• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

遺言検認後の不動産登記について

母の死後、自筆遺言書が裁判所により検認されました。現金と不動産です。 凍結していた現金を銀行から払い戻すための相続人三人の承諾書を、一人が拒んでいます。不動産については、相続の内容を三人が納得しています。この場合遺産分割協議書は不動産と現金を分けてできるのでしょうか。現時点で不動産登記を行う方法を教えてください。よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数703
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>遺言執行人が指定されていても、不動産登記はできますか。教えてください。 相続による登記申請は、相続人による単独申請です。 遺言があって、遺言執行人がいますと、遺言執行人によって登記申請と考えてしますが、登記はそうした考え方ではありません。 遺言により相続人が決まってますので、効力発生は死亡時、つまり相続発生時となりますので、被相続人から相続人への所有権移転は、相続人のみによってなされます。 従って、遺言執行人の協力は必要ありません。 仮に、遺言執行人の方も共有者として相続人に入っていたとしても、相続は代表一人からの申請でも出来ますから、遺言執行人が相続人の一人であっても支障はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくわかりました。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

>現時点で不動産登記を行う方法を教えてください。 回答者1の方は、できますよと回答しております。 回答者2の方は、検認された遺言書があれば原則として不動産登記に相続協議書や同意書などは不要ですので今時点で登記は可能ですと回答しております。 これらの回答は誤りではないのですが、一部説明が欠けております。 遺言書の検認が終わったということで、一つのハードルはクリヤいたしました。 しかし、その遺言書の文面で登記申請できるか否かは、文面の内容により異なります。 具体的には、どこそこの不動産を誰某に相続させるというように、「相続」という二文字が記載されていれば、その遺言書で登記申請できます。 「相続」という二文字が無い場合は、遺言書の現物を読みませんと、その遺言書を使えるか使えないかはお答えできません。 遺言書で登記出来ないとなると、遺産分割協議書が必要となります。 この遺産分割協議書には銀行のことが記載なく不動産のみでも構いません。 遺言書による登記申請の場合は、遺産分割協議書は必要なく、登記申請書に被相続人の除籍謄本・住民票の除票、相続人の戸籍抄本・住民票を添付して行われます。 遺言書が使えない場合は、遺産分割協議書を作成しなければなりません。 この協議書に相続人全員が実印を押印し印鑑証明書を添付します。 また遺言書を使用した時の登記申請書には被相続人の除籍のみでいいのですが、遺産分割協議書による場合は、被相続人が15歳頃より亡くなるまでの戸籍を全部添付する必要があります。 このように、遺言書の文面により取り扱いが異なりますので、専門家である司法書士または法務局の職員に遺言書を持参して相談してください。 相続は簡単な登記ですので、当該不動産を所轄する法務局の近所にある司法書士事務所に飛び込めば数万円で代行してもらえます。 質問者様が、お役所仕事に基礎知識があれば、法務局の相談コーナーで相談することで、ご自分で登記申請することも可能です。 私は司法書士ですので、法務局の相談コーナーに行ったことがありませんので、どれだけ親切に対応するかは知りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご親切に詳しい内容をありがとうございます。わからないことばかりで本当にたすかります。

質問者からの補足

質問に書き忘れの大事なことがありました。相続人三人の内一人が遺言執行人に指定されています。その弟(不動産屋)が、他の一人が銀行の現金払い戻し承諾書を拒んでいる事を理由に登記の手続きを放置しています。遺言執行人が指定されていても、不動産登記はできますか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 回答No.2

検認された遺言書があれば原則として不動産登記に相続協議書や 同意書などは不要ですので今時点で登記は可能です。 検認証書にキズがあれば(相続人の一人が認めていないなど) 同意書や協議書を求められる可能性があります。 預金払い戻しについては遺言執行者の定めの有無によっても銀行 手続きが変わっくる場合があります。 窓口では間違った事を云われる場合もありますから、きちんと 本部の担当者から説明を受けるようにしてください。 その上で、やはり相続人全員の同意書や協議書が必要であると 言われた場合には2通りのやり方があります。 一つは受遺者が銀行に対して払い戻し請求の裁判を起こし、判決 を受けて払い戻すやり方 二つ目は(一つ目を前提に)協力を拒む相続人にハンコ代を渡し て協力してもらうというやり方 尚いずれの場合でも協議書が必要な場合、その内容は遺産全部 でも、各遺産毎でも記載範囲は任意です。 ↑はいずれも登記をお願いする司法書士に相談に乗ってもらったらいいと 思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい教えをありがとうございました。兄弟間で意見の違いがあり困っていました。近いうちに郷里に行き、司法書士に相談します。

  • 回答No.1

できますよ。 遺産分割協議書は、そこに書いてある遺産についてどのように取り扱うのかを記入するので、質問にあるように特定の遺産だけを記入して作成することもできます。 もちろん、現金については拒否している方との話し合いが終わり次第、別に作ることになります。 この場合、銀行からの払い戻しは代表相続者を選任する書類に全員の印が必要になるので、一人でも承諾されないと払い戻しはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅い時間にもかかわらず、ご親切に教えて下さり、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 遺言書が出てきたら必ず検認が必要ですか?

    自筆の遺言書が出てきたので相続人全員で開封し確認しました。 遺言書の配分には全員納得済みで、記載されていない物に関しては均等に分ける事にしました。 自筆の遺言書は裁判所で検認が必要である事を最近知ったのですが、 配分に異論が無ければ、遺産分割協議書の提出だけでも可能でしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 自筆証書遺言と不動産登記について

    家庭裁判所での検認手続き中です。 関係者の話によると、A(故人)は「Bに全財産を相続させる」といった内容らしいです。 その話を裁判所でしたところ、裁判所の職員から「自筆証書遺言の要件(遺言の全文を自分で書く、日付を書く、自分の氏名を自分で書く、印鑑を押す 等)を満たした検認済の遺言書があれば、B以外の相続人については遺産分割協議書や印鑑証明書がなくても、登記が出来るでしょう。」との話を聞きました。 実は、相続人がかなりの数おり、殆ど付き合いの無い人や所在の分からない人もいるので、遺産分割協議書や印鑑証明書を揃えるのは難しいと言うか、不可能ではないかと思っていましたので、検認済の遺言書があれば手続きが楽になるかと思い、安堵していました。 しかし、ここのQAには「公正証書遺言の場合、遺産分割協議書は不要。自筆証書遺言の場合、遺産分割協議書は必要」との記載が多数ありました。 やはり、B以外の相続人について遺産分割協議書や印鑑証明書は全て必要なのでしょうか? 検認済の自筆証書遺言だけでは登記は出来ないのでしょうか?

  • 自筆証書遺言書の検認は必ず必要ですか?

    母が亡くなりました。生前に自筆証書遺言書を作っていました。封はしてありません。 自筆証書遺言書は裁判所の検認を受ける必要があると聞きましたが、遺言書の内容に遺族が全員納得してその通りに遺産分割協議書を作る意向である場合検認は必要なのでしょうか。

  • 遺言検認後の法定相続登記は違法?

    父がH13年死亡。母はすでに他界しており、相続人は子3人。H14年5月に遺言書検認済みです。 ところが相続人の一人がH14年12月に遺産分割協議調停を申請し不調で申請取り下げ。しかしその相続人は、調停申請直前に、単独ですべての不動産の法定相続登記を行っていました。遺言書により他の相続人が相続すると認識しているはずの土地を、1/3づつ共有登記することは違法にはなりませんか。なお、その相続人は遺言書による相続と生前贈与を合せ、遺留分相当は相続することになっています。

  • 検認遺言書について4点の質問があります

    検認遺言書について4点の質問があります 1:不動産の所有権移転登記ができる→正否? 2:遺産分割協議書で遺言書内容を変更できる→正否? 3:凍結された預貯金の解凍には不十分である→正否? 4:以上3点の他に特筆できる効力があればご教示下さい

  • 検認について(遺言書あり)です。

    検認について(遺言書あり)です。 昨年、兄が亡くなり僅かですが、財産の相続をしたいと思っていますが、生前預かっていた遺言書があり、家庭裁判所の検認を受けたいと思っています。ただ、8年程前から連絡の取れない弟の子供(相続人)がいまして、戸籍が取れない状態です。 遺言書と戸籍を家庭裁判所に持って行って、検認を受ける程度のことしかわかりませんので、具体的な流れと共に、行方不明の弟についても何か方法がないかと思っていますので教えてください。

  • 不動産登記変更について

    先日私の兄が亡くなりました。法定相続人は同居してる弟の私一人です 兄の自筆の遺言状はあります。預貯金及び不動産を私が相続するというものです ただ自筆の遺言書は法的効力はないみたいですね・・ 法務局に行って不動産登記変更の手続きをとろうと思います 素人の私でもできますか? ググってみましたがいろいろ沢山あってどれがいいのかわかりません アドバイスお願いします

  • 公正証書遺言、自筆遺言が共にある場合の執行方法、分割協議は?

    父の死後、公正証書遺言および自筆遺言(検認申請中)がありました。 相続人が2名(A、B)であり、仮に公正証書遺言の内容が   A:○○の土地、建物   B:○○の土地、建物以外の不動産、預貯金その他全て と書かれていたとします。また、自筆の内容が日付が新しいとします。 質問事項は下記です。  「自筆の内容が「○○の土地、建物」以外にあたる「株」を   Aに相続する」であった場合に、一応全ての相続内容は確定   しますが、この場合には遺産分割協議は必要でしょうか?   その他全てが、ではどこまでかということを話合う場合には   分割協議書が必要なのでしょうか。明白な預貯金、不動産は   先に名義変更などを執行してもよいのでしょうか。   公正証書遺言は遺産分割協議が不要となっていますが、自筆の   内容とも重複しない公正証書遺言の内容は分割協議をせず即執行   ができると考えてよいのでしょうか。受け取り人が確定した遺産   とグレーな遺産がある場合、グレーな部分だけ分割協議して、   確定は先に執行というわけにはいかないのでしょうか。      また、検認待の遺言書は預貯金、不動産については記載されて   いないと思うのですが、先に預貯金、不動産の名義変更をして   後から検認した遺言書の内容と最悪重複したら、その時に是正   する(2度手間ですが)、ということは問題ないのでしょうか。   以上、よろしくお願いします。

  • 検認すみ遺言書だけで凍結された銀行預金を引き出せますか?

    検認すみ遺言書だけで凍結された銀行預金を引き出せますか? 遺言書には次の条文を加筆してあるものとします: 「遺言執行者***に対して、本遺言執行のための預貯金等の名義変更、解約及び換金等一切の処分を行う権限を付与する」 あるモノの本によれば「凍結された銀行預金を引き出す際に銀行手続きを円滑にできるので有効です」のように記載されています 銀行独自の書類に相続人全員の署名捺印、印鑑証明書、戸籍謄本、遺産分割協議書など不要と言うことでしょうか? どなたかコメントを頂ければ幸いです

  • 自筆の遺言書 検認について

    一人暮らしで、財産無しです。 自分の死後のことについて、すぐ見てもらえるところに自筆の遺言書を書きました。 自筆、日付、署名押印、すべてオッケーです。誰でも読めるように封はしていません。 がしかし。これでも自分の死後に裁判所の検認は必要ですか? 必要ならば費用を遺言書にくっつけておこうと思っています。 裁判所の検認が必要な場合、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。