• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

Postfix+Dovecot メールが届かない

自宅サーバー(Ubuntu 16.04)でPostfixとDovecotを用いてメールサーバーを構築しています。 外部のGmailから自宅サーバーにメールを送信しましたが、メールが届かず、/var/log/mail.logにも何も残りません。自宅サーバーから自宅サーバーにメールを送った場合は正常に届きました。 テストのためポートは全て開放しています。 dovecot -nで出力した設定は以下の通りです。 # OS: Linux 4.4.0-81-generic x86_64 Ubuntu 16.04.2 LTS ext4 auth_mechanisms = plain login digest-md5 listen = * mail_location = maildir:/home/vmail/%d/%n/Maildir namespace inbox { inbox = yes location = mailbox Drafts { special_use = \Drafts } mailbox Junk { special_use = \Junk } mailbox Sent { special_use = \Sent } mailbox "Sent Messages" { special_use = \Sent } mailbox Trash { special_use = \Trash } prefix = } passdb { args = scheme=CRYPT username_format=%u /etc/dovecot/users driver = passwd-file } protocols = " imap pop3" service auth { unix_listener /var/spool/postfix/private/auth { group = postfix mode = 0666 user = postfix } } service imap-login { inet_listener imap { port = 0 } inet_listener imaps { port = 993 ssl = yes } } service pop3-login { inet_listener pop3 { port = 0 } inet_listener pop3s { port = 995 ssl = yes } } ssl_cert = </usr/lib/ssl/certs/***.crt ssl_key = </usr/lib/ssl/private/***.key ssl_key_password = # hidden, use -P to show it userdb { args = uid=vmail gid=vmail home=/home/vmail/%d/%n driver = static } valid_chroot_dirs = /home/vmail/%d/ よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • Linux系OS
  • 回答数3
  • 閲覧数1263
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

No.1の補足にあるgmailのエラーメッセージ中のIPアドレスは 加工していない本物ですか? もし、メッセージを加工していないなら、 これは、au one net(旧DION) のIPではなく、海外のIPアドレスのようですので DNS設定に問題があると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。無事解決致しました。 mail.example.comのMXレコードをmail.example.comとしていたのを、example.comのMXレコードをmail.example.comにするよう変更したところ正常にメールの送受信ができました。 example.comにはCloudFlareを通していたので、ログのIPはそれだと思います。 何度も回答いただきありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

補足された症状とエラーメッセージから判断すると サーバーへコネクションさえできていないので、 プロバイダが IP25Bの規制をしていることが疑えます。 (宅側のルータでのポート開放に問題がなく、  また宅内PCから telnet ローカルIP 25で接続できる状態になっているとしてですが) プロバイダの案内を確認してみてはどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 プロバイダはau one netで、IP25B規制はやはりないようです。 宅内PCからは220が帰ってきて接続でき、以下サイトで確認する限りはポートも開放できているようです。 https://www.cman.jp/network/support/port.html

  • 回答No.1

自宅にメールサーバーってことですね。 どこまでできているのか、この文面からだけだと分からないので 一度どこまで設定できているのか整理される必要があるでしょう。 #ちなみに、dovecotはPOP3やIMAP用のサーバーであって #メールを外部から受け取るためのSMTPサーバーではありませんので #dovecotの設定のみを開示してもあまり意味がありません。 ・ドメインは、独自ドメインを取得済か(または既存ドメインのサブドメイン化?) ・そのドメイン用のDNSに MXレコードとしてそのサーバーのホスト名を記述しているか ・そのサーバーの固定IPアドレスがDNSに登録されているか(またはDDNSにホスト登録されているか) ・自宅のルータ等で25番ポートをメールサーバーに転送しているか ・自宅のプロバイダがIP25B制限 (INBOUND方向の25番ポート制限)をしていないか ・そもそもプロバイダがグローバルIPアドレスを自宅に割り振ってくれているか  (一部のケーブルテレビや学生寮などはプライベートIPアドレスのことがあります) ・Postfixで該当ドメイン宛のメールを受け入れるように設定をしているか(mydestination) ※自宅以外のPCから telnet 自宅サーバーのIPアドレス 25 と  telnet 自宅サーバー名 25 とやって、SMTPサーバーから応答があるかどうかで、ある程度判別可能です。 #たとえばIPアドレスでなら接続できるなら、ドメインの問題です。 それから、gmailからそのサーバーのドメインのアドレス宛に送ったときに エラーがgmailに戻ってきているのなら、そのエラーメッセージがヒントになります。 (エラーメールが戻ってこないなら、  SMTPサーバーへ接続できなくてgmail側でリトライを繰り返している状態か、   もしくは別のサーバーがそのメールを受け取ってしまっているかのどちらかです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 全て検証してみました。 まず、postconfコマンドで確認した設定は以下の通りです。かなり冗長なので外部サイトに張りました。(ドメインをexample.comに置換済み) https://pastebin.com/qHUTVUNK ・ドメインは取得済みで、mail.example.comのAレコードにIPアドレスを、MXレコードにmail.example.comを指定しています。 ・25番ポートはメールサーバーに向いています。 ・Nginxを正常に運用できているため、グローバルIPは割り振られていると考えられます。 ・以下URLを参考にバーチャルドメイン設定したため、mydestinationは空にしてあります。 https://blog.dshimizu.jp/article/215 ・OP25B制限されていない環境がないため、telnetで確認することができません。 Gmailには配信未完了というメッセージとともに以下のログが戻ってきました。 Final-Recipient: rfc822; monchi@shinseki.house Action: delayed Status: 4.4.1 Diagnostic-Code: smtp; The recipient server did not accept our requests to connect. Learn more at https://support.google.com/mail/answer/7720 [shinseki.house 2400:cb00:2048:1::6812:2abf: timed out] [shinseki.house 2400:cb00:2048:1::6812:2bbf: timed out] [shinseki.house 104.18.42.191: timed out] [shinseki.house 104.18.43.191: timed out] Last-Attempt-Date: Sun, 25 Jun 2017 04:14:53 -0700 (PDT) Will-Retry-Until: Tue, 27 Jun 2017 01:59:02 -0700 (PDT) よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • postfixとdovecotでメールサーバ構築

    postfixとdovecotでメールサーバ構築を行おうとしています。 送信はできているのですが、受信ができていないようです。 imapの認証エラーが出ていて解決ができません。 対処方法を教えていただければと思います。 http://kajuhome.com/postfix.shtml#n03 http://www.htkyama.org/netbsd/postfix.html を参考にしたのですが、上手くいきません。 postfixのmain.cfの末端に記述する内容が若干かわっていたりします。 現時点でエラーログが dovecot: imap-login: Aborted login (no auth attempts): となっています。 これはThunderBirdでアカウント登録をしようとした際に表示されます。 ターミナルソフトで #telnet localhost 143 として 1 login (Username) (Password) を入力してログインを試すのですが dovecot: imap-login: Disconnected: Inactivity (auth failed, 1 attempts): user=<(Username)>, method=PLAIN, rip=::1, lip=::1, secured とエラーログに表示されます。 どのように対処すればいいのか教えてください。 非常に困っていますのでよろしくお願いいたします。

  • postfixとdovecotでのメールサーバー

    ただいまFedoraCore5にてpostfixとdovecotにて メールサーバの構築中ですが受信に関し問題が発生しております。 現段階ではインストール直後のサーバー上での 送受信テストといった段階です。 postfixでの送信は特に問題無いのですが、 POPで受信が出来ず困っております。 postfixの設定main.cfにて home_mailbox = Maildir/ のコメントアウト を外し/home/hoge/Maildir/new/ へメールを送信すると POP側が/var/spool/mail/hoge へ見に行っているみたいで No mail for hoge と言われます ちなみにhome_mailbox = Maildir/ をコメントにしてメールの送受信を行うと正常にできます。 /etc/dovecot.conf の設定は以下の通りです。 protocols = imap imaps pop3 pop3s default_mail_env = maildir:~/Maildir valid_chroot_dirs = /home pop3_uid_format = %u デフォルトの設定から触った点は以上の点です。 Linux初心者です。のでどなたかわかり易く ご教授お願いいたします。 情報が不足しているようであれば追記いたしますので よろしくお願いいたします。

  • postfix + dovecot

    Red Hat Enterprise Linux6.2上でpostfix + dovecotのメールサーバを構築していますが、送受信とも正常に行えていません。 もともとtubbo linax10で動作していた環境を移植しています。 postfixは現在の設定をほぼそのまま利用しています。 doveco(dovecot-2.0.9-2. el6_1.1.x86_64)は新規の使用です。 外部ネットワークからのメール送信は行わない運用とする為、smtp-authは構成していません。 dovecotも各ユーザでのパスワードは設定せずに、運用したいと考えています。 postfix,dovecot共にサービスは正常に動作しており、ポートも空いている事は確認しています。 LAN内からメールの送受信を行うと、サーバに接続できないエラーとなります。 /var/log/massages,maillogにはpostfixとdovrcotが起動した旨のメッセージしか記録されておらず、 詳細なエラー情報は記録されていません。 第一点は、詳細ログの確認方法をご教授下さい。 devecotを調査している過程で、認証方法を"auth-system.conf.ext"としており、その設定の中でデフォルトが ”driver = pam” 設定されており、それを ”driver = shadow”に変更して再起動すると、下記エラーとなってしまいます。 「doveconf: Fatal:Error in configuration file /etc/dovecot/conf.d/auth-system.conf.ext line 14: Unknow setting: driver」 この辺りが、ポイントではないかと考えているのですが、ご支援頂きたくお願いします。

  • Dovecot にpopで接続できません。

    LAN内のみのpopサーバーとして使用したいと思い、Fedora16 に yum で Dovecot を入れました。 バージョンは、rpm -qa dovecot の結果、 dovecot-2.0.20-1.fc16.i686 と出ましたので、Dovecot2 になります。 ところが、設定ファイルを記述し、systemctl status dovecot.service の結果では dovecot.service - Dovecot IMAP/POP3 email server Loaded: loaded (/lib/systemd/system/dovecot.service; enabled) Active: active (running) since Thu, 03 May 2012 18:07:26 +0900; 3 days ago Main PID: 2624 (dovecot) CGroup: name=systemd:/system/dovecot.service \u251c 2624 /usr/sbin/dovecot -F \u251c 2625 dovecot/anvil \u2514 2626 dovecot/log と running になっているにもかかわらず、Windows はもとより、当のサーバーマシンの X-window 上の Thunderbird からもPOP3に接続できず、LAN内のメールのやりとりができずに困っています。 telnet localhost 110 を試験してみたのですが、何の反応もなく、タイムアウトエラーになります。 /var/log/maillog の結果です。 May 7 10:21:15 Fedora16 dovecot: pop3-login: Error: Timeout waiting for handshake from auth server. my pid=2786, input bytes=0 May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: pop3-login: Disconnected: Inactivity (no auth attempts): rip=127.0.0.1, lip=127.0.0.1, secured May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: auth: Fatal: No passdbs specified in configuration file. LOGIN mechanism needs one May 7 10:21:40 Fedora16 dovecot: master: Error: service(auth): command startup failed, throttling ここで、passdbs となっているのですが、LAN内のPOPなので、セキュアログインではないようにしているはずなのですが… vi /etc/dovecot/dovecot.conf protocols = imap pop3 vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf mail_location = maildir:~/Maildir vi /etc/dovecot/conf.d/20-pop3.conf pop3_uidl_format = %u vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf disable_plaintext_auth = no auth_mechanisms = plain login と、http://kajuhome.com/dovecot.shtml にあるように設定しました。 LAN内でPOPメールサーバーとして動作すればいいので、それほどセキュアでなくていいので、パスワードだけでログインできればOKなのですが… なにか設定の見落としがあるのでしょうか?

  • Postfixとdovecot 設定

    CentOSでPostfixとdovecotをインストールしました。 postfixの設定は ~~~~~~~~~~~~~~~~ http://kennyqi.com/archives/18.html ~~~~~~~~~~~~~~~~ dovecotの設定は ~~~~~~~~~~~~~~~~ vi /etc/dovecot.conf protocols = pop3 imap mail_location = maildir:/home/%u/Maildir dovecotを起動 /etc/rc.d/init.d/dovecot start ~~~~~~~~~~~~~~~~ mailコマンドで自分あてに mail hoge@hoge.com メールを送信すると受信は出来るのですが、 Gmailなどメーラーを使って送信すると受信できません。 メールからの送信も出来ません。 おそらく設定ミスだとは思うのですが、ご指摘お願いします。

  • dovecot環境でのメール受信ができない

    質問初心者ですが、よろしくお願い致します。 現在、postfixとdovecotを利用したメールサーバーを構築中ですが、 pop3でのメール受信ができない状況になっています。 ■環境 dovecot-2.0.9 x86_64 postfix-2.6.6 x86_64 CentOS 6.3 1)今後、サーバ上で3つのドメインを並行運用するため、バーチャルドメイン化しています。 2)そのため、メールサーバーの設定もバーチャルドメイン運用を視野に入れた設定にしています。 3)メールポート(25,110,143,587)は空いている状態です。 4)メール送信は外部に対して正常に実施できます。 5)受信メールは、設定したディレクトリ上にスプールされている事を確認しました。 6)メールクライアント上は、受信時の認証は正常に行われている模様です。 7)Linux側のメールログも正常なように見えます www dovecot: pop3-login: Login: user=<user@domain.com>, method=PLAIN, rip=xx.xx.xx.xx, lip=xx.xx.xx.xx, mpid=xxxx www dovecot: pop3(user@domain.com): Disconnected: Logged out top=0/0, retr=0/0, del=0/0, size=0 8)一方で、以下のようなログも吐いています。 www dovecot: auth: Error: passwd-file /etc/dovecot/passwd: User user/Maildir is missing userdb info 9)[missing userdb info]が気になり色々調べているのですが、  dovecotの認証関係ファイルは /etc/dovecot/passwd を参照するように設定しているため、  どこが問題なのか追い切れない状態になっています。 10)/etc/dovecot/dovecot.conf は特に設定していません。 11)/etc/dovecot/conf.d/10-auth.confでは[!include auth-passwdfile.conf.ext]のみ有効にしています。 12)include auth-passwdfile.conf.extではuserdb {driver=passwd-file args=/etc/dovecot/passwd}と設定しています。 認証が上手く動作していないのだと思うのですが、私の力量ではここまで整理するのが限界でした。 どなたか、ヒントを頂けると助かります。よろしくお願い致します。 また、足りない情報等あるようでしたらご指摘下さい。

  • PostfixとDovecotでメールサーバ構築

    先日より、PostfixとDovecotを使用してメール環境整えようと作業を進めています。 そこで、認証にはSMTP-Auth設定 (sasldb2認証)を使用しているのですが、ユーザとパスワード設定したのち、 sasldblistusers2 を実行しましたが、しっかりとユーザを作成できているようでした。 /etc/sasldb2の所有グループもpostfixにしており、パーミッションも740に変更しました。 telnetで接続確認(telnet localhost 110)をし、上記で作成したユーザ名とパスワードを入れても認証に失敗します。 [root@centos ~]# telnet localhost 110 Trying 127.0.0.1... Connected to localhost. Escape character is '^]'. +OK Dovecot ready. user panasonic +OK pass ********* -ERR Authentication failed. Connection closed by foreign host. ログメッセージ Apr 3 11:42:53 centos52 dovecot: pop3-login: Aborted login: user=<cisco@centos.alhambr.mydns.jp>, method=PLAIN, rip=::ffff:127.0.0.1, lip=::ffff:127.0.0.1, secured Apr 3 11:43:11 centos52 postfix/smtpd[1930]: warning: xsasl_cyrus_server_get_mechanism_list: no applicable SASL mechanisms Apr 3 11:43:11 centos52 postfix/smtpd[1930]: fatal: no SASL authentication mechanisms Apr 3 11:43:12 centos52 postfix/master[1887]: warning: process /usr/libexec/postfix/smtpd pid 1930 exit status 1 Apr 3 11:43:12 centos52 postfix/master[1887]: warning: /usr/libexec/postfix/smtpd: bad command startup -- throttling Apr 3 11:51:24 centos52 postfix/smtpd[1971]: warning: xsasl_cyrus_server_get_mechanism_list: no applicable SASL mechanisms 何が原因なのでしょうか。アドバイスお願い致します。 -環境- postfix-2.3 dovecot-1.0 Centos5.4

  • dovecotでPOP受信が出来ません

    centos5+postfix+dovecotにてメールサーバの構築に挑んでおりますが postfixの設定は多分うまくいき、送信が出来るのですが dovecotにてPOPサーバ設定後、受信をしてくれません。 サーバ初心者のため何が悪いのかさっぱりわかりません。。 どなたかわかる方アドバイスを宜しくお願い申し上げます。 ・dovecotはインストールされている # rpm -q dovecot →  dovecot-1.0.7-2.el5 ・dovecotは動作している # netstat -at → tcp 0 0 *:pop3 *:* LISTEN tcp 0 0 *:imap *:* LISTEN ここで、admin(centos user)@mydomain.jpにメールを送る 外部gmailとyahooメールでテスト ・telnetにて受信メールを見てみる # telnet localhost 110 → Trying 127.0.0.1... Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1). Escape character is '^]'. +OK Dovecot ready. # user admin → +OK # pass mypassword → +OK #list → +OK 0 messages: 受信していません。。。 なにが原因か、この材料で分かりますでしょうか? dovecot.confの中身は以下です。変更していません(#の行削除) protocols = imap imaps pop3 pop3s protocol imap { } protocol pop3 { } protocol lda { postmaster_address = postmaster@example.com } auth default { mechanisms = plain passdb pam { } userdb passwd { } user = root } dict { } plugin { }

  • dovecotからメールを取り出せません

    現在、CentOS6 + dovecot-1.2.0-2el6_1.1 + postfixの組み合わせでメール環境を構築してあります。 ところが、昨日から突然クライアント(Windows上のThunderbird14.0)でメールが読めなくなってしまいました。 Thunderbirdを起動するとパスワードの入力を求められ、正しいパスワードを入力しているのですが、 「サーバ server.example.org へのログインに失敗しました。」 と表示され、もう一度パスワードの入力を求められます。 それを繰り返しているうちに画面右下のあたりに「サーバとの接続に失敗しました」と表示されます。 そこでWindowsPCから >telnet server.example.org 143 としてサーバにつなぐと * OK [CAPABILITY IMAP4rev1 LITERAL+ SASL-IR LOGIN-REFERRALS ID ENABLE IDLE START TLS AUTH=PLIN] Dovecot ready. と返事が返ってきます。 そこで A LOGIN ユーザ名 パスワード と入力すると * BYE Internal error occurred. Refer to server log for more information. と表示され、即効で ホストとの接続が切断されました。 と表示され、接続が切断されます。 logを見て確認しようと思ったのですが、dovecotがどこにメッセージをはいているのかわからず、ここままでお手上げになってしまいました。 ちなみに /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf には disable_plaintext_auth = no としてあり、 上記のユーザ名とパスワードはコンソールからログインするときに使うプレインテキストを使っています。 また、メール送信は問題なく、受信もhome/Maildir/new/の中のファイルを直接lessしたところ問題ないことを確認してあります。 今、別のアカウントを作って試してみたところ受信のエラーも出ず、telnetしてa loginしてみても a OK [CAPABILITY IMAP4rev1 LITERAL+ SASL -IR LOGIN-REFERRALS ID ENABLE IDLE SORT SORT=DISPLAY THREAD=REFERENCES THREAD=REFS MULTIAPPEND UNSELECT CHILDREN NAMESPACE UIDPLUS LIST-EXTENDED I18NLEVEL=1 CONDSTORE QRESYNC ESEARCH ESSORT SEARCHRES WITHIN CONTEXT=SEARCH LIST-STATUS] Logged in と表示され、無事ログインできます。 となると、私のアカウントのみがログインできない状態になってしまっているようです。 どなたか、ここが怪しいといった点でも結構ですので、ヒントをいただけないでしょうか?

  • EC2のpostfix+dovecotのメール受信

    初めて投稿させて頂きます。宜しくお願い致します。 現在アマゾンのEC2において、「postfix+dovecot」を使用しメール環境を設置しております。メールの送受信がほぼできたのですが、メールクライアントからメールの送信のみが出来ない状態です。まる2日かかっても修正できず、あせっている状態です。下記が症状や各種設定詳細です。 ▼症状 1.outlook2003エラーメッセージ タスク 'test@xxxxx.la - 送信中'でエラー(0x800CCC0f)が報告されました: 'サーバーへの接続が中断されました。 この問題が引き続き発生する場合は、サーバー管理者かインターネットサービスプロパイダ(ISP)に連絡して下さい。 ※Winで2003、マックで2007の両方で検証したが同様のエラー 2.Maillog エラーは表示されず 3.その他  ・メールコマンドによるメール送信は内外にOK  ・phpのPearによるメール送信は内外にOK  ・各種メーラーによる送信ができず ■Outlook設定内容 ・電子メールアドレス:test@xxxxx.la ・受信メールサーバー(I):xxxxx.la ・受信メールサーバー(SMTP):xxxxx.la ・アカウント名:test ・送信サーバー  ・「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」をチェック  ・受信メールサーバーと同じ設定を使用する  ※認証不要でもテストしたが同様のエラー ・詳細設定 ・送信サーバー(SMTP):「25」と「587」にてテスト ・使用する暗号化接続の種類:なし ■AWS各種設定  ・Instance :Basic 32-bit Amazon Linux AMI 2011.02.1 Beta Small  ・OS :Amzon Linux  ・開放ポート :22/25/80/110/143/587  ・saslauthd :稼働中 ■postfix設定(# postconf -n 実行時結果) alias_database = hash:/etc/aliases alias_maps = hash:/etc/aliases broken_sasl_auth_clients = yes command_directory = /usr/sbin config_directory = /etc/postfix daemon_directory = /usr/libexec/postfix data_directory = /var/lib/postfix debug_peer_level = 2 home_mailbox = Maildir/ html_directory = no inet_interfaces = all inet_protocols = all mail_owner = postfix mailbox_command = /usr/bin/procmail mailq_path = /usr/bin/mailq.postfix manpage_directory = /usr/share/man message_size_limit = 10485760 mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain mydomain = xxxxx.la myhostname = xxxxx.la mynetworks = 168.100.189.0/28, 127.0.0.0/8,127.0.0.0/8, 192.168.0.0/24 myorigin = $mydomain newaliases_path = /usr/bin/newaliases.postfix queue_directory = /var/spool/postfix readme_directory = /usr/share/doc/postfix-2.6.6/README_FILES sample_directory = /usr/share/doc/postfix-2.6.6/samples sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix setgid_group = postdrop smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated reject_unauth_destination smtpd_sasl_auth_enable = yes smtpd_sasl_local_domain = $myhostname smtpd_sasl_security_options = noanonymous unknown_local_recipient_reject_code = 550 ■/etc/postfix/master.cfの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ smtp inet n - n - - smtpd #submission inet n - n - - smtpd # -o smtpd_tls_security_level=encrypt # -o smtpd_sasl_auth_enable=yes # -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject # -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING #smtps inet n - n - - smtpd # -o smtpd_tls_wrappermode=yes # -o smtpd_sasl_auth_enable=yes # -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject # -o milter_macro_daemon_name=ORIGINATIN ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■dovecot設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ # Protocols we want to be serving. #protocols = imap pop3 lmtp #protocols = imap imaps pop3 pop3s ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ disable_plaintext_auth = no ■DNS設定 ・使用サービス:お名前ドットコム ・設定内容 ホスト名 TYPE VALUE xxxxx.la NS 01.dnsv.jp xxxxx.la NS 02.dnsv.jp xxxxx.la MX xxxxx.la /10 xxxxx.la A 175.41.239.125 www.xxxxx.la A 175.41.239.125 ■その他実行コマンド結果 [root@mail ~]# /etc/rc.d/init.d/saslauthd restart Stopping saslauthd: [ OK ] Starting saslauthd: [ OK ] [root@mail ~]# rpm -qa cyrus-sasl* cyrus-sasl-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-sql-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-devel-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-plain-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-ntlm-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-md5-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-gssapi-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-ldap-2.1.23-8.6.amzn1.i686 cyrus-sasl-lib-2.1.23-8.6.amzn1.i686 以上、長々となってしまいましたが、何かヒントを頂ければ大変有り難く存じます。 何卒宜しくお願い致します。