• 締切済み
  • すぐに回答を!

執行猶予の取消について

執行猶予の裁量的取消として、刑法26条の2第3項に以下の場合が規定されております。 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予されたことが発覚したとき。 この条文がどうしても理解できません。 まず、”猶予の言渡し”という言葉は執行猶予付判決のことであり、猶予期間の始点と考えておりますが、正しいでしょうか? 次に、「前に」という部分が「処せられ」と「発覚し」に係っていると思うのですが、これでは「A罪の猶予言渡しを受ける前に、実はB罪について刑に処せられ、更にその執行を猶予されていたことが発覚した」ということになると思うのですが、この意味が良くわかりません。 犯罪の事実が発覚するならばわかるのですが(A罪で捕まった犯人を取り調べていたら、実はB罪も犯していたことが発覚した、と言ったように)、刑に処された旨・刑の執行が猶予されていた旨が発覚するというのは、「裁判所側がその犯人について別の罪で最近に裁判があったことを知らなかったが、後に発覚した」といった意味になるのでしょうか? トンチンカンな質問をしていると思いますが、よくわからず混乱しております。 どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数506
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

1.Y裁判所はB罪について、懲役1年執行猶予2年の有罪判決を言い渡し、平成23年11月25日に確定した。(他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予された) 2.X裁判所は、1.の確定判決の存在を知らずに、A罪について懲役1年執行猶予3年の判決を言い渡し、平成23年12月15日に確定した。(猶予の言い渡し) 3.平成23年12月23日、検察官Aは、1.の確定判決の存在を知った(発覚した)ので、裁判所に執行猶予の取消の申立をした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 執行猶予の裁量的取り消し

    刑法26条の2(執行猶予の裁量的取り消し)における条文の解釈なのですが、 3号において、 猶予の言い渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたことが発覚したときは、 執行猶予を取り消すことができると謳っていますが、 この「他の罪について禁錮以上の刑に処せられ その執行を猶予されたこと」とは、 執行猶予期間中を言うのですか? それと執行猶予期間が終了し、刑の言い渡しの効力が消滅した事を言うのですか?

  • 前科あるのに執行猶予が確定。猶予は取り消されない?

    法律上、執行猶予を付ける事ができないのに、裁判所・検察のミスで執行猶予の判決が確定してしまった場合、執行猶予は取り消されるのではありませんか? 刑法26条では 「次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。 (中略) 三  猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。 」 となっていますが・・ 実際に、そのような事件が起きてしまいました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000074-mai-soci 上記の記事によると、執行猶予の取消や収監に関する言及がない事や、最高検が「被告に不利益はない」と判断している事などから、猶予は維持されたと推察されます。 執行猶予の判決がいつ確定したか不明ですが、確定日から年数が経って時効等が成立したのでしょうか。(だとしたら記事の中で、時効に関する記述がありそうなものですが)

  • 執行猶予における執行の免除について

    執行猶予について、読めば読むほどわからなくなってしまい困っております。 恐らく自分はどこがで勘違いをしてるのだろうと思い、考えた末に一点疑問が浮かびました。 執行猶予を受けることができる資格として、刑法25条1項2号に次のとおり規定されております。 第二十五条   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。 一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除    を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。 第1項2号における”執行の免除”という部分を、自分は「執行猶予期間を満了すること」と捉えております。また、第2項の”執行を猶予された者”についても「執行猶予期間を満了した者」と捉えております。 もしかしたら”執行の免除”とは執行猶予とは全く別の概念では、また、”執行を猶予された者”というのは執行期間中の人間のことか、と考えているのですが、実際はどうでしょうか?詳しい方がいれば教えてください。 ちなみに、私の理解に立てば、執行猶予を満了してから5年間禁錮以上の刑を受けないよう無事に過ごさなければ、再度の執行猶予は望めない、という結論になります。

  • 回答No.1
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1880/5058)

執行猶予は同時に「2つの裁判では重ねて猶予出来ず」双方実刑とする必要がある(執行猶予は実刑判決が出た時点で失効し直ちに収監する)。 但し、万一重ねての執行猶予が判決された場合、検察官の控訴(法令違反を理由とする)に依り猶予を破棄しない限りは有効で、控訴期限切れ迄に控訴しない場合は確定します。 また懲役の執行猶予と罰金の執行猶予は重ねて適用可能ですが、罰金が実刑になると先の懲役の執行猶予は取り消され収監されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 執行猶予(刑法第25条 )について

    刑法第25条 執行猶予 というものがあり、「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。」とある。 つまり、前科がなく3以下の懲役であれば罪が全く問われないということです。 実際の裁判で初犯の人があらかじめこの刑法が適用されると分かっている場合は、わざわざ裁判は起こさないのでしょうか? それとも、実際の裁判でもこの刑法第25条はよく適用されるものなのでしょうか? ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

  • 執行猶予の期間完了したら

    NPO促進法では、第20条で役員の欠格事項として ※法第20条の規定 次の各号のいずれかに該当する者は、特定非営利活動法人の役員になることができない。 一 成年被後見人又は被保佐人 二 破産者で復権を得ないもの 三 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わった日又はその執行を受けることがなくなった日 から二年を経過しない者 となっています。 もし、執行猶予付きの有罪判決を受けた場合、執行猶予期間経過後から2年間は役員になれないのか、それとも実刑を猶予され、刑法第27条により刑の効力がなくなったのですから、 (猶予期間経過の効果) 第27条 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。 期間満了後は役員の欠格事項とはならないから、役員のなれるのかどうか、 よろしくお願いします。

  • 執行猶予

    たとえば、懲役1年執行猶予2年、と判決が出た場合、いつまでが、執行猶予の期間なのかわかりません。執行猶予が出たら、控訴はしないつもりです。判決の言い渡しの日から数えるのか、それとも刑が確定してから数えるのか、わかりません。たとえば、今日(2005年10月18日)に判決が出て控訴しないとしたら、いつ刑が確定し、執行猶予はいつ終わるのか、教えてください。

  • 再度の執行猶予

    刑法25条2項の再度の執行猶予というのは、執行猶予期間中に罪を犯した人のみが対象ですか?

  • 執行猶予って?

    ○○罪で懲役○年 執行猶予5年 ↑のような 執行猶予とはなんですか? 刑が下るまでの時間ですか? 判決から5年たったら刑務所に入ってもらいますといったようなことですか?

  • 執行猶予が付く条件

    執行猶予が付けられる、条件というのを見てみたら、よくわからなかくてなんとなく疑問に感じたので質問させてください。執行猶予が付けられる条件は、例えば6年前に執行猶予3年の判決が出て執行猶予期間中は何も事件を起こさず判決から6年経過してから何かの事件を起こし逮捕、起訴され検察側の求刑は仮に2年6ヶ月だったとします。その場合は、また執行猶予付き判決が出る可能性はあるのですか?条文には前回、執行猶予判決が出た者でも5年以内に禁固以上の刑に処されてない者が条件と記載されていますが、その5年の起算点は執行猶予付き判決が言い渡された日からなのか、執行猶予期間が終わった日からなのか意味がわかりません。まったく法律には素人なので簡単に教えて頂けるとうれしいです(^-^)/よろしくお願いします。

  • 建築士 欠格事項 執行猶予中

    私は今年の二級建築士試験を受験します。 ですが数年前執行猶予の判決をうけ、すぐに登録できません。 そこで、いろいろと調べていたんですが、 ここでの質問に対し、下記のような回答が以前ありました。 事件は私が19歳の時でした。      > 刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したときは、刑の言渡しの 効果は効力を失うと刑法第27条は定めています。   つまり、単に刑の執行が免除されるだけではなく、刑の言渡しの効力が将来的に消滅しま す。したがって、執行猶予期間満了後は二級建築士名簿に直ちに登録が可能です。   20歳未満のときに犯した事件ならば、執行猶予期間中でも直ちに登録が可能です。 執行猶予満了後は建築士の登録が直ちにできるというのは納得できるのですが、 20歳未満のときに犯した事件なら・・・、というのは根拠がいまいちわかりません。 回答者に直接聞けたらいいのですが・・・ 誰か根拠となる法律、条文等ありましたら教えて下さい。

  • 禁錮一年八ヶ月執行猶予三年とは

    悪質な交通事故で、その加害者が禁錮一年八ヶ月執行猶予三年という刑になりました。 この刑を受けた加害者が社会的不具合等ありますか?。私的にはこの刑が重いのか軽いのか分かりません。この加害者がノウノウト車を運転 すると思うと大変腹立たしい気持ちです。 法律に詳し方々、宜しくお願い致します。

  • 執行猶予が取り消される時のこと

    昨日ほかの質問を見ていたら、執行猶予が取り消されるのは禁固刑以上の罪を犯した場合だ、という記述がありました。 軽微な違反(シートベルト着用を怠ったとか)で青切符を切られた時は大丈夫(執行猶予は取り消されない)、というようなことでした。 禁固刑を受けるというのは、素人考えですが、相手を死傷させるようなけっこう大きな事故じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。 まだ事故を起こす前に検問でひっかかり、泥酔状態だったような場合は、猶予されている刑執行には影響ないのでしょうか。(収監するべきじゃないのかと個人的には思います) 自分で調べようと思いましたが挫折したので、すみませんがどなたか教えて下さい。お願いします。

  • 執行猶予の条件について教えてください。

     執行猶予の条件に過去5年以内に、禁固以上の刑に処されたことが無い事。とありますが、これは以前の刑が終了し5年以内に何らかの犯罪を犯したら執行猶予は与えないということなのでしょうか。それとも、以前の刑が終了し、その後5年以内に何らかの犯罪を犯していなければ、情状によっては執行猶予もありえるということなのでしょうか。教えてください。お願いします。