• 締切済み
  • 困ってます

コラーゲンと引っ張り強度

ゼラチンの主成分は、結合組織に際立った強度を与えるコラーゲンである。ところで、ゼラチンはゼリーの主成分であるが、イチゴ風味のゼリーを食べてもひっぱり強度を感じないのはなぜか。 この問題がわかりません。もしかしたらすごく初歩的なことかもしれませんが教えてください。 この問題を解くポイントすらわかりません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数283
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

No2さんのいうとおりかもしれません。 私は分子生物学をかじっていたものなので、ついコラーゲンの化学構造などについての質問かと思ってしまいました。 コラーゲンの構造は、専門的ですとヴォート生化学、少し簡略的なものなら確かホートン生化学などに載っていた気がします。ゼラチンが載っていたかは覚えていません汗。栄養学などの本に載っていそうな気もします。 大学の図書館なら数種類生化学本があると思います。余裕があればチェックしてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  •  コラーゲン・・・・☆

     お肌によいと言われているコラーゲンなのですが、 以前、友人にゼリーを作るゼラチンとコラーゲンは 同じ物質であると聞いた事があります。なので   高いコラーゲンを呑まなくてもゼラチンを摂れば  安くて同じ効果があると・・・・・?!      どちらも動物から摂るのでなんとなく分かりますが 違いをもっと詳しくしりたいのですが・・・・!!  宜しくお願いします。 (*^^)v

  • おやつやデザートにゼリーは美容にいい?

    ゼリーの主成分はゼラチンか寒天などだと思いますが、 ゼラチンはコラーゲンの固まりで、寒天は食物繊維の固まりですよね。 デザートにゼリーを食べるとどちらにしろ美容にいいと考えていいですか?

  • コラーゲンについて考え、安上がり!でも正しい?となった質問です。

    よく、グミや豚骨スープの宣伝に「コラーゲンで、お肌つるつる」表現を見かけます。牛や豚のゼラチン質にコラーゲンたっぷり、ということになるらしいですが、それならば化粧品でゼリーを作って、それを自分で肌に塗ったら“自家製コラーゲンゲル”の完成となるのでしょうか。教えてください。

  • 回答No.2

rubysscarleteyeさんは、例えば、ウィキペディアのコラーゲンのところを調べるとかしましたか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3 ここには、次のような説明があります。 「これらのコラーゲンタンパク質は、すべてがコラーゲン細線維を形成するタイプとは限らない。コラーゲン細線維を形成するタイプのコラーゲンタンパク質は "線維性コラーゲン"、線維を形成しないものを "非線維性コラーゲン" と呼ぶ。非線維性コラーゲンでは、細く微小なコラーゲン分子のまま、結合組織の構成成分となっている。」 「ゼラチンは、高温(哺乳類から抽出されたもので40度前後、魚類から抽出されたものではそれより低い温度)で変性させたコラーゲンである。コラーゲンのらせん構造は、高温では壊れて三量体が解離し、立体構造が変わったトロポコラーゲンが遊離する。これは、水に溶けるなど、コラーゲンとは異なった物理的・化学的性質を示し、ゼラチンと呼ばれる。ゼラチンは、コラーゲン配合と表記されている化粧品や補助食品、あるいはゼリーの原料として用いられる。主な原料はウシやブタなどの大動物の皮膚、骨などや魚類である。乾燥する際の形状によって板ゼラチンと粉ゼラチンに分かれる。」   『学校から出された宿題をそのまま打ったもの』かもしれませんが、学生さんか生徒さんに『調べのもなの』として出された課題ならば、その教科でやっている範囲に近いことを調べたら如何でしょうか。   身のまわりに、「コラーゲン配合と表記されている化粧品や補助食品、あるいはゼリー」があるかどうかは、ドラッグストアやコンビニに行って調べてもわかるでしょう。 その上で、どのようなものがコラーゲンと言われているか、コラーゲンには一種類しかないのか、その性質は同じなのか、その性質はどこで生まれるのか、イチゴ風味のゼリーとそれ以外の風味のゼリーとで違うのか、風味には関係ないのか、この教科で生徒や学生に課題を出しているネライはどこにあるのかを考えては如何でしょうか。(分子構造やその強度などを計算する大学の化学の課題ではなさそうに想像します) そうしたことを考えるのも、この問題を解くポイントになりませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

問題文に誤りが含まれます。 ゼラチンの主成分はコラーゲンではありません。 ゼラチンとコラーゲンは別物で、コラーゲンが熱を加えることによりトロポコラーゲンという別の物質になります。このトロポコラーゲンがゼラチンです。 もう一つ、この問題文ですと、「イチゴ風味」のゼリーのみひっぱり強度を感じないということでしょうか? とすると、イチゴ風味がどのような化学物質なのかがヒントになるのではないでしょうか? 回答になっていなくすいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうなんです!そこが引っ掛かるところなんです。。。 そこがポイントなのかわからないのです。 ただ、学校から出された宿題をそのまま打ったものなので、 これ以上わかりません。 調べのもなので、事後でないと詳しい話は先生に聞けないんです> < ≫ゼラチンの主成分はコラーゲンではありません。 そうなのですね! これは知りませんでした。 わかり次第改めて回答をお願いしますm(_ _)m

関連するQ&A

  • 肉のタンパク質と酸・アルカリについて

    酢が肉を柔らかくするのはなぜなのか調べていると、酸による効果だということが分かりました。 1、酸性下において肉自身のタンパク質分解酵素が活性化し、筋繊維を分解するのでやわらかくなる。 2、結合組織のコラーゲンは酸によって分解されるので、加熱するとゼラチン化が促進される。 1について、酵素は加熱により失活すると思うので、調理前に酸性にするべきですか? 2について、タンパク質は酸ではなくアルカリで分解すると習った記憶があります。コラーゲン部分のみが酸で分解されるのでしょうか?また、肉は酸でもアルカリでも変性しますよね?酸またはアルカリによるたんぱく質の変性とコラーゲンのゼラチン化は全く別の話ですか?

  • なぜ脂肪組織が結合組織なの?

    結合組織を勉強したときに結合組織は細胞と細胞間基質からできていてその基質の中に細胞が浮いている状態で存在していると習いましたが確かに軟骨組織も硬骨組織も血液も繊維性結合組織も絵を見る限り納得ができます。しかし、なぜ脂肪組織は絵を見た限りでは納得がいきません。どなたかうまく説明していただける方、どうかお願いします。

  • 解剖生理についての質問

    Q、人体において再生しない組織はどれか。  1、上皮組織  2、骨組織  3、結合組織  4、骨格筋 という問題があるのですが答えが分かりません(;口;) 結合組織と骨格筋は再生すると思うのですが・・・ 答えが分かる方いませんか(p△q)?

  • 寒天とゼリーでは?

    寒天は海のもので、ゼリーはゼラチン ゼラチンはコラーゲンなんでしょうか? ダイエット中の間食にしょうと思ってるのですが。 コラーゲンなら美容にもいいので一石二鳥と思ってるのですが!

  • 肌のはり・コラーゲン

    もうすぐ40歳…。 無駄な抵抗?かもしれませんが,ローラのコラーゲンチュアブルなどを続けて摂取していますが効果ZERO。 鶏手羽やスッポンがいいとは聞きますが,まさか毎日料理するわけにもいかない…。ゼラチンでゼリーを作って食べてますが張りは回復せず…。 どなたかお勧めのコラーゲン(薬・サプリ・食品),もしくは外的改善法(治療・エステ)などのお勧めを聞かせて下さい。お願します。

  • 幹細胞について

    幹細胞は結合組織に分類されますか?? ご回答の方よろしくお願いします。

  • ゼラチンの粉で簡単にゼリーを作る裏わざ

    肌の為にゼラチンでコラーゲンを毎日摂ろうと思い、どうせなら大好きなゼリーを食べたいと思います。 毎日のことなので、できれば簡単な裏わざでゼリーができる方法はないでしょうか?

  • tissue fluid(組織液)って、結合組織なんですか?

     細胞を取り巻いているtissu fluid は血液(結合組織)とは異なるものなんですか?  

  • 歯肉について

    付着歯肉、上皮性付着、結合組織性付着について教えてください! ややこしくて分かりにくいです。 よろしくお願いします!!

  • 異物などが・・・

    異物などが体の中に入った場合結合組織ができることがありますが、それはレントゲンやCT等で確認できますか?