• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

標準語か方言か?

子供に童謡のちょうちょ聞かせてましたら、あれっ?て思う歌詞がありました「・・・菜の葉にあいたら桜に止まれ・・・」って所であいたっていうのは飽きたらって事ですよね!自分の生まれた中国地方某県では確かに飽きる事を「もうあいた」と年寄りは言うのですがこのあきることを「あいた」って言葉他の地方でも使いますか?それとも方言がそのまま歌詞になっているんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数7464
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ずばり「標準語」です。 ひと昔前の日本語には、同じ意味なのに2通りの活用をする言葉がありました。「味はふ」などは四段活用と下二段活用の二種類があったりします。 「飽く(あく)」と「飽きる(あきる)」の問題はちと違います。 今はもちろん「飽きる」が主流ですが、昔は「あきる」と言えば「あきれる」の意味でした。しかし、ある時から「飽きる」が主流になってしまったのですね。 昔の歌では「飽きる」でなく「飽く」として解釈しましょう。(「野ばら」でも「飽かずながむ」と使いますね) そうすると「飽く」ですから、「あきたら」にするものですよね。しかし、そうではなく「あいたら」になる。それは音便化現象なのです。 「書きた」と言わず「書いた」というのと同じことです。 ではなぜ現代語ではそうならないか。「飽きる」の活用は上一段活用だからなのです。「飽く」の方は「飽かず、飽きたり、飽く、飽くこと、飽けば、飽け」という四段活用になります。そうすると、連用形のところで音便化したくなるのです。 といってわかっていただけるか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nabayoshさんよーくわかりましたよ!これで今晩ゆっくり眠れそうです。どうもありがとうございました!!!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

西日本全般に「飽いた」と言う地方は多いようです。東は「飽きた」。 これは元々ひとつの「飽く」という言葉があり、江戸語では「飽きる」という 上一段活用の動詞に変化したものでしょう。大辞林にも (動カ上一)〔四段動詞「あく」の上一段化。近世江戸語以降の形〕 とあります。今でも「飽くことなく」とか「飽くなき情熱」とか 「飽くまで行う」という言い方は標準語としても残ってますね。 上一段の動詞は、連用形にするときはそのまま 「飽きる」→「飽きた」「借りる」→「借りた」 となりますが、「カ行」五段活用の動詞は 「飽く」→「飽いた」「咲く」→「咲いた」 と「キ」が「イ」に変化します。これを「イ音便」といいます。 なお、「借りる」もオリジナルは五段活用の「借る」で、ラ行五段活用では 「取る」→「取った」のように「借る」→「借った」 と小さい「っ」になります。これを「撥音便」といいます。 さらに関西ではこの撥音便と区別するため「買う」「買った」を 「買(こ)うた」 にします。これを「ウ音便」といいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうかぁー・・・そういわれて見ればそうですよね!よーくわかりました。どうもありがとうございました!!!

関連するQ&A

  • 方言について悩んでいます

    私は北陸地方出身ですが、今は中国地方に住んでいます。もともと移りやすいのもあったせいか、中国地方に住み始めたときから、その土地の方言が中途半端に移ってしまうんです。しかも周りに関西や九州、四国の人もいてその地域の人の方言も中途半端に移っています。今までは直そうとしても直らなかったのですが、最近、わざとそんな風に話している様に聞こえるといわれました。方言が移ることはそんなに悪いことでしょうか。ご意見お願いします。

  • 「起きやい」とはどこの方言

    「起きやい」とはどこの方言でしょうか? 関西圏のようなんですが。大阪?中国地方?

  • 三河弁(愛知県)と、中国地方の方言って似てませんか?

    三河弁と、中国地方の方言って少し似てませんか? テレビなどで中国地方の方が話しているのを聞いていると、似ているなと感じる事がよくあります。 以前、「えらい」と言う言葉を広島でも三河と同じく「しんどい、つらい」の意味で使う事が言われていました。 他の例は具体的には浮かびませんが、どなたか似ている意味を知りませんか? また、三河から中国地方へ行った方や、その逆でも、同じ事を感じた方はいらっしゃいますか?

  • 中国地方の方言「みやすい」についてお尋ねします。

    中国地方の方言「みやすい」についてお尋ねします。 広島や山口などでは、簡単だ、容易だということを「みやすい」(例:今日のテストはみやすかった)といい、あまりに普通に使うので、方言だと知らない人も沢山いるし、方言だと知ったときには大ショックを受けた、という話も聞きました。 そこで、この言葉を使う地域の方にお尋ねしたいのですが、 「かんたんおかずクッキング」 「こうすれば簡単!確定申告」 「禁煙は簡単ではなかった」 「誰でも達成困難なプロジェクトより簡単なものを選ぶ」 という本の題名とか表現は、中国地方では違和感はないのでしょうか。 また、違和感があるとしたら、これらは、日常、どのような言い方になるのか教えてください。

  • 「えらい」通じる?通じない?

    私は中国地方の出身なのですが、「えらい」を「しんどい、苦しい」の意味で使います。地元にいる時は、標準語でないにしても結構通じる言葉なのかな?と、思ってました。 昨年高知県に引っ越したのですが、高知県では「えらい」が通じませんでした。 「えらそうだねえ」と言って気分を害されたこともありました。 「そっか~、結構特殊な方言だったんだなぁ」と、思っていましたが、 同じ四国でも、香川や徳島の人には通じるみたいです。 関西圏でも、大阪の人には通じなくても和歌山や京都の一部の人には通じました。 不思議なことに、名古屋や東海地方の人にも通じるのです。 さらには同じ中国地方でも広島ではそんなに使わないみたい…。 一体「えらい」が通じるのはどこからどこまでなんでしょう? 関西をすっ飛ばして、中部地方で通じるのは何故?? 「自分は○○県だが使います」あるいは使わなくても方言に詳しい人の回答待っています。お願いします。

  • 岸和田の方言?

    今日朝の連ドラ カーネーションで、 人に食べ物を勧めるとき、「さあたべれ」といっていました。 食べるの命令形は食べろ食べよなので、これは召し上がれ 等と同じ用法の方言かなと思いました。 富山出身の方が、桜がきれいから見にいかれい。ちょっと休まれい 食べれも使っていたと思います。 他に人に勧める時動詞未然形にれ、れいをつける地方ってありますか。 教えていただければ幸いです。

  • 兵庫県と岡山県の方言

    岡山の知り合いが何人かいますが、彼等はまったく中国地方のイントネーション、語尾に聞こえます。 が、姫路の知り合いの言葉は全く関西弁に聞こえます。 兵庫県と岡山県でそんなにきっぱり違うのでしょうか?それとも境目のあたりは、やはり混じり合ったような言葉の地域があるのでしょうか?

  • 方言で歌合戦?

    年末年始の番組で、出場者が自分で方言になおして歌う、トーナメント形式の歌番組があったそうです。 深夜で私は見ていなかったのですが・・・ 主人と実家の母が思い出して、盛り上がっていました。 ところが、ふたりとも、思い出せなくてイライラ? 何県の出場者、方言か、わかりません。 歌も、わかりません。最近の若い子の歌だそうですが・・・80才と60才には10年前でも最近かもしれません。 歌い出しは『ありがとうって伝えたくて~』だそうです。 その部分の方言に変えた歌詞が、思い出したいようです。 『ありがとう』とは全然違う言葉で、審査員の東MAXが面白いコメントをしたそうです。 どなたか見ていた方、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 標準語に最も近い方言はなにか。

    たびたび世話になります。関東圏内で横浜、東京都下以外の条件だとしたら、どこの方言がもっとも標準弁に近いでしょうか。 一概にいえないかもしれませんが、お願いします。

  • 標準語と思っていたら実は方言だった

    私は関西人なのですが、「冷麺」はずっと標準語だと思っていたのですが、関東の方に言わせるとそんな言葉は知らないとの事なんです。 ちなみにこれは「冷やし中華」の事なんですが、こういう風に標準語だと思っていたものが方言(地域限定の言葉)だったときの経験談を教えて下さい。 地域によって意味の変わる言葉でも結構です。 例)お店でみかける「オマケして」という言葉。 関東・・・メインのものにサービスで別のものをつける事。 関西・・・主に「値引き」を表す。 演劇の台本作りで参考にしたいので宜しくお願いします。