• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

トルコの為替の要因について

勝間和代さんによると、為替の動く要因は 通貨発行量、購買力平価などのようですが、 トルコリラの通貨発行量、購買力平価(日本と比較)や こうした情報が乗っているサイト、本などをご存知の方、 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数396
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • NEWINN
  • ベストアンサー率56% (335/598)

トルコの通貨供給量まではよく分りません、それから実質実効為替レートでは一般の為替レートとは逆になります。 つまり、数値が大きいほど強く、数値が小さいほど弱くなります。 平均値は79.484です、現在は91.46と平均よりも通貨が強いって事になるのです。 トルコリラは強い通貨だと考えられます。 基本的には平均よりも数値が大きいのか?それとも小さいのか?で判断できます。 なお、急激な経済成長が長期にわたって続く国の実質実効為替レートは強くなっていく傾向にあります、厳密には実質為替レートが強くなっていく傾向です、バラッサ・サミュエルソン効果と呼ばれます。 http://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sh05-01/sh05-02-fuchu.html これは昔の日本でも見られました、逆にアルゼンチンのように破綻した国の実質実効為替レートは急激に下がっています、これは購買力平価だけでは捉えきれない現象なので、そこに注意してください。 為替って面倒なんですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

NEWINNさん、ありがとうございます。 見方が為替とは逆ですね。 トルコの実効為替は強いけど、 対円なら数年下げているので 円のほうがもっと強いんですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • NEWINN
  • ベストアンサー率56% (335/598)

購買力平価で見る場合は実質実効為替レートが便利です。 実質実効為替レートではドル、円、ユーロ、ポンドなど、複数通貨のバスケットになっていますから、トルコリラの世界的な強さを確認できます。 http://www.bis.org/statistics/eer/index.htm なお、大雑把な事を書くと、トルコは円に比べて金利が高いので、長期的にはトルコリラは金利が高い分だけ長期的に下落するとみて良いでしょう。 長期的には金利の高い通貨は下落していきます。 最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 いいサイトを紹介していただいてうれしいです。 トルコリラは90年代より実効為替レートが安くなっているんですね。 また、トルコの通貨供給量について知ることができる サイトをご存知でしたら教えてください。

関連するQ&A

  • 質問 3問あります。

    一部のみの回答でも結構です。 経済には疎いので、 できるだけ解りやすく回答おねがいします。 [質問1] 絶対的・相対的購買力平価は理論はすべての財・サービスが自由に貿易されないと成り立たないので、成立しないことになりますが、広く利用されているのはなぜでしょうか? また例えば購買力平価換算のGDPと実質GDPの比較では、比較にどのような違いがでてくるでしょうか?そして、他の指標よりも、購買力平価を比較に利用するのが優れている場合はどのような場合でしょうか? [質問2] 実行為替レートについて。 基本的に実行為替レ―トは、デフレ=通貨高、インフレ=通貨安ですが、 豪ドルの場合インフレですが、通貨高です。これは、景気や金利の要因が「デフレ=通貨高、インフレ=通貨安」よりも強く働いているためかと思っています。 また、ユーロの場合PIIGSのも強く為替レートに影響を与えていると思います。 「デフレ=通貨高、インフレ=通貨安」というのは、為替レートにどの程度影響を与えていますか?その他の為替レートの主な決定要因がどのようなモノがあり、その要因が強く働いている国を挙げるとすればどこでしょうか?そして、そもそも現在は現物経済に対して、マネー経済の方が圧倒的に大きいので、購買力平価やインフレ率よりも、金利などの投資環境が為替レート考える上では重要な気もします。為替レートの決定要因を考える場合、何を軸として考えるのが妥当でしょうか? [質問3] なぜアメリカは原油輸入国なのに、輸出も行っているのでしょうか? おそらく、アメリカで原油が採れる地域が限定されているので、一部地域では外国から輸入した方が安いという事かと勝手に推測しています。 アメリカはどこから原油を輸入し、どの地域が消費しているのでしょうか?

  • 購買力平価って?なんのため?どんな時つかう?

    経済の本よんでて、以下がイマイチよくわかりませんでした。 購買力平価は、従来の現実レートよりかなり円安だったが、最近は両者が接近してきた。 一ドル 90年 189円 95年 175 00年 154 04年 133 購買力平価とは、物価基準のレートという事ですか?為替と関係なく? 購買力平価が接近してきたとは、自由競争がすすみ、コメとかの保護貿易が減ってきた?ということですか? 購買力平価って、重要な指数なんですか?どんな時に参考にするんですか?海外の投資とか考えるときですか? ご教授ねがいます。

  • 購買力平価を一言でいえば

    購買力平価について調べていますが、 もともと経済知識がないので、よく分かりません。 たとえば 2012年の日本とインドを比較すると、 購買力平価 インド3位          日本 4位 名目?GDP  インド 1500弱 USドル          日本 47000弱 USドル 貧富の差が激しいとは言っても、GDPの差から見ると インドは低所得途上国ととらえることが出来ると思います。 ですが、購買力平価はインドが3位というのは 小学生でもわかる言い方をすれば、 所得は低いが、物価も低いので、 物を買うことができる能力は、世界第3位ということでしょうか? よろしくご教授下さい。

  • 勝間和代氏の本

    女性です。 事業仕分けにも携わっている経済評論家の勝間和代氏の本についてです。 初めて読もうと思い書店で手に取って見ていたところ、 一緒にいた友人に「お金が勿体無いから止めた方が良いよ」と言われました。 どうやら持論に一貫性がなく、上からモノを言う、見下す感じが不快なのだそうです。 勝間和代氏の本を読んだことがある方、どうでしたか? 実際読んでみないことには分かりませんので、 図書館で探してとりあえず1冊借りて読んでみようとは思いますが、 参考までに教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • GDPはどの調査方法が信頼できる?

    GDPには為替レートによるデータと、購買力平価によるデータがあります。為替レートと購買力平価、どちらが実態の経済をより反映しているのでしょうか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88 それが購買力平価によるGDPの場合、CIAのデータとWorld bank、IMFとではかなり差があります。一人当たりGDPですが(購買力平価)、IMFでは発展が遅れているはずのマルタが3位なのが気になります。そしてCIAでは貧困が蔓延している赤道ギニアが10位、WBも28位としています。各社かなりバラツキがあるという事です。そして国全体のGDPでも購買力平価だと、各社とも中国が日本を抜いていて、インドがドイツを抜いています。 そもそも購買力平価によるGDPの算出方法がイマイチよく分かりません。為替レートのGDPだと円高円安の影響を受けるので、購買力平価のデータに期待したかったのですが。購買力平価によるGDPの算出方法の欠点もあれば教えて下さい。 GDPは為替レートと購買力平価、どちらが信頼できるのでしょうか? そして購買力平価のデータではIMF、CIA、WB、どこが一番信憑性が高いのでしょうか?。

  • 購買力平価による各国一人当たりGDP の統計を探したい

    この文章の最初の「GNPの国際比較」部分を読で、一人当たりのGDP(元文章はGNPだけど) 購買力平価にとても興味深いのです。 http://homepage3.nifty.com/ronten/world1.htm 購買力平価による各国一人当たりGDP の統計数字や図を見たいのですが、どこへ探したらいいでしょうか。

  • 本を売る努力とはどんなことでしょうか

    勝間和代さんが、「わたしは本を書く努力の五倍以上、売る努力をしている」と言っていますが、 書く努力の五倍以上の「売る努力」とは、具体的にどんなことでしょうか。 何を努力しているのでしょうか。 努力の内容を具体的に知りたいのですが。

  • こんにちは。

    こんにちは。 勝間和代さんの「売却EXIT」という本を最近よみ、非常に面白かったので、この本のように小説だけど、読みながらいつのまにか勉強できそうな(MBA的?/ビジネススキルにいかせそう?)本がありましたら、ぜひ教えて頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • ノートパソコンの価格と性能について

    ずっとデスクトップのパソコンを使用しておりましたが、 最近ひしひしとノートパソコンの必要性を感じてきていまして、 近いうちに買おうと思っている大学生です。 調べてみると、価格が4万~20万超と、凄いばらつきがあるようなのですがこの価格差は主にどんな要因が大きいのでしょうか? 情報が氾濫していて、知識の乏しい私には判断できません…。 要因としては、 ・機能の種類 ・デザイン、サイズ ・処理能力 なのかな、くらいの印象です。 ちなみに、必要性を感じているというのは、 主に勝間和代さんの本に触発されて、 もっと情報の処理を効率的に行えるようにならなければ! ということによっています。 学生なので安く済むに越したことはないのですが、 後悔するほどのスペックのものは買いたくありません! 推奨されているのはレッツノートなのですが、技術の進歩のスピードがわからないので、もしより適したものがあればいいなと考えて質問させてもらいました。 勝間さんのお考えにお詳しい方からのアドバイスがいただけると本当に助かります。よろしくお願いします!

  • 短期のドル円の変動要因について

    相場を見ているとニュースで「米金利とドル/円の連動性がこのところ薄れてきた。10年債利回りが本格的に3%を超えても、ドル/円が85円を抜けていくイメージはない」とのコメントが流れていました。 日米金利差の拡大を主な要因として一時、1ドル80円台だったドル円が1ドル84円台まで変動したが、今後は日米金利差が更に拡大しても円安が進行するとは限らない、との意味だと思います。 ところで購買力平価といった長期的なものではなく、短期的な為替の変動要因として金利差以外にはどのようなものがあるのでしょうか。 また2010年12月において、次の主要な変動要因は何になるのでしょうか。