• 締切済み
  • 暇なときにでも

酸化鉄について

素朴な疑問です。 (1):還元のとき、酸化鉄から酸素をとり終えたとき、もしそのまま加熱を続けたら参加することはありえますか? (2):なぜ酸化鉄は黒いのでしょうか? どちらか一方でもかまいません。教えて下さい

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数1
  • 閲覧数234
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Ronda
  • ベストアンサー率25% (259/1025)

酸素がなければいくら加熱しても酸化しません。 酸化鉄といってもFe3O4(マグネタイト)ではないのですか? Fe2O3だったら赤いですよね。 なぜ黒かと言われても、金がなぜ金色なのかってのといっしょで反射率が違うからとかになっちゃうと思うのですが。 表面の状態を金属顕微鏡で見てみたらどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくよく考えれば酸素がなければ酸化はしませんね。 機会があれば金属顕微鏡の有るところに行って見てみたいと思います。

関連するQ&A

  • ”酸化銀”を加熱すると

     ある問題をやっていて、 乾いた試験管に酸化銀をいれ、加熱して完全に分解させて・・・ とあったのですが、酸素を与えずに酸化銀を加熱すると分解して酸素と銀に分かれるのでしょうか。 還元ならば炭素を加えて熱して銀は出来ると思うのですが、よく分かりません。  初歩的な質問かもしれませんが、教えてください。

  • 酸化と還元

     酸素と反応することを酸化といいますよね。 そして、その酸素がとれて元に戻ることを、還元といいますよね。  しかし、水素の授受や電子の授受をする反応でも酸化、還元ということがありますよね。酸素が関係していなくても、酸化還元というのはなぜなのですか。酸素と反応するという意味の酸化という言葉を使うことに疑問があります。 別にわざわざ、酸化還元という言葉を使う必要はないのではないですか? 詳しく教えてほしいです。

  • 無機の酸化剤とか酸化性とかが全くわかりません

    今、高校の無機の勉強をしています。 でも、考えてもわからないところがあります。 (1)SO2+2H2S→2H2O+3S この反応式で SO2→S;+4→0(減少)←酸化剤として作用している H2S→S;-2→0(増加)←還元剤として作用している とあるんですが、どうやって酸化剤、還元剤って判別してるんですか? (2)濃硫酸の特性で 酸化性がある。加熱すると酸化作用を示し、銅や銀を溶かす。 (例)Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO4 この反応式をどうやって見れば、濃硫酸に酸化性があるとわかるんですか? (3)「二酸化硫黄や亜硫酸には還元性があり、水溶液が空気に触れると、空気中の酸素と徐々に反応して硫酸になる。」 なぜ、還元性があると酸素と徐々に反応するんでしょうか? ホントに考えても調べてもわかりません>< どなたか簡単な日本語でわかりやすく教えてください。 宜しくお願いします!!

  • 酸化還元反応についての疑問

    CuO+H2→Cu+H2O・・(1) 2H2S+O2→2S+2H2O・・・(2) 2Mg+O2→2MgO・・・(3) (1)は酸化銅は酸素を失っているので、還元されている。 水素は酸素を得ているので、酸化されている。 (2)は硫酸は水素原子を失っているので、酸化されいる。 酸素は水素原子を得ているので、還元されいる。 (3)はマグネシウムは電子を失って反応しているので、酸化されている。 酸素は電子を得て反応しているので、還元されている。 このように、3つ書かれていました。 しかし、疑問です。 3は電子でも酸化還元はわかりますが、Mgは酸素を得ているので酸化されている。酸素は酸素を失っているので、還元されているという見方も可能ですよね。 このように、1つの反応式で色々な見方で何が酸化していて何が還元しているか解釈できませんか??(要するに見方は1つではないですよねということを確認したいのです)

  • 理科の酸化と還元についてです。

    空気中で銀と銅を加熱すれば酸化銀と酸化銅ができますよね? それから密閉された試験管内で酸化銀を加熱したら還元が起こりますよね? では同じ方法で酸化銅は還元できないのはなぜですか? あるいは加熱してできた酸化銀が加熱によってまた還元できるのはなぜですか? 中三です。何をバカな質問を、と思われるかもしれませんが、回答お願いします。

  • 酸化銀は、どうやって作る?

     銀は、酸素と結びつきにくいという話をききました。  だから、加熱というきっかけを与えると、分解するとのこと・・。    「では、そもそも酸化銀はどのようにして結びついたのだろうか?」  という疑問が浮かびました。    ご存知の方、どうぞ宜しくお願い致します!

  • 酸化・還元の定義の変遷について

    電子の授受で酸化還元反応をとらえる場合を考えます。 (酸素の授受で酸化還元をとらえる場合との比較で) 例えば、Fe+S (加熱)→ FeS において 一見、酸化のようにも見え Fe+O→FeO と比較しても電子の流れは類似しているので 酸化という言葉を使うのは理解できます。 しかし、Fe+S → FeS という反応式だけからは 酸素の授受で酸化還元をとらえるときのように 元の金属に戻すような反応は見当たりませんが なぜSは還元されたという言い方をするのでしょうか? 電子の授受で酸化還元反応をとらえる場合 元の意味から離れてきているいる酸化という言葉以上に 還元はそれよりはるかかなたに意味が飛んでしまって 還元の意味をなさないように感じますが 単に、酸化に伴って放出された電子を受け取るだけ という 程度の認識でよいのでしょうか?

  • 銀の酸化

    酸化銀を加熱する時、炭素を加えなくても還元しますよね? 同時に加熱によって銀が酸化してるのでしょうか・・・。 つまりの質問は、銀はどうやって酸化するのか。です!! いろいろ調べたんですけど、中坊の私には理解できない言葉ばっかりだったので、、だれか分かり易く教えてください(>_<)

  • 還元雰囲気中での酸化物の加熱

    電気炉内で試薬を加熱する際の状況です。 金属酸化物(Al2O3,CaO等)を還元雰囲気(Arガス等)中で融点以上に加熱すると、還元により金属のみが残留すると考えて良いのでしょうか。 酸化物生成自由エネルギーの大小も関わってくるとは思いますし、また、全て還元または酸化物のまま、といった議論でもないと思います。 還元雰囲気中での一般的な挙動でも結構ですので、教えて下さい。

  • 酸化銀を加熱するとどうして銀と酸素に分解するのですか。酸化鉄や酸化銅の

    酸化銀を加熱するとどうして銀と酸素に分解するのですか。酸化鉄や酸化銅の場合はならないと思うのですが。よろしくお願いします。