• 締切済み
  • 困ってます

英文法

June 6発行のThe Daily Yomiuriに添付のWashington Postの記事タイトル(P13)、"Moving in with your parents?....に下記英文があります: 左から3コラムで、上から2Para, Top line から、It is not that young people spurn entry-level jobs. It's that entry-level jobs are all too often dead-end jobs.. この英文の意味はわかりますが、It is not that~の構文は強調構文でしょうか、それとも形式主語構文(?)でしょうか?次のIt is that の構文も文法的な意義が把握できませんが、よろしくご教示 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数79
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

強調構文にせよ,形式主語にせよ,It is X that ~のように,it is の後に X がきます。 今回のパターンはそうではなく,it = that 節 のように,it is that 節で SVC になっているだけです。 Not that SV. という形でおなじみなのですが, もともと,It is not that SV. で it is が省略されたものです。 この it は that 以下と=といっても,形式主語と真主語で=というのでなく, SVC として=です。 ばくぜんとした状況を表す it ともいえますが,前の文の内容を受けていると考えるといいです。 「そのことは,that 以下とイコールではない,that 以下というわけではない」 Not that ~となるように,特に「そのことは」と訳すより, 「だからと言って,that 以下というわけではない」という訳し方が模範的です。 「実は~だ」というのが It is that SV. です。 ここでは「~ではなくて」という not that の後に呼応する形で続いていますが, いきなり,「実は~なんだよ」として用いることもあります。 同じような表現で,It follows that ~, It doesn't follow that ~というのもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英文解釈

    The Daily Yomiuri (dated March 7) に添付されたThe Washington Post のタイトルに What’s so bad about Amercan parents?の記事があります。 その記事でP15の上から2nd Para.,で上から7行目に…”stay up late perfecting that (popsicle-stick diorama of Fort Ticonderoga )for their second-grader;の英文が あり、この括弧の英文の意味が不明ですので、どなたかご教示おねがいします。 The Washington Post のURLはwww.washington post.comです。 よろしくおねがいします。

  • 英文法の問題です。

    But the sea is always moving, even so much that our eyes can see it, simply because the air above it is moving. (しかし、海はいつも動いているのです。その上の空気が動いていることだけのために、我々の目に見える程度であってもです。) という英文中の even so much that の文法的な働きと、その働きによって上記翻訳になる理由を教えてください。

  • 英文法

    It is with deep sorrow that Her Majesty The Queen announces the death of her beloved husband, His Royal Highness The Prince Philip, Duke of Edinburgh. これはIt is ~ thatの強調構文ですか?

  • 英文法チェックおねがいします

    1, it is not until your mother pass away that you appreciate your mother. 2, it will take three months to recover from such a terrible disaster. 3, it won’t be too long that you regret to have done such a stupid manner in public. 1, it is hilarious that you could not pass the exam although you had kept studying all night yesterday. 2, it was thoughtless of you to think you want to be a professional baseball player in your future, because possibility of that is extremely low. 3, it is widely known that Ichiro is not well known in the USA, even though everybody knows him in Japan 1, Do not take it for granted that your parents support you forever; you need to live by yourselves soon. 2, Keep it a secret that your proposal was declined 3, I found it fun and easy to make people believe about my incredible story. 1, He pretends to be like a professional computer user, but he doesn't even know how to open a PC. 2, Nobody know how to happen the global warming in the world, it is time to tell everybody to teach how awful it is.

  • not thatの英文法?が分かりません。

    下記の文章の文法がよく分かりません。 ----------------- It is a small island not that far from here. 小さな島だけどここからそんなに遠くないよ。 -----------------24 It is a small island の時点でS+V+Oの3文型?が出来ているにも関わらず、 notが続き、名詞か接続詞がよく分からないthatが来る事がなぜ出来るのか? よく分かりません。 far from hereは副詞なのでしょうか? このnot thatの使い方を教えてください。

  • 強調構文(分裂文)

    It was not until he spoke that I knew he was there. 上記の英文は、普通の強調構文ですが、これを It was not until he spoke I knew he was there. という風に、強調構文のIt is~that..のthatを省略できるのでしょうか?(It is not until...that~以外の普通の強調構文だったら省略できることは知っています)

  • 英文中の語句の文法的役割を教えてください。

    But the sea is always moving, even so much that our eyes can see it, simply because the air above is moving. (しかし、海はいつも動いているのです。その上の空気が動いていることだけのために、我々の目に見える程度であってもです。) という英文の、even so much that という語句の文法的役割を教えてください。

  • 英文構造

    [英文]     It is not that they acquire less education than they once did. It is rather that the emphasis has changed. [日本語]     昔と比べて若者が教育を受けるのが少なくなっているのではない。     むしろ、その力点がかわってきているからである。 [わかった部分]     not-ratherを意識して書く。 [疑問]     it is thatはitが代名詞ではない場合、強調構文として、つまりthat以下は重要なの     だ。という訳になると思います。しかし、訳では、itが代名詞のニュアンスは含ま    れていません。さらに、it is thatが強調構文だというニュアンスも感じられませ     ん。it is thatはこの文章中でどのような役割を果たしているのでしょうか。

  • It is not until ...that~

    It is not until...that~の構文は「...して初めて~する」と訳せと教科書では教えています。例文を出します。 It was not until he had been away from home for many days that he found how he loved his father and mother. 質問1. ネイティブなどは上記の英文を「それは...まではなかった。それは~」と理解していくように思うのですが? 同時通訳者などは直読直解して行くそうですが、上記ネイティブのように理解して行くのか、それとも、瞬間的に「...して初めて~する」という日本文に置き換えて理解するのかどちらなんでしょうか? 質問2. It is not until の所ですが、意味上というか構文上というか、 頭の中で区切るとしたら、It is notで区切るのが正しいのか、It is not until で区切るのが正しいのか(つまり、notとuntilは切り離せない)どちらがいいのでしょうか?自分としては、notで一息つくと理解しやすくなるのですが、単にこの構文に慣れてないせいでそうなるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 英文法でわからない問題

    英文法で以下の問題のthat ---- the caseの部分がよくわかりません。 わかる方がいたら、解答よろしくお願いします。 That ---- the case,the night foreman could not keep his promise to work every night this week. (1)is (2)were (3)having (4)being ----の部分に入る適切な単語を1から4の中から選びなさいという問題です。 答えは(4)で問題の解答には「接続詞がないので1、2は除外、分詞構文である3、4のうち、havingは意味が通じないので(4)を選ぶ」と書いてあります。 分詞構文ということはわかるのですが、分詞構文の場合、主文と分詞構文の主語が一致しないといけなかった気がするのですが、この場合はそれをどのように解釈すればいいのでしょうか? ちなみにこの問題の訳は 「そういうわけなので、夜勤の現場主任は、今週は毎晩働くという約束を守ることができなかった。」 となっています。 それとも、文法などは考えずに、that being the caseの部分はイディオムとして覚えたほうがいいのでしょうか?