-PR-
解決済み

Friedel-Cragtsのアルキル化反応

  • 暇なときにでも
  • 質問No.69263
  • 閲覧数422
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 86% (13/15)

Friedel-Cragtsのアルキル化反応でベンゼンとターシャルブチルクロライドが反応するとターシャルブチルベンゼンのみが生成しますよね。
でもFriedel-Cragtsのアルキル化反応では転移が必ず発生するはずなのでは?
たしかにこの場合生成するのが三級カルボカチオンなので非常に安定なのはわかるのですが始めに生成するのは一級のカルボカチオンですよね?
なぜこの一級のカルボカチオンがベンゼンにくっつかないのですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

rei00 です。お礼拝見しました。

「塩化イソブチル」ですか。それでしたらご質問の意味はわかります。

さて,回答ですが,カルボカチオンの安定性が1級<2級<3級の順である事はご存知ですね。で,この安定性の差は,かなり大きなものです。そのため,1級カチオンから3級カチオンへの転位はすみやかに起こり,ほとんどのカチオンが3級カチオンになります。

また,3級カチオンはフリ-のカチオンに近いですが,1級カチオンの場合はルイス酸が配位した RCH2(+)・ClA(-) の様な構造で存在します。そのため,3級カチオンの方が反応しやすい事になります。

この両者から,ほとんどのカチオンが3級カチオンとして反応し,生成物を与えます。

ただし,1級のカルボカチオンが反応した生成物が全くないかというと,これは別問題です。

おそらく,ご質問になっている反応でも収率は 100% ではないと思います。その 100% にたりない分の数%が 1級のカルボカチオンが反応した生成物という可能性もあります。あるいは,非常に微量なため,現在の検出感度では検出されていないだけかも知れません。

回答になっているような,なっていないような。いかがでしょうか。
お礼コメント
tutty

お礼率 86% (13/15)

大変丁寧で分かりやすい解答ありがとうございます。
やはり一級と三級の大きな安定の差が原因だったわけですね。
ただ参考書には唯一の生成物とかかれていたので疑問に感じたわけです。
おそらく収率から見てもほぼ100パーセントに近い量が検出されていると考えればいいのですね。
また、疑問に感じたことがあれば書きたいと思いますので、時間があればよろしくおねがいします。
投稿日時 - 2001-05-01 18:32:28
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

すみませんが,何か勘違いされていませんか。

ターシャルブチルクロライドとルイス酸で生成するのはターシャルブチル・カチオンで3級です。

したがって,転移を起こすことなくターシャルブチルベンゼンのみを生成します。

1級,2級,3級の定義を勘違いされていないでしょうか。もう一度教科書を確認してみて下さい。
お礼コメント
tutty

お礼率 86% (13/15)

rei00さん適切な指示ありがとうございます。
実は質問の内容で一部私の勘違いがありまして、
実はターシャルブチルクロライドと書きましたが、大変申し訳ないのですが、塩化イソブチルの間違いでした。本当にスミマセン。
投稿日時 - 2001-04-30 12:23:58


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ