• ベストアンサー
  • 困ってます

『地球』は固有名詞ですか???

こんばんは。いつもお世話になっています。 職場での雑談の折に、 『地球』ということばは固有名詞かどうかが話題になりました。 わたしは、それまで普通名詞だと思い込んでいたので、正直なところ変なことを言う人がいるなあと初めは感じたのです。 ところが、相手の言い分は、 「この世に一つしかないから、固有名詞ではないか。」 でした。 これを聞いてぐらついてしまいました。 わたしは愛知県の人間ですが、確かに、『愛知県』『矢作川』『茶臼山』などは固有名詞ですよね。 もう少し広げてみると、『日本』『太平洋』『エベレスト』も固有名詞です。 そんなことを言いながら結論を出そうとしましたが、出すことができませんでした。 家に帰って国語辞典を調べてみても、嫁さんに聞いてみても(←当たり前かな)、答えは分かりません。 アンタレスーさそり座ー土星ー木星ー火星ー地球の流れでいけば、固有名詞になるような気がします。 でも、星ー星座ー太陽ー月ー地球の流れでいけば、普通名詞のような気がします。 つまるところ、地球だけでなく惑星名・月・太陽までどちらか分からなくなってしまいました。 どなたか、このアホ男を助けてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1557
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

こんにちは。 私は、『地球』は固有名詞だと思います。 No.4の方がおっしゃているように、比喩を使用される場合は話は別です。例えば「彼女は現代のクレオパトラだ。」といっても『クレオパトラ』は普通名詞とはあまり考えませんから。 しかし、No.3の方がおっしゃっていますが、『月』に関しては、たしかに『月』=『衛星』の意味で用いることも多くあります。ただし、No.3の方がいう、 >「火星の月、フォボス」、「木星の月、エウロパ」 と言うのは『月』が普通名詞なのであって、『フォボス』『エウロパ』が普通名詞と言う意味ではないと思います。『フォボス』『エウロパ』は固有名詞です。と言っても、「火星の月」という表現ももともとは比喩だったのだと思いますから、使用頻度が多くなれば、単なる比喩ではなく普通名詞となるのでしょう。ですから、みんなが『クレオパトラ』=『美人』と言う意味で使って、「彼女はクレオパトラでね~」と言うようになれば、『クレオパトラ』も普通名詞になるでしょう。 使用の仕方によって『固有名詞』が『普通名詞』に変わったり『普通名詞』が『固有名詞』に変わったりするものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

比喩のお話、な~るほど!と思いながら読ませていただきました。 ううむ。日本語は難しいなあと改めて感じました。 クレオパトラが普通名詞になったら、なんか悲しいですね。本人もきっとがっかりするんじゃないんでしょうか。(笑) 深夜のご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • kamin
  • ベストアンサー率40% (30/74)

 ♯5さんの回答を読んでいて、あ、その通りだ、と思いました。「地球」はなるほど一つしかないけれども、少なくとも英語においては普通名詞です。  重複になりますが、英語で固有名詞を表記する場合、(特殊な意図がある場合を除いて)必ず頭文字が大文字となります。  地球の他に太陽は、今のところ一つしか確認されていないにも関わらず、the sunと表記しますが、翻って同語源の日曜日はSundayつまり固有名詞となり、あくまで「名称そのもの」を指します。Tokyoが(これも特殊な例を除き)東京という地名としての固有名詞であるのと同じです。  「the sun=太陽」という言葉には、「輝き」「生き甲斐」などのあらゆる普遍的意味合いを含み、地球もまた然り、earthは「地面」や「俗」の意味も暗喩しているため、「名称そのもの(=固有名詞)」には止まらない暗喩や共通観念を含んだ上で成り立っています。クレオパトラは「美しいこと」の暗喩表現に用いられますが、人物名であることに間違いはないので固有名詞となります。  それじゃあ火星は?水星は?冥王星は?英語の表記もそれぞれMars、Mercury、Plutoと記し、頭文字が大文字じゃないか!天体の一つである地球だけが普通名詞だというのはおかしいじゃないか!とも考えられます。  これについては、神話の神々の名前を直接的に借りていることが原因と思われます。神の名は他でもない固有名詞だからです(もちろん神の名を根源とした言葉が必ずしも固有名詞となるかどうかについてはそうとは限りませんが。)。    少なくとも英語のおいてはこのように考えられ、日本語が英語の品詞の分類に拠っているとしたら、「地球」は普通名詞です。しかし、現在、名詞の分類においてどれだけ日本語が英語に依拠しているかについては全く知りません。そこのところをご存知の方がいたら、ご教示頂きたいと思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日曜日=Sundayは、全くの盲点でした。 日本語と英語では名詞でも分類が違うのですね。 惑星の名称は神の名からとったわけですか。夜空が大好きなのですが、アルファベットは苦手なのでこれも知りませんでした。 考えれば考えるほど深みにはまっていきます。ことばは奥が深いですね。 ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

kaminさんの欄をお借りして、みなさんにお礼申し上げます。 学のない男にたくさんの見方を示していただきまして、ありがとうございました。 結局、わたしの脳みそでは疑問は解決するに至りませんでした。申し訳ありません。 ただ、惑星名は固有名詞であることは納得できました。 今回の質問で、改めて日本語の難しさを学ばせていただきました。 厚く御礼申し上げます。

  • 回答No.5
noname#5109

不図、思ったんですが 英語では “一つしかない普通名詞”という事で the earthとなっていますよね?? (同様に月、太陽、世界等も) それに固有名詞の定義って唯一的に存在する事物の名称を表す名詞ですよね?? どうなんでしょう? 私も分かりません。回答になってなくてすみません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。英語における分類には気が付きませんでした。 確かに固有名詞ならば、大文字で始まるはずですよね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • sowow
  • ベストアンサー率20% (18/90)

(^Δ^)イヤー! 「じゃあ、あなたは地球ね」は比喩でしょ? SFの世界ではよく、なんたら星人が自分の星のことを「地球」と呼んでます。 そういう場合は、「母星」という意味の普通名詞ですが、現実にはそんなこと言う宇宙人も、地球以外の星で生まれた人間もまだ現れてないので、まだ一般的には「固有名詞」でしょう。一個しかないし。 あくまで「まだ」です、、 数千年後ぐらいには普通名詞なってるかもね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

地球のような環境の星が宇宙のどこかにあるはずだ とも考えてみました。 ただ、まだ発見されていないし、名前もつけられてないんですよね。(←当たり前だけど) 時代と共に変わるというのは、言語の本質を垣間見た気がします。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • cubics
  • ベストアンサー率41% (1748/4171)

「地球」っていうと固有名詞度が非常に高いですね。 でも、rindaryuさんの言うように普通名詞としても使われてますね。 一方、「月」は、固有名詞度がやや低いですね。 「月」=「衛星」として、よく使われますね。 「火星の月、フォボス」、「木星の月、エウロパ」とかは、普通名詞として使われてますね。 「太陽」=「中心(となる星)」も普通名詞度が高いし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほう、フォボスもエウロパも普通名詞ですか。 すると、月は普通名詞になるはずですね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

使われる文脈によるのではないでしょうか。 例えば「地球は太陽の周りを周っています。」 という文章では、「地球」や「太陽」は固有名詞だと思いますが、 「君はボクの太陽だ」「じゃあ、あなたは地球ね」 みたいな中では、普通名詞だと思われます。 思うに、太陽系第3惑星という意味の中で使われていれば「固有名詞」、 何かしらの性質が地球のようで、 その例えとして使われていたら「普通名詞」ではないかと…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

文脈に関係するとは考えてもみませんでした。 ただ単純に、国語辞典を見ても『名』としか記されていないので、訳がわからなくなっていたのです。 説得力のあるご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • HAL007
  • ベストアンサー率29% (1751/5869)

>>でも、星ー星座ー太陽ー月ー地球の流れでいけば それを言うなら星-恒星-衛星-惑星でしょう!! 私は立派な固有名詞に一票です。 地球は太陽系第三惑星です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

学がないものですから、フィーリングで流れを作ってしまいました。 惑星の名称も固有名詞の仲間になるわけですね。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 固有名詞、普通名詞の定義

    こんにちは。 以下の単語に普通名詞として扱うべきものはありますか? あれば理由というか、その考え方も教えてください。あと、普通名詞、固有名詞の判断に参照できるようなサイトがあれば教えてください。 よろしくお願いします。 一月、二月、三月、など。 月曜、火曜、水曜、など。 一日、二日、31日、など。 睦月、如月、弥生、など。

  • 普通名詞から固有名詞

    冠詞について質問します。 特定の人、物を指す場合、例えそれが普通名詞でも、固有名詞になり、冠詞がつかなくなると記憶しています。 例えば、I wend to the park with my mother. とI went to the park with Mother. 別に、Motherを固有名詞にしなくても、my motherで特定されている気がするのですが どんな違いがあるのでしょうか?わざわざmy fatherをfatherなどにする場合も、ニュアンスの違いが知りたいです。 宜しくお願いします。

  • 固有名詞は普通名詞の下位カテゴリ?

    たとえば「薬」が普通名詞で、その中のある薬の名前「ペニシリン」などが固有名詞ということでしょうか? また「日本」は(普通)名詞だと思いますが、「日本製」というのは同じ名詞でもまた違った種類の名詞になると思いますが・・・。 具体例をあげて説明してくださると助かります!

  • <固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのか>

    固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのかと生徒に質問されることがあります。(話を簡単にするために、デフォルト用法(固有名詞用法)でかつ人名の場合に限定して話を進めます)  不定冠詞の使用に関しては簡単に答えられます。固有名詞は一つしかないものなので数えることに意味がない。だから、数えられるものであることを示す不定冠詞はつかないと言えば十分です。  ところが、定冠詞の場合はそう簡単ではありません。ここで、例えばJohn Smithという固有名詞について考えてみます。John Smithは叙述の際には内包として働きますが、I saw John Smith a minute ago. においては、外延すなわち実物を表します。実物が一つしかないのであれば定冠詞がついてもよさそうですが、実際はtheはつきません。 では、なぜデフォルト用法の固有名詞にtheがつかないのかについてご意見を頂きたいのですが、この質問は現場での実際の指導と関わるものなので、難しすぎる議論は避けたいと思います。 まず、私のやり方を示しますから、それでよいかどうか、またもっと有益かつ簡便な方法があればそれをご教示頂けるとありがたいです。 以前私が採用していたのは、定冠詞が使用されるパターンをすべて示して、固有名詞の場合どのパターンにも当てはまらないことを示すというやり方でした。この消去法的なやり方だとたしかに、固有名詞にtheはつかないと示すことができますが、なぜそうなのかは示されていません。背理法が正しい指導方法として認められるのは数学(高校では論理学は習得対象ではありません)くらいなものです。 ではどうすればいいのかということですが、おそらく、定冠詞の使用パターンをうんぬんする以前の段階を考察すること、すなわち、定冠詞使用の際の根本原則と固有名詞の有り様との関係に焦点を当てることが必要なのではないかと思います。 この問題はおそらく次の問題とも関係があると思います。 A: "I saw John Smith at the station before noon." B: "Really, I saw him / John Smith at the crossroad a few minutes ago." AにおいてJohn Smithが初出のものだったとしても、一つしかないものであるにもかかわらずtheはつきません。なぜなのでしょうか。 おそらく、John Smithは言語共同体の中で、この場合は特にAとBの対話空間において、一人しか存在しないものだと互いに了解ずみなのだと思います。John Smithという名を聞いたBにはその名の人物を思い浮かべることが可能なので、そのため、Aの側があえて定冠詞をつける必要がないということだろうと思います。 また、Bにおいて、John SmithはAにおけるJohn Smithと同一人物なのにhimは使えても、the John Smithとは言いません。なぜなのでしょうか。 一般に、固有名詞を作る時(誰かに名づけを行う時)、名づけ人を含む言語共同体によってその名とその名を授かる人との結びつきを承認します。その時点で、固有名詞は言語共同体内ですでに了解ずみのものとして扱われます。その後、固有名詞が大文字で表記されるようになり、どの共同体においても固有名が実際の使用前にすでに了解ずみのものと見なされることになったものと推測されます。 一方、定冠詞は、(私の見解では)対話空間内で未知のものを既知のものとして、および、言語共同体の言語知識集合内で未了解のものを了解ずみのものとして扱うためのに存在するものだと思います。実際の使用前にすでに了解ずみのものである固有名詞に定冠詞がつくことはないと考えられます。よって、the John Smithとは言えないということになります。 この考えでよいでしょうか。 もう一つの考え方を提示します。 C: A John Smith came to see you. ---普通名詞用法 D: John Smith came to see you. Cにおけるa John Smith は限定詞(ここでは不定冠詞)がついているので客体的なもの(時間と空間を持ち、言語使用者からは隔たりを持つものです)としてとらえられています。DのJohn Smith には冠詞がついていないので、客体的なものではありません。 ということは、John Smith が言語使用者からは隔たりを持たないものであることを示せばよいはずです。  そもそも固有名は誰かによって名づけられるものです。名づけは対象物に対して特別の関心を抱くことによります。名づけは関心ある対象物を記憶にとどめるためでもあります。関心を深く持つとき、対象物に期待や希望を込めることもあります。  (このことは特に人名について言えることですが、地名はどうなのでしょうか。地名はその土地の地形や性質や歴史を解釈し、それを抽象化したものだと思いますが、ただの山やただの木に対して名前をつけることはありません。名をつけることでそのものに対する関わりの深さを表すのではないかと思います。五郎谷、イノシシ山、二本松峠とか---)    あるものに名づけをなそうと思うくらいに関心を持つ時、そのものに対して客体的な(傍観者的な)あり方を取ることはありえません。よって、名づけられた固有名には、それがデフォルトの用法である限り、限定詞(冠詞)はつかないということになります。この考えでいいのでしょうか。 ついでにこの問題と関連して、取り上げておきたいことがあります。 E: "Father has just come home, Mother." において、Motherは呼びかけ語なので話者におって特別の関心を持たれています。よって、無冠詞です。同様に、Waiter. Bring me wine please. おいても無冠詞のwaiterが使われています。 呼びかけの際には、呼びかけ者は相手に特別の関心を払うので、呼びかけ語は固有名詞と同じ働きのものだと思います。 EのFatherもおそらく元は呼びかけ語として使われたものが、こうした形で転用されるに至ったものだと思われますが、この場合もFatherは話者にとって特別な存在です。固有名詞と同じ働きのものだと思います。 F: Santa Caus is coming to town. G: Santa Caus is in flight on his sleigh. Fにおいてtownは話者にとってなじみ深いあるいは親密な場だと思います。Gにおいて flightは主語が現在携わっている行為のまっさいちゅうであることを表しています。これらは固有名詞ではありませんが。固有名詞にtheがつかないのと同じ理由(これらの名詞が客体的な対象物ではない)で定冠詞がついていないと思われます。いかかがでしょうか。

  • 普通名詞?固有名詞?

    今日、学校で古典のテストが返ってきました。しかし、どうしても納得いかない問題があります。 -------- 相模の守時頼の母は、松下の禅尼とぞ申しける。(1)守を入れ申さるることありけるに、すすけたる明かり障子の破ればかりを手づから小刀して切り回しつ張られければ、兄人の城の介義景、その日のけいめいして候ひけるが、「賜はりて、なにがしをのこに張らせ候はん。さやうのことに心得たる者に候。」と申されければ、「そのをのこ、尼が細工よりもまさりはべらじ。」とて、なほ一間づつ張られけるを、義景、「皆を張り替へ候はんは、はるかにたやすく候ふべし。まだらに候ふのも見苦しくや。」と重ねて申されければ、「尼も、のちは、さはさはと張り替へんと思へども、けふばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたる所ばかりを修理して用ゐることぞと、(2)若き人に見習はせて、心付けんためなり。」と申されける、いとありがたかりけり。 世を治むる道、倹約を本とす。女性なれども、聖人の心に通へり。(3)天下を保つほどの人を子にて持たれける、まことに、たゞ人にはあらざりけるとぞ。 現代語訳はこちらでお願いします。 http://kokugonobenkyou.net/kobun/2009/03/post-680.html ----------- Q.(2)の「若き人」とは誰のことか。固有名詞以外の言葉で抜き出せ。 A.(3)の「天下を保つほどの人」(「相模の守時頼」は固有名詞なのでNG) 私は(1)の「守」を書きました。しかし不正解でした。先生によれば、 ・守とは相模の「守」時頼の省略した形である ・よってこの文章中では固有名詞という扱いになる だそうです。 私は ・守とは相模の守時頼を指しているが、「守」という言葉自体は役職名である ・よって普通名詞である 私の意見は間違っているのでしょうか。先生の説明にどうしても納得できません。もし間違っているならば理由をお願いします。もし私の意見が間違っていないなら、先生になんて言ったらよいでしょうか。交渉を試みましたが互いに一歩も引かず、結論は得られませんでした。駄文・長文ですが、回答よろしくお願いします。

  • 固有名詞に対する限定・非限定

    固有名詞に対する限定・非限定というテーマで質問させて頂きます。 例文を挙げておきます。たぶん許容されると思います。 When I saw a poster saying, "Welcome to beautiful Paris", I heard a man close to me screaming, "Beautiful Paris? Damn it. We have had a lot of snow mingled with rain all week. I just see a wet, cold and miserable Paris instead of a beautiful Paris". a wet, cold and miserable Paris instead of a beautiful Parisにおいては形容詞によってParisが種類分けされています。ということはParisは普通名詞として使われていることになります。ところが、"Beautiful Paris?ではParisに不定冠詞がついていないのでそうした種類分けがなされていないと考えるしかありません。ということは、ではその場合のParisは本来の固有名詞として使われていることになります。  では、その場合のbeautifulという性質は、もともとParisが持っているはずだと話し手が考えている内包(特質)の一つであって、ここでは話し手がその特質を焦点化していると考えてよいのでしょうか? 普通名詞の場合は、内包がどういうものであるかは言語共同体による広範な同意が伴うと思いますが、固有名詞の場合は厳密に言うと、ものの数だけ作ることができるので、必ずしもそうした同意がなされるとは限らないと思います。ということは、ある固有名詞の内包の核になる部分は固定したものであっても(例えば、Parisの場合はa city named Paris )、内包の周縁部は話者によって個別かつ主観的にとらえられたものなのではないかと思います。ということは、Parisの内包は話者の数だけ存在するとも言えますが、いかがでしょうか。もしそうであるなら、例えば次のような文が書けると思うのですがいかがでしょうか。 A poster at the entrance of Paris's City Hall: "Welcome to beautiful Paris. May you have a good day today."  Arthur Rimbaud: "Beautiful Paris? No kidding! Don't you see lots of unemployed workers, lots of homeless children and lots of dishonest merchants? Damn it. The poster should say, "Welcome to miserable and hell-like Paris". ネイティブチェックは受けていませんが、たぶん大丈夫だと思います。 あるいは、核になる部分は言語使用者の間でなるべく共通のものであるべきであるけど、内包を構成する周縁部分は個別の色彩を持つものであってもよいのでしょうか。そして、それを言語使用者が自分の都合で焦点化してもいいのでしょうか。

  • 大・中・小、全部揃っている名詞・・・

    大・中・小の表現が全部揃っている名詞には、どんなものがありますか? ・・・答えがたくさんあるのか、意外と少ないのか、ふと疑問に思いましたので、アンケートで確かめさせて下さい。 普通名詞と固有名詞と区別してお答えいただくと、ありがたいです。 例えば私が思いついたものでは、 <普通名詞> 大学・中学・小学 大型・中型・小型 <固有名詞> 大山・中山・小山 大川・中川・小川 といったところです。 宜しくお願いします。

  • CGIなどは固有名詞でしょうか普通名詞でしょうか

    次の言葉は通常( )内のように省略された略語の形で用いられます。この省略前の言葉(( )の左側の言葉)は、通常、各単語の先頭の文字が大文字で書かれているのですが、それが固有名詞であることを示すために大文字で書かれているのか、そうではなく単にどの単語のどの文字を取って並べて略語を作ったのかを示すために大文字で書かれているのかが分かりません。 これらの言葉の先頭の文字は、常に大文字で書かなければならないのでしょうか、それとも常に小文字で書かなければならないのでしょうか。つまり、これらの言葉は固有名詞なのでしょうか普通名詞なのでしょうか。 (1) common gateway interface(CGI) (2) dynamic host configuration protocol(DHCP) (3) domain name sever(DNS) (4) Internet protocol version 6(IPv6) (5) media access control address(MACアドレス) (6) multipurpose Internet mail extentions(MIME) (7) MPEG audio player 3(MP3) (8) portable network graphics(PNG) (9) point to point protocol over ethernet(PPPoE) (10) transmission control protocol/Internet protocol(TCP/IP) (11) top level domain(TLD) (12) uniform resource locator(URL) (13) unversal serial bus(USB)

  • 文法問題を教えてください

    ()の名詞がそれぞれ何名詞かを選択肢から選びなさい。 1.He hailed a (1)taxi at the corner. (1)taxi (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 2.(2)Happiness consists in (3)contentment. (2)Hapiness (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (3)cotentment (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 3.The (4)audience were surprised to hear (5)announcement. (4)audience (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (5)announcement (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 4.His (6)appearance in (7)Seattle society gave (8)rise to a lot of rumors. (6)appearance (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (7)Seattle (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (8)rise (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 5.There is little (9)ink in the (10)bottle. (9)ink (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (10)bottle (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞

  • 異の発音

    「異」を含む漢字語で、智異山 지리산 以外に 리と読む熟語はありますか。もちろん固有名詞、普通名詞、他の品詞を含めてです。