• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

瑕疵担保責任について

下記の土地売買の瑕疵担保責任について教えてください。 1997年に購入した土地に最近家を建てようとしたら、地中からコンクリートの塊が出てきて、この撤去に相当な費用がかかるとのこと。 契約書には瑕疵の担保責任は負担しないと記載されている。なお事前に契約書案を渡してもらっており、契約の際にはその契約書を読み上げ説明もあった。 売主(土地の所有者)は不動産業者。ただし売買契約書に不動産業者である記載はない。 仲介業者は土地の所有者とは別の不動産業者がした。 1.売主の瑕疵担保責任の有無と、ある場合は その期間? 2.仲介業者の責任とその期間? なお、売主は知っていたかどうかわからないが、買主と仲介業者はその瑕疵を知らなかった。 3.買主のとるべき方法?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1416
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • yu-ca
  • ベストアンサー率52% (11/21)

> 債務不履行責任について、何を債務として不履行の追求をするのでしょうか? 債務としては,調査義務や説明義務ということになります。 これは,信義則(民法1条2項)に基づいて認められる義務で,契約書に書いていなくても認められる義務です。 不動産業者であれば,一般の方と比べて,その土地が過去にどのように使われていたかなどを調査する能力が高いでしょうし,宅地用の土地として売るのであれば,宅地として適切な土地かどうかを調査した上で売るべきといえると思います。もし売り主が,その点がわからないのであれば,その旨を買い主に説明すべき義務があるともいえるのではないかと思います。 そのような義務に違反したとして,債務不履行責任を追及することになります。 ただ,このような義務やその義務の違反が認められるかどうかは難しい問題で,個別の事情によってケースバイケースですので,必ず債務不履行責任が認められるとは言えません。 個人的には,本件では認められる可能性が高いのではないかという印象を持ちましたが。 先にリンクを張った判例のように,買い主から地中埋設物などがないかどうかの問い合わせがあり,売り主がないと言ったというような事情があれば,認められる可能性が高くなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

良くわかりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 土地売主が不動産業者の場合の瑕疵担保責任について。

    マイホーム建築を考えています。 分譲住宅、建築条件付土地の購入ではなく、不動産仲介業者の紹介で土地を購入し、その土地にフリープランの家を建築しようという考えです。 土地の値段に折り合いが付き、家も予算内で100%フリープラン建築が可能となったので、土地の売買契約に進む事になりました。(家の図面も完成したので、あとは土地の売買契約を済ませるだけという状態です。) しかし本日仲介業者が持ってきた土地売買契約書のドラフトを見ると、 「売主は買主に対し土地を現状有姿で引渡す事とし、引渡し後瑕疵についてはその責を負わない。」 という条文が入っています。 売主は不動産業者(宅建登録業者)、買主は私、仲介業者も不動産業者(宅建登録業者)です。 仲介業者は本日朝売主から受け取った契約書のドラフトをそのまま持ってきてくれて、一緒に読み合わせをしている時にこの条文に気付いた次第です。 仲介業者曰く、売主が宅建登録をした不動産業者の場合、且つ買主が一般人である場合、瑕疵担保責任を回避する事は出来ない、との事でした。(一般人である買主の不利益を回避するため。) 従ってこの条文は無効だという事だったのですが、売主に問い合わせをしてもらうと売主は現状有姿での売買なので瑕疵担保責任は無くても良いと言っています。 買主の立場としては当然瑕疵担保責任は付けて欲しいのですが、それなら売らないと売主は言っているようです。 長年待ち続けてようやく見つけた理想の立地の土地なので手放したくはありません。かと言って万が一の事を考えると瑕疵担保責任の無い状態で買う訳にもいきません。 そこで以下の件について教えて下さい。 1) 土地の売主が宅建登録した不動産業者の場合、瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事は可能なのか。 ※ もしNoの場合(瑕疵担保責任を付けなければならない場合)、その根拠条文を教えて下さい。 2) 仮に現状有姿という条件を私が受け入れて購入後に瑕疵が発見された場合でも、その責任を売主に問う事が出来るのか。 ※ 私が購入しようとしている土地は閑静な住宅街にある50坪の一筆の土地を25坪ずつに分筆した片方です。もう片方には売主が分譲住宅を建築して販売するので、売主がその土地(私の方ではない)の地盤調査を先日行い、現在調査結果待ちの状態です。(建築確認申請の許可も下りています。) もしこの調査結果で問題が無ければ、元々同じ土地を2つに割っただけなので大きな問題は無いのではと推測しています。もちろん私の買う土地から大きな岩が出てきたりする可能性はありますが、土壌汚染や軟弱地盤でなければまず大丈夫ではないかと思っています。 長年探し続けてやっと見つけた理想の立地の理想の土地なので簡単に諦めきれず、こういうケースまで想定しています。 3) 同様に仲介業者にその責を問う事が出来るのか。 ※ 仲介業者曰く、売主が宅建登録した不動産業者であり買主が一般人の場合、そもそも瑕疵担保責任を付けないで土地を販売する事自体が無効と言っています。もし瑕疵が発見された時は売主も仲介業者もその責を負わなければならないので、売主が瑕疵担保責任を負わない限り当社も仲介は出来ないと言っています。 どうかご回答宜しくお願い致します。

  • 瑕疵担保責任及び瑕疵による解除について

    今回賃貸アパートの売買をするのですが、売主が個人、買い手が業者、仲介業者が入っている状況です。 その中で瑕疵担保責任による解除が重要事項説明書で 無し になっていますが契約書の条項には瑕疵担保責任の内容がかかれています。どちらが書類が正しいのか、まずそもそも瑕疵担保責任による解除が無しってのは成り立つのでしょうか? おしえてください。

  • 瑕疵担保責任について

    不動産会社の仲介で土地を買うときの契約書で瑕疵担保責任の有無、期間のところが負担しないに丸が付いています。 まあ何もない土地なので特に気にしていなかったのですが、瑕疵担保責任を負わないというのは良くあることなのでしょうか? 教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • yu-ca
  • ベストアンサー率52% (11/21)

> 売主が瑕疵を知らなかった場合は売り主は瑕疵担保責任を負担しなくとも良いのでしょうか。 本件では,売主が瑕疵を知らなかった場合は,原則的に,売り主は瑕疵担保責任を負担しなくともよいことになります。 ですので,その場合には,瑕疵担保責任ではなく債務不履行責任を追及するほかないということになります。 もっとも,契約書に瑕疵担保責任は負担しないという条項があっても,特別な事情があれば,例外的に,売り主の瑕疵担保責任が認められる場合もあり得ます(参考URL参照)。

参考URL:
http://www.takken.ne.jp/fudosanhoritu/sr/sr14.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速ご回答ありがとうございます。 もう少し教えていただけないでしょうか。 <本件では,売主が瑕疵を知らなかった場合は,原則的に,売り主は瑕疵担保責任を負担しなくともよいことになります。 ですので,その場合には,瑕疵担保責任ではなく債務不履行責任を追及するほかないということになります。> 債務不履行責任について、何を債務として不履行の追求をするのでしょうか?

  • 回答No.2
  • yu-ca
  • ベストアンサー率52% (11/21)

1 売主の瑕疵担保責任の有無とその期間 契約書の,「瑕疵担保責任は負担しない」との条項は有効です。しかし,この場合であっても,売り主が瑕疵を知りながら告げなかった場合には,その条項にかかわらず,売り主は瑕疵担保責任を負担しなければなりません(民法572条)。 ですので,売り主がコンクリート塊の存在を知っていたのであれば,瑕疵担保責任は追及できます。 期間についてですが,民法566条3項は,買い主が瑕疵を知ったときから1年以内であれば契約解除又は損害賠償請求ができるということです。 土地を1997年に購入したのであっても,地中にコンクリートの塊が埋まっていることを知ったときから1年以内であれば,契約解除又は損害賠償請求ができます。 最近家を建てようとしてコンクリートの存在を知ったということですので,1年経っていなければ,まだ契約解除又は損害賠償請求ができる可能性があります。 ところで,瑕疵担保責任はともかく,売り主は不動産業者であるということですので,売り主の調査義務・説明義務違反という債務不履行に基づき,契約解除や損害賠償請求をすることができる可能性がありますので,1年経ったからといって全く責任追及ができないと諦めるのはよろしくない思います。 2 仲介業者の責任とその期間 仲介業者は瑕疵を知らなかったということですし,売り主ではなく仲介者にすぎないということも考えると,仲介業者の責任が認められる可能性は売り主の場合よりも低いでしょう。 もっとも,仲介業者も不動産業者ですので,本件土地について十分調査してから仲介すべき義務があるということで,調査義務違反という債務不履行に基づき責任を追及できる余地はあります。 この場合の期間は10年です(民法167条1項)。 3 買主のとるべき方法 売主と,コンクリート塊の撤去費用の負担について交渉するべきでしょう。 売り主の対応が芳しくなければ,弁護士に相談し,依頼すべきでしょう。 その場合,弁護士に売り主と交渉してもらい,それでも売り主が撤去費用を払わない場合には,訴訟ということになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 <契約書の,「瑕疵担保責任は負担しない」との条項は有効です。しかし,この場合であっても,売り主が瑕疵を知りながら告げなかった場合には,その条項にかかわらず,売り主は瑕疵担保責任を負担しなければなりません(民法572条)。> 売主が瑕疵を知らなかった場合は売り主は瑕疵担保責任を負担しなくとも良いのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#58429

瑕疵担保責任の内容は以下の通り(民法570条・566条)。 善意の買主=瑕疵を知らなかった買主 →損害賠償請求権を有する                  悪意の買主=瑕疵を知っていた買主 →売主は担保責任を負わない            以上の権利は、買主が事実を知った時より1年以内に行使しなくてはならない また、契約解除できる場合は、契約の目的を達成することができない場合に限定される。 したがって、1年を経過した現況において買主は瑕疵担保責任を売主に問うことはできない。 〔参照条文〕 民法第570条 売買の目的物に隠れたる瑕疵ありたるときは第566条の規定を準用す。 但強制競売の場合は此限に在らず 民法第566条 売買の目的物が地上権,永小作権,地役権,留置権又は質権の目的たる場合に於て 買主が之を知らざりしときは之が為めに契約を為したる目的を達すること能はざる場合に限り 買主は契約の解除を為すことを得 其他の場合に於ては損害賠償の請求のみを為すことを得 (2)前項の規定は売買の目的たる不動産の為めに存せりと称せし地役権が存せざりしとき及び 其不動産に付き登記したる賃貸借ありたる場合に之を準用す (3)前2項の場合に於て契約の解除又は損害賠償の請求は買主が事実を知りたる時より1年内に之を為すことを要す

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 不特定多数に販売する売主の瑕疵担保責任

    知恵をお貸しください。 売主が不特定多数に売買している、無免許業者です。 宅建業者が仲介に入っています。 私は買主です。 売買契約は今月取り交わしました。 特約に瑕疵担保責任を全文削除されています。 契約を行うときに業者・売主の方から売主は不特定・多数人を相手にして、反復、継続して、自らが売主となって行う宅地・建物の 売買を行っている業者だから、瑕疵担保責任は2年間と聞かされました。 休みになったので、調べてみると無免許について行法に違反していると書かれているだけで、瑕疵担保責任についての記述がありませんでした。 そこで質問です。 上記の場合 1売主に瑕疵担保責任を負わすことができるのでしょうか?それともできないのでしょうか? 2その根拠を教えてください。

  • 土地売買契約における瑕疵担保責任について(長文)

    近々土地の売買契約をする者です。 売主(個人)の物件を不動産業者(仲介)を通じての契約です。 契約書に(瑕疵の責任)の条文があり、中身を記し質問します。 第○条 売主は、買主に対し、本物件の隠れたる瑕疵について責任を負います。なお、買主は、売主に対し、本物件について、前記瑕疵を発見したとき、すみやかに通知して、修復に急を要する場合を除いて立ち会う機会を与えなければなりません。  2 売主は、買主に対し、前項の瑕疵について、引渡完了日から3ヶ月以内に請求を受けたものにかぎり、責任を負います。なお、責任の内容は、修復にかぎるものとします。  3 買主は、売主に対し、第1項の瑕疵により、本契約書を締結した目的が達せられないとき、引渡完了日から3ヶ月以内にかぎり、本契約を解除することができます。 (1)民法上の規定では、第570条(第566条準用する)により、買い主は瑕疵の存在を知った時から1年以内に限り、売り主に対して損害賠償を請求し、または契約を解除することができるとあります。ということは、その瑕疵をいつ知り得たのかが問題で、仮に契約条項にある3ヶ月後に知り得た場合、この契約が優先されて、買主は瑕疵担保責任が問えないのか?それとも3ヶ月後であっても、民法の規定が優先されて、知り得た日から1年以内なら瑕疵担保責任が問えるのか? (2)宅地建物取引業法第40条で、宅地建物取引業者が、自ら売り主として土地・建物を売却するとき、買い主が瑕疵担保責任を追及できる期間を「土地・建物の引渡しの日から2年間」としているが、瑕疵担保責任は法律上は「任意規定」とされていて、強制力がない、つまり、瑕疵担保特約として、3ヶ月という契約が書かれているのか?また、今回の契約では不動産業者(宅地建物取引業者)は仲介業者であり、自ら売り主ではないので、「土地の引渡しの日から2年間」に条文を変えることはできないのか?

  • 土地の瑕疵担保責任

    今般、土地の売買(古家有)があります。 大手不動産業者に仲介を依頼してますが 今までの対応などいまいち信頼がおけず 契約書案をもらいましたが、土地の瑕疵担保責任について ご存知の方は、教えてください。 買主さんは宅建業の免許を持った建売業者とのこと。 建物(古家)は当然瑕疵担保免責と記載されているのですが 土地については、引き渡しより3カ月となっています。 担当者に、土地の瑕疵担保責任も免責として欲しいと言いましたが 土壌汚染などがあると建物が建てられないので 免責は無理だとのこと。 特に汚染が懸念される場所でもなく 1棟しか建たないような面積の土地ですが 現在は、建築前にすべての土地に 土壌汚染調査の必要があるのでしょうか?

  • 売主の瑕疵担保責任

     私は、父が残した土地を処分する為、建物を解体し更地にして、測量しました。  そのおかげかすぐ買主があらわれたので、売買契約を結びましたが、決済がまじかになって、買主から連絡があり、売買する土地に行くと、隣地の建物の屋根、雨樋が若干土地に越境しているとのことでした。  その為、買主さんと相談した結果、「決済日が2日後に迫っています。 契約上、その日に行わないといけないので、売主様の瑕疵担保責任で対処してほしい」と 言われました。  私は、売主としての責任としては、土地の埋設物撤去、測量などを果たしました。 隣地の建物の越境まで責任を負わないといけないのでしょうか? 売主の瑕疵担保責任になるのでしょうか?

  • 不動産の瑕疵担保責任について

    個人の土地建物を瑕疵担保責任は免責で 売却を不動産会社に依頼していました。 買い手がついて契約になったのですが、 売買契約書に瑕疵担保責任がある内容があったので、 その場で瑕疵担保責任は負わないですと言いました。 宅地建物取引主任者は築20年なので瑕疵担保責任はつけない ケースがありますと買主に説明しました。 契約書には瑕疵担保責任の事項があるので、 私はややこしいので削除して欲いと言うと、 宅地建物取引主任者はその事項を斜め線でXにしました。 それで成約したのですが、瑕疵担保責任は免責とは どこにも記入されていない事を帰る途中で気づきました。 ●口頭での説明で瑕疵担保責任の免責は有効になるでしょうか? ●20年のベテラン宅地建物取引主任者でも 今回のような契約書を作ってしまうのでしょうか?

  • 瑕疵担保責任について

    土地建物の売買契約で重要事項のところに瑕疵担保責任の履行に関する措置 が講じないになっていて、土地売買契約所の第6条には瑕疵担保責任についての概要がかかれています。どっちが正しいんですか??

    • ベストアンサー
    • Mac
  • 瑕疵担保責任について

    瑕疵担保責任について教えてください。 築28年の中古物件の購入を検討しています。 A(前所有者:個人)から、B(現所有者:リフォーム業者)が 購入し、現在リフォーム中の物件を、不動産屋に 紹介されました。 瑕疵担保責任について聞いたところ、不動産屋から 「ない(免責)ですね」と言われたのですが、 やはり瑕疵担保責任免責になるのでしょうか? ご教授願います。

  • 急ぎです。瑕疵担保責任なしは普通でしょうか?

    このたび、中古の店舗物件を購入する事になり、週明けに契約を控えています。契約と引き渡しが一括です。準備を全て整え、昨晩FAXにて届いた重要事項説明書を見ましたら、最初に「特約」として、売り主は瑕疵担保責任を一切追わない、と書いてありました。 仲介業者さんは今まで、「重要事項としては、とくに一般と変わったところはありません。」と言っていたので、驚きました。 そこで教えて頂きたいのですが、 ■瑕疵担保責任をなくす特約は、一般的と言ってよい事なのか?  売り主さんは個人です。 ■1年くらいは瑕疵担保責任を設定してもらうよう要望を出したい。  もしも拒否された場合、どのように対処すべきでしょうか? 本日夕方、仲介業者さんの説明を受ける予定です。この事を今まで持ち出さなかった業者さんに、少し不信感を抱いてます。ただ、それが普通の事であるならば、姿勢をあらためなければいけませんが。 急ぎで恐縮ですが、どなたか、上記2点について、教えて頂けないでしょうか?

  • 土地造成の瑕疵担保責任について

    父が不動産業をしていました。 先日、他界したので県に廃業届を出し、受理されました。 すると父から8年前に土地(売主は父です)を購入したという方が現れて その土地の造成に不備があったようだと言われました。排水部分がないとか… この場合、瑕疵担保責任を負うのでしょうか。 普通の不動産売買契約なら、業者と個人間では瑕疵担保責任は2年だと思いますが それは契約書か重要事項説明書に記載がありますよね? 民法適用で10年以内は責任を負わなければなりませんか?

  • 瑕疵担保責任 シロアリ リフォーム

    教えてください<(_ _)> 困っています。 先日、不動産(仲介業者)を通して中古住宅を購入しました。 契約時に重要事項説明書で瑕疵担保責任について以下のとおり取り決めました。 「売主は屋根の雨漏り及びシロアリの害についてのみ瑕疵担保責任を負うものとし、その期間は本物件引渡し後2ヶ月までとします」 購入後、すぐにシロアリ業者に床下をみてもらいました。 風呂場にシロアリがいました。腐食箇所もありました。 ただちに、不動産を通じてその旨を売主に伝えてもらいました。 すると、「腐食箇所のみ修復する」と回答がありました。 この回答について適当か不適当か・・ (瑕疵担保責任=シロアリ駆除をしてくれるもんだと解釈してたので、回答に納得がいきません) どこまで売主に請求できるものなのか? どなたか教えていただけないでしょうか? また、こういう事態の場合、誰に相談したらいいのでしょうか? せっかく気に入って購入した家 不動産・売主の対応に困惑しています。 助けてください! 教えてください! よろしくお願いします<(_ _)>