• 締切済み
  • 困ってます

マンション地中配管について専有?共有?

長文です マンション1Fですが専用に使用している 配水管が地中にて破損しており 専有部分か共用部分かの判断が どちらになるのか ご存じの方がいらっしゃったら 回答をお願い致します。 昨年の震災以降 洗濯機の排水が溢 れる事が、2~3ヶ月に一度ぐらい 発生していました。 頻繁に発生する為に配管業者ファイバースコープにて 調査をして頂き、室内の配管と廊下部分の排水管が破損していることが わかりました。 排水管は、自室の専用に使用している排水管になります。 管理会社および管理組合は、廊下部分は共有部分、室内は専有部分との 解釈で、専有部分は、個人にて費用を出すように言われております 管理規約を確認すると専有に使用している配管が専有物ではなく、 あくまでも 専有部分に属している配管が専有物との解釈と読み取れると 思います。 ・躯体部分、基礎部分は共有部分 ・専有部分に属さない配管は共有部分 配管業者より配管の写真を見ると破損部より土砂が見えることにより、 地中(躯体部分の下の地中)にある配管だといえます 以上のことより、共有部分で修繕を行って欲しい旨を伝えておりますが 管理会社よりは、過去の事例で専有部分で修繕を行っている(他のマンション) との回答となっております。 (マンション全体の保険で修繕できれば行ってもよいが、現状は難しそうとの 保険会社よりの回答) 以上宜しくお願いします。 【管理規約抜粋】 第2章専有部分等の範囲 (専有部分の範囲) 第7条 対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、次のとおりとする。 (1)建物番号を付した住戸(以下「住戸部分」とする) 2 前項の専有部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおり とする。 (1)天井、床及び壁は、躯体部分を除く部分を専有部分とする。 (2)玄関扉は、錠及び内部塗装部分を専有部分とする。 (3)窓枠及び窓ガラスは、専有部分に含まれないものとする。 3 第1項又は前項の専有部分の専用に供される設備のうち共用部分内にあ る部分以外のものは、専有部分とする。 (共用部分の範囲) 第8条対象物件のうち共用部分の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする 別表第2 専有部分に属しない建物の附属物 電気設備、給排水衛生設備、消防設備、電話配管設備、ガス設備、テレビ共同視聴設備、非常通報設備、集合郵便受け、掲示板その他各種の配線配管

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1674
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.8

当件は、どの様に解決しましたか? 質問者は回答して下さい。 管理規約に規定されているとは言え、 ・その規約がマンション標準管理規約のコピー版であるとか、 ・理事会の判断だからとか ・その上、マンション管理会社の判断だとか いずれも、 貴殿がお住いの分譲集合住宅の構造に基づく的確な規定・助言であるか否かがキーポイントです。 共用部・共有部・専有部、及び、「共用部・共有部」VS「専有部」との境界(責任分界点)の定義がなされているか? 公平な費用負担を規定しているか? それから、出来ない者を集めただけの理事会は、有害です。 出来る者と言うのは、構造物の機能・構造・保全・修理・図面を読める者の事です。 近年、管理組合が元理事長を刑事告訴する実例が増えています。 元理事長が、出来ない理事達を相手に業者と結託して高額な修繕工事を遂行した。総会の承諾を得て実行。 1500万円が業者から元理事長の口座に振り込まれた。 元理事長は、当初は抗弁をしていたが、業者の銀行預金通帳から事実が発覚。 これと同類の刑事告訴で3年の懲役に服した元理事長が2年後に仮出所した。 その姿を見た組合員が1500万円を管理組合に返金したかを現理事長に問うと戻って居なかった。 現理事長は、組合員の指摘で、専有部を担保物件として差し押さえすべく告訴の手続きをしたが、 被告人は不在だと言う通知があった由。併せて、入居届けがあった由。 仮出所後、元理事長は即時に転売し転居してしまったのである。 両事件で問題になったのは、理事たちの責任追及(損害を与えた二次要因元)である。 損害金額を、できない理事達が負担すべきだと言う追及です。 マンション管理会社と委託契約をしていても責任は皆無です。 なんのための介在なのか? 出来ない者を役員(理事・監事)に選出する規約が誤りであること。 輪番制とは、できる者・実務者を選ぶと言う意味です。 さて、質問者は「地中埋設管」、「洗濯機からの排水用の排水管」の二種類の配管とこれらの接合部とを図解することができますか? 管理規約は、法律ではない「マンション標準管理規約のコピー版」です。小さい文字で参考注記がありますから、お住いの建物の構造を判っている技術系の組合員と協議することです。 洗濯機の排水用の排水管が地中迄、伸びて配管されているのであれば、共用部である共用地中排水管と、あなたの帰属物である 排水管との接合部・接続部のどこの部位で漏れを生じているかの判定です。 図解すること。 さて、先に修理見積もりを入手する事。 開放廊下側から工事が行われると推察します。 専有部での漏水が発生しているとの記述がありませんでしたから。 漏水を放置すると地中に空洞化を生じます。 迅速な対応ができる理事会に改めねば、形骸化した管理組合になるでしょう。 一番喜ぶのはマンション管理会社です。 以上

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

No.6で回答済みですが、補足します。 管理組合規約の該当規定は、法律ではない「マンション標準管理規約」のコピー版です。 国交省は、マンション標準管理規約を参考だと告示しています。 この告示をお読みになりましたか? 出典:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/mansei/manseikanri.htm    表題:○マンション管理について の中から探してください、       巧妙ですよ。       マンション管理規約は、「参考」と言う扱い?位置づけ?だと解説しております。       法人(一般の会社で備えている社規では、この様な曖昧な規定は配布しません。       仮に「規定では無く」、「参考とする場合には、表題の下に当件は参考ですから誤解しないことと注意を喚起します」 >玄関扉の内側の塗装と施錠装置が区分所有物件で、他は共有部・・・・。 建物は個々で・機能・構造・配置が異なりますから、躯体・ライフライン(電気水道排水ガス通信TV受信火災警報器エレベータ)等について、 共用・共有の定義・考え方を設定し、 この定義・考え方に基づいて、責任分界点をさだめるとともに、 公平な費用負担を定める必要があります。 また、判例があっても、建物が異なると適合しませんから、判示(判例)の考え方を咀嚼せねばなりません。 文言では判らないから理事会では図示しましょう。 私の体験事例を図示(図12)します。 1階住戸の床下の共用排水横主管と1階住戸からの枝管との接続部=責任分岐点は、実態面で、目視ができないし、 修復作業を行うにも、床スラブを開削せねばできません。 ですから理事会と協議し、排水横主管との接続部の工事をする工法の選択と費用負担の協議をしてはいかがでしょうか? 私は、排水横主管が共用部ですから、1階専有部からの枝管を接続容易な空間を設けるのは管理組合側の配慮だと捉え、 その費用は管理組合の負担とする考えを提案します。 具体的には、1階床下に開口部を新設して点検口を設けます。 点検口の部品は50cm角で1万円ですが、役務・少量の骨材・セメント等の費用です。 概算工数2人日(2人/1日)10万円+骨材費5万円+点検口1万円+廃材処分費1万円で計約20万円以下 また、Goo Blogに参考になる投稿がありました。 http://blog.goo.ne.jp/saiteki_kouhei http://blog.goo.ne.jp/saiteki_kouhei/preview?eid=c62748eaa99470c25719faca9169a597&t=1355721222052

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

専有部からの排水管(枝管)が、共用部である排水管に接続した居る場合、枝管と共用部の排水管が接続している部位を責任分堺点です。つまり、枝管が専有部の空間の外に出ていて、共用部である排水管に至る区間(枝管の長い短い)は専有部です。 イ)1階の場合開放廊下側に共用排水管が設置している場合と ロ)1階の住戸の床下スラブの下(地中)に敷設した排水管があります。 両者のいずれでも、共用排水管と枝管が接続した部位が責任分堺点です。 責任分界点と言う用語は、インターフェースとでも言いましょうか、専有部と共用部の堺を示し。この堺では、機能を維持するために仕様を定めます。寸法・材質・耐力(強度)・火災防火等。 さて、私の分譲集合住宅でも1階の床下での排水管の状況を調査したことがありますが、1階の住戸の枝管の後付けの工事は、乱雑でした。幸い1階床上にあふれる漏水は発生していないのですが、地中が泥水状態の場所がありました。 枝管が破損していたのですが、これを個人が更新させましたが、妥当な工事だったか床スラブ下なので写真を撮れません。 1階の住戸には、床下スラブに点検口を設けてあれば診断が行えますが、100万円と言われ、止めました。 共用排水管を更新する時に考えようと言うことになりました。が、共用排水管を更新する工法が見当たらない。 ブラスティングを行って内部塗膜を造成する広報しかない。 ではブラスティングに耐える排水管なのか、その材質が判らないのです。 結局、放置状態です。 こんな回答でごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • muchyo
  • ベストアンサー率57% (58/100)

No4です。一言忘れていました 占有として使っていても、共有部分となるそうです 詳細は登記先例を見てください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • muchyo
  • ベストアンサー率57% (58/100)

登記先例を調べてみました 「昭和41年8月2日民事甲第1927号」によると、屋外配水管は共用部分となるそうです 規約に何も記載が無ければ、共用部分となる可能性が高くなります この判例を用いて、再度交渉されてはいかがでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>室内の配管と廊下部分の排水管が破損していることがわかりました。 2箇所破損しており、廊下部分は管理組合負担で修繕するので、 室内側は質問者さんが費用を負担して欲しいと、管理組合から打診されているという事でしょうか? 「3 第1項又は前項の専有部分の専用に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のものは、専有部分とする。」 の条文の通り、管理組合側の解釈でよろしいかと思います。 >管理規約を確認すると専有に使用している配管が専有物ではなく、あくまでも 専有部分に属している配管が専有物との解釈と読み取れると思います。 2階以上の部屋の方は、縦に通っている排水管までの横配管は専有部分としているはずです。 1階のみ縦配管に接続されていないので、室内部分も含め、配管全部を共用部分とするには無理があります。 「その配管は、その部屋しか使っていないのだから、その所有者負担で全部直して貰えばいいんじゃないの?他の人は困らない訳だし」という声が大きくならないうちに、納得された方がよろしいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

管理会社および管理組合は、廊下部分は共有部分、室内は専有部分との解釈  基本的には、登記されている部分(室内は専有部分)は、所有者の物ですから、所有者が出すのが原則と成ります。  ただしこれを妨げる訳ではありません。別に規定(契約)があれば、それに従うのが民法の大原則(だだし法令に違反が無い時)  したがって、  書かれている管理規約によると 8条が、抜けているから解釈不明ですね  第8条対象物件・・・8条かかれてないから・・・判りません・・・関連する部分を全て記載して下さい    (共用部分の範囲) 第8条対象物件のうち共用部分の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする 別表第2 専有部分に属しない建物の附属物 電気設備、給排水衛生設備、消防設備、電話配管設備、ガス設備、テレビ共同視聴設備、非常通報設備、集合郵便受け、掲示板その他各種の配線配

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>どちらになるのか ご存じの方がいらっしゃったら >回答をお願い致します。 回答して、何の意味が? もしかして、管理会社に「ネットではこう書いてあった」って言うつもり? そんな事を言っても「ネットはネット。うちはうち」って言われるだけですよ。 こんな場所で馬鹿な事を質問している暇があったら、法律の専門家にでも質問して「法律ではこうなっている」のような回答でもしてもらった方が有益です。 下手な管理会社だと、法律の話を持ち出したら「法律ぅ?じゃ、文句があるなら裁判でも何でもしなさい。うちは徹底的に戦うだけです」って言う態度に出るだけですから、下手に「法律は」などと言い出さない方が得策ですけどね。 こんな場所で無意味な質問なんかしてないで、管理会社を相手に、どうやって交渉するか、考えた方がマシです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マンションの管理規約の専有部分等の範囲の解釈について

    マンションの管理規約の専有部分等の範囲の解釈について 我がマンションの管理規約です。住戸内の給排水管の横引き管は共用部分と考えるのですが、管理会社は専有部分と言っています。説明も理解できません。 どのように解釈していいのでしょうか 宜しくお願いします。 管理規約: (専有部分の範囲)  対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、住戸番号を付した  住戸(以下「住戸部分」という。)とする。 2 前項の住戸部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおりとする。 (1)天丼、床、柱および壁については、躯体部分を除く部分を専有部分とする。 (2)天丼裏、床下及びパイプスペースは専有部分に含まれない。  (3)玄関扉は、錠および内部塗装部分を専有部分とする。  (4)窓枠および窓ガラスは、専有部分に含まれない。 3.専有部分の専用に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のもの は、専有部分とする。 (共用部分等の範囲)  対象物件のうち共用部分等の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする。 別表第2 共用部分の範囲 1.ピロティ、玄関ホール、廊下、階段、エレベーターホール、エレベーター機械室、 電気室、受水槽、ポンプ室、高架水槽、内外壁、界壁、床スラブ、基礎部分、パイ プスペース、屋上、塔屋、MDF室、バルコニー等専有部分に属さない「建物の部分」 2 エレベーター設備、電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設備、避雷針設備、消 防設備、配線配管等専有部分に属さない「建物の付属物」 3. 管理事務所、集会所およびそれらの付属物

  • 各戸内給水管と給湯管、温水管は専有部分、共用部分?

    今、給水管工事をすすめている築23年のマンションです。 管理規約によると各戸内給水管(枝管)は共用部分と解釈していますが、各自のみが使う給湯管(天井内配管)温水管(床下、床スラブの上に軽量コンクリートで温水管を固定しています。)は、どのように解釈したらいいのでしょうか?  管理会社にたずねても、専有部、共用部と弁護士により意見が分かれているとのことです。 以下の管理規約の場合 戸内の給水管、排水管(一部階下配管となっています。)、給湯管、温水管は、専有部分か共用部分 どちらでしょうか  宜しくお願いします。 (専有部分の範囲) 対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、住戸番号を付した 住戸(以下「住戸部分」という。)とする。 2. 前項の住戸部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおりとする。 (1)天丼、床、柱および壁については、躯体部分を除く部分を専有部分とする。 (2)天丼裏、床下及びパイプスペースは専有部分に含まれない。 (3)玄関扉は、錠および内部塗装部分を専有部分とする。 (4)窓枠および窓ガラスは、専有部分に含まれない。 3. 専有部分の専用に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のものは、   専有部分とする。   (共用部分等の範囲)    対象物件のうち共用部分等の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする。 別表第2 共用部分の範囲 1.ビロティ、玄関ホール、廊下、階段、エレベーターホール、エレベーター機械室、電気室、受水槽、ポンプ室、高架水槽、内外壁、界壁、床スラブ、基礎部分、パイプスペース、屋上、塔屋、MDF室、バルコニー等専有部分に属さない「建物の部分」 2.エレベーター設備、電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設備、避雷針設備、消防設備、配線配管等専有部分に属さない「建物の付属物」 3. 管理事務所、集会所およびそれらの付属物

  • マンション管理規約で定められた共用部分について

    長くなりますがよろしくご意見のほどお願い致します。 貸しているマンションの風呂場の壁内の給水管のナットが壊れて階下へ水漏れがありました。専有部分であるので階下への賠償責任はマンション所有者にあると言われましたが当マンションの管理規約(下に抜粋文添付)では給排水衛生設備は共用部分の範囲とはっきりと明記されていて、一方、専有部分の範囲には一切、給排水設備の文言はなく「専有部分の専有に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のもの。」としています。 共用部分の範囲に給排水衛生設備と定めれている以上、当マンションの管理規約においては専有部分に給排水衛生設備は含まれないと解釈することが妥当と思われますがいかがでしょうか。建物の区分所有等に関する法律の第1節 (共用部分)第4条 2 第1条に「規定する建物の部分及び付属の建物は、規約により共用部分とすることができる。」とあります。当マンションの管理規約に給排水衛生設備が共用部分の範囲と定められている以上、壁内の給排水管の維持・保全・修繕・改良は管理組合の責任と負担と考えることが合理的であると思うのですが。建設してから20年以上経つマンションですが小規模で管理規約はありますが管理組合は殆ど機能しておらず、建物・設備の老朽具合の把握に努めたり、所有者・占有者への注意を喚起することは今まであまりありませんでした。 当マンション管理規約(抜粋) 第1章 第2条 (3)専有部分 法律(建物の区分所有等に関する法律)第2条第3項の専有部分をいう。 (4)共用部分 法律第2条第4項の共用部分をいう。 第2章 専有部分の範囲    (専有部分の範囲) 第7条 対象物件のうち区分所有権の対象となる専有部分は、次のとおりとする。 (1) 一階から三階の住戸番号を付した住戸(以下「住戸部分」という) 2 前項の専有部分を他から区分する構造物の帰属については、次のとおりとする。 (1) 天井、床及び壁は、躯体部分を除く部分を専有部分とする。 (2) 玄関ドアは、錠及び内部塗装部分を専有部分とする。 (3) 窓枠及び窓ガラスは、専有部分に含まれないものとする。 3 前2項の専有部分の専有に供される設備のうち共用部分内にある部分以外のものは専有とする。(コメント:共用部分は別表2表で定めれたとおりです)    (共用部分の範囲) 第8条 対象物件のうち共用部分の範囲は、別表第2に掲げるとおりとする。 第3章 敷地及び共用部分等の共用 (共用) 第9条 対象物件のうち敷地及び共用部分等は、区分所有者の共用とする 第5 章  管理 第1節 総則 (敷地及び共用部分等の管理に関する責任と負担) 第18条 敷地及び共用部分等の管理については、組合がその責任と負担においてこれを行うものとする。但し、バルコニー等の管理のうち、通常の使用に伴うものについては、専有使用権を有するものがその責任と負担において、これを行わなければならない。 別表第2    共用部分の範囲 1 玄関ホール、廊下、階段、電気室、内外壁、甲壁、床スラブ、基礎部分、バルコニー、ベランダ等専有部分に属さない「建物の部分」 2 電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設備、塔屋、TV共同アンテナ、集合郵便受箱、   配線配管等専用部分に属さない「建物の付属物」 管理規約抜粋は以上です。 一般的には専有住居内の給排水管は区分所有者の責任と負担とされているようですが上記のように書かれている場合、管理規約が優先する(つまり給排水管は共用部分)と思いますし、少なくとも区分所有者に対して自ら保守点検する必要性の認識を大幅にそぐものであると思います。いかがでしょうか。

  • 専有部分の配管について

    私は管理組合の会計を担当しております。 2所帯の水漏れ費用について悩んでおります。 長くなりますが教えて下さい。 当マンションは昭和57年建築の古いマンションです。 配管等が老朽化しているので、専有部分の配管を共有部分とし、水漏れに関する費用は全て管理組合が支払うことになり、平成17年4月管理規約の共有部分に関する規約を下記(4)に変更しました。 (共有部分の範囲) 第9条 前条以外の建物の部分及び、建物の付属物はすべて共有部分である。 (1)玄関ホール (2)廊下、階段室、エレベーター室 (3)塔屋、機械室 (4)エレベーター、電気、ガス、集合アンテナ等の諸設備、及びこれらの配線、配管等(前条の専有部分内のものを除く)⇒配管等(前条の専有部分内のものを含む) 処が、先日305号のAさん302号のBさんで水漏れが発生しました。 AさんとBさんは理事長の判断で、下記のように対応しました。 Aさん 台所の配管の水漏れに係った費用全て管理組合が支払う。 Bさん 温水器の配管からの水漏れに係った費用はBさんが支払う。 理事長曰く、Bさんの温水器から風呂場、台所へ通っているものは配管ではなく給湯機用水と言うのです。因みに当マンションの台所排水は階下の天井を通っています。温水器の管は床上を通っています。規約には給湯機器用水等の表記もなく、配管とひとくくりになっております。 私はどちらも配管なので、どちらも管理組合が支払うべきと思うのですが、管理規約に詳しい方教えて下さい。

  • 集合住宅でこの場合の床下配管は共有部分それとも専有部分?

    築25年の区分所有の集合住宅に住んでいます。 給湯、給水関連の配管の寿命が20年程度と聞いて、そろそろ床下配管の交換時期かなと思い配管図面の配管のあるはずの位置の畳をひっくり返してみると配管ではなく、コンクリートの床が出てきて配管など見当たりませんでした。 良く調べてみると、どうやら、配管は床下のコンクリートの中に埋没して敷設されているようでした。 この場合には、この床下配管は共有部分なのでしょうか?それとも専有部分なのでしょうか? ただ、このマンションは規約がかなり昔に作られた関係からか、そこの部分に関する規約、細則はありません。 また、管理事務所や管理組合に聞いても「よくわからない」という状態で、リホーム業者にその事を聞いてみると、ある会社は「その配管の埋没しているコンクリートは共有部分の躯体の上にコンクリートを載せて配管を埋没させているから、専有部分です」という答えが返ってきたのですが、また別のある業者に聞いてみると、「コンクリートは躯体なので、共有部分です。」という答えが返ってきて、業者により意見がまちまちのようです。 もし、実際にこのコンクリート内部に埋没されている配管から水漏れして、損害が発生したら法律的には誰がその責任を負うことになるのでしょうか? できましたら、根拠と共に教えていただけると幸いです。

  • 長文ですが、とても悩んでいます・・・

    4月に中古マンション(1階部分)を購入しました。 引渡し後すぐに風呂、洗面をリフォームしました。 引越しの日に発覚したのですが、風呂、洗面、洗濯パン3箇所が排水が悪いことがわかりました。 瑕疵担保責任無しで契約。売主に問い合わせると「知ってたけど気になる範囲ではなかった。だから修理代は払わない」といわれ、色々を経て、結局現在裁判になっております。 売主側の言い分は「リフォームの責任である。」とのことで当初「知ってたけど・・・」が「知らなかった」に変わりました。 そこで先に配管を直し本当にどの部分の瑕疵なのかを調べることになり、資金もないのでまた新たにリフォームローンを組んで配管工事をしました。 この配管が専有部分か共用部分かについてですが、占有者がさわれないコンクリートの下で本来なら共用部分とされる部分ですが、このマンションは専有部分となされていました(その規約自体おかしいのですが・・・) 工事の結果、やはり配管に問題があり「誰が見てもひどい欠陥。前の人がちゃんと流れていたなんてありえない」ということがわかりました。 先生も「よかったね!これでもう話がつくよ!」と言って下さって安堵の中、本日、裁判がありました。 なんと次は相手側は「これは共用部分じゃないのか?それを次の裁判までにはっきりさす」と言ってきたのです! そこが共用部分であれ、専有部分であれ、売主が知っていて告げてくれなかった事に対してを問題にしているのですが、相手方の弁護士がもし規約には専有部分となっていますがその規約自体も「おかしい無効だ!」と言ってきて、共用部分になれば、私たちはどうなるのでしょうか? 共用部分となった場合、この裁判はどのようになるのでしょうか?排水不良で毎日不衛生で苦痛な思いをし、必死で色々動き回った私は悔しくてたまりません。どうしても売主に責任を取ってもらいたいのですが・・・

  • マンションの配水管、共有部分について(老朽化に伴い漏水)

    築20年のマンションの理事長をしております。 当マンションで、目に見えない壁の中の配水管の水漏れがわかり、修理が必要となりました。   メーターから先は専有部分との認識ですが、壁の中の共通している配水管については共用部分かなと思いますが、どうなのでしょう? この場合、修繕費は誰が負担するのでしょうか? (壁の中の配水管及び壁を元に戻す費用など) 共用部分ですと修繕積立金からですけど、専有部分ですと個人負担ですよね。老朽化に伴う目に見えない部分でのことなので、迷います。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 『区分所有マンションでの専用部分と共用部分が一体化した修繕工事の費用分

    『区分所有マンションでの専用部分と共用部分が一体化した修繕工事の費用分担について』 最近居住するマンションで、地上放送受信設備と、インターフォーン設備の交換工事が行われました。地上放送受信施設の多くは共有部分に関わるもので、ブースターは各戸毎に設置されました。 インターフォーン設備は、マンション入り口のものは共用部分ですが、各戸毎に玄関子機と室内親機が各戸の専有部分に設置されました。設備の交換そのものは必要不可欠なもので、こういった共有部分を含んだ設備の工事自体を管理組合が主導で行うことには何の違和感がありませんが、問題はその費用分担です。管理会社、管理組合とも、管理組合が行うとした工事であるから、共有部分・専有部分に関わらず、全て持分比率で徴収している修繕費から出すのが当然としていました。マンションの全ての住戸が全て同じ大きさであればそれでもいいかと思います。私の居住しているマンションは、一番小さな住戸と一番大きな住戸では専有面積が倍ほど違います。考え方によっては、こういった共有部分と一体化した専有部分の工事に、大きな住戸の所有者は二倍の負担が強いられ、小さな住戸の所有者は半分の負担となり、おかしいと思うのですが。総会でこういった意見も述べて見たのですが、管理会社から管理規約に管理組合が行える工事としている、それは積立て修繕金を利用しての工事ができるとの説明で、委任状を含めた圧倒的多数で進められました。これって本当に正しいでしょうか、また何とか次のような一矢報いることできないものでしょうか? (1)総会で決議されたとしているが、専有部分、共有部分を分けて当該工事の費用分担と正しく清算させる方法。 (2)今後も、共有部分と専有部分が一体化した工事を管理組合が行う時、マンション内の広めの住戸が割りを食わないようにしておく方法。 よろしくお願いします。

  • マンションの専有部分と共有部分について

    マンションの専有部分と共有部分について  スラブの上にコンクリートで埋設した給水管は専有部分か共有部分かについて教えてください。    漏水して階下の天井から水が染み出て困っています 。  

  • 賃貸マンションのシャッターは専有?共有?

    サッシは共有部分と聞いておりましたが、シャッターは専有部分なのでしょうか? 修理負担を専有部分として負担してくれと言われました。 ちなみに、専有部分だった場合シャッターの色の塗り替えも自由なのでしょうか?