• 締切済み
  • すぐに回答を!

宅建業者の責任 (土地の瑕疵)

親が土地を購入したのですが、実は、宅建業者が土地の瑕疵をかくしていました。 重要事項ではなく、任意に説明する内容のようですが、 事前に説明してくれたら購入しませんでした。 先方に買取請求などできないでしょうか。 瑕疵は以下のとおり。 1.元水田で、軟弱地盤、低地 2.近くに汚水路(元用水路)あり 3.最近、汚水路の増水で床上浸水した 4.盛り土の擁壁がすこし倒れてきている 購入の経緯としてはHMにアパート経営に最適な収益物件として紹介され 売主(不動産屋)、仲介業者(HM系列)ともに、HMが手配しました。 現場に案内された際に、近くの川(汚水路)の土嚢が気になり、尋ねたところ、大丈夫ですとのHMと売主の説明。 相手方は全員宅建業者なので信用してしまったのです。 ちなみに、HMと売主は軟弱地盤であること予めしっていました。 またHMが勧めてきた建物は鉄骨で、軟弱地盤には向かないと思います。 こちらにも落ち度があろうかと思いますが、相手方に主張するすべがないものでしょうか。 業法にお詳しいかた、ご助言をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数627
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.3

不動産を買う場合に自分で調べるのは当然のことではありますが、さまざまな情報を消費者だけで調べ、しかもそれを客観的に評価することは不可能である場合の方が多いです。そこで、宅建業者は不動産取引のプロとして、免許制が採用され、宅建主任者を必ず置いておかなければならず、いわゆる重要事項の説明義務が課せられ、その説明行為は必ず宅建主任者によって文書をもって行わなければならないことにしています。 不動産の欠陥は、技術的問題以外にも、主観に左右される面もまた大きいため大変難しいのが実情です。もちろん、昔と異なり、瑕疵とされる範囲はある面では広がっているとも言えますが、「簡単ではない(かなり難しい)」ということは最初に十分理解する必要があります。 1について 建築基準法上、建物の敷地と認められている限り(場合により宅地造成等の規制区域として許可を受けて造成されたということがあるかもしれません。まさに、特別に気をつけて造成工事をやったという前提の宅地が世の中には存在します)、元水田等の事情は、いわばその敷地の(経済的な価値に影響を与え得る)個性に過ぎず、「建物の敷地」として欠陥があると言っていくのは難しいでしょう。 要するに既に宅地として造成されているのであれば、造成される前にどのような土地であったかどうかによって、それを欠陥というのは困難です。 2について 極論すれば、町内の固定されたゴミ捨て場に密着した土地は、それをもって欠陥のある土地となるわけではなく、単に「選ばれにくい土地」に過ぎません。 3について 床上浸水自体については、少なくとも宅建業者である売主には説明義務があるでしょう。説明不足は、瑕疵あるいは錯誤(または、それに相当する契約上の法的な問題)となり得ると思います(購入前に不安を覚えて聞いたうえで大丈夫と説明されたということですから、そこにウソまたは認識不足があったとすれば。しかも、汚水ですからね)。協議次第で合意解除などで解決となる余地が考えられます。が、これを問題視する場合でも、汚水路が増水した経緯、頻度、今後の発生の可能性、とられているまたはとられる予定の対応、これらの建設予定地に与える影響などを総合的に評価する必要があるかもしれません。しかし、それが本当にあれば、価格には影響を与える事実でしょう。 4について よう壁のはらみ等の問題も、新たな造成地でもなければ、当然生じていてもおかしくないものですので、その「すこし」というものが経年等を考慮して常識的な程度の範囲であれば、やはりそれをもって欠陥と言うことは難しいのではないかと思います。 その他、その土地の周辺及び周辺地域の土地利用と、ご自身の利用目的とがどの程度あっているかまたは離れているかということも考慮しておくと良いでしょう。たとえば、すでにその近隣の類似の環境でアパートが建って平穏に利用されているのであれば、瑕疵があるというのは説得性が弱まることになるでしょう。 売主(宅建業者)に対しては、クーリング・オフ、手付金(通常は倍額)による解除の余地があります(現段階では、いずれも可能性は低いかもしれません。クーリング・オフについては業者の方で、そもそもそれが適用されないように契約してしまう方が多いとは思います…)。その他に民法上の手段として、錯誤(さくご)というのがありますが、難しい方法です。重要部分について勘違いがあり、勘違いしたことについて重大な過失のないことが求められます。半面、その部分の重大性はそもそも主観的なものであっても重要部分として認められるケースがあります(1~4の不都合のないことが、あらかじめ、当事者にとって購入の前提とされていたと評価できる場合です/意思表示の内容となっていた・・・などと表現されます)。もちろん、不実の内容があったとすれば、それを詐欺だと言っていくことさえできますが、その分、微妙な事案であればあるほど、大変な仕事を抱えることにはなっていくはずです。 なお、最近は新築住宅については瑕疵保険というのがあって、HMがこういうのにちゃんと入っているかどうか(建築する度に保険に入ります)確認した方が良いです。保険に入る以外にまとまった金額を供託する制度にもなっていますが、これはとても個人的な意見ですが、物件別に保険に入ってくれる業者を選んでおいた方が良いと思います(メーカーにもよるのですが)。民法上、建築請負に瑕疵があっても、完成した建物というのは解除できないんです。ですから、建てることを避けられない場合は、工事現場をきちんとチェックしにいくなど(われわれ素人には限界があるのですが)は最低限必要でしょう。 また、業者の対応自体について、ここに具体的に書ききれないような不審な点が散見され、それが総合的に不信感を高めているということもあるかも知れませんが、その程度次第では、直接の効果はありませんが、業者の監督処分歴などを調べたりして、都道府県などへ行政指導等を求めるという対応の仕方もあるでしょう。しかし、それも消費者に対して必ずしも(行政自体も)真摯に対応してくれるとは限りません。いずれにしろ、建てている最中には余程のことがない限り、あまりそうしたことで騒がない方が良いでしょう・・・ 建築を前提として購入した場合、売買契約の内容として建築のプランが無くなったときの解除等について、その他、ローンがおりなかった場合の解除権などが、「もしあれば」、それらの事由の発生によって、土地の売買契約から解除権を使うということも考えられなくはないかと思います。ただし、これも、正面から故意や過失によって契約の履行や成立をできなくしてしまうと、逆に、買主側の不法行為が問われかねないので有効な考え方ということは言えません。 契約された時期によっては、1~4の重要性について今般の大地震の影響を受ける可能性も考えられないことはないでしょう。 以上のとおり、賠償や解除その他の責任追求的な対応は、きわめて難しいと感じます。ただし、具体的な事情や他の具体的な事情によれば、絶対にできないというわけではありませんし、もしかすると、そうした不都合を踏まえた事実上の交渉(法的な価値判断とも総合して)の成果として土地の代金の減額や請負金額の減額などを行える余地もないわけではないでしょう。もっとも、中でも、3の点は有力な検討事項になると思います(無効だと言える程度のものであれば一番良いわけですが)。ただし、減額であれ賠償であれ、建築をそのHMで行う限り、見えないところでコスト圧縮をされる恐れも出てくるかもしれません。 土地の解除といった方向はあきらめ、建物(アパート)が完成してから、仲介業者の説明責任を問うことを検討してみるというのも一つの方法かもしれません。 こうした事態を防ぐのは、取引に入る前に、十分納得できるようにしておくことです。「親が(知らないうちに)」というケースは、とても増えているように思いますが、普段から子供にも相談するように口酸っぱく言っておくといった地味な活動をする以外には根本的に防ぐことはできないと思います。 ここに書いたことは、次の点に注意して鵜呑みにされないようにお願いします。 ・行政書士です。不動産業者としての取引経験はあります。 ・たまたま見かけて、法令などを確認せず第一感で書いていますので、間違ったことを書いてしまっている可能性もあります。 ・実際に相談するときの一つの手掛かり程度に考えてください。 具体的なご相談は、このようなケースの場合は、役所の住民向けの相談窓口や弁護士事務所、弁護士会などへ直接行うのが賢明です。 ※ 個人的には、弁護士を利用する場合、役所へサービス出張しているそれではなく、通常営業をしている事務所に問い合わせるほうをおすすめします。また、こうした問題で真っ先に業者や相手方に問い合わせる前に、十分に相談等によって調べておくのが賢明です。収益物件として土地を買い、アパートを建築するという提案ですから、もしかすると借主の募集と管理などトータルにプランニングしているかもしれませんから、そうしたことも総合的にみて、いつ何をどうすべきかについて、各種の相談先を訪ねてみてください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧なご回答ありがとうございました。 ご指摘のとおり「トータルプランニング」です。 中身は複数の契約に分かれますが、土地購入、建築請負、賃貸物件管理、修繕、銀行融資などの複数の契約を、HMがとりまとめ役となって、ひとつの金融商品として提案しています。 HMが取りまとめて全体の進行も管理するため、施主は一つ一つの契約を自分のペースで確認するような時間は与えられません。 お役所は法律ごとに縦割りで動くものでしょうから、このようにいろいろな法律またがるような、資産運用の提案は、役所の動きの特性を熟慮した上での、法の抜け道をついた手法かもしれません。

関連するQ&A

  • 土地の瑕疵について

    土地購入し、先日地盤調査をしたのですが 一部常時水溜りのようになっている場所があり、 地盤自体が水分を吸収できない状況に陥っていると 言われました。素人判断ながら、高額な地盤改良が 必要になるのではないかと思っております。 ・土地購入を決めた辺りから、この水溜りのようなものがあり 気になっていたが近くに水道管があり、その漏れではないかと 思っていた。 ・この土地購入を検討している際、不動産屋に 「事前に地盤調査はしていますか?」とたずねた所 「やっていません」と返されたのですが、 土地購入を決定してから「お宅に決まらなかったらこちらで 建築物を建てるつもりだった」とJIOの地盤調査結果を出してきて 「地盤改良は必要でしょうね」と言われた。 軟弱地盤については、「土地の見えない瑕疵」に当らないと いう事例も見てきたのですが、上記の様な場合も 瑕疵に当らないものでしょうか?

  • 土地売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任について。

    マイホーム建築を考えています。 分譲住宅、建築条件付土地の購入ではなく、不動産仲介業者の紹介で土地を購入し、その土地にフリープランの家を建築しようという考えです。 土地の値段に折り合いが付き、家も予算内で100%フリープラン建築が可能となったので、土地の売買契約に進む事になりました。(家の図面も完成したので、あとは土地の売買契約を済ませるだけという状態です。) しかし本日仲介業者が持ってきた土地売買契約書のドラフトを見ると、 「売主は買主に対し土地を現状有姿で引渡す事とし、引渡し後瑕疵についてはその責を負わない。」 という条文が入っています。 売主は不動産業者(宅建登録業者)、買主は私、仲介業者も不動産業者(宅建登録業者)です。 仲介業者は本日朝売主から受け取った契約書のドラフトをそのまま持ってきてくれて、一緒に読み合わせをしている時にこの条文に気付いた次第です。 仲介業者曰く、売主が宅建登録をした不動産業者の場合、且つ買主が一般人である場合、瑕疵担保責任を回避する事は出来ない、との事でした。(一般人である買主の不利益を回避するため。) 従ってこの条文は無効だという事だったのですが、売主に問い合わせをしてもらうと売主は現状有姿での売買なので瑕疵担保責任は無くても良いと言っています。 買主の立場としては当然瑕疵担保責任は付けて欲しいのですが、それなら売らないと売主は言っているようです。 長年待ち続けてようやく見つけた理想の立地の土地なので手放したくはありません。かと言って万が一の事を考えると瑕疵担保責任の無い状態で買う訳にもいきません。 そこで以下の件について教えて下さい。 1) 土地の売主が宅建登録した不動産業者の場合、瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事は可能なのか。 ※ もしNoの場合(瑕疵担保責任を付けなければならない場合)、その根拠条文を教えて下さい。 2) 仮に現状有姿という条件を私が受け入れて購入後に瑕疵が発見された場合でも、その責任を売主に問う事が出来るのか。 ※ 私が購入しようとしている土地は閑静な住宅街にある50坪の一筆の土地を25坪ずつに分筆した片方です。もう片方には売主が分譲住宅を建築して販売するので、売主がその土地(私の方ではない)の地盤調査を先日行い、現在調査結果待ちの状態です。(建築確認申請の許可も下りています。) もしこの調査結果で問題が無ければ、元々同じ土地を2つに割っただけなので大きな問題は無いのではと推測しています。もちろん私の買う土地から大きな岩が出てきたりする可能性はありますが、土壌汚染や軟弱地盤でなければまず大丈夫ではないかと思っています。 長年探し続けてやっと見つけた理想の立地の理想の土地なので簡単に諦めきれず、こういうケースまで想定しています。 3) 同様に仲介業者にその責を問う事が出来るのか。 ※ 仲介業者曰く、売主が宅建登録した不動産業者であり買主が一般人の場合、そもそも瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事自体が無効と言っています。もし瑕疵が発見された時は売主も仲介業者もその責を負わなければならないので、売主が瑕疵担保責任を負わない限り当社も仲介は出来ないと言っています。 どうかご回答宜しくお願い致します。

  • 土地の売買の場合の瑕疵担保責任とは

    購入した土地に家を建築しようと調査したところ、地中から地盤改良したものと思われる杭があることが分かりました。 もともと、売主(個人の方)からは残存物はないものとして契約を交わしましたので、この地盤改良の杭の撤去代は売主が負担するべきものと思いますが、こういった主張はおかしいでしょうか。 仲介会社からは「瑕疵担保免責での売買ということ」「地盤改良の杭であれば地盤を強くするためのものなので、それを生かせるのであれば生かして建てればよいのでは」 など言われています。 地盤改良といってももう40年位前の杭だと思うので、そのまま生かすのは心配です。 売主に負担してもらえる余地はあるのでしょうか。

  • 回答No.2
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

どれも瑕疵とはいえないと思います。 1については。。。軟弱地盤にビルを建てることなどいくらでもあることです。建物が建てられないような土地は(埋設物や汚染など)瑕疵と認められますが、そうでもない限り軟弱地盤を瑕疵とすることはできません。それを認めれば東京湾岸地域など土地が売れませんよ。そもそも田んぼで弱い深さと鉄骨の重量を支える支持地盤の深さはぜんぜん違いますし、認められることはないでしょう。 2と4は明らかに見て確認できる内容ですよね。これは瑕疵とはなりません。そもそも引き渡しの時に隠れたものでなければなりません。 3は起因するのは土地でなく地形。これは土地の特性であり土地の特性は瑕疵にはなりません。 残念ですが、瑕疵だとはいえないと思います。 入院されたお母様の土地のかただったでしょうか。契約解除を求めるなら私は後はここに共同住宅が法的に建てられない土地であるということ以外考えられないです。もちろん、掘って埋設物や汚染物があれば瑕疵になる可能性はあるでしょうが、工場跡地でもなく田んぼであればそういうこともほとんど考えられないでしょう。一縷の望みとして役所の宅地課か都市整備課で共同住宅の建築が可能か相談してみてください。可能であれば契約解除や買取をしてもらうのは無理だと思います。あきらめてすぐに売りに出されるか、事業をされるか、貸地として誰かに利用してもらうかということになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。 その土地が共同住宅が建てられないかどうかとゆう視点ではまだ調べていませんでした。 周辺は木造ばかりなので念のため確認してみたいと思います。 説明して貰っていませんが地盤報告書が見つかり、深さ1Mから3M、および15M前後の層に自沈層があることが解りました。HMが選択した基礎杭は深さが3M位で、硬い岩盤に達しているとは思えません。 地盤保証があるから大丈夫といいつつ、数年後に建物が傾いたら水路や冠水のせいにして保証対象外とするつもりではないかと思います。  

  • 回答No.1

告知・説明する必要のある事項を説明しない、虚偽の説明をした場合と 知ってはいたけど告知・説明の必要のない事項なので言わなかったのでは かなり差があります。 役所の担当部署か弁護士さんに相談されたほうが早いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 あとから住民の話しをきくことができました。 床上浸水は人の胸の高さまでに達し、その地帯一帯が水に飲まれて大変だったそうです。 水が引いたあとも付近一帯の道路は、ぬれた畳でいっぱいに。 戸建てで1階や半地下を車庫にしていたお宅は、家の浸水は免れたものの車が流されたり水浸しで高額な修理費が掛かったそうです。住んでいた人は大変な目にあった場所です。 こちらが水路のことを聞いても大丈夫といって隠していました。 また、役場が水門を作るから冠水しないように措置しているとの虚偽説明もありました。 法律に具体的にふれなければお咎めなしはあんまりだと思います。

関連するQ&A

  • 土地の瑕疵担保責任について

    土地の瑕疵担保責任について 3年前に某大手ハウスメーカーより土地と家を購入しました。土地にはのり面が付いており、当時の営業担当者にのり面が崩れないかを含めて地盤について相談したところ「地盤は大丈夫」との回答を得ていました。 しかし、のり面が大雨で崩れてしまいました。土地売買契約書を見ると、瑕疵担保責任では、 「乙(ハウスメーカー)は本物件の瑕疵について、本物件の引渡し日から2年担保の責を追うものとします」と書かれていました。 現在ハウスメーカには、問い合わせ中ですが、修復やその費用についてハウスメーカーに求めることは難しいでしょうか?

  • 売主が宅建業者の場合の瑕疵担保責任の範囲

    先月、中古のRCの一棟マンションを仲介業者を通して、宅建業者から購入しました。 先日、ある入居者様から、トイレの床に付き、苦情が入ったので、速やかに修繕業者様にお願いし、修繕を致しました。 状況を確認したところ、原因は水漏れで、痛みから判断して、かなり以前からのようだとのことでした。 早速、仲介業者に、売主に瑕疵担保責任を請求したい旨、連絡したところ、 「売主が宅建業者の場合、瑕疵担保責任は構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分について対象」 となるので、トイレの床は対象ではないとの返答を受けました。 確かに、賃貸物件の場合、入居者様がいるお部屋の中を確認することは不可能ですが、 本当に、法的に責任の範囲は限定されているものなのでしょうか?

  • 土地購入の際の瑕疵担保責任

    この度、隣の土地を購入することにしました。この土地の所有者は30年近く管理・手入れ等しておらず、全くの放置状態です。 不動産業者から事前に送られてきた重要事項説明書を見ると、瑕疵担保責任について「負担しない」のほうに○がついていました。 土地の場合、瑕疵担保責任は負担しないというのが普通なのでしょうか。 また、隣の土地には大きな木が一本育っていますが、これは瑕疵にはならないのでしょうか。この木を撤去・処分する際にもし費用がかかるとすれば、それは通常、売主と買主どちらが負担すべきものでしょうか。 売主には土地を更地にして渡すという義務はあるのでしょうか。 不動産取引は全くの初めてで何も分からないので、アドバイスよろしくお願いします。

  • 軟弱地盤でした・・・

    一戸建て購入を考えている者です。 30坪の土地&フリープラン29坪の建物がセットになっているものがあり、それを今週土曜日に契約しようと思っていましたが、よくよく調べてみると「軟弱地盤」だったのです。 昔は田んぼだった土地で、不動産屋からもらった地盤データを見ると、N値0~4が地下32メートル近くまで続いているのです。工務店の方はベタ基礎と6メートルの摩擦杭で対処すると言っていましたが、本当にそれで大丈夫なのか心配です。 そもそも、「軟弱地盤」というのはどんな対処をしても悪いものは悪いのでしょうか? それとも「軟弱地盤」でも、きちんとした対処をすれば、家を建てても何の問題もないのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけないでしょうか?

  • 軟弱地盤の上に表層改良のある土地の購入について悩んでいます(長文です)

    マイホームのため土地を検討している者です。 数社のHMに相談はしてるのですが、意見が分かれ悩んでいます。 一般的なご意見をいただければ幸いです。 土地は、30年ほど前は田で、その後、元の地主さんが駐車場にする ため行った表層改良が地表面から1m程下に、50cm~1mの厚さ で、分譲地全体にわたって存在しています。 その土地を中規模の分譲業者(今回の売主)が購入し、9区画で 分譲しています(すでに6区画は建築済み)。元々は建築条件付 きの土地だったのですが、条件を外してもらったのでHMと相談 しつつ検討しています。 場所が谷地で、近くに小さな川が流れていることもあり、SSやボーリング のデータを見ても、相当、軟弱地盤の土地です(建築済みの家では13m 程度の鋼管杭を打ってるそうです)。 また、地下水位が非常に浅く、表面は乾いていても1m弱も掘ると、 どんどん水が浸み出てくるほどです。 この土地に家を建てるにあたって、杭を打つ部分についての表層改良 は売主負担で撤去してもらえることになっています。しかし、全面的 には撤去しないとのことで、既に周りの家はその方式で建ててるそうです。 しかし、表層改良の影響を巡って意見が分かれています。 多くのHMは、表層改良を残したまま建てることに難色を示している のですが、1社は杭さえしっかり施工すれば心配ないと言っています。 地盤以外は非常に気に入った条件の土地なのですが、軟弱地盤の上に 表層改良のある今回のケースで考えられる不具合や、建築する際の注意点 としてはどのようなことが考えられるでしょうか?

  • 瑕疵担保責任について

    下記の土地売買の瑕疵担保責任について教えてください。 1997年に購入した土地に最近家を建てようとしたら、地中からコンクリートの塊が出てきて、この撤去に相当な費用がかかるとのこと。 契約書には瑕疵の担保責任は負担しないと記載されている。なお事前に契約書案を渡してもらっており、契約の際にはその契約書を読み上げ説明もあった。 売主(土地の所有者)は不動産業者。ただし売買契約書に不動産業者である記載はない。 仲介業者は土地の所有者とは別の不動産業者がした。 1.売主の瑕疵担保責任の有無と、ある場合は その期間? 2.仲介業者の責任とその期間? なお、売主は知っていたかどうかわからないが、買主と仲介業者はその瑕疵を知らなかった。 3.買主のとるべき方法?

  • 土地についての瑕疵担保責任

    2世帯住宅を建てようと思い土地を購入しました。 購入後に2世帯をやめて同じ敷地内に親用と私家族用の家を2棟建てようとしたところ水道管が昔の物である為、細いので2棟に分けると水圧が足りないと建築業者に言われたので土地の売主に他から水道管を引く費用を請求したところ現在ある水道管に加圧器を付けるまではするがそれ以上はお金が無いので出来ないと言われました。 加圧器を設置しても1棟に4つまでしか水源は付けられないと言われました。 トイレ、台所、洗面所、風呂が各1つしか付けられず親はもう年なので1、2階にトイレを付けようと思っているので足りないと言ったのですが、売主は事業を失敗した為、本当に加圧器以上のことは出来ないと言い張ってます。 また売主は私が購入する直前までここに住んでいたのですが、自分が住んでいた時には水圧なんか気にならなかったから1棟すれば加圧器の設置で十分だろう、2棟建てるとしても1棟に4つ水源が確保できるようにするんだから瑕疵担保責任は、はたした事になると言っています。 仲介業者にも言ったのですが瑕疵担保責任で損害賠償請求をして下さいしか言いません もし訴訟をして勝訴になってもお金の無い方からはとれないです。 こんな場合は泣き寝入りしかないのでしょうか? また売主の言っている加圧器の設置で瑕疵担保責任は果たされたと言えるのでしょうか?

  • 土地造成の瑕疵担保責任について

    父が不動産業をしていました。 先日、他界したので県に廃業届を出し、受理されました。 すると父から8年前に土地(売主は父です)を購入したという方が現れて その土地の造成に不備があったようだと言われました。排水部分がないとか… この場合、瑕疵担保責任を負うのでしょうか。 普通の不動産売買契約なら、業者と個人間では瑕疵担保責任は2年だと思いますが それは契約書か重要事項説明書に記載がありますよね? 民法適用で10年以内は責任を負わなければなりませんか?

  • 土地の瑕疵担保責任

    これでこちらに相談するのは4度目になります。 土地を買い柱状改良をする際、ガラが出ました。 ガラは売主の費用負担で撤去されました。 ガラを取り出し地盤改良は済みました。 しかしメーカーさんは見つけた際も埋め戻して工事を進める際も連絡無しでした(正確には主人の携帯に着信は有りましたが仕事で出れませんでした)。 ガラに関してはこちらでのアドバイス通り行政機関に報告し調査をしてこちらに連絡をくれるとの事でした。 契約書には瑕疵担保責任は負わないと書いて有るので、ガラが出たのを理由に契約解除は出来ないのでしょうか? 売主は知って居たとメーカーの担当者に言いましたので事実なら告知義務違反になると思うのですが、その日に撤去に来た際には知らなかったと言った上、謝罪の言葉も有りませんでした。 家を建てるのには問題は無いとメーカーさんは言います。 しかし他にも埋まってないとは言い切れないので建てた後で家が傾いたりした場合はメーカー、売主どちらの責任になりますか? また契約の解除を出来た場合、今までに掛った建築費用なども請求出来るのでしょうか? 宜しくお願いします<m(__)m>

  • 宅建業法の瑕疵担保責任について

    ご存知の方、お知らせ下さい! 新築マンションを購入して2年目となりますが、瑕疵担保責任を販売会社が負う期間が、法律によって違います。(民法、宅建業法、品確法) そのうち、宅建業法では、2年間と理解していたのですが、ある記述では売主が不動産業者などの宅建業者であった場合には、この瑕疵担保責任を負う期間を2年以内とすることはできないと定めており、売買契約書で2年以内と年限を区切ってあっても、たとえば3年目に瑕疵が発覚した場合、売主が不動産業者であれば、瑕疵担保責任を追及することが可能と書いてありました。 私が購入したマンションは、大手のAB工務店が販売しており、宅地建物取引業免許もあるようなので、2年以上でも瑕疵担保責任を追求できるのでしょうか?。 宜しく、お願い致します。

専門家に質問してみよう