• ベストアンサー
  • 困ってます

弁護士特約について

http://okwave.jp/qa/q7039664.html 上記アドレス 0:100の内容で結審しました。 ・裁判に加害者本人が不在(行方不明) ・加害者の保険会社は判決後判明(こちら側の保険会社は判決前から加害者側の保険会社の存在を確認していた模様) 判決後(昨年7月)弁護士から直接請求を加害者側の保険会社にしました。加害者側保険会社は、契約者である被保険者から その裁判があったことを知らされなかったということで、それは告知義務違反であり、損害の支払いを拒否とのことです。 何度かこちら側の保険会社に加害者側保険会社を相手に裁判をお願いしますと伝えているのですが、こちら保険会社の担当者 にうやむやにされてしまいます。しょうがなく、HPのお問い合わせでメールしたところ連絡がとれ弁護士と会う約束がとれました。 そのなかで ・約款に触れる訴訟になるのでやる意味がないのでは?(金銭的に) ・自分が過失なし、加害者が100となったので弁護士特約はつかえない 金銭的には満額なら140万、最低でも30万で十二分に金銭的にもやる価値があります。弁護士特約についても過失がないのに 払われない事案に対しての弁護士特約なのに、もう意味不明です。(あいおいにっせい) 現時点も、また保険会社担当は、直接請求をするとか弁護士に聞いてみますとか時間が進むばかりで事が進みません。 http://okwave.jp/qa/q7049529.html この件についても対物賠償保険金の復活をお願いしますと伝えたのですが、うやむやにして結局まだです。 事が進めるためには、自分は何をしたらいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数242
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>相手保険会社の約款に被保険者(加害者)からの連絡がなければ告知義務違反となりそれを理由に払わないと言ってるようです 被害者の直接請求権については、ほとんどの保険会社ですんなり認めないのは事実ですが、質問者様のように確定判決を得ていれば、損害額の確定は明白であり、話は別です。 約款には「被害者の直接請求権」が明記してありますから、これを否定すると監督庁からの指導を受けることになります。 まずはそんぽADRセンターhttp://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/へ苦情を申し出し、それでも解決できなければ金融庁へ通告してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 弁護士費用の特約について

    保険で弁護士費用特約とか保険で最初から弁護士費用を出す保険などありますがちょっと気になったので教えてください。 民事で訴えられた場合に弁護士をたてる費用を保険会社がたてかえるということなのはわかります。 ただ刑事事件になった場合についてです。 こちらが加害者になった場合の刑事裁判についての弁護士費用はどうなるのでしょうか。(自動車保険やそれ以外の保険も含みます) 費用をたてかえてもらえると私選弁護人で刑事事件も安心なんてことかんがえたりするのですが。。 よろしくお願いします。

  • 弁護士費用等補償特約について

    先日、追突事故に遭い加害者側の100%過失と言うことになりました。 「弁護士費用等補償特約」をつけていたのを思い出して。使いたいと申し出たところ、今回の場合は利用できないと言われ、理由としては、相手の支払額が「業界水準程度のものである」ことが理由のようです。加入している保険会社の「同意」の上で使用できるはずだとは思いますが、これでは永久に同意が取れません。約款には「同意が必要」と有りますが、同意内容は明記されていません。 納得のできる損害賠償を行うために弁護士特約を使い弁護士を立てたいのに加入保険会社に拒否されていますが この特約はそう言った物なのでしょうか?

  • 交通事故で加害者に保険を取り下げられてしまった

    母親がバイクで走行中、双方に停止線のない交差点で出会いがしらに軽乗用車と衝突して転倒、骨盤を3か所骨折、腹腔内出血で一時危篤状態となり、その後事故の影響で大腸が壊死して、人工肛門を付ける手術をしました。(全治4カ月と診断所が出ました)双方直進で、母親は10km/hで交差点に進入、加害車両は30~40km/hで交差点に進入したと思われます。加害者にけがはなく、車両の破損もへこみはなく、こすった程度です。事故当初は加害者も任意保険をかけていたため、保険で対応するということで加害者の加入している保険会社と今後のことを話し合いしました。その話し合いの中では、加害者の過失割合が大きいので、治療費は全てこちらが支払います。(損害賠償や慰謝料も含めて)ということだったので安心して話を進めていました。ところがが、加害者側の態度があまりにも不誠実だったため、そのことに関して直接文句を言いました。すると次の日になって、相手の保険会社から連絡が入り、加害者が保険を取り下げたので、こちらとしては手も足も出せなくなりました。契約者が保険を使わないという限り、こちらとしては何もできません。こちらもほとほと困っております。と言われました。ADRにも事情を言って動いてもらいましたが、どうにもならないようです。現在治療費はすべて自腹で払っており、弁護士をたてて訴訟の準備をしています。加害者は過失は全くない10:0だと言っているようです。過失割合は加害者の保険会社も母がかけていた保険会社も8:2~7:3で加害者の過失が大きいと言っており、担当の警察官も10:0なんてありえないと言っています。母は傷害補償特約をかけていなかったため、こちらの保険会社に治療費の請求もできません。 このような場合、治療費や損害賠償、慰謝料など加害者からとれるようになるのでしょうか?弁護士は回収できるといってくれていますが、相手が払わない限りどうしようもない気がします。また、加害者は弁護士特約をつけているため、こちらが弁護士をたてたら加害者も弁護士をたてるようです。裁判になって、過失割合が大きく変わり、逆転敗訴ということもあるのではないかと、毎日不安でたまりません。どうか良いアドバイスをお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

自動車保険の賠償責任条項には、「損害賠償請求権者の直接請求権」という規定があります。 通常は、賠償責任保険金であっても、被保険者からの支払い請求がなければ、保険会社は保険金を支払うことができません。 しかし、そもそも自動車保険制度の目的として被害者救済という側面があるため、たとえば加害者行方不明となった場合や、加害者が死亡しその法定相続人がいない場合などのケースでは、被害者からの直接請求を認めています。 直接請求が認められるケースとしては、ほかに判決の確定、裁判上の和解や調停の成立、当事者間で書面による合意が成立した場合などとなっています。 相手は控訴していないようですから、一審判決が確定しており、直接請求権の要件を満たしています。 よって、質問者様は加害者の保険会社に、判決文のコピーを添えた書面で「損害賠償請求権者の直接請求権」を通知すれば解決するはずです。 >加害者側保険会社は、契約者である被保険者からその裁判があったことを知らされなかったということで、それは告知義務違反であり、損害の支払いを拒否とのことです。 そもそも判決確定の場合の被害者の直接請求権は、加害者(被保険者)が賠償責任を認めておらず、保険会社にも事故を通知していないケースをも想定したものですから、被保険者からの通知がなかったことは被害者の直接請求権を阻害するものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 問題は、相手保険会社の約款に被保険者(加害者)からの連絡がなければ告知義務違反となり それを理由に払わないと言ってるようです。 最高裁の判例にもTomo0416さんが言われる直接請求に対し、払われた判決もあると弁護士はおっしゃってました。 ただ相手保険会社は支払いを拒んでいる状態。裁判に持ち込んで過失割合を変えたいのでしょうか。

関連するQ&A

  • 自動車保険 弁護士特約等について

    双方に過失がある事故において、交渉が難航して、保険会社が自分で弁護士対応に切り替え、結果的に保険不使用により自腹で支払いをした場合、弁護士費用を請求されたりするのでしょうか。それとも示談代行の一環として請求されないのでしょうか。 また過失割合で交渉が揉めて、相手が弁護士対応してきた場合も保険会社が自分で弁護士対応に変えた場合、上記のような対応になるのでしょうか。それとも弁護士特約を使用して対応するのでしょうか。 無過失でしか、弁護士特約を使えないと聞いたこともありますが、そうなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 交通事故の際の弁護士費用特約について

    標記の件につきまして、どなたかご教授お願いします。 まず、弁護士費用特約がよく利用されるのは、保険契約者が被害者になり、加害者に対して、損害賠償の請求をする場合だと思われるのですが、損害賠償を請求される場合にはこの特約は利用できないものなのでしょうか? 例えば、車両対車両の事故で、こちらに過失がなく、損害賠償の請求をされるいわれはないと主張している場合、こちらの保険会社は、示談代行ができないと思われるのですが、そのような場合、本人が直接相手方(又は相手方が加入している保険会社の担当者)と交渉をしなければならないのでしょうか?そのような場合であれば損害賠償を請求されているような場合でも、弁護士費用特約の必要性は高いと思います。 それと関連する状況として、車両対車両の事故の場合、物損を含め、双方に損害が生じる場合もあると思うのですが、こちらが損害賠償の請求をする場合、弁護士費用特約が利用できて、訴訟も弁護士を利用して、行うことができると思うのですが、その訴訟を起こした後、相手方からこちらに、損害賠償を請求する別の訴訟を起こしてきた場合、その訴訟対応に弁護士費用特約が利用できるのかという疑問もあります。訴訟を起こされた事件については、保険会社の顧問弁護士が対応して、訴訟を起こしている方は、自分で探した弁護士に対応してもらうというのも何だかおかしく思います。弁護士費用特約を利用して最初から就けていた弁護士に両方の訴訟対応をしてもらうのが良いと思うのですが、その場合、訴訟を起こされた方に関しても弁護士費用が出るのでしょうか?出ないとしたら、自腹になってしまうのでしょうか?自腹ということであれば、あまり、弁護士費用特約の意味がないような気もします。 あまり、そのような事例を聞かないので、どうなっているのか分からなくて質問してみました。

  • 弁護士特約。

    自分の保険は弁護士特約が付いていませんが、 同居する息子は私と違う保険会社で弁護士特約に入っています。 事故にあった時その息子が運転していて事故に合いました。 息子の弁護士特約を利用することができるでしょうか。

  • 交通事故で弁護士が担当になると・・・

    お世話になります。 当方、10:0の事故での被害者なのですが、 加害者の保険会社に文面にて治療が終わり次第、連絡すると伝えたところ、加害者から弁護士に一任するとの事なので、今後は弁護士から連絡がいきますと連絡がありました。 弁護士に任せる(保険会社が担当じゃなくなる?)からといって、こちらが特別に何かしないといけないことなどが出てくるのでしょうか? 期間がかかったからといっても、痛みが治まるまで通って良いのでしょうか?(何か弁護士から一々何か言われるのでしょうか?) 宜しく御願い致します。

  • 交通事故のときの弁護士特約って必要なの?

    自動車保険の切り替えがあって、新しく加入する保険会社の方からに、弁護士費用特約(弁特)に加入しますか?ていわれました。 保険会社の方からは、弁護士まで使って(裁判までして)交渉する交通事故に会うことはないだろうとおもなら、別に入らなくても良いですよといわれました。 少しでも保険費用を安くしようかなとおもって、チェックはしなかったんですけど、もしかしたら、損したかな?と後悔しています。 弁護士特約つかった方は居ますか?使ってお得だったんでしょうか?この制度自体、よくわかっていないので、ご存知の方おしえてください!

  • 示談代行サービスと弁護士費用特約があれば、

    これから少しずつ、自動車保険について詳しくなりたいと思っていろいろ調べております。 ネットなどで、保険会社との示談のやり方が、記載されており、たとえば、物損で格落ち分の賠償は、保険会社と示談していても認めてくれないとか書かれており、そのためにはこうこうしなさいと書かれていますね。これは、自分に過失のない、100対0の場合で、弁護士費用特約も付けていない場合のことだと理解していいのでしょうか。つまり、原則、示談代行サービスにより、自分の保険会社が示談を行うし、私の過失が0の場合は、弁護士費用特約が付いていれば、、弁護士が示談してくれるので、私が、このような示談を相手の保険会社とするようなことはない。心配することはないと。 そして、これに関連して今、私としては、自動車保険について以下のような感覚になっているのですが、極端というか、間違いを犯していますでしょうか。 私は、弁護士費用特約も付けており、普通示談代行サービスもあるので、私に過失がある場合、0の場合のいずれにしろ、そして,人身、物損にしろ保険会社が示談してくれる。(そのためには、事故当時の状況等をきちんと把握し、自分の保険会社と意思疎通を図る。人身だと自分過失度合いによっては、見舞等の行動は行う。)私の過失割合について、自分のイメージより相手からこれより重い過失割合を主張されると気分を害するとかいろいろ気分的なことはあると思いますが、保険会社が示談をしてくれるし、対人、対物無制限なので、極端な話、過失割合が自分のイメージより悪く主張されても、保険金を出せるのだから、それでいい、示談に応じるということで処理が終えれる。相手が応じず、裁判になったとしても私の保険会社が保険会社の費用で、裁判をする。勝てばいいし、負けたら、その額を保険金で払う。大筋こうなるという理解でどうでしょうか。甘いですか。人身事故だとその重さにより、つらい思いがあり、相手から電話が直接かかってきて、いろいろ請求されることなんかはあり、シンドイことになると思いますが、こと、お金、保険金については、上記のように割り切れてしまえるのではと。 ただ、このように考えてしまうと、(自分の保険会社の同意がいるのかもしれませんが)自分の過失割合も、極端なな話、相手の言いなりに認めて早く終えたらいいとなり、なんかおかしい気がしています(物損ならそれでもいいけど、人身の場合、刑事責任が絡むから、相手の言いなりになったら大変だということですか)。 格落ち損害については、保険会社認めないといわれますが、たとえば、示談代行で保険会社同士て゜で示談するとなると、私が、格落ち損害請求する立場だと、私の保険会社は示談において、格落ち損害は、真剣に主張しない、のですかね。保険会社は、請求される側だと認めないけど、請求する側だと格落ちの賠償請求は主張するのでしょうか。  弁護士費用特約の場合、弁護士て、そんなにやってくれるのでしょうか。やってくれなくても、上述の私の考えからしたら、お金の点では、処理はできるのかな。

  • 人身事故の請求は保険会社か弁護士か?

    昨年8月に旦那の車で私は助手席に乗っていて後方から追突されました。 こちらの過失はありません。 リハビリも長引いて3月でやっと終了しました。 相手は無保険でしたが、人身事故にしたので自賠責が適応されます。 車の修理は現金で支払いも終えてます。弁護士特約があったので弁護士にお願いしました。 リハビリが終わったので慰謝料や損害の手続きがありますが、これを弁護士に任せるのと保険会社に任せるのは何が違うのでしょうか? 何も違う事はないと言われましたが、こちらに不利な事や請求額が違うなどありますか? 車の件ではお世話になっていたので弁護士に任せたいと保険会社の担当に言うと難しい事を並べてこちらの意見を全く受け入れてくれそうもなかったので、疑問を感じました。 それに私の担当が態度が良くなく、なんとなく冷たくてあまり好きじゃないという「私事」ですが、なんとなく信頼できなくなっていました。かといって仕事を適当にするとも思ってもいませんが・・・ それに加害者が無保険なだけ弁護士の方が法律を勉強しているだけあって細かな事に対応できそうな気もしています。説得力も勿論ありますし心強いです。 どちらにお願いした方がいいでしょうか?本当に何も変わる事がないのならいいのですが。。。 とりあえず弁護士にお願いした時のデメリットはまた更に時間がかかるという事です。 保険会社ならこのまま進めてすぐ終わるという事です(保険会社の担当が言うには)

  • 弁護士費用担保特約は「10:0」以外でも役立つのか?

    交通事故で10:0の過失割合でない場合、 自動車保険に付随している「弁護士費用担保特約」は意味あるのでしょうか? 1割でも過失を負えば、自分の保険会社が弁護士代わりに相手と対応してくれるのでないのでしょうか?

  • 弁護士対応について

    先日もご相談させていただいた者ですが、人身事故をおこしてしまいました。過失は私が100です。被害者の方は、まだ入院中です。 お見舞いは4回ほど、他に私が手伝いができることを何回かやりました。 休業保障、内払い金などこれまで支払いが任意保険からされているようなのですが、奥さん、息子さんから損害賠償の話を私のところに連絡きます。 私からも、保険会社からも窓口は保険会社と連絡してくださいと申し上げているのですが、「加害者も状況を把握したほうが良い、保険会社は休日は連絡付かない、夜に連絡くれ」などと理由で私に連絡きます。 保険会社も、これだけ言っても直接加害者に損害賠償の連絡がいく様なら、弁護士対応を考えるしかないと言われました。 弁護士対応になるとどの様にかわるのでしょうか? 保険会社に相談できなくなるのですか?(加害者として) 弁護士対応になって、また被害者から電話があるのではないかと、びくびくしてしまいます。 まとまらない文章ですいませんがよろしくお願いいたします。

  • 弁護士特約について

    4月に交通事故を起こし、85;15という結果になり、 相手側が悪いという結果になりました。 それで今週中に示談になる予定なんですが、 私が、加入している保険内容には弁護士特約がついてなかったため、 今日加入の申請を出しました。 今週中に示談書が届くんですが、不満があった場合、弁護士の方に頼もうと思ってます。 しかし、弁護士特約のほうが適用できるかどうかが不安です。 知ってる方いましたら御回答お願いします。  あと、弁護士特約って毎月いくら払うんでしょうか? 保険会社に聞くのを忘れてしまいまして^^; おねがいします。