが、ログインは正常にできていますが受信がされません。 まったくもって八方塞になってしまいましたので 識者の方にご教授いただけたらと思います。 ■dovecotは正常に動作しているようです netstatによる確認 # netstat -at tcp 0 0 *:pop3 *:* LISTEN tcp 0 0 *:imap *:* LISTEN telnetによる確認 #telnet localhost 110 +OK Dovecot ready. # USER XXXXX +OK # PASS XXXX +OK Logged in. ■メールはtestアカウントのメールボックスにしっかりと格納されているようです(つまりpostfixは正常に動いている?) # more /var/spool/mail/test From root@servername.com Mon Jun 15 18:53:41 2009 Return-Path: <root@servername.com> X-Original-To: test Delivered-To: test@servername.com Received: by servername.com (Postfix, from userid 0) id 296B845804B6; Mon, 15 Jun 2009 18:53:41 +0900 (JST) To: test@servername.com Subject: aa Message-Id: <20090615095341.296B845804B6@servername.com> Date: Mon, 15 Jun 2009 18:53:41 +0900 (JST) From: root@servername.com(root) This is test from root ■OutlookExpressからエラーメッセージはありませんでした 試しに、パスワードやアカウント名をデタラメに変更したところ、しっかりとエラーメッセージを吐きますので、現在の設定はエラーではないと判断しました。 ■直近のメールログにエラーメッセージはありませんでした # more /var/log/maillog Jun 15 19:10:40 servername dovecot: pop3-login: Login: user=<test>, method=PLAIN, rip=::ffff:xx.xxx.xx.xx, lip=::ffff:xxx.xx.xxx.xxx Jun 15 19:10:40 servername dovecot: POP3(test): Disconnected: Logged out top=0/0, retr=0/0, del=0/0, size=0 ■windowsをsafeモード(network on)で起動させメールを受信してみましたがダメでした windows(MUA受信側)のファイアウォールは原因ではないようです。

  • サーバー自動ログインソフトを作りたい

    バッチもしくはVBスクリプトでサーバーに自動ログインする ソフトを作ろうとしているのですが、うまくいきません。 具体的な環境は以下のとおりです。 サーバー    IP:10.10.2.1   ログイン名:login   パスワード:pass 現在、コマンドプロンプトから手動で  C:\>telnet 10.10.2.1 でログインし、ログイン名とパスワードを聞いてくるので、手動で ログイン名:login パスワード:pass と入力しているのですが、この作業を自動化したいです。 バッチファイルでtelnetコマンドを実行し、その後VBスクリプトを起動し、ログイン名とパスワードを送ろうと思ったのですが、 telnetコマンドはサーバーと接続しただけでは次のコマンドに命令権を渡さないようで、VBスクリプトが起動しないです。 バッチとVBスクリプト以外でもいいので、上記の一連の作業を自動化する方法がわかるという方、ご教授願います。

  • telnetをすると"Remote Management Console"が表示されログイン出来ない

    コマンドプロンプトからtelnet接続を実施するとたまにログイン画面に"Remote Management Console"というメッセージが画面上部に表示されます。上記メッセージと共に"login:"メッセージも表示されるのですが、通常はログインができているユーザID/パスワードを入れてもエラーメッセージ"### Login Faild"が表示されログインできません。 通常はログイン画面として"SunOS5.8"というメッセージと共に"login:"が表示されるのですが、なぜこのような"Remote Management Console"が表示され、ログインできなくなる現象が起こるのでしょうか。 ちなみに端末をreboot後にtelnet接続をすると通常のログイン画面が表示されたりします。ただ、時間が立つとまた上記の"Remoto~"になってしまいます。 pingは通ります。 何か参考となる情報等ありましたらご教授いただけますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ログインしたときにlast login: ・・・・

    TELNETログインしたときにlast login: ・・・・などを表示させないようにしたいのですができますでしょうか?

  • SMTP AUTH ポート 587

    いつもお世話になっています。 SMTP AUTH で、ポート 587 への接続ですが、 AUTH PLAIN  で接続できるサーバーと、接続できないサーバーがあるようです。 以前は、 AUTH PLAIN  での接続ができるものも多かったような気がしていますが、 今は、AUTH PLAIN での接続ができないものがほとんどなのでしょうか? よろしくお願いします。 ネットで調べていたら、次のような記述を見つけました。 参考: 「AUTH PLAIN LOGIN DIGEST-MD5 CRAM-MD5」と表示されるかを確認しましょう。(smtpd_sasl_security_optionsでPLAINでの認証をしないように設定した場合は「250-AUTH DIGEST-MD5 CRAM-MD5」と表示されます。)

  • POP3ログインできているのにメール受信できない

    CentOS5.5 にDovecot1.0.7-7を導入しています。 メールは届いている(注1)のですが、メールクライアントから受信できません。 アカウント・パスワードは正しくログインもできています(注2)が、「新着メールなし」となります。 どのような原因が考えられるでしょうか? どうぞ、よろしくお願いいたします。 (注1)/var/spool/mail/アカウント の中に送信したメールが含まれている。mailコマンドでも確認できる。 (注2)/var/log/maillog に 以下のログが表示される pop3-login: Login: user=<xxx> POP3(xxx): Disconnected: Logged out