-PR-
解決済み

年金の締め日について。死亡時の場合等の計算方法

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7423162
  • 閲覧数2593
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 95% (137/143)

年金は偶数月の15日支給(2ヶ月分)と知りました。

1、6月15日に支給される年金というのは4月1日~5月31日の2ヶ月分という考え方でいいのでしょうか?
2、1としますと年金受給者が5月1日に死亡した場合でも4,5月分満額が6月15日に支給されるのでしょうか?
3、1と2としますと年金受給者が6月1日に死亡した場合は6月の1ヶ月分が死亡後8月15日に支給されるのでしょうか?

※遺族年金等は無しとします

以上よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 85% (1980/2320)

A1.
各偶数月15日に、前々月分と前月分の2か月分を支払うこととしています。
したがって、6月15日に支給されるものは、4月分と5月分です。

A2.
年金の支給は、受給権発生日の属する月の翌月分から始まり、受給権消滅日の属する月の分まで続きます。
受給権者が死亡したときは、死亡日の属する月の分まで受けられることになります。
したがって、例えば、5月1日に死亡した人の場合は、5月分までの年金が支払われます。

A3.
A2から考えて、6月1日に死亡した人の場合は、6月分までの年金が支払われます。

注意事項があります。
死亡した人の口座は、遺産に係る処理が終了するまでの間は凍結されてしまいます。
そのため、通常は未支給年金の請求という手続きを遺族がおこなって、遺族の口座のほうに振り込んでもらうようにします。
例えば、5月1日に死亡した人の場合は、死亡時点では4月分と5月分の年金(6月15日支給)が未支給年金ということになります。
また、併せて、「死亡したのでもう年金は受け取りません」という年金独自の死亡届を提出しなければなりません。
未支給年金の手続きを済ませないと、死亡した人の口座に振り込まれてしまうことになりますが、口座が凍結されてしまうので、そのままでは、遺族であっても引き出すことができません。
 
お礼コメント
totetinntinn

お礼率 95% (137/143)

プロ方からお答え頂きまして感謝いたします。疑問点は全て解消しました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-04-15 23:07:35
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ