• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

沖縄戦での空襲の規模

沖縄戦で、米国は戦死者12,520人、 戦傷者 72,012人の未曾有の損害を出しています。 東京や大阪を焼き払ったのと同様、B29で沖縄を焦土にしなかったのは何故ですか? 沖縄大空襲といえば、昭和19年10月10日の空襲を指すことから、沖縄戦での上陸前空襲は規模が少なかったように思います。 待ち受けている10万人の日本軍がいるのに安意に上陸してしまった作戦に問題があったのではないでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数810
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

ベトナム戦争で、アメリカ軍はいわゆる「北爆」をしました。北ベトナムに対して爆撃を行ったのです。その爆弾の量は約200万トンといわれ、実は第二次大戦で対日爆撃の10倍を超える量なのです。ちなみに、北ベトナムの面積は約15万平米で、日本は37万平米になります。日本の半分以下の広さのところに、日本より10倍の量の爆弾を落としました。 しかし、結局そこまで激しい爆撃をしてもアメリカは北ベトナムを屈服させることはできませんでした。 第二次大戦前にドゥーエという軍人さんが「戦略爆撃で敵国を屈服させることはできる」といったのですが、その後第二次大戦から1980年代頃までの戦争の経験を経て、「爆撃だけで戦争に勝つことはできない」という結論にほぼ至っています。ですので、圧倒的な爆撃を行った湾岸戦争のときも、最後は陸上部隊が攻めていって決着をつけたのです。 また太平洋戦線でアメリカ軍は何度も敵前上陸作戦を行っていますが、タラワ、ペリリュー、硫黄島、沖縄のそれぞれの戦いを見ると、「要塞化された陣地に対してどれだけ砲爆撃をしても基本無意味」ということが判明しています。タラワにしてもペリリューにしても硫黄島にしても、アメリカ軍はものすごい数の砲撃と爆撃を行っていますが、周到に準備された日本軍の陣地に深刻なダメージを与えることはできませんでした。 沖縄戦の場合は、日本軍もそれまでの戦訓を取り入れて、上陸前の艦砲射撃が激しい海岸線での防衛作戦は行いませんでした。というのも、サイパンでは極端な水際防御戦術を採用したところあっさりアメリカ軍にやられてしまったからです。ペリリューではその戦訓を取り入れてやや内陸に陣地を作ったらアメリカ軍はどえらい苦戦を強いられました。そのペリリューの戦いの戦訓をさらに強化したのが硫黄島です。硫黄島の戦いはアメリカ軍にとって悪夢以外のなにものでもなかったでしょう。 また沖縄戦では、日本軍は直前で最精鋭の部隊を台湾に取られてしまったせいもあって、北部の防衛をほぼ放棄して、沖縄南部に部隊と陣地を集中させて持久戦をする体制にしました。そのため、激しい上陸戦を覚悟していたところ海岸に日本軍はおらず、当初は「日本軍の奴らはどこへいきやがった」的な展開になっていたのですが、やがて前進して日本軍の防衛陣地にあたるとどえらい目に遭ったというわけです。その血みどろの戦いも南部に集中しており、北部では散発的な戦闘があった程度で極めて平穏だったようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 沖縄戦はそれほど特別だったのか?>太平洋戦争

    この度、太平洋戦争について質問をさせて頂いております。 最近太平洋戦争に関する本を読み進めています。 私の「沖縄戦」の認識はとても悲惨で苦痛に満ち溢れているものです。 民間人の方が多く軍人として?徴用され、そうでなかった民間人が軍人と同じく大量に虐殺されました。 映像で見ても、画像で見ても、現地の生き残った方からの証言を(TVなどで)聞いてもそれは本当に恐ろしばかりです。 見る度聞く度心が痛みます。 ですが、それは日本の占領下にあったどの地域(アジア諸国含め)でも行われていたことではないのか?と思うようになりました。 確かに本州での陸上戦はなかったですが、アジアの国々にいた日本民間人・軍人ともに同じような攻撃を受けていたのではないのでしょうか? 満州では日本軍が民間人を置いて朝鮮に撤収していき、多くの民間人が矢面に立たされ老若男女問わずロシア兵に殺されたと聞いています。 本土以外にいた日本軍は本土(本州のことでしょうか)決戦に備えていたとも聞いています。 マスメディアは特に沖縄戦の悲惨さについてよく報道しています。 私の情報源が乏しいせいもあるのかもしれませんが、沖縄戦に比べ他の戦地での話は殆ど聞きません。 また沖縄県の方たちは今でも当時また現在の日本政府に対し強い怒りをお持ちのようです。 質問 ・沖縄戦は他の戦地よりもはるかに悲惨な状態であったのでしょうか。 ・日本にとって沖縄戦は特別だったのでしょうか?(本州決戦の前哨戦だったことは理解しているつもりです) ・なぜ日本のマスメディアは沖縄戦ばかり報道するのでしょうか。 ・日本全土の大都市はほとんど大きな空襲を経験しています。 その中にあって他都道府県の中で沖縄の方がどうしてそれほど日本政府に強い怒りをお持ちなのでしょうか。 どのような回答でも結構です。 沢山の方のご意見をお聞きしたいと思っておりますので、 質問すべての回答でなくてもご意見をお聞かせください。 どうぞ、よろしくお願いたします。

  • 沖縄戦はほぼ虐殺に近い?

    先般、沖縄戦の悲惨さを特集したテレビ番組を見てから興味が沸き、大型書店などで関連本を何冊か読んで見ました。日本側戦死者兵士10万人、民間人10万人、アメリカ軍兵士6千人と記されていました。アメリカ側の洗練された兵器とその圧倒的物量はまるで西部開拓時代にインディアンを滅ぼしながら開拓してきた行為とオーバーラップしてなりません。実際、これは戦闘だったのでしょうか?丸腰とまで言いませんが、ほとんど相手にならない日本人を殺し尽くした感がしました。アメリカ軍にしたら6千人もの命を落としたのだから拮抗した戦いだと考えられているのでしょうか?今、東北大震災で亡くなられた人の数でも閉口させられるのに戦闘で20万人以上とはどんなだったか想像もつきません。

  • 東京大空襲のことについて質問です。

    東京大空襲のことについて質問です。 東京大空襲についてどちらがだたしいのでしょうか 1、東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう、英語:Bombing of Tokyo in World War II)は、第二次世界大戦中にアメリカ軍により行われた、東京に対する焼夷弾を用いた一連の計画的かつ大規模な戦略爆撃の総称である。 参考;Wikipedia 2、昭和20年(1945)3月10日未明、米軍のB29爆撃機約300機による東京への大規模な空襲。死者約10万人、焼失家屋は27万戸に達し、下町一帯は焦土と化した。 参考;goo国語辞典 wikiには、総称とかいてありますが、gooには総称と記してありません。 どちらが正しいのか回答お願いします。またほかにある方もお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

大空襲というのは、軍事設備への攻撃ではない。 軍事設備への空爆は意味が無いことは意味が無いことを米軍は知っております。 まだ原爆は開発されていませんでしたから。 空爆では意味が無いので、爆撃よりも破壊力がある戦艦の主砲での艦砲射撃をやっております。 東京や大阪は家屋密集地帯だったので、焼夷弾の効果が上がったのですが、まばらな沖縄では効果がない。 ちなみに戦略爆撃は効果的でないというのが戦後のアメリカの調査でわかったのですが、それは政略的にまずいということで、公表されませんでした。日本の産業を潰すのに効果的だったのは潜水艦攻撃だったそうです。 戦略爆撃の能力を世界で唯一もっているアメリカが戦後に優位に立つための宣伝でもあります。 ※ 潜水艦による通商破壊は、第一次 第二次世界大戦でドイツもやっていますし、ソ連も対応可能。戦略爆撃に関しては、ソ連は対応機種をまだ開発できないでいましたので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 要するに,なぜ多大な犠牲を覚悟で沖縄上陸を敢行したかという趣旨のご質問みたいですが,当時の米軍が作戦を急いでいたことは否めないと思います。  既に,1945年2月のヤルタ協約で,ソ連軍が北方から日本に侵攻する作戦が決まっており,連合軍(実質的にはアメリカ軍)の軍事作戦が長引けば,その間にソ連軍が北方四島のみならず,北海道や東北地方などにも侵攻を始め,日本に対するソ連の影響力がますます強まってしまう危険があり,戦後処理の構想として,日本を共産圏に対する「不沈空母」として活用することを考えていたアメリカとしては,ソ連が本格的に介入してくる前に,何とか決着を付けたかったという思惑があったのでしょう。  ただし,沖縄戦に限って言えば,単純に日本軍の陸戦能力を軽視していた面も否定は出来ませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2622)

 それまでの島嶼戦で、日本軍の戦術は大体わかっていたんですよ。つまり、地下壕・地下要塞を拠点にした篭城戦。  実は、通常爆弾ってこうした地下施設にはほとんど効果が無いんですね。爆発威力は上向きの逆円錐状に向かいますから。他の方がおっしゃっているように、効果が見込めるのは主に地上施設(ちなみに東京空襲は爆弾じゃなくて焼夷弾中心でしたが)か、遮蔽物のない平原に部隊がうろうろしているケースくらいです。  今でもこの傾向は大きく変わっておらず、アフガンやイラクでも地下施設用の特殊爆弾が多用されていましたよね。  したがって、沖縄線で大型爆撃機から通常爆弾や焼夷弾をばら撒いても効果は無い、最も効果があるのは何だってんで、単発機による急降下爆撃と艦砲射撃が主に採用されたわけです。前者は命中精度が高いですし、後者は撃速が高く、ともに地下施設にそれなりのダメージを与えることが可能です。  仮に沖縄戦でB-29での通常爆弾攻撃を採用していたとしたら、おそらく日本軍の地下施設のほとんどは被害を受けず、史実よりさらに大きな被害を連合軍側に強いたんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 焼夷弾で家屋を焼き、田畑を焼けばダメージは大きいと思います。 島ごと丸焼き作戦です。時間はかかりますが、 帰る家もない、学校もない、お寺も神社もない、工場もない、食料もない、海上は封鎖されているとなれば精神的にまいるでしょう。 戦国時代なら兵糧攻めの部類ですが、米軍は作戦を急いでいたのでしょうか。

  • 回答No.2

戦争は陸軍が占領して初めて勝利と言えるもので、いくら爆撃してもそれだけでは足りません。 また、爆撃で焦土と化すことが出来るのは「都市」だけです。B29による日本本土爆撃でも、当初の戦術爆撃による飛行機工場爆撃などは非常に効果が薄く、ルメイという悪魔の将軍が指揮官になって初めて「戦略爆撃」と称した都市無差別爆撃が行われたのです。これは、その後のベトナム戦争で、B52が幾らジャングルに爆弾を落としても、戦略上は何の効果も無かったことでも分かります。 沖縄で歳と言えば那覇くらいですから、那覇を焦土にするには、艦砲射撃で十分であり、郊外に設置された日本軍の陣地を攻撃するのに大型爆撃機では効果が薄いのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

沖縄戦の段階ではマリアナ諸島は戦闘中であり出撃すべき基地がないしB29もまだ量産段階に入っていないから。 さらに言えば空爆すべき対象が少ないからでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 沖縄戦 / 沖縄本島北部は非戦闘地域だった?

    大東亜戦争末期、米軍が沖縄に侵攻する前に何らかの方法で「沖縄本島の北部は攻撃しないので、非戦闘員はそこへ避難されたい」ということを日本に伝え、沖縄県庁から県民に対して「本島南部の住民は北部へ疎開せよ」という指示が出たと言う話を聞いたことがあります。 ただ、 * 当時も現在も沖縄本島の北部は「何もない」場所であり、疎開しても生活する手段がない * 沖縄県が交通手段や食料を用意するなどの具体的な疎開促進策を取ることもなかった ので実際に疎開する者は少なく、那覇を中心とする地域に米軍の上陸を迎えることとなり、史実のように多数の民間人が犠牲となり、かつ全ての財産を失うと言う悲惨な結果となったようです。 質問ですが 1)「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言し、沖縄県庁から『北部へ疎開せよ』という指示が住民に為されたという事実はあるのか否か。 2) (1)で「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言した」事実があった場合、沖縄戦が終結するまで、沖縄本島北部への空襲、艦砲射撃、地上部隊の侵攻などが行われなかったのか否か。 要するに「米軍は約束を守ったのか」ということです。 (3) 沖縄戦について、軍事の専門家が詳細に書いた本と言うのを知らないのですが、ご存じでしたらご紹介下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 教科書検定での沖縄戦の質問

    今日教科書検定で特に歴史教科書で沖縄戦で記述問題が話題になっていました。そこで質問したいことがあります。質問の仕方に知識不足もありますのでご容赦お願いします。 1.沖縄の新聞社は沖縄タイムスかもう一つしかないと聞いたのですが、 読売.朝日.毎日とか比べものにならないと聞いたのですが、どうして 圧倒的なのでしょうか。また前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか。 2.なぜ、米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか。当時の軍本部はなぜいそぐことはできなかったのですか。知識不足もあるのですいません。 3.これは、一番大事と思うのですが。事実とうそが混在するようにとおもうのですが民間人(子供赤ん坊も含めて)が洞穴に避難しているところへ兵隊が追い出して自分だけ助かる兵隊や民間人全員(小さい子供も含めて)邪魔だから殺したと思います。本来兵隊とは民間人を守るのになぜこんなことがおきたのでしょうか。 4.教科書でバランスのとれた書き方はどんな書き方がよいと思いますか。各国の教科書も自分の都合いい書き方になっていると思います。 5.また中には民間人を守った兵士がいると思います。どうして触れないのでしょうか。 6沖縄戦で名誉毀損て訴訟をおこしている人がいますが、どんな事件でしょうか。 私も歴史は今の一面の基準で考えてはいけないと思います。今の考え方 で判断してはいけないと思います。もしその当時生きていれば当時の判断で生きていたと思います。また二度と悲劇なことにならないことを祈って、教訓として行きたいと思いますので、よろしくご回答お願いします。

  • 太平洋戦争

    沖縄戦についてです 沖縄戦は硫黄島の戦い同様、本土決戦までの時間を稼ぐ目的で発生した戦いだとはわかりますが、その内容が散々たるものだと感じます 戦艦大和の特攻や、米軍上陸前に滑走路を急造するが有効的に使用しなかった事や、時間をかせぐのが目的の一つなら、ゲリラ戦を選択肢にいれ作戦を練れば良いのに実際は朝方夜中の万歳総攻撃の連続、で玉砕(←カッコつけた言葉にしか思えない) この玉砕自体、当初から意図的に考えていたら防衛にならないし、時間稼ぎにもなりません 沖縄戦を指揮した軍は、どういう戦闘をしたかったのか見えてきません 皆様は沖縄戦を指揮した日本軍をどのような評価をしますか? 回答願います

  • 沖縄戦‐本当に日本軍は自国兵に銃口を向けたのか?

    沖縄戦を題材とした反戦ドラマで、 日本軍が敵の射殺を拒んだ自国兵に対し、 銃口を向けるシーンがありました。 本当に旧日本軍は、身内である日本兵に対し、 そのような扱いをしていたのでしょうか?     *** 倒れた米国の兵士にとどめを刺すようにと、 上司に銃を渡され射殺を命じられた日本兵が、 「私にはそんなことは出来ません。」 と泣きわめきながら拒むシーンでした。 米兵の射殺を拒んだその日本兵の頭に、 上司の銃が突きつけられたところで、 そのシーンは終わりました。 直後に、その日本兵の死を告げる手紙が、 遺品と共に家族へ届けられるシーンが続き、 そこでドラマは幕を閉じました。 この演出から推測すると、 この日本兵は敵兵の射殺を拒んだために、 上司に射殺されたようにも受け取れます。 旧日本軍は世界的に見ても稀なほど、 倫理観が高く、規律正しかったと聞いています。 もしそれが本当ならば、上のシーンは、 歪んだ反日思想に基づいた演出ではないかと、 私は疑問に思いました。 実際にはどうなのか、私にはわかりません。 戦史に詳しい方からの情報をお待ちします。

  • 沖縄戦の空襲

    子供が夏休みの宿題で沖縄戦の空襲の事について調べてこいと言われたそうです。すごく困っていて、かわいそうです・・・協力お願いします。

  • 第二次世界大戦でのポーランド、ソ連の犠牲者

    先日、NHKの番組で沖縄戦のことをフィーチャーしていました、何でもあの狭い島で日本軍10万人、沖縄民間人10万人も亡くなったそうです。地上戦の恐ろしさを語っていました。では、欧州に目を向けるとドイツの侵略を受けた隣国ポーランドやソ連の被害者数もものすごい事になっているのではと思いました。私はその数に対して本を読んだ事もなく、ドキュメント番組も見たことがありません。誰かこの件に詳しい方教えて頂きたく。宜しくお願い致します。

  • 歴史の教科書

    なぜ日本の歴史の教科書で戦争のところは、日本軍がやった悪事をまったく書かないのでしょうか? 教科書にあるのは東京大空襲、広島、日本の戦争孤児など、日本がアメリカにやられていた事ばっかしでパールハーバーの事は写真のみ、情けないですね。 中学生の歴史でも、731部隊 強制連行、沖縄戦の日本軍の悪事、もう証拠も沢山あるというのに全く書きません。私が一所懸命本を見なければのっていませんでした。 日本の不利になる事は全く書かせないのですかね?

  • 神風攻撃隊の成果について

    沖縄戦の菊水作戦(特攻攻撃)の結果は次のようなものであったそうです。 海軍航空部隊=1584(863機)人が戦死 陸軍航空部隊=1021(881機)人が戦死 戦果=撃沈:駆逐艦12     損傷:戦艦10、空母10、巡洋艦4、駆逐艦132 この戦果は当初の予想に比べてどうだったのでしょうか? 飛行機とパイロットを消耗する作戦はとても合理的に思えないのですが、当時の状況をかんがみ、通常の攻撃と比較すれば効果的であったと考えてよいのでしょうか? 命中率は1割程度と聞いたことがあったのですが、戦果をみるともっと的中しているようにもおもえます。 よろしくお願いします。

  • 沖縄戦の事実をできるだけたくさん教えてください

    沖縄戦では様々な酷い事が行なわれましたが、悲惨という面だけが強調され、それらの経緯が省略されがちです。 実は○○で・・・ というように何も考えずにいたずらに悲惨さだけを強調する人たちを黙れせるネタを教えてください。 例えば沖縄戦ではありませんが 「普天間が危険だと言っているが実は初めに基地があって街はその後できた」というようなものです

  • 沖縄戦について

    沖縄戦は、兵隊の死者よりも、民間人の死者ほうが多いと聞いたことがあります。沖縄戦は、日本で唯一の地上戦ですが、だからといって、なぜ、民間人ばかりが死ぬのかよくわかりません。(民間人は、兵隊と違い、戦わず、防空壕に入って入れれるのでは…。)