-PR-
解決済み

胎児ヘモグロビンと成人ヘモグロビン

  • すぐに回答を!
  • 質問No.76425
  • 閲覧数1524
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 87% (7/8)

なぜ酸素と結合しやすい胎児ヘモグロビンから成人ヘモグロビンに変わるか教えて
ください。胎児ヘモグロビンのままでいいと思うのですが・・・。
あとグロビンについて何でもいいから教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 50% (1/2)

母体内にいる胎児は、母親の血液から必要な酸素を受け取る状態にあるので、肺で自分で呼吸をしている私たちよりも酸素の少ない状態に置かれていることになります。ですから、この低酸素の状況下では少しでも効率よく酸素を母親の血液から受け取るため、「胎児ヘモグロビン」の酸素と結合しやすいという性質が生かされます。しかし、産まれて自分で呼吸が出来るようになると、母体内のような低酸素の状態には無いので、自分で呼吸するという外的環境に適切な「成人ヘモグロビン」に変わってしまうのです。胎児ヘモグロビンのままだと体内の均衡が保ちにくいのでしょうね。
グロビンは、ヘモグロビンの蛋白質部分の名称です。
お礼コメント
shiritagarimax

お礼率 87% (7/8)

本当にありがとう。
投稿日時 - 2001-05-21 14:57:59
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ