• 締切済み
  • 暇なときにでも

コロイド

教科書をみてて、塩化鉄の反応で FeCl3+3H2O→Fe(OH)3+HCl の反応でコロイドができるんですができたコロイドは 生成した塩酸と反応しない が、しかし、 Fe(OH)3+HCl→FeCl+3H2O 上の式の水酸化鉄は塩酸と反応します。 なぜなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数593
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • unyo12
  • ベストアンサー率58% (47/81)

うーん。「できたコロイドは生成した塩酸と反応しない」というわけではなく、(1)のような「平衡状態」にあるような気がします。平衡状態にあると仮定すると、次のような考察から、実験条件の違いにより、fumihisaさんが教科書でご覧になった2種類の反応式が記述されるのだと思います。   FeCl3+3H2O←→Fe(OH)3+3HCl ・・・(1) 【熱力学的考察】  左向きの反応はいわゆる「中和」ですから、熱力学的には左辺のほうが安定です。おそらく、熱力学的には不利な右向きの反応を行うに際して、教科書に「加熱(もしくは、熱湯を使用)」という条件が記述されていると思います。  つまり、通常は(1)の左向き反応が優勢であるのに対し、加熱によって(1)の右向き反応が優勢になるため、実験条件によって異なる向きの反応が記述されているのだと考えられます。 【濃度的考察】  それぞれの反応に用いる試薬の濃度はどの程度ですか? fumihisaさんの教科書にある反応は、それぞれこんな条件ではないですか? 「FeCl3+3H2O→Fe(OH)3+HCl」  ・・・H2Oが圧倒的に多い環境。(1)のは右辺に偏るため、この反応式が記述される。 「Fe(OH)3+HCl→FeCl+3H2O」  ・・・HClがある程度多い環境。(1)の平衡は左辺に偏るため、この反応式が記述される。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学反応式について

    例えば、 「塩化鉄(III)の飽和水溶液を沸騰水中に加えると水酸化鉄(III)のコロイド水溶液が得られた。この反応を化学反応式で示せ」 といった問題で、解答は 「FeCl3 + 3H2O → Fe(OH)3 + 3HCl」 ですが(3H2Oの3と,3HClの3は,3倍の3)、事前に FeCl3 + H2O → Fe(OH)3 + HCl という式が分からないため反応式を作れない場合は、問題文から FeCl3 + H2O → Fe(OH)3 + ? + ? ... という事しか分かりません。 そこで、 FeCl3 = a H2O = b Fe(OH)3 = c とおいて、 Feについて a = c Oについて b = 3c、 a = 1とおくと、 a = 1, b = 3, c = 1 よって、 FeCl3 + 3H2O → Fe(OH)3 + ? + ? ... となり、(3H2Oの3は,3倍の3) 係数比較にて Hが三つ、Clが三つ余ることが分かり、 「ああ、多分反応式の最後は3HClだろうな」 と考えて問題を解くという、以上のプロセスは正しいのでしょうか?

  • 水酸化鉄(III)のコロイド溶液の作り方についての質問です。

    水酸化鉄(III)のコロイド溶液の作り方についての質問です。 先日、学校の化学の実験で水酸化鉄(III)のコロイド溶液の実験をしました。 参考書や資料集などに沸騰させた純水に塩化鉄(III)水溶液を少しずつ加えると記されていますが、なぜ少しずつ加えなければならないのですか? (ちなみに私は全部で合計3ml加えるのに一度で1mlずつぐらい加えてしまい、コロイド溶液ができず、ただ塩化鉄(III)水溶液が薄まっただけのものが出来てしまいました。そのあとで実験をやり直して一滴ずつ加えたら成功しました。) あと、なぜ純水を沸騰させなければならないのですか?? 誰か分かる方教えて下さい。お願い致します。

  • 酸化鉄コロイド実験の失敗

    水酸化鉄(III)コロイドを調整してその性質を調べる。 という目的で ビーカーに純水をとり、沸騰させながら20%塩化鉄(III)水溶液を加えてかき混ぜて水酸化鉄(III)コロイドを作る実験なんですが 水酸化鉄(III)コロイドを作るとき赤褐色になるのに 赤褐色が濁ってしまっています。 赤褐色に乳白色が入っている感じです。 原因や対処法あったら教えてください。 お願いします。

  • 塩化鉄の透析でのPH低下

    高校化学の範囲での質問です。 よろしければ、塩化鉄のコロイド溶液を透析した際、外液のPHが低下する理由を教えてください。 (1)塩化鉄から水酸化鉄を生じ、水のイオン積を一定に保つため、水素イオン濃度が増す (2)塩化物イオンから、塩酸を生じる など。 分かりやすい理由として、どのような事が起こっているのでしょうか? また、水酸化鉄コロイドの透析外液の場合には、単純に水酸化物イオン濃度が増すためPHは上昇すると考えてよいのでしょうか?

  • コロイド

    の部分で水酸化鉄を電気泳動したら陰極に引かれるという文がありこの文章が○または×の問題だったんですが 水酸化鉄有名だからは、+のコロイドというこををおぼえておかないといけないんでしょうか??それとも水酸化鉄の組成式からわかるんでしょうか?

  • 反応式について

    ・硫酸鉄(2)イオンとアンモニア水の反応 FeSO4+2NH3+2H2O→Fe(OH)2+2NH4[+]+SO4[-2] ・塩化鉄(3)とアンモニア水の反応 FeCl3+NH3+3H2O→Fe(OH)3+NH4[+]+Cl[-]+Cl2 自分で考えてみたのですが、上の反応式はあっているでしょうか? 間違っていたら、間違っている箇所を指摘していただけるとうれしいです。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 定性分析での反応

    水酸化鉄(III)にHClを加えると気体が発生したのですが、これはなんなのでしょうか?生成する塩は塩化鉄(III)で、これは溶解してると思います。発生する気体の候補は酸素、水素、水、塩素、過酸化水素くらいだと思うのですが、どれなのかいくら調べてもわかりません。いったい何なのでしょうか? テトラアンミン銅イオンがHClを加えてテトラアクア銅イオンになる反応の反応式ってどのようになるのでしょうか? 教えていただけないでしょうか?

  • コロイド溶液

    塩化鉄(?)水溶液をもとに、水酸化鉄(?)コロイド溶液を調整し、コロイドの性質を調べる実験をしました。 考察で以下のよく分からない点がでたので、どなたか教えて下さい。 1)水溶液に水を加えた場合(希釈溶液)と熱湯を加えた場合(コロイド溶液)にそれぞれ溶液の色の濃さが黄褐色と赤褐色となったのはなぜか。(コロイド粒子とイオンの大きさの違いをふまえて考える。) 2)チンダル現象を観察した際に、水溶液中にもわずかに観察できたはなぜか。(反応と温度の関係をふまえる。) 宜しくおねがいます。

  • イオン化傾向

    塩化鉄(III)水溶液にアンモニア水を加える。 この反応が起こる場合は起こる理由と、その化学反応式を書け。という問題がありました。 これは反応としてはFeCl_3 + 3OH^- → Fe(OH)_3 + 3Cl^- となることは理解できたのですがこれはイオン化傾向は関係しているのでしょうか。 イオン化傾向の巻末問題で収録されていたチャート式の問題です。 どうしてこの反応が起こることをイオン化傾向とあわせて説明できるのかご指導お願い申し上げます。

  • 鉄の化合物と色

    こんばんは。よろしくお願いします。 受験では、鉄の化合物について、反応式・生成される化合物・色がよく出題されるようです。 鉄の化合物は、 ------------------ 酸化数+2     鉄(II)イオン 淡緑色     酸化鉄(II)FeO 黒色     水酸化鉄(II)Fe(OH)2 緑白色     硫酸鉄(II)七水和物FeSO4・7H2O 青緑     ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム三水和物K4[Fe(CN)6]・3H2O  黄色 酸化数+3     鉄(III)イオン 黄褐色     酸化鉄(III)Fe2O3 赤褐色     水酸化鉄(III)Fe(OH)3 赤褐色     塩化鉄(III)六水和物FeCl3・6H2O 黄褐色     ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウムK3[Fe(CN)6] 赤色(水溶液は黄褐色) 酸化数+2,+3     四酸化三鉄Fe3O4 黒色     ターンブルー青 濃青色     紺青 濃青色     (ターンブルー青と紺青は同じ物質) ------------------ だけあるようなのですが、これは全て化合物・色を一緒に覚えなくてはならないのでしょうか。語呂合わせがないにしても、こういう理屈でこの色になる、など。無理やり自分を納得させるためのものでも良いですから、なにかありましたら教えていただければ幸いです。全て覚えるのは厳しいです…しかし覚えるしかないのでしょうか…。